ネットが遅くてイライラしてない!?

自由ケ丘、光ケ丘、美しケ丘・・・。
これらの「ケ」は「が」と読むようですが、なぜ「が」と読むのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

翻訳 古語」に関するQ&A: 現代語を古語に翻訳

A 回答 (7件)

全く同じ質問が過去にありました。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa619503.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

お礼日時:2008/07/16 15:41

ANo.4のjo-zenです。

補足します。

>(2)次の語を飾ったり、所有をしめしたりする役目
これは連体助詞ということですか?

⇒文法的にいうなら、そうなると思います。以下のURLを参考にしてみてください。

 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%8 …
   ※格助詞の3.の用法です。

「ケ」「ヶ」「が」=「の」ということになります。上記URLに、

 現代語では、文語的表現や、「それがために」などの慣用的表現に使われる。なお、古語で、人名や人を表す体言に付く場合、「の」に比して、「が」は親しみを込めたり卑しんだりする意を表すといわれる。

とあります。昔は微妙に違うニュアンスで使われていたようです。


>(3)飾るだけの役目
     ex)三ヶ月
この「ヶ」は助数詞ではないのですか?

⇒「ヶ」は助数詞です。但し、(1)は1つ、2つと数える用法ですが、「三ヶ月」という場合「三月(みつき)」を言い換えた言葉となります。「月」が3つという捉え方もできますが、「三月(みつき)」を「三月(さんがつ)」と区別するために、「ヶ」を使って飾っていると捉え、(1)とは区別して別項にしたのです。

分かっていただけますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたび有難うございます。
>分かっていただけますでしょうか?
おっしゃろうとする意味はわかりました。
ただ、全部助数詞で通した方が(三箇月の簡便省力型)わかりやすいと思いました。

お礼日時:2008/07/16 21:06

これはなぜ「ケ」を「が」と読むかというよりも、なぜ「が」という読みに「ケ」という字を当てるのかということになると思います。



「ケ」は「个」という漢字の代用として使われるようになった文字ですが、「个」は「六个月(ろっかげつ)」のような助数詞を作る他、「鬼个島(おにがしま)」などのような地名接尾辞としても使われます。
その「个(が)」が「ケ」に変わったわけですから、「自由ヶ丘」の読みが「じゆうがおか」なのはある意味当然と言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございました。

お礼日時:2008/07/16 20:45

自由ヶ丘 光ヶ丘 については ケ ではなく ヶ です。


パソコンで変換してみてください。[IME]
コレはカタカナのケが小さくなったものとされています。
連体助詞の「が」として使われています。
「が」は、光の丘=光が丘で「の」とほとんど同じ意味です

ただし 関ヶ原(せきがはら)の正式表記は 関ケ原 です。
変換してみてください、両方でてくるはずです。[IME]
他には、袖ケ浦(そでがうら)鎌ケ谷市(かまがやし)
これらはカタカナのケそのものです。

ご存知のとうり、六ヶ月などでも使われます。
これは古語の六個月(ろっかげつ で変換してください)
からきています。
こういった使い方がされていることから、
カタカナの ケ の由来になる漢字は
個 と同じ意味の 箇 の異体字である 个
の変形とする説も有力です。
箇 の字は カ と読みます。

また、9世紀より前にはカタカナが、
鎌倉以前には、濁点がありませんでしたので
箇とあった場合 こごかが の四つの場合が考えられますが、
こ の場合は 個 を使うので か が のどちらかになります。
が だと特定された場合は、
実際の発音に近づけるために濁点の代わりに上に‥等をつけました。

ここからは個人的推測ですが、
理由はたぶん
鎌倉時代前、さらに古いものを翻訳する時に、
が をカタカナの ケ に直したのだと思います。
その際濁点があったので、上に‥を書きやすくするために、
小さな ヶ を使ったのでしょう。
つまり、ちいさなヶについては必ず上に‥があったので、
が と読むようになったのではないでしょうか。
また、 ヶ は当時は正式な文字ではなかったので、
正式名称では ケ を使うのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/16 16:01

