今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

弊社では、取引先への手土産代を3,000円以下でしたら「雑費」、それ以上の金額だと「交際費」で処理していました。
しかし、最近の調査で3,000円以下であっても手土産を渡す理由によっては交際費になると指摘されました。
例えば、会議にだす茶菓子の土産(自分も食べる場合)…雑費
    「いつもお世話になっています」という様な挨拶としての土産…交際費
という感じですが、普通取引先への土産物を自分が頂くことはないですよね…?

皆さんの会社ではどのように処理していますか?
理由はどうであれ交際費orその他の科目で処理していらっしゃいますか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

交際費の処理はよく混同されるのですが、金額に関係なく手土産代は交際費に該当します。

本来なら会議に出す茶菓子なども課税したいのでしょうが、慣習として社会通念上常識ある程度のものは全額経費として認められています。

ただ、実務上の線引きは「交際費」「会議費」「福利厚生費」など線引きが難しいので、どこの会社も仰るような基準は設けていると思います。

ちなみに現行の税務上では、一人当たり5,000円以内の飲食であれば接待であっても全額経費として認められますので、飲食に関しては金額を留意すれば良いでしょう。


自分の会社では、

打ち合わせのコーヒー代、茶菓子代、一人当たり5,000円以内の飲食・・・会議費

手土産代・お中元お歳暮・高額な飲食接待・・・交際費

新年会・忘年会費用、社員旅行費用、薬代など・・・福利厚生費

慶弔費用・・・雑費

こんな感じですかね?
科目よりも内容で判断ですね。条件変われば給与課税されたりしますしね。
    • good
    • 5

お客様へ持参するお土産については「接待交際費」


お客様が来社した時に出すお菓子は「接待交際費」
お茶とかコーヒーは、「雑費」、営業における「消耗品費」、社員の為の「福利厚生費」でケースバイケースです。
ご参考まで
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお客様への菓子折りの勘定科目を教えて下さい。

初歩的な質問になりますが、
お客様に、従業員がお渡しする、お詫びの菓子折り代としての費用は、接待交際費か雑費か教えて頂けないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

少額であれば、どちらでも構わないと思いますが、接待交際費で処理するのが一般的です。

Q勘定科目を教えてください。

来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。

その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)

Q顧客に対する小額手土産は交際費?

弊社の場合、顧客に対する手土産に関しては、小額物品判定(租通61-4(1)、68-66(1)-4))により、概ね3000円以下は「販売諸費」、3000円以上は「接待費」で処理していました。
この度、税務調査が入り、過去は一度も指摘されなかったのですが、今回、顧客に対する手土産はすべて接待費であると指摘されています。
そこで質問なのですが、

(1)接待費になる法的根拠(条文)は何なのでしょうか?
(2)皆様の会社で、3000円基準で処理を分けておられる会社は結構多いと思われますが、指摘された事はおありでしょうか?
(3)指摘された場合、素直に従い、以後は処理基準変更を行いましたか?それとも、反論されましたか?

Aベストアンサー

 
租税特別措置法関係通達の61の4(1)の中のどの通達を根拠として3,000円を基準として、交際費とその他の経費に区分しておられたかわかりませんが、この租通61の4(1)の中に規定されているような特別な場合を除き、取引先等に贈答する手土産や菓子折等は金額の多寡にかかわらず交際費となります。

もし、租税特別措置法関係通達の61の4(1)-4の少額物品(3,000円)を根拠に区分しておられたとすれば、この通達は法人が得意先に対し、売上高や売掛金の回収高、売上の一定額ごと、得意先の地域の特殊事情、貴社に対しての協力度合い等の算定基準に基づいて金銭又は物品を交付した場合(購入した物品の場合は購入単価が3,000円以下)は交際費等には該当しないと定めている通達です。

したがって、ただ単に挨拶代わりの手土産代や営業や集金等でたまたま立ち寄った時に持参した菓子折等でも、上記の要件を満たさない限り金額の多寡によらず交際費となります。


もし、ご質問の趣旨を外していたらこれから先は無視して読まないでください。


似たような事例で会議費用等の飲食代も一人当りの金額が3,000円以下であれば良しとする向きもありますが、法令では「会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用」とされているだけで3,000円だけで判断はできません。


(1)については、租税特別措置法第61条の4第3項及び租税特別措置法関係通達61の4(1)-1です。

(2)については、税務調査時においては否認される場合と指摘されても単なる指導で済む場合もありますが、最近の税務調査は税収不足のため些細なケ-スでも否認してくる傾向があります(他の指摘事項との絡みで否認されない場合もありますが)

(3)については、一応無駄だと思いつつ反論はしますが、事後については措置法及び通達に合致するように指導しています。


では、失礼いたします。
 

 
租税特別措置法関係通達の61の4(1)の中のどの通達を根拠として3,000円を基準として、交際費とその他の経費に区分しておられたかわかりませんが、この租通61の4(1)の中に規定されているような特別な場合を除き、取引先等に贈答する手土産や菓子折等は金額の多寡にかかわらず交際費となります。

もし、租税特別措置法関係通達の61の4(1)-4の少額物品(3,000円)を根拠に区分しておられたとすれば、この通達は法人が得意先に対し、売上高や売掛金の回収高、売上の一定額ごと、...続きを読む

Qイベントで提供したお茶菓子の勘定科目を教えてくださ

イベント参加者に提供したお茶菓子の勘定科目を教えてください!

先日トークイベントを行いました。
参加者からは1,000円をもらい、「お茶とお菓子付」という形にしました。

このお菓子代はどの科目にしたらいいのでしょうか?

