薬を飲むときは水かお湯で飲むようにと言われますが、
その他の飲み物では全く効果がなくなるのでしょうか?
たとえば、食事の最後にビールを飲んで、
その直後に水で薬を飲んだら
効果はなくなってしまうのでしょうか?
おわかりの方、ぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

みなさんが寄せられているように、


珈琲やジュース、ましてアルコール飲料は、
薬の効果を半減、5分の1などものによっては
効果の無くなるモノがある上、
服用時に胃を荒らしてしまう等の
副作用を招くおそれもあります。

ですが、お薬によっては、水ではなく
お茶を指定している場合もありますので、
その都度、新しくいただいた薬は
ご確認の上服用下さい。

また、持病があったり、
常時服用している薬がある場合は、
病院にかかる際、もしくは薬店で
薬の購入時に持参し、その旨を伝えましょう。
どういう症状の為の薬かを簡単に
言えるようにしておいてください。

病気によっては同じ効能の薬でも
使うと病状を悪化させる薬や、
重複して飲むと副作用が強くなるモノがあります。
それを未然に防ぐためです。
これは、歯科などの化膿止めを
出される時でも、変わりませんので、
ご注意下さい。

アルコールを飲まれた直後の服薬は、
効能がないばかりか、副作用が出やすいので、
30分はおいてから服薬して下さい。
服薬時間が決められている場合は、
その時間帯前後のアルコールを控えましょう。

薬についてだいたい把握しているので、
専門家もどきです。
長々とすいません。
お役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0

すでに回答が寄せられておりますように、アルコールによる吸収促進、牛乳による吸収阻害、お茶によるタンニン鉄反応、グレープフルーツジュースによる効果の増強、コーヒーによるカフェインの過量‥などがよく知られていますネ。


では、アルコールを飲んだ後、酔いが冷めたらOKなのかというと‥
アルコールは肝臓の中の薬物代謝酵素(薬物を分解してしまう酵素)であるP450を増やします。すると、薬の効果は早く消えてしまうことになりますネ。
アルコール常習者に麻酔が効きにくいのはこれが原因です。
補足まで。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

たびたびすみません。

薬を飲むときは絶対空腹では飲まないようにしましょう、薬が効きすぎるし、胃を壊します。せめて牛乳でも何でも少しでも胃に入れてからその後、白湯or水で飲む方が良いとききました。
    • good
    • 0

皆さんがおっしゃっているとおりなんですが、補足で。



ビールなどのアルコールは、いろいろな薬の効果を強めてしまい、「効きすぎる」どころか、副作用がよくおきます。
特に、解熱鎮痛剤などの風邪薬や、安定剤や睡眠薬などの精神系薬剤は、意識を失ったりなどの重大な副作用を起こすことがあります。

お茶がダメだというのは、貧血予防の鉄剤の鉄分がお茶の成分のタンニンとくっついてしまって、効果が弱くなるからです。(最近は改善されてきましたが。)

牛乳がダメな薬もあれば、グレープフルーツジュースがダメな薬もあります。

コップ1杯の水かぬるま湯で飲みましょう。少なすぎると食道に薬が張り付いて、潰瘍を起こす可能性もありますのでご用心を。
    • good
    • 0

yuki228さんと同意見です。

お白湯で飲むのが一番良いこときいたことあります。
    • good
    • 0

胃の中で一緒になるから、だめでしょう。


効果がなくなるというか、アルコールと一緒に飲んだ場合は薬のどれかの成分が効きすぎてしまい、ねらった効果が得られなくなります。

他にお茶やジュースなどで飲んでも、「鉄分」とか「タンニン」など飲み物に含まれる物質が、薬の成分と一緒になることで様々な反応をおこすことがあります。

もともと水かお湯で飲んで効くように出来ていますので、それに従った方が無難です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬を水で飲む理由

薬は水で飲まないと薬本来の働きができない、とかいう理由は理解できます。
でも腹に入っちゃえば水で飲もうがお茶で飲もうが牛乳で飲もうが同じような気がします。
極端な話、朝食後コップ一杯の牛乳を飲み、その直後、食後に飲むべき薬を少量の水で飲んだとき、これでもやはり水で飲まなければならない理由はあるのでしょうか。
それとも、先の例にあげたような飲み方は控えなければならないのでしょうか。