以下のURLを参考にしてみてください。



  http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4064679.html

似たような質問がしばらく前にありました。そちらで私も回答させていただいておりますので、参考にしてみてください。多分納得いただけるかと思います。

「ケ」「ヶ」には次のような用法があります。自由ケ丘、光ケ丘、美しケ丘などは、(2)に該当します。

(1)もともと、数を数える際の「いっこ、にこ」の用法からはじまり、次のような用法が派生していったようです。

(2)次の語を飾ったり、所有をしめしたりする役目
     ex)霞ヶ関、阿佐ヶ谷、自由が丘 

(3)飾るだけの役目
     ex)三ヶ月

なお、これらはいずれも、表記としてはカタカナの「ケ」を使っていますが、カタカナの「ケ」に「か」「が」「こ」などという読み方があるわけではありません。もとをたどれば、漢字の「个」とか同類の「箇」の冠の略字形なのです。これらの漢字の読みは「か、こ」で「物などを数える語」の意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。
>(2)次の語を飾ったり、所有をしめしたりする役目
これは連体助詞ということですか?
>(3)飾るだけの役目
     ex)三ヶ月
この「ヶ」は助数詞ではないのですか?

お礼日時:2008/07/16 15:59

ヶ - Wikipedia


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B6

そう言うものだと、覚えたほうが・・・
正式には、カタカナの「ケ」ではなく、別の字の「ヶ」と言うのが正式らしいです
稀に、表記上の問題で「ケ」「が」を使用するみたいですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。
>そう言うものだと、覚えたほうが・・・
何か理由があると思って質問させていただいています。

お礼日時:2008/07/16 15:45

それ自体が、カタカナの「ケ」ではなく、漢字で「が」と読む文字なんです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。「ケ」・・・こんな漢字があるのですか???

お礼日時:2008/07/16 15:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「〇〇ヶ丘」の「ケ」の読みが「が」になるのは何故ですか?

台湾人の先生に質問されて答えられずにいます。

日本の地名によくある「〇〇ヶ原」「〇〇ヶ丘」などの
「ケ」の読み方は「が」になりますが、
どうしてカタカナの「ケ」を「が」と読むのか
理由を知りたいそうです。

国語辞典で調べたところ「ケ」は漢字の「介」の略体と
書かれていましたが、やはり理由までわかりません。

この理由についてどなたか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

多くの方から回答が寄せられていますが、私も気になったので調べてみました。

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「カ」とも「ガ」とも読んでいたことが分かります。

明治に入って、森鴎外(鴎の正しい字がネットで扱えない)は「一箇月」と書き、「ケ」は使わなかったようです。一方、夏目漱石は、
「授業が始まって、一ヶ月ばかりすると」
と、「ケ」を使っています。

では、「ケ」は明治以降にできた書き表し方かというと、先の『今昔物語』で、鎌倉時代の写本に、
「既に三ケ日夜を経たり」
とあります。したがって、「ケ」という書き方が鎌倉時代には行われていたことが分かります。一方、このころのお坊さんは写しものをするとき、「菩薩」を「草かんむりにカタカナのサ」の一字で代用したそうです。「菩」の草かんむり、「薩」のサです。このような大胆な省略法を日常行っていたので、「箇」の字も竹かんむりの片側だけを取って、「ケ」にしてしまったようです。

以上は助数詞としての「ケ」の始まりの説明でしたが、長い間に、助数詞ではない格助詞の「ガ」を持つ地名などにも、真似て「ケ」が使われるようになりました。

なお、現代仮名遣いでは、固有名詞を除いて、「カ」や「ガ」を書く方がよいとされています。

ここまでは朝日新聞社『大野晋の日本語相談』2002年8月発行を参考にしました。

「ケ」を小さく書く理由ですが、現代仮名遣いで、「ハ」を「wa」と読む例はあっても、「ケ」を「ka」または「ga」と読んでもよいなどということはありません。日本語の原則からはずれるので、あえて小さく書き、仮名文字ではなく記号のような意味合いを持たせたのではないかと思います。これは私の想像です。

多くの方から回答が寄せられていますが、私も気になったので調べてみました。

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「カ」とも「ガ」とも読んで...続きを読む

Qなぜ一ヶ月はヶなのか?

一ヶ月、霞ヶ関など、「か」や「が」と読んで発声している部分を文字にした際に「ヶ」と表記していますが、これはどうしてなのでしょうか?
このように表記するようになった理由、経緯について詳しい方が居りましたら、お教え下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一ヶ月、霞ヶ関などに使われる「ヶ」は、他にも一ケ、二ケと数を数える時にも使い「こ」と読みます。「いっけ」、「にけ」と読んでる人がいますが、それは誤りとなります。

これらはいずれも、表記としてはカタカナの「ケ」を使っていますが、カタカナの「ケ」に「か」「が」「こ」などという読み方があるわけではありません。もとをたどれば、漢字の「个」とか同類の「箇」の冠の略字形なのです。これらの漢字の読みは「か、こ」で「物などを数える」語です。

これらの漢字は今では一般的には使われず、「個」となります。これは「こ」とは読みますが「け」とは読めないため、「ケ」=「個」であることが直接的にはわかりづらくなっています(「个」「箇」を知らないとわからない)

ところで、カタカナの「ケ」はもともとの漢字(ひらがな・カタカナは漢字の全部または一部を略して生まれたものです)は、「介」で、「介」にも「数を数える」語の意があるのですが、これがある意味混乱のもとになっているようです。一ヶ月、霞ヶ関などに使われる「ヶ」は「个」「箇」の略字として生まれたのですが、同じ文字を使うカタカナの「ケ」の元字「介」にも数を数える意味があったのです。また、「ケ」「ヶ」が区別なく使われる状況になっていますので混乱に拍車をかけてしまっているのです。

なお、「ケ」「ヶ」は

(1)もともと、数を数える際の「いっこ、にこ」の用法

からはじまり、次のような用法が派生していったようです。

(2)次の語を飾ったり、所有をしめしたりする役目
     ex)霞ヶ関、阿佐ヶ谷、自由が丘 

(3)飾るだけの役目
     ex)三ヶ月

一ヶ月、霞ヶ関などに使われる「ヶ」は、他にも一ケ、二ケと数を数える時にも使い「こ」と読みます。「いっけ」、「にけ」と読んでる人がいますが、それは誤りとなります。

これらはいずれも、表記としてはカタカナの「ケ」を使っていますが、カタカナの「ケ」に「か」「が」「こ」などという読み方があるわけではありません。もとをたどれば、漢字の「个」とか同類の「箇」の冠の略字形なのです。これらの漢字の読みは「か、こ」で「物などを数える」語です。

これらの漢字は今では一般的には使われず、「...続きを読む

Q「霞ヶ関」の「ヶ」とは何ですか?

うちの近所に霞ヶ関という地名があります。
この小さな文字の「ケ」とは何でしょうか?
なんというのでしょうか。
また知名は「かすみがせき」と呼びます。
「ケ」なのに「が」と呼ぶのも不思議です。
言語的にはなんと説明されるものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「箇」(読みは「か」)と言う漢字が元になっています。
その最初のパーツの小さいケで、代用しています。
物や所などをさす言葉。これ。その。あの。あれ。「箇所」
(大修館書店/漢語林より)

Q住所の名前での「ケ」や「ツ」の大きさは決まっているのでしょうか?

住所の名前での「ケ」や「ツ」の大きさは決まっているのでしょうか?
例えば、百合ケ丘・百合ヶ丘(大きいケと小さいヶ)は、決まりがありますでしょうか?住所ごとに大か小か決まっているのか、どちらでも大丈夫なのか、、、、
一応正式に確認したいのでどこが管轄なのかもわかると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 大きい「ケ」と小さい「ヶ」は、由来を別にする物(「ヶ」は「箇 or 个」の略字)という説も有り、正式表記として大小どちらを使うかを決めている自治体もあります。

  「ケ」のもの
   青森:西津軽郡鰺ケ沢町
   青森:南津軽郡碇ケ関村
   青森:上北郡六ケ所村
   岩手:胆沢郡金ケ崎町
   宮城:刈田郡七ケ宿町
   宮城:宮城郡七ケ浜町
   茨城:龍ケ崎市
   埼玉:鳩ケ谷市
   千葉:鎌ケ谷市
   千葉:袖ケ浦市
   東京:八丈支庁青ケ島村
   神奈川:横浜市保土ケ谷区
   長野:駒ケ根市
   岐阜:不破郡関ケ原町
   静岡:田方郡天城湯ケ島町
   静岡:引佐郡三ケ日町
   三重:阿山郡島ケ原村
   奈良:添上郡月ケ瀬村
   熊本:天草郡龍ケ岳町
   宮崎:西臼杵郡五ケ瀬町

  「ヶ」のもの
   茨城:新治郡霞ヶ浦町
   埼玉:鶴ヶ島市
   神奈川:茅ヶ崎市
   新潟:北蒲原郡京ヶ瀬村

 まあ、当の自治体自体が正式文章や施設名称などで間違えていたりする事が良くある事なので、目くじらを立てる程の物では無いと思いますが…。
 (自治体によっては、「どちらを使っていただいても問題ありません」と公式に発表している所も有ります。)

 最近は、コンピュータのプリンタなどの普及で気にする必要が無くなって来ましたが、それ以前は活字の問題(1字1字、字形を別に容易しなければいけない)で字数を減らす為に「ケ」に統一する様に推奨する動きもありました…。
 (総務省とかは大きい方を使う傾向がある。)

 Wikipedia等の不特定多数の人が更新するような所では、下記の様な規定が有ったりします。

>小さい「ヶ」は、使わないでください。
> 例: 1ヶ月 → 1か月、1箇月
> 固有名詞の場合は、使用できますが、以下に注意してください。
> o 地名では正式表記が「ケ」の場合も「ヶ」の場合もあります。
> 例: 鎌ケ谷市、茅ヶ崎市
> o 正式表記が揺れる場合があります。
> 例: 雑司が谷(地名)・雑司ヶ谷霊園・雑司ケ谷停留所・雑司谷中学校、七里ヶ浜(地名)・七里ヶ浜駅・七里ガ浜(住所表示)、溝口(地名)・武蔵溝ノ口駅(JR)・溝の口駅(東急)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E8%A1%A8%E8%A8%98%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89#.E4.BB.AE.E5.90.8D

 小さな「ッ」は促音(そくおん)[つまる音]、通常、3モーラを構成する真ん中の要素としてのみ存在する物だと思いますが…。
 (別物だし発音からして変わる)

 大きい「ケ」と小さい「ヶ」は、由来を別にする物(「ヶ」は「箇 or 个」の略字)という説も有り、正式表記として大小どちらを使うかを決めている自治体もあります。

  「ケ」のもの
   青森:西津軽郡鰺ケ沢町
   青森:南津軽郡碇ケ関村
   青森:上北郡六ケ所村
   岩手:胆沢郡金ケ崎町
   宮城:刈田郡七ケ宿町
   宮城:宮城郡七ケ浜町
   茨城:龍ケ崎市
   埼玉:鳩ケ谷市
   千葉:鎌ケ谷市
   千葉:袖ケ浦市
   東京:八丈支庁青ケ島村
   神奈川:横浜市保土...続きを読む

Q「個」と「ヶ」の違い

特に専門家の方にお聞きします
数を数える時
1個、2個、3個・・・
と数える時と
1ヶ、2ヶ、3ヶ・・・
と数える時がありますよね
この違いは一体何なのでしょう?
個とヶで使い分けはあるのでしょうか?
また、個とヶの由来や使われ始めた時期もしりたいです
明日図書館で文法書を開いてみるつもりですが
もし知っている方がいらっしゃれば教えて下さい
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

前にも同じような質問があって回答した憶えがあったのですが、さがせませんでしたので、あらためて回答します。

「ヶ」はカタカナの「ケ」ではなく「箇」の略体である「个」という文字から来ているという説が有力です。そしてその「箇」は「個」の異体字で、両方の文字の意味はまったく同じものだそうです。

つまり、個=箇→个=ヶ という関係です。

このことから、1個も三箇日も五箇条も槍が岳もみんな1ヶ、三ヶ日、五ヶ条、槍ヶ岳と「ヶ」が使われているわけです。

Q1コ、2コはなぜ1ケ、2ケともいうのですか?

1個を1ケと表記する仕方がありますが、あれはいつからどういういきさつでそうなったのでしょうか?普段何気なくつかってるけど、あれはイッケ、ニケ、とは読みませんよね???・・・謎です。ご存じのかた、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「ka」とも「ga」とも読んでいたことが分かります。

明治に入って、森鴎外(鴎の正しい字がネットで扱えない)は「一箇月」と書き、「ケ」は使わなかったようです。一方、夏目漱石は、
「授業が始まって、一ヶ月ばかりすると」
と、「ケ」を使っています。

では、「ケ」は明治以降にできた書き表し方かというと、先の『今昔物語』で、鎌倉時代の写本に、
「既に三ケ日夜を経たり」
とあります。したがって、「ケ」という書き方が鎌倉時代には行われていたことが分かります。一方、このころのお坊さんは写しものをするとき、「菩薩」を「草かんむりにカタカナのサ」の一字で代用したそうです。「菩」の草かんむり、「薩」のサです。このような大胆な省略法を日常行っていたので、「箇」の字も竹かんむりの片側だけを取って、「ケ」にしてしまったようです。

