実習でアガロースゲル電気泳動を行ったのですが、
その際、エチジウムブロマイドには発ガン性が
あるので取り扱い注意との指導を受けました。
エチジウムブロマイドによる発ガンは一体
どのようにして起こるのでしょうか?
またそれに関する調査、実験のデータは
あるのでしょうか?

レポートで書かなければならないので
結構詳しく知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

エチブロ自体がDNAの二塩基間にインターカレーション(挿入)する物質なので、当然、それによりその転写や複製を妨げる要因になりますよね。


これはMiJunさんが書かれてるように、突然変異の原因になります。
運が悪いと(?)、ガンになってしまうでしょうね。

エチブロについては知りませんが、発ガン性物質のDNA結合量とガン発生についての相関は調べられてるデータを、永田親義先生の「ガン発生の機構」(サイエンス社)で見たことがあります(その本は絶版になってるそうですが・・・)。
永田先生は、量子化学をもちいたガン発生機構について研究されており、ブルーバックスにも本を出されてますので、参考になるとおもいますよ。

この回答への補足

ありがとうございました。
自分なりに考えていたのは、
(1)DNAにインターカレート→転写、複製時に変異
(2)インターカレート→エチブロが紫外線で励起、そのエネルギーで変異
(3)それ以外
でした。
(2)はありえないのでしょうか?

補足日時:2001/02/23 04:46
    • good
    • 0

補足に対するアドバイスです。



knsqさんのおっしゃる(2)のようなことは、どうですかね^^;
励起によりラジカルが出来るのであれば可能性は高いのではないのでしょうか。

またエチブロ自体、発ガン性物質特有の電子状態をもってるかもしれません。

やはり先に挙げた、本を調べられてはどうですかね。
分子の電子状態と発ガン性について調べられてたとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

永田先生の「がん発生の機構」、
大変参考になりました。
励起によって、ラジカルやピリミジンダイマーが
出来る可能性もあることがわかりました。

おかげさまでレポートも無事書き終わりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 01:22

訂正です。


「イニチシエーション」⇒「イニシエーション」です。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「発ガン性物質の取扱い」
直接的な回答ではありませんが、
http://wwwcrl.shiga-med.ac.jp/home1/seminar/sp97 …
(DNAと結合する色素)
⇒DNAにインターカレート⇒(突然)変異⇒???発ガン性
更に、以下の成書は如何でしょうか(内容未確認!)
----------------------------------
発がんとその予防/山本雅,鬼頭昭三/放送大学教育振興会/1996.3発がん物質事典/泉邦彦/合同出版/1992.2 
発がん物質/杉村隆/中央公論社/1982.11
----------------------------------
これら以外にも「Ames test(エームステスト)」、「イニチシエーション」、「プロモーション」、「発ガンメカニズム」、「フローサイトメトリー」等のキーワードで調べてみて下さい。

参考URL:http://www.bio.eng.osaka-u.ac.jp/sfbj/wakate/btf …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考文献、早速あたってみます。

お礼日時:2001/02/23 04:52

http://www.chemfinder.com/
でエチジウムブロマイドのCASナンバー(1239-45-8)で検索したところ、下記HPの紹介があり、一応、次のような毒性試験の記載はあるようです。HPが出てきますので、参考になる
かも知れません。

2,7-Diamino-10-ethyl-9-phenylphenanthridinium bromide (CAS: 1239-45-8)
DNA inhibition system-human:hela cell 40 mmol/l

この他、国内のDBを検索しましたがヒットしないですね。

参考URL:http://www.inform.umd.edu/CampusInfo/Departments …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今まで当たってみた文献には
エチブロに関するデータは皆無だったので、
大変ありがたいです。

お礼日時:2001/02/23 04:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSDS-ゲル電気泳動

SDS-ゲル電気泳動で、サンプル試薬をウェルにアプライするのですが、このサンプル溶液にグリセロールが入っていると実験書に書いてありました。
これは試薬をアプライしたときに試薬が拡散せずに下に落ちていくのに関係しているらしいのですが、これは何故なのか詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

sarurujiさんこんにちは。
簡単に言うと比重の問題です。
SDSでもアガロースでも電気泳動の際にはゲルを泳動用のbuffer中に浸した状態で流しますね。

その際ウエルが解放状態にありますので、当然アプライしたサンプルはbuffer中に
拡散しようとします。グリセロールはこれを防いでくれます。

グリセロール以外にシュクロースなどを用いたりもしますが、用は糖を高濃度で加えて
比重を重くしているわけです。

しかし、サンプルが20とか30とかになると、アプライしている最中に僅かながら拡散が始まったり、
ゲルに浸透し始めてしまうので、大量のサンプルを扱うときはパラフィルムなどの疎水シート上で
グリセロールや泳動用色素とサンプルをミックスして並べてから一気にアプライします。(既にやってるかもしれませんが)

Qエチジウムブロマイド 発ガン性の程度

こんにちは。
私は仙台の大学に通う3年生です。

先日、PCRをおこなったとき、エチジウムブロマイド入りゲルを3ヶ月間保存しておいた三角フラスコにかけておいたパラフィルムの内側部分にさわってしまいました。エチジウムは発ガン性ということで不安です。

わたしの場合、
・エチジウムが揮発した、気体成分がたまった部分にふれた、もしくは
・フラスコの注ぎ口に触れていた部分にさわっていたかもしれない
・フィルムを触ったあと、しばらくエチジウム付着のものときずかなかったので、手洗いは30分くらい後
という条件です。

発ガン性というと、どの程度のものなのでしょうか。
以前のこのページの書きこみをみると、このくらいさわると危険、という論文も紹介されているようですが、英語辞書を駆使してもわたしには理解できませんでした。

生物学を専門とするみなさんにとって、エチジウムブロマイドとはどの程度危険なものとして扱われているのでしょうか。わたしの気にしすぎなのでしょうか。また、そもそもエチジウムは揮発性なのでしょうか。長期保存だったので成分がたまっていたのでは、と気になります。知識不足で申し訳ありません。

ぜひお願いいたしします。

こんにちは。
私は仙台の大学に通う3年生です。

先日、PCRをおこなったとき、エチジウムブロマイド入りゲルを3ヶ月間保存しておいた三角フラスコにかけておいたパラフィルムの内側部分にさわってしまいました。エチジウムは発ガン性ということで不安です。

わたしの場合、
・エチジウムが揮発した、気体成分がたまった部分にふれた、もしくは
・フラスコの注ぎ口に触れていた部分にさわっていたかもしれない
・フィルムを触ったあと、しばらくエチジウム付着のものときずかなかったので、手洗いは30...続きを読む

Aベストアンサー

CELLのエッセンシャルなど色々な参考書に載っています。
この質問はDNA修復という項目に相当しますね。
私は大学2年の専門基礎講座でも習いましたけど・・・。

>もしお時間いただけましたら、発ガン性物質というものが体内に侵入した場合、どのような作用をするのか、またどう処理されるのか、おしえていただいてもよろしいでしょうか。

一番身近なのはエチブロの後に扱うUVイルミネ-ターでしょう。UVはDNAに当たるとTとTが並んでいるところをくっつけてしまい、チミンダイマーという物質を作ってしまいます。ところがDNAにはDNA修復機能が備わっていますので
DNAの見張り番が変異を発見すると、細胞の働きを一旦ストップさせDNAの変異が入っていない方の鎖を元にして修復します。また、あまりにもひどい場合は細胞死、つまりアポトーシスを起こします。これをチェックポイントといいます。このチェックポイントは何重も存在しているので、生物はガンから守られているのです。
人間の体では一日何十回、何百回と繰り返されている作業の一つです。今回のエチブロの話も、ちょっと体に余計な作業させちゃった。と気楽に構えていいでしょう。

>皮膚に付着した場合、一人目の先生のように、まず触れた部分が変化し、そこに変化がおこらないのに、体内の別の部分で発ガンなどを起こすことはあるのでしょうか。

リンパや血液に運ばれない限り無理だと思いますよ。今回触ったのは極微量ですからまずありえません。

mizu_atsuの話で思わず笑ってしまいました。
>私はよくフェノールを食らってしまい、指先の皮が白くなったものです
これ本当に気をつけてくださいね。指先ならいいですけど
腕や足にこぼすとケロイドになってしまい、何年も残ります。

CELLのエッセンシャルなど色々な参考書に載っています。
この質問はDNA修復という項目に相当しますね。
私は大学2年の専門基礎講座でも習いましたけど・・・。

>もしお時間いただけましたら、発ガン性物質というものが体内に侵入した場合、どのような作用をするのか、またどう処理されるのか、おしえていただいてもよろしいでしょうか。

一番身近なのはエチブロの後に扱うUVイルミネ-ターでしょう。UVはDNAに当たるとTとTが並んでいるところをくっつけてしまい、チミンダイマーという物質を作ってしまい...続きを読む

