柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

小規模卸売企業の経理に配属され、色々勉強中の者です。さて、卸売業で仕入れ原価とは、仕入れたものそのものの価格でしょうか? それとも、仕入れに付随して発生した運搬料、手数料なども含めなければいけないのでしょうか? もしその両方が考えられる場合、それぞれのプラス点、マイナス点はどういったことでしょうか? よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

 小売・卸売業を問わず、仕入れのための付随費用〔引取運賃・荷役費・運送保険料・手数料など〕は仕入れ原価に含めます。


 仕入れのための当方負担の費用を「仕入諸掛」といい、仕入れ原価に含めて考えます。別途「仕入諸掛費」として処理することもありますが、処理がめんどうなので一般的ではないと思います。(仕入れ原価であることにかわりありません)

 1)単価1000円の物を10個買って送料1000円払った場合
    1000円×10個+送料1,000円=11,000円
 2)単価1000円の物を20個買って送料1000円払った場合
    1000円×20個+送料1,000円=21,000円 
仕入単価は 1)の場合 1,100円、2)の場合1,050円 という考え方です。
    • good
    • 0

NO.2,NO.3の方が正しいです。



日商簿記三級程度で仕入諸掛、売上諸掛は出てきます。
11月に試験は有りますし、3級なら今から勉強しても十分間に合います。業務を理解する上でも今日から勉強した方が良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この方の欄をお借りして、回答くださった皆様に・・・ありがとうございました。勉強になります。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2008/09/24 12:41

仕入時の付随費用は原価であり、販管費ではありません。

仕入れた商品の棚卸単価に組み込む必要があります。
-----------------------------------------
企業会計原則
 第三 貸借対照表原則
   五 資産の貸借対照表価額
    A 商品、製品、半製品、原材料、仕掛品等のたな卸資産については、原則として購入代価又は製造原価に引取費用等の付随費用を加算し、これに個別法、先入先出法、後入先出法、平均原価法等の方法を適用して算定した取得原価をもって貸借対照表価額とする。ただし、時価が取得原価より著しく下落したときは、回復する見込があると認められる場合を除き、時価をもって貸借対照表価額としなければならない。
---------------------------------------------
棚卸資産の価額に含まれるということは、販管費のような期間の費用ではなく、売上に対応して費用化される「原価」であるということです。
    • good
    • 0

仕入れたそのものの価格になります。

付随費用は販売管理費で処理します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卸価格って何ですか?

卸価格って何ですか?
友達に卸、卸価格って何と聞かれましたが私も良くわかりません。
卸価格が載っている用紙も見せていただいたのですが、私は卸価格と仕入れ値は一緒だと思っていましたが、どうやら違うみたいです。卸価格の何%が仕入れとなっているのです。
卸価格って何ですか?
また卸価格など書かず仕入れ値だけを取引業者に伝えれば良いと思うのですが、何故卸価格を書き、そこから%引くなど面倒な事をするのでしょうか?
そして一般の売り方と違うみたい???ですが、卸売り、卸価格とはどんな時に売るのですか?
初心者ですみません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

商品の販売ルートに対する基礎知識はお有りですか?
物品販売の流れをざっくり書きますと、下記のようになります。

(1)メーカーが卸問屋へ大量販売
(2)卸問屋が小売り店へ販売
(3)小売り店が最終消費者へ小売り販売

■「卸」の意味ですが、これは、
「どこか(メーカー・大卸など)から購入した商品を小売り店へ販売すること」を言います。

小売り店とは、最終消費者へ販売するお店のこと。
つまり、「製造者」でも「最終消費者」でも「最終消費者に販売する店」でもない、
「中間販売業者」のことを、「卸問屋」と呼ぶんです。
この卸には、小売店に売るのではなく更に卸店に売る「大卸」と呼ばれるところもあります。


■では「卸値」とはなにか。
これは、(1)から(2)、(2)から(3)への販売価格を指します。「売る値段」です。
一般に「卸価格」と言ったら、商品単価の事を指し、送料は含みません。
(もちろん、送料込みで単価を提示する場合もあります)


■対して「仕入れ値」とは、仕入れる時の「買う値段」のこと。
「仕入れ値」には、送料も含めた「仕入にかかった値段」を指します。
(算入しない場合もあります。それは個々の計算方式に寄ります)

よって、「仕入れ値」を販売先に伝える、という言い方は根本的に間違っていますし
(販売者が提示できるのは販売価格だけです)

