マンションのパンフレットなどを眺めていると、よくアンボンドスラブ工法というのがありますが、この仕組みが良く分かりません。
なぜ、コンクリートが固まったあとにPC鋼線を引っ張る事ができるのか?がっちり固まった後では引っ張れないのでは?
また、引っ張れたとしても、年数が経てばPC鋼線が伸びてしまって、設計的に期待している吊り上げ力が減少してしまうのではないでしょうか?
専門家の方、ご解説ください。

A 回答 (2件)

構造設計をしているJIMIです。


アンボンドスラブ工法に用いるPC鋼線は、その名(アンボンド)のとおりコンクリート駆体とはくっついていません。アンボンドPC鋼線とは、PC鋼線をシース管と呼ばれるビニールで覆ったもので、中のPC鋼線が自由に動けるようにPC鋼線の表面にグリースが塗られています。したがって、コンクリートが固まった後でもPC鋼線は自由に動けるので引っ張ることが出来るのです。

PC鋼線の緊張荷重は弾性限界荷重の70%前後としています。したがってPC鋼線は弾性範囲内の為、長期的にPC鋼線が伸びてしまうということはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変勉強になりました。

お礼日時:2001/02/23 10:52

こんにちわ。


回答ではありませんが、アドバイス。
この質問ですと教えてgoo!よりも下記URLに投稿したほうが確実に返事がもらえると思いますのでやってみてはいかがでしょう。

参考URL:http://www.ds-net.com/wwwboard/wwwboard.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
紹介してくださったURLも参考させていただくことにしました。

お礼日時:2001/02/23 10:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q浴室の隣が隣戸の主寝室 音の響きはどの程度?長谷工物件にお住まいの方に聞きたいです。

長谷工コーポレーション施工のファミリータイプ新築マンションの購入を考えています。

当方が購入予定の住戸の浴室の隣が、隣戸の主寝室にすると思われる一番広い洋室です。

モデルルームでいただいたパンフレットには、戸境壁は18cm、2重壁で、水廻りとの間仕切壁には、片面にグラスウールが入っているとのこと。

現在賃貸マンションに住んでいますが、風呂場(水廻り)は隣戸と接しておらず、壁を通して隣戸の気配を感じることはありません。

我が家の入浴時間は遅くても10時くらいまでに終わっておりますが、今後子どもが成長すると、いろいろな都合で夜遅くに入浴、シャワーということも考えられます。

物件販売担当者は、音は空気伝播だから、コンクリートの壁に阻まれて伝わらないと言っていますが、いまいち不安です。

最近の長谷工さん施工の分譲マンションで、居室の隣が隣戸の風呂場だというみなさま、音の聞こえはどの程度でしょうか?(桶を置く音が響く、水の流れる音が聞こえる、歌が聞こえるなどなど・・・)

Aベストアンサー

#2です。

お礼文より

>>音は空気伝播だから、コンクリートの壁に阻まれて伝わらない
>具体的にどこが違うのか、よろしければご教示ください。

とあったので一応回答。


空気伝播という発言について、これは理屈としては確かにあるだろう。
宇宙空間のように真空では音は伝わらないのだから。
しかし、空気のない水の中や例えば鉄の中でも音は伝わる。
空気の数倍の速度で・・・とかまあ、これは物理の授業のような話。

だから、最初の回答の際に、真空でもあるのかね~~というブラックジョークになった。


コンクリート(に限らず)の壁で音を軽減することはできるが、音に比して十分な厚さの壁や素材でない限りは完全に消すことはできない。
厳密に言えば吸音性能、遮音性能が不足していれば完全に消せない。
業者の説明にある、音が空気伝播=コンクリートの壁に阻まれるーーというのは説明不足。
もしこの主旨の説明をするのなら「音はグラスウールとコンクリートの壁で軽減されます」となる。
さらに詳細には、コンクリートの厚さとグラスウールによる遮音性や吸音性の説明(数値も資料の中にあるだろうに)をすればいい。

従って、「音は空気伝播だから、コンクリートの壁に阻まれて伝わらない」という業者の説明は、物件を著しく優良に誤認させる行為。
「伝わらない」は致命的。
特に本件では、質問者が懸念した隣家への排水の音の影響(=客のマイナスイメージ)に対するリカバリーだろうから、結構マズい。
宅建業法はこういうところがえらくうるさい。
だからこの説明をした担当者ひいては長谷工が宅建業違反になる可能性があるーーが、口頭なのでゴマカせる範囲。(この説明によって購入を決定した場合にはアウトだけど)
もちろん、その前後の話の流れにもよるし他に詳細な説明などもあれば、この空気伝播ウンヌンの一言だけで違反とはいえないだろう。

お客さんに分かりやすくするために敢えてシンプルな表現をすることもあるが、まあ本件ではどうだろうか。
まあ、この担当者の説明は話半分で聞いておくといいかも?
重要事項説明ではきちんとしてくれるだろうし。

#2です。

お礼文より

>>音は空気伝播だから、コンクリートの壁に阻まれて伝わらない
>具体的にどこが違うのか、よろしければご教示ください。

とあったので一応回答。


空気伝播という発言について、これは理屈としては確かにあるだろう。
宇宙空間のように真空では音は伝わらないのだから。
しかし、空気のない水の中や例えば鉄の中でも音は伝わる。
空気の数倍の速度で・・・とかまあ、これは物理の授業のような話。

だから、最初の回答の際に、真空でもあるのかね~~というブラックジ...続きを読む


人気Q&Aランキング