ごみ袋などビニールに使われる専門用語です。
現在、環境問題を研究してますが、よく出てくる言葉です。
よく、理解できないでおります。
性質、用途、素材など、詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

回答遅れましてすみません。

昨日繋げていなかったもので。
まず、HDPE/LDPEの具体的な用途については下記URLをご参照下さい。
主に、硬い/柔らかいの差がある・LDPEが相対的に安いというのが
使い分けの差異です。
また塩ビに関してですが、不完全燃焼でダイオキシンを発生するというのが
現在主に製造/建築業界で塩ビが敬遠されている理由です。
塩ビも大変使用に便利な材料だったのですが(安い、成形しやすい、可撓性とできる)
一般的家庭用商品に塩ビは使い辛くなっています。
一部で塩ビ安全説は根強いですが、一般的な観念として「塩ビ=恐い」
ですので・・。

参考URL:http://www.jhospa.gr.jp/contents/pt_4_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MARS 様

ご回答、本当にありがとうございました。
大変勉強になりました。

今後の参考にさせて頂きますが、まだまだ分からない事が沢山でてくると
思います。
その際は、またお伺いさせて頂きたく存じますので、お時間がある時にでも
お力添えをお願い致します。

本当に助かりました。
再度、御礼申し上げます。

お礼日時:2001/02/19 20:27

いずれもPE(ポリエチレン)です。


LDPEは低密度ポリエチレン(高圧法ポリエチレン)、HDPEは高密度ポリエチレン
(中低圧法ポリエチレン)のことです。それぞれ、low density(低密度)/
high density(高密度)の略。他に中間のLLDPE(linear low density、線状
低密度ポリエチレン)なんてのもあります。
両者の差異は同じPEですので、物性的にはそう変わりません。
強いて言えば、LDPEの方が熱変形温度・融点が低い/透明度が高い/剛性が小さい。
共通する主だった性質は軽い/柔軟/電気絶縁性良/耐薬品性良/耐水性良/
接着性悪い・・といったところです。
PEそのものは仰るとおり、ゴミ袋に使われているのと、フィルム(農業用フィルム)、
電気絶縁体、(発泡させて)断熱材によく使われています。なにしろ安く成型しやすいので用途は多種多様です。
燃やした時に有害物質は出さないとは言われています。もしこの材料を塩ビの
ように否定されれば、どうなるんでしょうか・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MARS 様

早速のご回答、誠にありがとうございました。

恐縮ですが、再度質問させて下さい。
HDPEとLDPEの具体的な用途は、お分かりになりますか?
ごみ袋は、・・の理由でHDEPを使う、
農業用フィルムは、・・・なのでLDPEを使っている、などなど。

また、塩化ビニールは現在、問題になっているのですか?
四国での事故について、おっしゃっているのですか?

なにぶん、最近勉強はじめたばかりで、右も左も分かりません。
お勧めの本とかあれば、ご紹介願います。

お手数をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/02/16 08:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスチック成形について

プラスチック成形品の設計の仕事をすることになりました。そこでプラスチック成形について勉強をしたいのですがお勧めの工学書(本)、インターネットホームページはないでしょうか。
射出成形、ブロー成形とか、成形品にねじをつける場合等について勉強したいです。

Aベストアンサー

以前、プラスチック成形品(主に射出成形品)の設計の仕事をしておりました。

初心者が成形全般について知るには、次の本がわかりやすいと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769341652/qid=1093948786/sr=1-16/ref=sr_1_0_16/249-4527686-1633928

また、実際の設計やトラブルの防止、修正対策には次の本が結構役に立ちます。実際、わたしも使っていました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769341040/qid=1093948571/sr=1-2/ref=sr_1_8_2/249-4527686-1633928

Q燃やせるビニール袋ってどこで買えますか?

大きいビニール袋ではなく
食料品なんかを捨てるときに、小さい袋に小分けして捨てたいのですが
燃やせるゴミにいれても問題ない袋ってどこかで売ってないでしょうか?
通販なども探してるのですがみんな大きいサイズなんですよね・・・

Aベストアンサー

ビニールを燃やせるか否かは、各自治体の焼却炉のスペックによります。
いずれの炉でもビニールは燃えるでしょうが、性能が低いと有毒ガスを回収できなかったりするので。

お住まいの自治体のごみ担当者に問い合わせてみては。
あっさりと「コンビニ袋で構いませんよ」と言われるかもしれません。

QHDPEの構造式

HDPEの構造式と、熱劣化したHDPEの構造式が教えてほしいです。熱劣化することでやはり式は変わるんでしょうか?

Aベストアンサー

HDPE(高密度ポリエチレン(high density polyethylene)略称HDPE)は 熱可塑性プラスチック の一種でありこれは加熱により、科学反応を起こさず軟化して塑性を示し、冷却すると固定する一次元構造の鎖状高分子。熱可塑性とは、加熱すると軟 化し、別の形に変形しうる性質であるから熱劣化による構造式は変化しません。
構造式 (CH2=CH2)n 分子式 C2H2

Qビニール袋について

私は神奈川県に住んでいて今ビニール袋のことについて調べているのですが、なかなか答えが見つけられないので、
協力をして頂けたらと思いメールしました。

1.一枚のビニール袋を作るのにどれだけの石油が必要なのか?
2.このビニールを作るのにどれだけ、またどのように環境を破壊しているのか?
3.1人が1日1枚ビニールをセーブ(もらわない)ようにしたら1年後にはこの浮いた分をどのように他に役立てられるのか?
  365日X1.200.000人(?)=438.000.000枚

私も頑張って調べていますので何か知っていたら教えてください。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。回答にならない回答をしてしまい、気になって自分でも色々検索したら、面白いページがありました。
既にご存じかもしれませんが、参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.pluto.dti.ne.jp/~nagoshi/reji/

Qガラスの成形方法と樹脂の成形方法の違い

 現在、ガラスの成形方法と樹脂の成形方法について調べているのですがわからないことがあります。
 ガラス成形では溶融したガラスの引き伸ばしなどは行っていますが、樹脂成形のような押出成形や射出成形は行われていません。これはなぜでしょうか?ご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

押出しや射出成形に使用されている樹脂の溶融温度は200~350℃がほとんどです。
また、樹脂が溶融している際の流動値(流れやすさ)はガラスよりも遥かに高いため、瞬時にして金型内に圧入できます。
ですから樹脂ではエッジ形状などの精密な成形が出来るのです。

それに対してガラスは溶融温度が700~1000℃と非常に高く、その温度を維持する事が難しく、溶融時の流動値も樹脂を足元にも及ばないので、金型などに簡単に圧入できません。
仮に簡易的に金型に圧入しても、取出しの際に樹脂とは違ってクラックを起こしやすいので、樹脂と同じ成形法では成形できないのです。

Qごみ収集会社が、ゴミ袋を開ける行為について

私の地区はとてもゴミの分別が厳しく、ゴミ袋も有料です。
しかし、それはゴミを減らしたりするために仕方がないと思い、私自身も分別していますし、有料ゴミ袋を使っています。

そして、今朝たまたまゴミ収集の人(もしくはマンションの管理の人かもしれません)が、ゴミ収集所に捨ててあるゴミ袋を空けて、中身を詳しくチェックしているところを見ました。
まだ、燃えないゴミが入っていないかなどのチェックぐらいならわかるのですが、どこの誰が捨てたゴミなのか調べるために、わざわざ丸めてある紙などまで広げて、細かくチェックし、写真まで撮っていました。

これを見て、自分の出したゴミもここまで細かくチェックされているかと思うと、ゴミというのは生活が出ますし、なんだかとても怖くなってしまいました。せめて、このようなこともあると事前に言っておいてほしかったのですが。

ごみのチェックぐらいで、このように感じるのはおかしいでしょうか?
また、どこでもこのようなことをしているのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 心情的にはよーく分かります。そこまでやる必要があるかということですね。すこし、異様な光景ですね(映画「マルサの女」みたいで、犯罪調査してるみたいに見えますね)。

 ただ、残念ですが、ゴミとして捨てられた時点から、法律的には貴方の手から離れて無主物(つまり誰の物でもなくなる。つまり誰が持っても良い)になりますから、やめてもらう根拠がないのは確かです。

 私のところの自治体も、分別には熱心なのですが(8種類に分類しています)、そこまで暇ではないです。

Q真空成形 ABS

射出成形で使用するABSの粉砕材を利用して、
真空成形用のシートを作る事は可能でしょうか?

また、真空成形用のシートというのは、押し出し成形で作られるのでしょうか?

Aベストアンサー

前に同じ様な質問が有りました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7043863.html

同じ様な問題を抱えて居られ解決策を探して居られる方がここにも居るわけです。
回答が付かない様なので、この機会に整理してみます。

<真空成形用のシートというのは、押出成形で作られるのでしょうか?>
そうです。 普通のシートやフィルは押出成形で作られます。

A) 射出成形と真空成形の違いを簡単にまとめます。
1)射出成形:複雑な形状の金型を使い、そのキャビティの細部まで樹脂を流し成形。
       流れ性を良くし、固化までの時間を稼ぐため成形温度は高い。
       使用原料は樹脂ペレットまたは樹脂粉砕材。
2) 真空成形:上下方向に開く等の比較的単純な形の金型を使い、容器やトレー状の
比較的単純な物を成形。
流れ性が良すぎると、溶融体の形崩れ(ドローダウン)等が起こるため成形
温度は低め。
使用原料は押出成形シート。

B) 射出成形と押出成形の違いを簡単にまとめます。
1)射出成形:狭い金型ゲートから急速に注入し、キャビティ末端まで溶融樹脂を短時間に
充填するために、分子量の低い流れ性の良い射出成形グレードが使われる。
2)押出成形:細長いスリットから徐々に押し出し、冷却し、半固化状態のままロール等で
押し潰すので、分子量が高く、流れ性の悪い押出グレードが使われる。

C) 射出成形グレードと押出グレードの物性の違いを簡単にまとめます。
1)射出成形グレード:分子量が低いため、耐衝撃性が低い。高流動グレードでは注意。
2)押出成形グレード:分子量が高いため、耐衝撃性が高い。超高分子量のものは樹脂に
よっては耐摩耗性材料として使われる。

以上の点は樹脂材料に付いて一般的に言えることです。

粉砕材を押出成形に利用できるかを考える前に、C)を考慮して、
真空成形で作られた製品に対する物性上の要求を検討する必要が有ります。
1)現在真空成形で作られている製品には耐衝撃性は要求されていないのか?
粉砕材製の例えばボックスがハンマーで叩かれたら粉々に割れたでは困ります。
ABS製品が粉々では笑い物です。
2)製品に要求される表面品質は?
粉砕材からの押出成形では綺麗な表面のシートを作ることは難しいでしょう。
外観は素人でも判断できる品質基準になります。

上の点がOKならB)を検討します。
流れ性は主に樹脂の分子量によって決まります(滑剤等の影響有り)。
ABSの場合、流れ性の目安となるメルトインデックスはある海外メーカーのグレードでは、
射出グレード19g/10min、押出グレード5g/10min 220℃・10Kg荷重下でとなっています。
流れ性は4倍も違います。
つまり粉砕材を使ったら、ABS押出の標準条件下では、樹脂溶融体はさらさら流れ
取扱に困ることになります。

難点が有っても成形条件などで何とかならないのかという事ならA)を検討します。
ご存じの様に、樹脂溶融体の流れ性は温度が下がると低下します。
ある国内メーカーのカタログにはスパイラル長の温度依存性が紹介してあります。
(スパイラル長は金型などの周辺条件に依存し流動性の目安としては?です。)
射出成形グレードA(良流動):  11cm(210℃)~25cm(250℃)。
射出成形グレードB(超高衝撃): 3.5cm(210℃)~14cm(250℃)。
210~250℃での変化はほぼ直線的。
射出成形グレード間でも2~3倍の差があるわけです。