Q電気泳動のゲル

電気泳動の基礎的なことですが,質問させてください.
単純に考えると,電気泳動は電荷を持った粒子に電界中において移動させるものと思っております.このとき粒子が電気泳動する媒体(アクリルアミドゲルなど)は絶縁体なんですか?それとも導体とか電解質とかなんですか?
キャピラリー電気泳動なんかで,もしゲルが絶縁体だったら,キャピラリーがくねくねしていると電界が掛からないだろうし,導体だったら電流が流れてしまうし,電解質だったらゲル自体が電気泳動してしまうんじゃないかと思いました.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

ゲル担体は電気的に中性と考えてよいです。
ゲルを満たしているバッファーは電導性です。

ゲル担体は「ふるい(篩)」として働きます。電荷によって移動する物質を、ふるいの通り抜けやすさで分離しているのです。分子量が大きいほどふるいの網目を通り抜けにくくなり、立体構造が網目に引っかかりやすいほど通り抜けにくくなります。

核酸の電気泳動、タンパク質のSDS-PAGEでは、分子量と電荷が比例するので、ゲル担体(ふるい)がなければ分子量にかかわらず同じ速度で移動します。
ゲルというふるいがあり、分子量が大きいほど通り抜けにくくなるので、分子量に応じた分離ができるわけです。

Qアガロースゲル電気泳動で

ちわっす!
答え魔ぽんたくんでっす♪

今日は困ったコトがあって、投稿しました。
DNAマーカー(λ/HindIII)を1%アガロースゲルで電気泳動してるんだけど、DNAが高分子の部分でスメア状のバンドを作って上手く分離できません!!
(DNAがすべて、高分子エリアにスメア状バンドとして集まってしまいます)
(T_T)

泳動バッファなどの試薬は調製済みのメーカー製プレミックス品を使っているので、試薬の組成は合ってます。
希釈率にもミスはありませんでした。
この場合、どのような原因が考えられますか?


<条件>
・泳動バッファ(TAEバッファ)
・ゲル(1×TAEバッファでアガロースを溶解した1%ゲル)
・電圧&時間(50v,90分)
・DNA量(100ng,10ng,3ng,1ng,300pg)

Aベストアンサー

3つ可能性をあげます。

1.lambda HindIIIではなく、未消化のlambda DNAを間違えて流した。

2.長期間冷蔵保存されていて、付着末端が水素結合を起こしている。Lambda末端のcos siteでこういう事が起こるのはご存じだと思いますが、ふつうの制限酵素末端でも起こることがあります。→泳動前に50-60℃で3-5分処理。

3.泳動サンプルはちゃんとバッファーされていますか?
ローディング「バッファー」はバッファー成分を含んでいないのがふつうで、しかもBPBなどで酸性になっていたりします。
制限酵素消化液などはバッファーされているのでそのまま加えて問題ないですが、バッファーされていないDNAの水溶液に加えると、DNAが変性したり移動度が変わるなど、おかしなことになります。泳動サンプルの希釈にはTEなどを使いましょう。

Q電気泳動は何のためにするのでしょうか

米の品種判別実験でDNA抽出精製してからPCRをかけその後電気泳動するのですが、PCRはDNAが複製するんですよね、コレをやり電気泳動をすることで何がわかるのでしょう、また電気泳動は何をするため使われるんでしょうか

Aベストアンサー

例えば、農薬Aに対して、それを分解することで耐性を持つ品種を作るとすると、その品種が農薬A分解酵素を作るようにしてやればいいですよね。
そこで具体的には、農薬A分解酵素をコードした遺伝子を組み込んでやります。

上で組み込まれた遺伝子が増幅するようにプライマーを作ってPCRをすれば、改良された品種ではその部分が増幅されます。これに対して、その他の品種では何も増幅されないか、あるいは非特異的な増幅が起こります。
よって、PCR産物を電気泳動したときに、ある決まった長さ(プライマーデザインからあらかじめ分かっている長さ)のPCR産物が確認できれば、農薬Aの耐性を持つように品種改良されていることが分かります。

Qアガロースゲル電気泳動法

アガロースゲル電気泳動法で鶏のDNA、サケのDNAを解析するとどのような特徴がみられるでしょうか?

教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

様々な大きさのDNAが混在しているでしょうから、部分部分に濃いバンドが見えるものの、バンドが連続したラダー状になるんじゃないですかね?なので、目的はわかりませんが、そのままでは解析は難しいかと…。
No.1さんの言うとおり、通常はPCRなどで目的のバンドを増幅するなどの手段を先に取ると思います。

Q電気泳動でのバッファー選択

ふと思ったのですが、アガロースゲル電気泳動ではTAEを、ポリアクリルアミドゲル電気泳動ではTBEを使うのはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

文意からするとDNAの電気泳動のようなので以下のURLを参考にしてください。
緩衝溶液の種類によって分離能が変わってくるようです。一般的に2種類の緩衝剤を混合して緩衝溶液を調製すると2箇所のpH領域で緩衝能を持ちますが、TAEやTBEの場合、そのような理由では用いられてはおらず、pH調整用に酢酸やホウ酸を加えているのでしょうね。

参考URL:http://bio.takara.co.jp/catalog/qa.asp?ID=53

Qアガロースゲル電気泳動におけるPCR産物バンドの乱れ

 600 bpくらいのDNA配列をPCRで増やし、その産物をPEG沈して精製しているのですが、PCR直後の電気泳動(1.5% TBE gel)では1本のバンドなのですが、PEG沈後の電気泳動では2本になっています。
 分子量で見ると、産物のバンド(600 bp)に加えて、450bp程度のバンドが新たに出現します。精製中に分解したのでしょうか?(でも、DNaseのコンタミだったらもっとズタズタに切れますよね)。それとも、精製過程で産物の一部が何か高次構造のようなものをとって、電気泳動上で二本になって見えるのでしょうか?
 原因についてご存知の方、あるいは同じ経験をされた方、教えてください。

Aベストアンサー

kohitsujikaiさん、こんにちは。

kohitsujikaiさんは、gel厚、緩衝液の量に気を使っておられるのでしょうか?

想像するに以下の条件で泳動していませんか?
泳動槽:サブマリン型
ゲル厚:4mm以上(結構厚めに作成)
緩衝液量:ゲルが沈むくらい(タプタプ?)
染色:後染めで30-60min程

もし、以上の条件で泳動されているならゲルの上面と下面で泳動に差が生じていることが考えられます。
(側面から見るとバンドが斜めになっていて、染色液の浸透が不十分なためバンドの上面側と下面側が染まっている状態です。このため上方から見ると2本のバンドに見える。)

今度、泳動・染色を行ったとき泳動方向にゲルを切断し、側面から観察してみてください。

Q電気泳動の正確さ

電気泳動のことで質問なのですが、電気泳動はどれくらい正確に測ることができるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

ゲルの状態(濃度・均一性)によって若干ずれたりしますので、
精度はその時々によって異なる…というのが実感です。

また、ゲルの端と中央で温度差が生じると、サンプルの移動に影響があります(「スマイル」と言われていて、「( 」←こんな感じになります。)
誤差を防ぐためには
・ゆっくりと(50Vで)サンプルを流す、
・両端のレーンはできるならば使わない ほうが良いみたいですね。

QPCR後のアガロースゲル泳動について

PCRで増幅後、確認のためプラスミド精製、エタノール沈殿をしてから、TEに溶解後のサンプルを10μl泳動しました。
泳動後の結果を見てみると、とても発光が薄いバンドが見られました。(バンドが出た位置は大丈夫でした)いつもははっきり見えていたのにと思い、もう一度やってみましたが、結果は同じでした。私の研究室ではEtBrを先に入れてゲルを作っています。なにがいけないのかがわかりません。一緒に入れたDNAマーカーも薄いです。この発光の濃淡はDNA濃度とも関係してくるのでしょうか?わかりにくい質問ですみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先染めで薄かったら、そのまま後染めをして見ましょう。
ゲルにいれたEtBr濃度が低かったからとか、EtBrが溶出しているとか(EtBrはDNAと逆向きに流れるので、低分子DNAのほうからEtBrが抜けてしまいます)いった場合にはこれで解決です。

通常、UV照射装置は感度が最高の短波長と、DNAへのダメージが少なく切り出しに適した長波長の切り替えがついています。長波長に切り替わっているとバンドの蛍光強度は低くなります。そうなっていないでしょうか。

>この発光の濃淡はDNA濃度とも関係してくるのでしょうか?わかりにくい質問ですみません。よろしくお願いします。

EtBrの染色強度でDNAの定量をするくらいですから、DNA量(重量)と蛍光強度には正の相関があります。いつも使っているマーカーも薄いとなると別の原因でしょうけれど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報