他の購入した雑品とあわせて消耗品費にするか、お菓子だけで他の科目にするのか、困っています。

トークイベントは、商品の宣伝等ではなく、またお菓子もサンプル的なものではありません。

処理が急ぐので至急知りたいです。

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

常識的にそのイベントが貴社の主要事業とも思えませんので、消耗品類も含めて、広告宣伝費で良いと思います。

仕入れとするのは、貴社の本来の事業の通常の営業売上に関する商品ではそうですが、読む限りは会社PRか地域参加という程度に思いますので、少し違うかなという気がします。


勿論全部消耗品費でも構いません。その辺りは貴社の管理目的で決めることです。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q手土産の経理処理について

手土産の経理処理についての質問です。

(1)手土産として同じものを2つ購入したのですが、
領収書にはまとめての金額が記載されていました。
(購入した個数などの詳細は特に記載されていませんでした。)

一つは取引先なので購入したので「交際費」で処理しました。
もう一つは、会議で使用する茶菓子としてなので「会議費」として処理しようと思うのですが・・・。

使用用途がはっきりしていれば、
1枚の領収書で科目を分けて処理しても大丈夫でしょうか?

また、
(2)同会社の他事業所へ手土産を渡した場合は、
どの科目で処理すればよろしいのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)手土産として同じものを2つ購入したのですが、
>もう一つは、会議で使用する茶菓子としてなので「会議費」として処理しようと思うのですが・・・。

勘定科目が複数である場合は、厳密には勘定毎に領収書が分かれているか、但書
に単価3000円×2(例)と書かれている方が良いと思われます。
本件のような単価も但し書きもない場合は、当該領収書に茶菓子の使用目的
(交際費は相手先も)と単価を質問者さん(もしくは経理担当者が)記載し、
会議費相当の茶菓子もその旨を記載しておけば一般的には、税務調査時に問
題になる事はありません。
但し、当該茶菓子が高価であったり、このような領収書が何回も発生するので
あれば領収書をきっちり分ける事をお奨めします。
(不自然ですと、交際費課税を回避するための手段と見なされるかも知れません)

>1枚の領収書で科目を分けて処理しても大丈夫でしょうか?

上記に注意して分けて処理して下さい。


>(2)同会社の他事業所へ手土産を渡した場合は、

”同会社”とは御社の取引先(納入業者・顧客企業)であれば、交際費となり
ます。御社の他事業所であれば会議費で問題有りません。
(金額の多寡や使用目的によっては、御社の他事業所であっても交際費に相当
 する場合もあります)

>(1)手土産として同じものを2つ購入したのですが、
>もう一つは、会議で使用する茶菓子としてなので「会議費」として処理しようと思うのですが・・・。

勘定科目が複数である場合は、厳密には勘定毎に領収書が分かれているか、但書
に単価3000円×2(例)と書かれている方が良いと思われます。
本件のような単価も但し書きもない場合は、当該領収書に茶菓子の使用目的
(交際費は相手先も)と単価を質問者さん(もしくは経理担当者が)記載し、
会議費相当の茶菓子もその旨を記載しておけば一般的には、税...続きを読む

Q配送料、代引き手数料について

通販で消耗品を購入した時、勘定科目は何になりますか?運送費でいいのか、消耗品費に含めていいのでしょうか?今まで消耗品費に含めて処理していましたが、ふと疑問に思いました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、購入代金に含めて「消耗品」で処理をします。

特に、固定資産を購入して固定資産に計上する場合は、引取運賃も含めて固定資産に計上し、減価償却をすることとなり、引取運賃だけを経費処理することは出来ません。

Qお土産代

出張時のお土産代の勘定科目を教えてください。
旅費交通費に入れてもいいんでしょうか?

Aベストアンサー

金額と土産の種類によるかと思います。

3,000円以下でかつ、渡した相手先でお茶菓子のように集団で消費されるような物であれば、会議費。

3,000円以上。もしくは渡した相手個人で消費されるような物であれば交際費です。

ちなみに3,000円とは相手先1件に対する金額です。
同じ会社の複数の方(部署)に渡された場合は合算して判断して下さい。

以上ご参考まで。

Q「お品代」の仕訳は?

「お品代」の仕訳は?

記帳するとき、領収書の内訳を見て
どの費用に計上するか決めているのですが、
「お品代」とだけ書かれた領収書は
どの費用に計上してよいか分かりません。

皆さんはどのように記帳しているのでしょうか?

ちなみに私は会社名でインターネット検索し、
何の店か確認して記帳しています。
文房具店だったら→事務用品、消耗品勘定等。

結構めんどくさいです。。。

Aベストアンサー

品代だけではわかりません。内訳を調べた上で仕訳することになります。面倒でもやらなければなりません。提出者に内容を記載するよう指導してください。

Qお茶菓子代の勘定科目がわかりません。

専業農家です。

農作業の休憩時に出すお茶菓子代をどの勘定科目に入れたらよいのかわかりません。

以前は”雇い人費”の項目に入れていたのですが、そこには給与も入っているため、お茶菓子代と給与の区別がつかなくなっていました。

いくつか調べると、交際費・雇い人費・雑費等それぞれ書き方が違っています。

休憩時に使うお茶菓子代の費用はどのように考えればよいのでしょうか?

ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、お茶菓子代はその内容によって勘定科目が違ってきます。

会議の時のお茶菓子=会議費
従業員の福利厚生=福利厚生費
営業活動の手土産のお茶菓子=販売促進費
老人ホームの入居者のお茶菓子=介護付帯費
etc

ご指摘の雇い人費はあくまでも人件費(給与 雑給)と判断できます。(農業の会計経験が無いので間違っているかもしれませんが)故に雇い人費は馴染まないと思います。どちらかと言うと福利厚生費的な性格が強いと判断できます。従って福利厚生費、金額が少額であれば雑費でも良いと思われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング