【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

買掛金と未払金はどのように違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

買掛金と未払金は違います。



売掛金、買掛金は商品売買によって生じた掛け取引をした場合に生じる勘定で、帳簿債権・帳簿債務として認識されます。

商品売買のような営業活動以外によって生じる債権債務は、

(1)金銭貸借によるもの
→ 貸付・借入
(2)商品以外の物品の売買や役務の提供によるもの
→ 未収金・未払金
(3)従業員などに対する一時的な立替えや預かりなど
→ 立替金・預り金

などによって分類し記帳します。
これらを単に「払っていない状態が同じだから」といった理由で勘定をいっしょにしたり相殺したりしないようにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
すっきりいたしました。

お礼日時:2008/07/25 13:19

同じじゃないでしょうか。

強いて言えば、買掛金は売買同士が納得の上で支払いを先延ばししているもので未払い金は買った側が支払いの要求に応える旨の表明をしていながら未だ払っていないものということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/25 13:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング