今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

家庭菜園初心者です。シーズンが終わったミニトマトの
苗木(今年育てたもの)が、150cmくらいに伸びています。
枯れ枝もありますが、幹の部分は元気です。
プランターの置き場所がベランダしかなく、寒冷地ですが、
越冬は可能でしょうか?
シーズンが終わったら、不要な枝は全部切り落とすと
聞きましたが、他にはどんなことに注意すればいいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

寒冷地で ベランダしか置くところが無い  と言う条件での越冬は 無理  としか・・・



トマトは低温に弱く 霜に遭えば枯れます
最低気温15℃程度保てれば 冬でも育ちますが それには簡易温室 加温設備 などの多大な投資が必要となります


プランターの中の土も 根でいっぱいでしょうし
これ以上生育させるには 植え替えなども必要となります

今のミニトマトを 挿し木によって 新たな小さな苗を作って
これを室内の暖かな窓辺で越冬させる と言う方法もありますが
アブラムシなどで 植物ウィルス に感染している可能性もあるので
来年新しく健康な苗を買って 再スタートしたほうが 賢明かと
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
たしかに、プランター一杯に根を張っています。
かわいそうですが、今年限りなんですね。

お礼日時:2008/09/24 13:22

トマトは、畑で育てるにしても根に病原菌が付くので連作(翌年も同じ場所で続けて作ること)障害が出て何年か休ませるくらいです。


ましてや小さなプランターで、同じ苗が生き残って来年実が成る可能性は有りません。
水耕栽培で根に病原菌が付かないようにして、年中温度管理が出来る栽培法で何年も連続して育てる実験を見たことはありますが、個人が通年して栽培することはまず無理です。
来年5月頃、100円程度で新たな苗が売り出されますから、新たな土に入れ替えたプランターで育て直してください。

なお、プランターで作ることが出来る多年草作物も何種類かは有りますが、初心者は春に種を蒔く。或いは苗を購入して植え付けて、秋には収穫を終えるような作物が適しています。
自分で育てた作物を、取れたての新鮮な状態で頂ける幸せを、頑張って来年も味わってください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。来年またがんばります

お礼日時:2008/09/25 20:00

思いっきり切り戻して、室内で管理すれば


越冬することも可能かもしれません。
ただ、手間がとてもかかりあまりメリットはありません。
面白半分でやるならいいと思いますが
来年もこれを育てられたらお得だ、というような考えなら
やめた方がいいでしょう。
一般に、野菜は一年草です(毎年収穫できるものが果物です)。
確かに、ミニトマトはこの時期は元気なのですが
普通は処分してしまい、翌年は新しい苗を用意します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
室内の管理は無理なので、今年育てた経験を
来年に生かして、またやろうと思います。

お礼日時:2008/09/24 13:24

夏野菜の越冬は行いません。


来年新しい苗を買って栽培してください。
まぁ、夏野菜に限らず宿根性の野菜というのはほとんどありません。種か苗から育てて収穫シーズンが過ぎれば終わりです

特殊な栽培方法で長年育てているトマトもありますが、100円程度の苗のために多額の出費が必要になります。

なお、最近のミニトマトはF1種がほとんどなので種をとってもいいものはできません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。初心者なので、
夏野菜が1年ものとは知りませんでした。
参考になりました。

お礼日時:2008/09/24 13:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミニトマトは1年で終わり?

ベランダガーデニング超初心者です。過去の質問を見てもよくわからないので教えてください。

種苗店で鉢植えのミニトマト(小さな青い実がたくさんついているもの)を買い、ほとんどの実が赤くなったので収穫しました。実は残り数個です。毎日水をやり、日の当たるところに出していますが、葉がかなり枯れてきました。

ミニトマトは収穫すると1年で終わりなのでしょうか?それとも、育て方が悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

トマトは草本です。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/hatena/answers/a80.html
多年性草本のため環境さえ整えば木のように育ち続けることが可能です。
ま、でも素人が日本国内で外で育てるのは限界があると思われますが…(^.^)。

