私の両親は岩手の中規模ほどの畑作農家で、大根・にんじんを主に作っていますが、ある事情で家を含め、土地を全て失うことになりました。大根、にんじんを作るために必要な機会類(トラクターや種植え機、選別機など)はすべてそろっていますし、熟練された技術もありますが、肝心の農地がありません。そこで、東北地方、特に青森、岩手で使用しておらず、もてあましている農地をお持ちの方はおられないでしょうか?できれば近くに貸家でも住む場所があるとうれしいです。現在はそれほど金額は支払えませんが、貸していただければ必要な機械等はそろっていますし、これまでの経験もありますので収入は保証できます。もし、お持ちで提供していただける方がおられましたらご連絡ください。また、そのような情報をお持ちの方はぜひ教えてください。

A 回答 (1件)

こんにちは。


ずいぶんと遅くなってしまいまして、すいません。
よかったら、ご希望の地域のJAに問い合わせてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q農地取得についての質問です。

農地取得についての質問です。

現在、大規模農家で働いて1年半になります。
これ以上よそで働くより、自分でいろいろ経験したほうが結果的に勉強になると思い、
地元に戻って(農地を借りて)就農しようと計画しています。

地元の農業委員の方へ相談して、現在荒れていますが、約3反歩の農地を紹介してもらい、
圃場整備が済んだら借りることになっています。
耕作して2年?経てば買うこともできる(地主がその気なので)とのとこです。
特に問題なく進んでいる話なのですが、いろいろネットで調べると、
「研修を受けないと就農できない」とか、「農家の認定…」 などの話をよく見かけますが、
それはどういうケースのことを言っているのでしょうか?
実際耕作するようになってから大きな壁にぶち当たるのは面倒なので、
ちょっとお聞きしておこうと思い質問しました。
どなたか教えてください。

※「経験が浅い」「面積が小さい」というご指摘を受けそうなので付け加えますが、
自分は農業に専念しながら、農業以外で安定収入を確保できますので、
初めから収益を上げようとは思っていません。
もちろん面積は拡大していくつもりですが…

以上よろしくお願い致します。

農地取得についての質問です。

現在、大規模農家で働いて1年半になります。
これ以上よそで働くより、自分でいろいろ経験したほうが結果的に勉強になると思い、
地元に戻って(農地を借りて)就農しようと計画しています。

地元の農業委員の方へ相談して、現在荒れていますが、約3反歩の農地を紹介してもらい、
圃場整備が済んだら借りることになっています。
耕作して2年?経てば買うこともできる(地主がその気なので)とのとこです。
特に問題なく進んでいる話なのですが、いろいろネットで調べると、
「...続きを読む

Aベストアンサー

農家といいますか、自営農家(質問者さんの場合は新規就農)となるには、一定規模の農地を持っていること、農業技術がしっかりしていること、農業経営のノウハウがあることなど、在住市町村の農業委員会で「農業者」として認めてもらう必要があります。

私の県の場合は農地が50a以上あること、農業技術や営農については実績経験または講習会の受講などが判断材料となります。

つまり「研修を受けないといけない」のは必須事項ではなく、第3者に農業者と認めてもらう手段のひとつとしてのことでしょう。(判断する側の判断材料のひとつとして有効かも)

また「農家の認定」については、たぶん認定農業者のことかと思われます。
これは、法に基づき市町村が認める制度で、「水稲」「畜産」「野菜」などの各部門において周囲の農家の見本となり、規模拡大などが期待される「マイスター」みたいなものです。

ですので農家になることとは別と考えてよいと思われますが、質問者さんが今後規模拡大していく過程で「認定農業者」となるかどうか、じっくり考えてみては如何でしょうか。

いずれにしても、窓口となるのは「農業委員会」ですので、わからないことや「講習会」の開催予定など聞いてみると良いでしょう。

農家といいますか、自営農家(質問者さんの場合は新規就農)となるには、一定規模の農地を持っていること、農業技術がしっかりしていること、農業経営のノウハウがあることなど、在住市町村の農業委員会で「農業者」として認めてもらう必要があります。

私の県の場合は農地が50a以上あること、農業技術や営農については実績経験または講習会の受講などが判断材料となります。

つまり「研修を受けないといけない」のは必須事項ではなく、第3者に農業者と認めてもらう手段のひとつとしてのことでしょう。(判断す...続きを読む

Q農地の近くに屋外レストランは危険ですか?

野外食堂のような施設を考えています。
ですが、すぐ隣など周りには田んぼや畑があるような場所です。

農地では農薬を散布するので、
「農地は危険・健康に良くない。」いうことを聞いたことがあるのですが、

計画のように、農地の近くに屋外のレストランを作るのは非常識なのでしょうか?
農業経験者からのご意見も聞きたいです。

<補足>
・地域や農家個人によって農薬の散布量は大きく変わるものなのでしょうか?
・農地の隣に、すぐ農家の家があるような場所は比較的に安全なのでしょうか?
・農薬を散布する時期は、年に数回程度(?)なので、その時だけ営業をお休みにすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

農薬散布といっても、かつての噴霧方式は空中に粉状あるいは霧状の煙が舞うので最近はかなり減ってきています。
農家によって違いますので、その農地の農家に直接お尋ねになった方がいいでしょうね。

それよりも、田んぼの場合は、農機のエンジン音がうるさいです。
それとトラクターで乾燥した土を起こす場合なんかは土煙が舞います。
稲の収穫時期はコンバインで刈り取るのですが、この時もほこりが舞います。

頻度としては頻繁にはないにしても、計画的に、つまりは農家からそれらの作業を予告を受けるのは天候の状態によっても左右されるので無理です。

そのような環境では屋外の飲食は無理だと思います。

Q農地の貸借について質問します。

借りたいと思っていた有休農地に整備事業が入りました。
知人から補助事業の性格上借りる事はできない(違法)と言われました。

地権者からは、貸しても良いと内諾を頂いています。
その知人の話からすると、始まりがおかしく矛盾した内容だとのことですが、
全国的に起きているのでは?と感じたりしています。

通常このような場合皆さんどのように対応されているのでしょうか?
また、合法的に借りる事はできるのでしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色々な法律、取決め(要件)が絡んでくる案件と思います。

まず、整備事業は国か県営の基盤整備事業だとおもいますが、その場合、農地の利用等に制限が付く「農業振興地域」になりますし、補助率が高い「担い手集積型」の可能性が高いです。(担い手リストに記載されている農業者に整備農地を一定割合以上集積することを要件に一般の整備事業より補助率が高い。)
この場合、その整備事業の農地を借りられるのは最低、認定農業者かその事業の「担い手リスト」にのっている担い手になります。

あなたは以下のどの分類に入りますか?
1)非農家
2)農業委員会に記載済みの農家
3)農業経営基盤強化促進法に基づく認定農業者
4)整備事業の「担い手リスト」に記載されている認定農業者

4の場合問題なく借りられますので、あり得ませんでしょうから、合法的に借りるのであれば上記のステップを踏むことになります

Q農地を無料で4ha以上借りたいのですが。

農地を無料で4ha以上貸してくれる個人か団体の事を、教えてください。

Aベストアンサー

農地を買うか・借りる場合は農地法で規制させてますので許可が必要です。
「許可を受けるには、農業委員会(市町村外居住者の場合はその農地等の所在する区域を管轄する農業委員会を経由して都道府県知事) に売主と買主あるいは、貸主と借主が連署した申請所を提出する必要があります。」
一部を示して置きます。

Q農業実績を作るために(農地購入の壁)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=769497とも関連するのですが。
私はサラリーマンで、兼業農家になりたいのですが、我が県では新規就農者が農地を購入するには1500坪の農地一括購入が必要です。地元近辺の農地は高く、とてもそんな資力はありません。同じ市内でも山奥の山林ならば1500坪でも手が届くので、山林購入して花や果樹を栽培し、農業実績を作ろうかと思うのですが、地目山林の土地での農業活動は農業委員会に実績認定されるようなものでしょうか?山林を購入した場合は、毎週土日に通って、農業従事するつもりでいるます。
地元の農地を数百坪購入して、年間80~100万円の収入をあげるのが夢なのですが、なかなか遠い道のりなのでしょうか?

Aベストアンサー

農業委員会での農業実績は確か地目が農地であることが必要だったと思います。当然農家ではないので農地の購入はできませんので新規就農が希望でしたら現実的には始めは借りるしか選択肢が無いと思います。

>地元の農地を数百坪購入して、年間80~100万円の収入をあげるのが夢なのですが、なかなか遠い道のりなのでしょうか?
地域性にもよると思いますが、農家の場合先祖代々の農地を売ってくれる人がほとんどいません。評価額が低く安くしか売れず、購入側にも制限がある。評価額が安いので固定資産税も安いから持っておいてもほとんどコストがかからないなどの理由からです。
農家であって規模を拡大したくてもなかなか買える土地が見つからない場合が多いですから。
その代わり簡単に貸してくれますけどね。
相続なんかで若い人に所有権が移った場合には売ってくれる人も多いですが...

農家で100万の収入とのことですが
数百坪で100万はまず無理だと思いますよ。
そんなに儲かる産業であればほとんどの農家は大金持ちになってしまいます。
儲かってる農家なんて今の時代一握りだけですよ。
設備投資もバカにならない金額が必要だし、出荷金額も中国産などの海外生産品との競争でどんどん安くなる。

実態を見たら新規就農を希望する人が信じられません。

参考URL:http://www.kanto.maff.go.jp/toukei/2004data/0630doukou_k/15doukou-kanto.htm

農業委員会での農業実績は確か地目が農地であることが必要だったと思います。当然農家ではないので農地の購入はできませんので新規就農が希望でしたら現実的には始めは借りるしか選択肢が無いと思います。

>地元の農地を数百坪購入して、年間80~100万円の収入をあげるのが夢なのですが、なかなか遠い道のりなのでしょうか?
地域性にもよると思いますが、農家の場合先祖代々の農地を売ってくれる人がほとんどいません。評価額が低く安くしか売れず、購入側にも制限がある。評価額が安いので固定資産税も安い...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報