Aベストアンサー

「腹に入れば皆同じ」と言う言葉がありますが「胃の中」は「口の中」とは違います。

例えば、牛乳で薬を飲む場合と、牛乳を飲んだ後に水で薬を飲む場合を考えてみましょう。

牛乳で薬を飲むと、口の中で薬と牛乳が混じります。もし、口の中で牛乳の成分が薬の成分を包み込んでしまうと、胃や腸に入った時に薬の成分の吸収を妨げる可能性があります。

次に、牛乳を飲んだ後に、水で薬を飲んだ場合。最初に牛乳が胃の中に入り胃液と混じります。その後で水で薬を飲んでも牛乳は胃液と混じった後なので、牛乳の成分が薬の成分を包み込んで吸収を妨げる確率が減ります。それに、牛乳は胃液と混じって濃度が低くなっていますし。

あと、お茶で飲むのも、色々と影響があるでしょう。お茶に含まれるタンニンなどと薬の成分が口の中で結合し、目的の効果が得られない場合があります。

口の中で牛乳やお茶の原液と薬が混じるのと、胃の中で胃液と混ざって薄まった牛乳やお茶と薬が混じるのは、結果が違うと言う事です。「腹に入れば皆同じ」と言う言葉は鵜呑みにしない方が良いですね。

Q薬を水で飲む馬鹿らしさ

よく、薬は水で飲むこと、といわれます。
しかし、実際には、食後飲む前に、まずお茶を飲んだり、味噌汁を飲んだり、様々な水分を取っていて、それが胃の中でカクテルされてしまうのなら、あまり関係ない気がして、守るのが馬鹿らしいのですが、それは素人考えなのでしょうか?

Aベストアンサー

薬を水での解釈で、大きく2つの意味があります。

その1、散薬や錠剤、カプセルが喉からちゃんと胃に流れ込むようにするため。これは、抗生物質が食道に残り、食道潰瘍を起こしたり、刺激性のある物質をコーティングしているのが溶けないうちに胃より下の部分に移動して欲しいためです。ついでに、水分がある程度ないと、胃の中で薬が胃液に混ざりにくいので、吸収が促進される意味も考えられます。

食前の指定は、胃壁を守る薬や、胃液が出やすくするようにするもの、他のものと混ざると、吸収がしにくいものもあるのです。

調剤してもらったときに、この薬を水以外で飲んでもいいですかと聞いてみると疑問が解けます。

その2、アルコール等で飲むと、吸収が加速され、期待の時間の効果が持続しなかったり、逆に異常に薬の濃度が急激に上がり、副作用がでるものがあるためです。牛乳で服用すると、吸収が悪くなるものもあります。

漢方薬などは、むしろ、ぬるま湯で食前に使用するものもあったり、薬の吸収、効果のでかたを最適にする必要があり、水を指定するケースもあるのです。

お茶も、鉄等の吸収を妨げることもあるし、食後30分とか指定があるものはそれなりの意味があります。濃い状態を薄め、吸収しやすくするには水の代用ができないものが多く、ある程度十分な水を飲むことを指定する場合もあります。

食後指定はすぐのものも、若干時間を置くものもあるので、忘れないように食後と便宜的に指定のあるだけのものであれば、喉に残らなければお茶でも牛乳でもかまわないし、味噌汁で飲んでもいい薬もあります。その薬がどういう性質であるか知らないと、本来の効能が確保できず、むしろ副作用が出やすくなるケースもあるので、薬剤師の注意を守るようにしましょう。

薬を水での解釈で、大きく2つの意味があります。

その1、散薬や錠剤、カプセルが喉からちゃんと胃に流れ込むようにするため。これは、抗生物質が食道に残り、食道潰瘍を起こしたり、刺激性のある物質をコーティングしているのが溶けないうちに胃より下の部分に移動して欲しいためです。ついでに、水分がある程度ないと、胃の中で薬が胃液に混ざりにくいので、吸収が促進される意味も考えられます。

食前の指定は、胃壁を守る薬や、胃液が出やすくするようにするもの、他のものと混ざると、吸収がしにくい...続きを読む

Q風邪薬とビールは同時に飲まないほうがいいですか

本日風邪で病院に行きました。処方された薬は、ジスロマック、カロナール、ムコダイン、ムコスタ、です、現在熱も平熱になり、晩酌をしたいのですが、同時に飲まないほうがいいですか。薬を飲み、何時間後ならビールは大丈夫ですか。

Aベストアンサー

薬学的には異論が出るかとおもいますが、我々医師は あなたが服用している薬剤程度
でしたら どうせ胃の中に入ってしまえば同じ事 程度の言い訳で別に
ビールと一緒に飲もうが飲むまいがそこまでは考えておりません。

Q飲んではいけない薬(浜六郎著)の本を母が読み糖尿病患者の父にもう薬は飲

飲んではいけない薬(浜六郎著)の本を母が読み糖尿病患者の父にもう薬は飲ませないといっています。

母から突然電話があり「子供にフッ素塗ったりしてない?」といきなり言われました。

私の子供二人(5歳、3歳)には歯磨きの際にフッ素ジェルを塗っています。

すると、将来副作用でダウン症の子が出来やすいと言い出しました。
よくよく聞いてみると、浜六郎という人の本に書いていたということでした。

さらに、現在父が糖尿病患者で薬をのんでいるのですが、その薬も飲んではいけない薬だから
もう飲ませないようにした!というのです。

父はこの4月に足の手術をしたばかりです。(糖尿病の影響で)

まだインシュリン注射はしていませんが、血糖値が300超えてる父に薬をやめさせるのは
すごく危険だし、おかしな話だと思いその電話で母と口論になりましたが、
こちらの話には全く聞く耳をもってくれません。

ちなみに父は母の言いなりになっている状態です。
私自身その浜六郎という人の本は一切読んだことがないのですが、
信憑性はあるのでしょうか?

ものすごく不安です。

どんなお話でもお聞かせいただければ参考にしたいと思います。
宜しくお願いいたします。

飲んではいけない薬(浜六郎著)の本を母が読み糖尿病患者の父にもう薬は飲ませないといっています。

母から突然電話があり「子供にフッ素塗ったりしてない?」といきなり言われました。

私の子供二人(5歳、3歳)には歯磨きの際にフッ素ジェルを塗っています。

すると、将来副作用でダウン症の子が出来やすいと言い出しました。
よくよく聞いてみると、浜六郎という人の本に書いていたということでした。

さらに、現在父が糖尿病患者で薬をのんでいるのですが、その薬も飲んではいけない薬だから
もう飲ま...続きを読む

Aベストアンサー

医療行為および診断は法律により医師がすることです。
医療行為の内容によっては看護師ができる。など決まりがあります。
いわゆる健康本には保障はありませんので虚偽内容でも出版は可能です。
示されている出版物はどういったものかわかりませんので良いか悪いかは断言ができませんが、
医師の指示を守らないことによる悪化などは理解されるよう両親と話されてはどうですか?
薬は効き目などひとそれぞれのものですし、副作用はあるものです。全くない薬は存在しません、ネットの情報もすべてが正しい・間違っているとはいえませんよね。
さまざまな情報から自分がどうするか、何が良いかを判断しその上で化学療法を断るのか主治医とともに病気を改善するか考えていただければと考えます。
ちなみにダウン症は遺伝子に正常ではない部分があり成長などに遅れがでたりすることで確立で生まれてきているだけでダウン症が悪いものではありません。
原因がフッ素だと言い切れないと思いますが医師たちにもいろんな考えがあるでしょうからひとつの原因要素という人がいるのかな。。。。但し、フッ素に関して調べていませんのでどこからその本がフッ素原因と示したか不明ですので「医師」と書いたのは不適切かもしれません。すいません

医療行為および診断は法律により医師がすることです。
医療行為の内容によっては看護師ができる。など決まりがあります。
いわゆる健康本には保障はありませんので虚偽内容でも出版は可能です。
示されている出版物はどういったものかわかりませんので良いか悪いかは断言ができませんが、
医師の指示を守らないことによる悪化などは理解されるよう両親と話されてはどうですか?
薬は効き目などひとそれぞれのものですし、副作用はあるものです。全くない薬は存在しません、ネットの情報もすべてが正しい・間違って...続きを読む

Q薬(一般薬)の中に入っている 薬の説明書 効能、効果、用法、用量、成分

薬(一般薬)の中に入っている 薬の説明書 効能、効果、用法、用量、成分等が書かれている紙を一般に何て言うのでしょうか?

薬の説明を聞いていた時、うまく聞き取れなかったのですが薬剤師の方が 『のうしょ』?て、言っていた様な…

Aベストアンサー

「のうしょ」で良いです。能書と書きます。能書は業界用語のようなもので、添付文書というのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報