雑な見積もりですが、Aでは40℃の差で2倍半、Bでは40℃の差で4倍とすし、
メルトインデックスもこの様な傾向を示すと考えれば、その4倍の差は30~40℃の温度差に
相当すると推定できます。
したがって、粉砕材を押出成形に使う場合には押出温度をABSの通常の押出温度より
30~40℃下げれば粘度的には押し出せるかも知れないということになります(その温度で
ABSがまだ溶けていればです)。

粘度を上げる他の可能性は、粉砕材に押出グレードを1/3程度混合することです。
粘度がそこそこに上昇し、物性はかなり上昇します。
この場合、混合材の分離による表面のささくれが起きる可能性が有ります。

無難な線は、バージン材2/3と押出グレードペレット1/3を混合し、押出温度を、例えば
10~20℃、低下させてシートを押し出すことでしょう。
その際でも、粉砕材の水分管理は重要です。

いずれにしても、押出成形にはそれ相応の機械装置上の違いおよび成形技術上のノウハウが
有り思いつきでやれる物では有りません。


不思議に思うのは他の質問でも、バージン材の使用が指定してあると言う点です。
樹脂は経験的に30%までは粉砕材の混入は、成形条件が適切でかつ粉砕材の処理と
管理が適正なら、物性には影響ないことが知られています。
ランナー等の粉砕材の再生を考えるよりもこの点をユーザー様と検討されたらいかがでしょうか。
原料コストの低減はお互いに大きなはずですが。
国内では管理できても、海外工場では不安なのでバージン材指定の可能性もありますが。

余談です。粉砕材1/3までと説明していたら、ある成形メーカーが「粉砕材2/3まで混入実験を
したが物性低下が見られなかった。その理由が欲しい。」と言われました。
苦し紛れに「社会や組織では1/3が若く新鮮ならその社会や組織は若さを保てる、若い人に
よる補強効果。」と言ったらメーカーにもエンドユーザーにもすんなりと受け入れられました。
拍子抜けしました。

前に同じ様な質問が有りました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7043863.html

同じ様な問題を抱えて居られ解決策を探して居られる方がここにも居るわけです。
回答が付かない様なので、この機会に整理してみます。

<真空成形用のシートというのは、押出成形で作られるのでしょうか?>
そうです。 普通のシートやフィルは押出成形で作られます。

A) 射出成形と真空成形の違いを簡単にまとめます。
1)射出成形:複雑な形状の金型を使い、そのキャビティの細部まで樹脂を流し成形。
       流れ性を...続きを読む

Q有料ごみ袋を無使用が常態化?

無料でゴミ処理って大丈夫な組織ですか?

熊本市職員約30名が、指定有料ごみ袋を使わずに自宅のごみを無料処分?


特権ですか?真面目な市民を舐めていますか?

Aベストアンサー

有料ゴミ袋は理不尽!と考える勇気ある熊本市職員の市民も無料で処分して貰いなさいという啓蒙だと思う。

Q射出成形 シート成形

射出成形用の樹脂のリターン材のみを使用して、
シート成形用のシートを生産する事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

材質の開示も無く、「シート成形用のシート」といった、説明不足の内容では、良い回答を得るのは難しいですよ。

例えば、PET樹脂として考えた場合、射出成形用PETは、比較的低粘度(高流動)グレードを使用します。
更に、「シート成形用のシート」を、樹脂をシート状に成形した物を、真空成形や圧空成形で付形する方法と解釈すると、こちらは比較的高粘度グレードを使用しないと 上手く成形が出来ないと考えます。

また、結晶性樹脂とした場合、射出成形用樹脂は、多くの場合、結晶核剤や離型剤など 色々なものを含有させておりますので、押出成形に使えるかは、微妙と思います。

Q卵の殻は燃えるごみ?燃えないごみ?

家庭内で揉めています(^^;;) ご存知の方・・・教えて下さい!!よろしくお願いします m(--)m

Aベストアンサー

燃えるごみで分類して問題ないと思います。

主成分は炭酸カルシウムですが、熱により酸化カルシウムになります。
更に、水が加わることで水酸化カルシウム(消石灰)となり安定します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング