ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

日産テラノ(ディーゼルエンジン:TD27)ですが、エンジン回転数が1800~2000回転の間でこれ以上上がりません。
現在まで、インジェクションポンプ、電子ノズル、ハーネス、エンジンコントローラーを交換しましたが改善されません。
原因が推測される方、回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No,2です。


解決されて良かったですね。

私のはキャラバンですが、やはりインテークマニホールド内にたっぷりとカーボンがこびりついていました。
    • good
    • 1

No,2です。


さっき思いついたのですが、インテークマニホールドのバタフライバルブは確認しましたか。
アイドル時の騒音低減のためのバタフライバルブですが、動作不良ですとパワーが出ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃるとおり、てっきり電気系かなとばかり思っていたのですが、
インテークマニホールドを開けてみると中にオイルのカスやカーボン?
の塊がこびり付いておりました。
掃除したら問題解消されました。
オイルブリーザーホースから吸引されていたようです。
バルブシールがヘタってきたのでしょう。ピストンリングも心配です。
O/Hの時期ですかね。

お礼日時:2008/07/31 03:30

No,2です。


そうですか。すでに交換済でしたか。私のETiは現在27万キロで、今までにあちこちと壊れましたが、噴射ポンプもエアフロも交換済では、思いつくのはターボくらいしかありません。もちろんチェック済とは思いますが。

お役に立てなくて残念です。
    • good
    • 0

TD27といっても、ノンターボから電子制御のETiまでバリエーションがあり、考えられる故障も全然違うのですが、ETiならばエアフローメーターの汚れが考えられます。

あなたが整備ができる人であれば分解してセンサーを綿棒でふき取れば良いのですが、できなければアッセンブリーで交換してもらいましょう。

ガソリンエンジンのエアーフローメーターは空燃比をあわせる為にありますが、ディーゼルの場合は黒煙を出さないためにリミッターのような働きをします。汚れて正しい値が計れないとアクセルを踏んでも燃料が増えないようにとコンピューターが判断します。

TD27はOHVなのでタイミングベルトはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りタイミングベルトはありませんでした。エアフロも掃除し、交換もしてみましたが全く変化なしです。どこか断線か接触不良でしょうか?

お礼日時:2008/07/25 12:55

余り考えられないのですが、燃料の噴射タイミングは狂っていませんか、私も最近のディーゼルは良く解らないが以前タイミングベルトを交換したときに噴射タイミングを狂って組んでいた人が居ます(エンジン音で解りそうなものですが)



その時は、くみ上げるときにテンショナーを効かせて確認していなかったらしい(噴射タイミングだけ狂った)ベルト組むときにカムやクランクなどの位置あわせはきっちりしていても、ベルトにテンション欠けたときに狂っていた(この時に確認しないと意味がない)

質問者の場合は解りませんが・・・
それ以外に原因があるとするとエンジン本体に何らかの異常が有るくらいしか思いつきません。

なお、上記のミス作業はプロが起こしたものでその後別の工場で正規にしたら直っています(エンジン音がおかしいから気がついたものです)当然高回転まで回らない状態でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。タイミングベルトの交換は最近行っておりませんが、もしかしたらベルトの劣化、テンショナーの不具合かもしれません。確認してみます。

お礼日時:2008/07/24 12:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QH7式日産テラノ、修理するべきか・・・

平成7年式の日産テラノ(R3m-Rワイド ディーゼル)を4年前に中古で購入しました。購入時、45,000kmで現在8万km弱です。昨年末にオイル漏れで修理(10万強)したばっかりなんですが、今回燃料ポンプ辺り(車に詳しくなく正確なことが書けずにすみません)から燃料漏れが発生し、見積りで17万円程とのことです。(この手は部品代が高いのでしょうか?)