以上は助数詞としての「ケ」の始まりの説明でしたが、長い間に、助数詞ではない格助詞の「ガ」を持つ地名などにも、真似て「ケ」が使われるようになりました。「自由ヶ丘」「緑ヶ丘」などです。

なお、現代仮名遣いなどでは、助数詞の場合は「個」や「コ」「こ」、格助詞の場合は、固有名詞を除いて、「カ」や「ガ」を書く方がよいとされています。

ここまでは朝日新聞社『大野晋の日本語相談』2002年8月発行を参考にしました。

「ケ」を小さく書く理由ですが、現代仮名遣いで、「ハ」を「wa」と読む例はあっても、「ケ」を「ka」または「ga」と読んでもよいなどということはありません。日本語の原則からはずれるので、あえて小さく書き、仮名文字ではなく記号のような意味合いを持たせたのではないかと思います。これは私の想像です。

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「ka」とも「ga」とも読んでいたことが分かります。

明治に入って、森鴎外(鴎の正しい字がネットで扱え...続きを読む

QExcelで作った表をジャストでA4紙で印刷したい

Excelで小さめの表(A4の3分の1程度)を作ったのですが、これをA4サイズジャストに拡大してプリントアウトしたいのです。(わかりにくい説明ですいません)

こういう場合、印刷設定で地道に「拡大○%」で合わせていくしかないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ファイル/ページ設定/拡大縮小印刷/で、横1×縦1ページに印刷のボタンをクリックします。
これで、A4に強制的に1ページに収まります。
あとは、余白で大きさを調整します。
(勿論用紙サイズはA4選択が条件ですが)

Q固く閉まったネジを外すコツってあるでしょうか?

固くしまったネジを外すコツってあるでしょうか?
何年か前に取り付けたカーテンレールを外して、新しい物に取り替えようとしているのですが、何年も前に取り付けたネジなので固く閉まっていて中々外せないんです。
電動がないので、プラスのドライバーを手で懸命に回しているのですが、固くて固くて・・・
しまいにはネジ山が一つ潰れてしまいました・・・。

油とか挿したりしたら外れやすくなるでしょうか?
ネジを外すコツが もしあるのなら教えて下さい!

Aベストアンサー

ネジというのがボルト・ナットなのか木ネジなのか解りませんが、お話の様子では木ネジでしょうか?

いずれにせよ、固く締まっているというのは、ボルトや木ネジのネジ山と雌ネジとの摩擦面が、サビなどによって摩擦が非常に強くなった状態のわけです。

サビ・腐食が進行して雄ネジ雌ネジが一体化してしまったような状態でさえなければ、適切な衝撃を与えてやることで、ゆるませてやれる場合が多いです。もちろん、シリコンオイルなど潤滑油を使える状況なら、先にネジ部に浸透させておけばなお良いです。

皆さんの回答に重なりますが、私の場合は、堅く締まったネジを(専用工具なしで)はずす場合は、大体以下のようにしています。コツと言えるかも知れません。

1)ねじの頭溝に合ったドライバをあてがう(合わないドライバを使うと溝をつぶすおそれが大きくなります)。

2)ドライバの柄をハンマあるいはスパナなどで軽く叩き込む。

3)ドライバをネジに押しつけながら柄を回す(押込み6分、回し4分の力配分)
 →ネジをゆるめる方向に回してみて、動かないようなら締める方向にも回してみる。どちらかに少しでも動けば◎。あとはゆるめる一方でOK。

4)動かない場合はもう少し強く叩いてみて、繰り返す。

5)それでもダメなら、ペンチ(プライヤがベスト)でドライバの柄を挟み、(ネジ頭溝を壊さない程度に)渾身の力でネジを押込みつつ回してみる。

※以上の方法でダメでネジ溝をつぶしてしまったような時には、下記Q&Aなどを参考にして下さい:
http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1961150

参考URL:http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1961150

ネジというのがボルト・ナットなのか木ネジなのか解りませんが、お話の様子では木ネジでしょうか?

いずれにせよ、固く締まっているというのは、ボルトや木ネジのネジ山と雌ネジとの摩擦面が、サビなどによって摩擦が非常に強くなった状態のわけです。

サビ・腐食が進行して雄ネジ雌ネジが一体化してしまったような状態でさえなければ、適切な衝撃を与えてやることで、ゆるませてやれる場合が多いです。もちろん、シリコンオイルなど潤滑油を使える状況なら、先にネジ部に浸透させておけばなお良いです。

...続きを読む


人気Q&Aランキング