「卸価格」と「仕入れ値」は違うものになります。
(一致することはありますが、必要十分条件を満たしている訳ではありません)


■ご質問にある「卸価格の何%が…」という話ですが、
その前に、まず、BtoBとBtoCとは全く違うということを理解する必要があります。
最終消費者は確定された条件下で欲しい商品を購入するだけ、しかもその時限りですが
メーカーから小売店までの取引は、
納品場所・数量・時期・信用状況・支払い条件などが一律ではなく、
また、長期的な取引契約を結ぶこともあります。
それらの条件を全て認識した上で、会社としての取引契約を結びます。
この「契約」とは、単純に「販売価格」だけを指す物ではありません。

そうした商取引の中に、歩引きといって、購入条件によって購入額の一部を値引きするという方法があります。
おそらくご質問の内容は歩引きが適用されているのだろうと推測いたしますが、
この歩引きは「購入条件」によって変動する事がありますので
(例えば、1万箱買ってくれたら1%引き、10万箱買ってくれたら2%引き、というような感じです)
歩引き後の価格を提示する、というのは、場合によっては不可能です。
販売価格(卸価格)を提示し、別途で取引契約を締結する、という形を取らざるを得ません。


一般的な製造販売業の事務レベルの理解ですと、以上のようになります。

商品の販売ルートに対する基礎知識はお有りですか?
物品販売の流れをざっくり書きますと、下記のようになります。

(1)メーカーが卸問屋へ大量販売
(2)卸問屋が小売り店へ販売
(3)小売り店が最終消費者へ小売り販売

■「卸」の意味ですが、これは、
「どこか(メーカー・大卸など)から購入した商品を小売り店へ販売すること」を言います。

小売り店とは、最終消費者へ販売するお店のこと。
つまり、「製造者」でも「最終消費者」でも「最終消費者に販売する店」でもない、
「中間販売業者」のことを、「卸問屋...続きを読む

Q仕入原価と仕入額の違いが分からない

例えば おにぎりを販売するとして


海苔 100円、米2000円、梅干し300円 を仕入れて 

おにぎり一個100円で販売するとします。
最大で50個販売できるとします。

この場合は
仕入原価は何で
仕入額は何になるのでしょうか?
ご存知のかたが いらしゃったら教えて下さい

Aベストアンサー

原価計算は製品1個あたりの計算をします。
海苔 100円、米2000円、梅干し300円が50個分であれば
海苔 2円、米40円、梅干し6円が原価です。

企業にもよると思いますが、
ネジ1000個入り100円を2個使うので、0.2円(20銭)という計算をします。

製造にかかる費用すべてを計算するので、
ハンダ付けのはんだ10センチとか潤滑油1滴も計算します。


仕入額は海苔 100円、米2000円、梅干し300円足して2400円ですね。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Qエクセルで特定の行を削除したいのですが。

エクセルで特定の行を一発で削除したいのですが、やり方がわかりません。
どなたか詳しい方お教えいただけませんでしょうか?

やりたいことは、B列に、特定の文字が有れば、その行全部を削除して上方向にシフトしていきたいのですが、マクロとかを使うのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

マクロを使う別の方法です。
XXXの部分を特定の文字に置きかえて実行してください。
また、「特定の文字があれば」というのが、その文字列を含む、というのでなくセルの値がその文字列ならば、というのであれば、LookAt:=xlPart の部分を LookAt:=xlWhole に書き換えてください。

Sub DelLines()
  Dim R As Range
  Do
    Set R = ActiveSheet.Range("B:B").Find(What:="XXX", LookAt:=xlPart)
    If R Is Nothing Then Exit Sub
    R.EntireRow.Delete
  Loop
End Sub

Q商売上の7掛けの意味

よく商売をする上で7掛けという言葉が出てきますが、これはどういう意味なのでしょうか?
例を挙げて教えていただけないでしょうか?
また7掛けというのは商売上低い値なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なながけ

個人商店の仕入れとして辛うじて及第点。
大規模店なら失格(品物自体に対して)。

大雑把に、
1.品物の原価 :売値の1/3
2.従業員の給料: 〃  1/3(及び運用コスト)
3.組織の粗利益: 〃 1/3  

が基本と思います(どんな事でも1/3法則)。

個人商店なら1,2を一緒こたにして、全コストが
7割でも問題になりませんが...
(本当は67%以下にすべし)

組織では、1が7割を占めては、絶対に回せません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報