来年の6月が車検で、今後どのような故障が発生するか予測もつかないし、今回修理に出して乗り続けるべきか、今買い替えるべきか迷っています。

妻が最近車を買い替えたばかりで、経済的な負担がネックになっています。家を建てる計画ですが、それを少し先に延ばせば共働きですので払えなくはないと思いますが、大きな買い物なので非常に悩んでいます。

こんな質問で申し訳ありませんが、ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

>見積りで17万円程
インジェクションポンプから軽油漏れを起こしたみたいですね、そのポンプですが何処のメーカーでも良く漏れます、まずはポンプの上のカバーのパッキンを交換してもらって下さい、ガバナカバーパッキンという物です
ほとんどそこから漏れます、費用は1.5-3万円位で出来ます、それでも漏れるならポンプを脱着しての修理でしょうが17万円は高すぎの様な気がしますテラノのエンジンはTD27だと思うのですがタイミングベルトでなくチェーンなので部品代がそんなに掛かりませんポンプのオーバーーホールは定価でせいぜい6万円位です(リンク品なども有りますが現物修理が一番安いです日数はちょっと掛かりますが)脱着工賃が10万円は高いかな?他店でも見積を取ってみてはいかがですか。

Qディーゼル車の燃料噴射ポンプのオーバーホール

 日産のディーゼル乗用車に乗っています。長年、ディーゼル車ばかり乗ってきましたが、こんな不調は初めてです。アイドリング回転数が安定せず、大きく波を打ちます。とりあえず通常走行はできます。

 それで、噴射ポンプのオーバーホールをしてくれる業者を捜しています。関西圏でご存じのところがあれば、名前だけでも教えていただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノーシスチェックを受けてみることをお勧めします。

アイドリングが大きく波打つような症状は列型(大型車やかなり古い車に使用されているタイプのポンプでシリンダーの数だけポンプのプランジャーがあるタイプ)の噴射ポンプを使用している場合は各プランジャーごとの噴射量の不均一によって引き起こされる場合が多く見受けられましたが、現在主流のボッシュ式(プランジャーは1本だけでフューエルディストリビューターという部分で各シリンダーに燃料を割り振る形式)ではあまり起こらない症状です。

できれば車種、年式など詳細をお知らせくだされば、もう少し具体的な対応策をお知らせできるかもしれません。

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノ...続きを読む

Qエルグランド3.0L ディーゼル パワーがなくなってしまいました。

H12年の3.0Lディーゼルですが、最近力が無く、困っています。現在走行19万キロで16万キロを過ぎた辺りから、高速の登坂車線では、アクセル全開でも90キロくらいしか出ず大型トラックに煽られるくらいです。平地の負荷がかからない時はスムースで燃費も11KMくらい走り不満はありません。メンテナンスはきちんとしているのですが、寿命なのでしょうか?高速の登坂車線を全開で走った後、エンジンチェックランプが点いてしまい、燃料フィルターのつまりから,燃料の供給が間にあわないために点いた可能性があると、ディーラーに言われ、燃料フィルターは交換したのですが、やはり高速の合流で全開で加速したら同じ症状が、、、アクセル全開でもなかなか100KMに達しません。燃料添加剤のクリーナーも試しましたが、変わりません。原因と対処方法(費用)を教えてください。

Aベストアンサー

このエンジンはディーゼルにはめずらしくエアフローセンサーを採用しています。燃費も悪くなく普段は普通に走るのであれば長年の汚れがセンサー表面に付着しているための不具合だと思われます。
電子制御燃料噴射ポンプは黒煙をはかないため空気量にあった分量の燃料しか出しません。ターボがきき空気が増加しても、センサーが感知しないと燃料は増加されずパワーがでません。スロットルペダルを踏み込んでも途中でリミッターがきいているようになります。
修理工場に出したときの費用は分かりませんが、サンデーメカニックの私がやって1時間くらいの作業でした。
原因は他の可能性もありますが、この走行距離ですと間違いなく汚れているので作業を依頼することをお勧めします。
エアクリーナー側からスプレーのクリーナーを吹き込むという方法もありますが、きれいになったか見えにくいためエアフローセンサー単体まで分解しての清掃をお勧めします。

Qテラノ D21 TD27T AT 変速時のショックについて

平成7年 D21テラノ TD27T ATに乗っていますが、ショックについて疑問点があるので質問させて頂きました。停止時から発進して、1速から2速に上がる時にドン。と衝撃が来る時があります。
シフトアップする回転数、速度を把握して事前にスロットルを弱めると衝撃が無くなるか小さくなります。3、4速に上がる時はショックはありません。
同じテラノ、TD27 AT乗りの人の意見をお伺いしたいのですが、TD27のATはこんなものなのでしょうか?購入した当初からこのような症状でこれが正常なのか、異常なのかの判断が付きません・・・
ディーラーの人に尋ねても「古い車だから、多少のショックはあります。こんな物でしょう。もし気になるならリビルトATに乗せ変えも検討して下さい。」とのことでした。

Aベストアンサー

まあディーラーの言っている事もわかります。
この様な場合、一度純正ATFで交換して様子を見てみる事もありかと。

あ、でもATFの交換履歴が不明な場合はディーラーと良く相談してくださいね。

Qディーゼル車 燃料フィルタ交換後のエア抜き

ニッサンテラノRR50(QD32エンジン)です。
先日燃料フィルタを初めて交換。
手動のポンプを押して何とかエンジンかかったが、
いまいちアイドリング安定しないし、
朝一発目はポンプ押さないとエンジンかからない・・・
(一回かかれば5、6時間後でも一発始動なんだが)

調べて「エア抜きプラグ」ってやつをはじめて知った。
今更お恥ずかしい・・

で、このエア抜きプラグってどこにあるんでしょう?
それとも朝一かからないのは他に原因があるんでしょうか?

フューエルフィルター交換に関わるトラブルと対処。
詳しい方がいらしたらどうぞ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
「エア抜きプラグ」は手動ポンプ付近のフィルターボディーに付いています。多分、8mmか10mmのスパナで緩めることができるボルト状のものが真横向きか斜め上方向きかであるはずです。(写真を捜したのですが無くてすみません)
朝一番、エンジン始動前に、このプラグを半回転~1回転くらい緩め、手動ポンプを押します。プラグからは燃料と共に泡が出るはずです。初めは軽いポンプが徐々に重くなります。ポンプが重くなって泡が出なくなったところを見計らってポンプを押し込んだ位置のときにプラグを締め付けします。フィルターのエア抜きはこれで完了となります。

ただ、毎朝ポンプを押さないと始動出来ないのなら、タンク~フィルター間でのエアの吸い込みも考えられます。フィルター交換時、Oリングに何等かの潤滑剤(燃料でもいいです)を塗って締め付けしましたか?また、締め付け力は十分でしたか?
その辺がちょっと心配です。エア抜き実施後も毎朝、朝一にポンプの押し込みが軽くエンジンが始動しないようでしたら、一度整備屋さんにみてもらったほうが良いでしょう。

Qテラノの良い所・悪い所などなど!

今、車の買い替えを少し考えてます。
っと言うのも、現在ステージアを所有していますが、故障し、修理にお金がかかるとのことで、もしかしたら次ぎを考えたほうが・・・っという状態です。
次ぎはテラノ辺りに乗ってみたいなっと思ってますが、まったく車には詳しくなく、どんな種類があるのか、どんな車なのかわかりません。
いろいろと教えてください。
それとたまにサーフで後ろにタイヤの付いてない車を見かけますが、あのタイヤは必ず付いているものなのでしょうか?付いてないのがいいなと思うのですが・・・
よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

下の回答でもあるとおり、
テラノ・レグラスはすでに生産中止になっています。

現在クロスカントリー4WD(クロカン)は、
以前ほどの人気もなく規模が縮小されています。
・サイズが大きくて街中での取り回しに苦労する
・大排気量のためランニングコストや税金で出費がかさむ
・ディーゼル規制で買い替えを余儀なくされる
・車両盗難が多い

現在新車発売されているクロカン4WDは、
(注)副変速機つきの車両のみ
【トヨタ】ハイラックスサーフ、ランドクルーザープラド、ランドクルーザー100(シグナス含む)
【日産】サファリ
【三菱】パジェロ
【スズキ】グランドエスクード、エスクード、ジムニーシエラ
いずれも排気量は2000ccを超えます(ジムニーは除く)
サファリは4800ccです。買ったら死にます。
ディーゼル車は激減してしまいました。

現在主流になっているのはライトクロカン(プレミアムSUV)と呼ばれるものです。
【トヨタ】ハリアー、RAV4
【日産】エクストレイル
【ホンダ】MDX、CR-V
【マツダ】トリビュート
【三菱】エアトレック、パジェロイオ
【スバル】フォレスター、アウトバック
【ダイハツ】テリオス
【フォード】エスケープ
くわしくは↓のサイトでご確認ください。

背面スペアタイヤキャリアは、
車によってはメーカーオプションになってました。
見た目はかっこいいのですが、
テールゲートが開けにくいうえに洗車のときもジャマになります。
パンクしたときには、
超重いタイヤをあの高さまで持ち上げなくてはならず、
非常に大変です。
しかも装着により車体重量が重くなってしまうので、
あまり役に立っているとは思えません。
(スキーキャリアがつけられる程度)
オプション価格は確か5万円でした。
なお、パジェロはドアに直付けです。

参考URL:http://www.goo-net.com/catalog/

下の回答でもあるとおり、
テラノ・レグラスはすでに生産中止になっています。

現在クロスカントリー4WD(クロカン)は、
以前ほどの人気もなく規模が縮小されています。
・サイズが大きくて街中での取り回しに苦労する
・大排気量のためランニングコストや税金で出費がかさむ
・ディーゼル規制で買い替えを余儀なくされる
・車両盗難が多い

現在新車発売されているクロカン4WDは、
(注)副変速機つきの車両のみ
【トヨタ】ハイラックスサーフ、ランドクルーザープラド、ランドクルーザー1...続きを読む

Q再び日産テラノのエンジンストップ

再びなんですが、エンジンの水抜きがうまくできて無く、
エンジン噴射系のポンプ部分の電装部品が故障したみたいです。
水抜きって、どのようにして、どのくらいの間隔で
やればいいのでしょうか?
それと、この場合原因はやはりユーザー側ですかね?

Aベストアンサー

エンジンルーム内部にハンドフィードポンプ(手動式のポンプで頭部のノブを押して作動させる)付きの燃料フィルターがあるはずですが、フィルターの下部に樹脂製のネジ(ホースが付いている物もある)がありますので、それを緩めれば排出できます。ディーゼル車では燃料フィルターにセジメンターと呼ばれる水分分離機を備えている物がほとんどです。また、メーターパネルに燃料フィルターの警告灯(多くは黄色)が有る場合は、セジメンター内部に水がたまると点くようになっています。給油所の環境にもよるでしょうが、屋根つきの給油所で、管理がしっかりしているところで給油する限り、ユーザーが行うほどの頻度で発生する事柄ではないと思います。

もし、気になるのであれば定期的に燃料フィルター下のドレーンコックを緩め、何かの容器で出てきた燃料を受けて、水分が混ざっていないか確認してみては如何でしょう。

Qアイドリング不安定・エンスト・・!

日産キャラバン平成8年式ディーゼルターボ(TD27-ETI)の車ですが、エンジンは一発でかかりますが(かけたすぐは750回転くらいです)、しばらくすると、回転数が500回転~1500回転位の間で2~3回上下します。また、走行しようとシフトを「R」や「D」にすると回転数が下がり、同じように回転数が上下し、時にはそのままエンストしてしまいます。結構素人ですが、この症状を知恵袋やネットで調べ、エアフロの洗浄、またフューエルフィルターの交換は行ってみましたが、症状は改善されませんでした。(エアフロ掃除で、吹けは良くなりました)いずれディーラーに持ち込まないといけないと思いますが、来月初めじゃないと修理代工面できないので、とりあえず自分で出来る事があればと思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m22066023

#1です。
ディーゼルでも使っている車両はあるようでした。
勉強不足でした。
ディーラーで、コンピューター診断掛けてもらうのがいいと思います。

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む


人気Q&Aランキング