さて、トマトは成長が非常に早い植物です。
少し気になる点があるのですが、鉢植えの場合すぐに根詰まりしてしまいほっておけば最悪枯れてしまいます。
出来れば大きめのプランターや地植えにしてあげるのが好ましいでしょう。
この時期ならばまだまだ収穫できる時期のはずです。
葉が枯れてきているのがしただけならば問題はないと思います。

次に気になる点は水です。
トマトは非常に乾燥を好みます。
わざわざ雨よけのため屋根を作る人がいるぐらいです。
乾燥を好むだけでなく、水が多ければ根腐りしやすいということと、雨などが実にあたった場合実が割れてしまいます。
乾燥続きのところに水を急にあげる過ぎると実が割れることもあります。
基本的には乾燥させておいて少ししなしなっとしたときにだけちょっとだけ水をあげるのが美味しいトマトの作り方です。
ただし、植え替え・植え付けや挿し木をしたときはしっかり水をあげましょう。
また、実をたくさんならせるにはリン酸多い肥料をあげましょう。
リン酸は実や花を育てるのに必要な要素です。
骨粉はリン酸が多く含まれトマトを甘くしてくれるのでお薦めです。
ただし、全ての肥料にいえるのですが根にあたらないようにあげないと肥料焼けして最悪枯れてしまいます。
気をつけましょう。

もし、根詰まりしたトマトを植え替えしても詰まりすぎているときはうまく成長しない場合があります。
そういうときは挿し木をしましょう。
枝をちょん切って地面にさしておいてください。
しばらくの間は水をしっかりあげましょう。
今は梅雨時のため太陽のあたっている時間は短く雨で水分も多いので非常に挿し木に向いているのと、トマトは簡単に挿し木できる植物なので増やすことが容易です。
また、食べ飽きたらそれを埋めておくとそこから芽が出ます。
昨年育てたトマトができすぎたので実を捨てておいたら今年あちこちからトマトが出てきました(^.^)。
それぐらい生命力があるのです。

蛇足が多くなりましたが参考までに…。

トマトは草本です。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/hatena/answers/a80.html
多年性草本のため環境さえ整えば木のように育ち続けることが可能です。
ま、でも素人が日本国内で外で育てるのは限界があると思われますが…(^.^)。

さて、トマトは成長が非常に早い植物です。
少し気になる点があるのですが、鉢植えの場合すぐに根詰まりしてしまいほっておけば最悪枯れてしまいます。
出来れば大きめのプランターや地植えにしてあげるのが好ましいでしょう。
この時期ならばまだまだ収穫できる時期のはずです...続きを読む

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Qトマト収穫後の、土の再利用

トマトを育てた土って、2年目のトマトは育てられないって言いますよね?
そこで、その古い土の再利用って出来るんですか?
トマト以外の、ピーマンや、茄子、ハーブなどは育てられるんですか?

えっこらえっこら担いで買ってきたもんだから、
何か、捨てるのも・・って思っちゃって。

皆さんはその土で、他に、何の植物を育てていますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

連作しないほうがいいのは、同じナス科植物同士です。
病気が出やすくなったり、特定の肥料分が欠乏したりして、よく育たないということです。
つまり、トマト、ナス、ピーマンなどは、5年くらいあけないと、次に植えられないということですね。
(我が家は、2年くらいあけで、ナス科を植えちゃいますが。(^^ゞ)

ナス科以外の植物なら大丈夫なので、堆肥や腐葉土を混ぜ、肥料分を補ってやることで、ハーブも大丈夫ですよ。
うちは、トマトのあとの夏野菜は、キュウリやズッキーニなどのウリ科植物や、オクラ(トロロアオイ科)などを植えています。

Qミニトマトの収穫時期はいつまで?

ミニトマトの収穫時期はいつまで?

今年初めて庭でミニトマトを栽培し、沢山収穫できました。(東海地区)

枝は今でもすくすく大きくなっていますが、2週間くらい前からあまり実がならなくなってきました。(花はそこそこついていますが)。

ネットで上ではミニトマトの栽培時期は8月末までいうものもありますし、10月までというのもありましたが、皆さんはいつごろ撤収されていますか?

Aベストアンサー

収穫できるのは暖地で長くても6月中旬~10月20日くらいまでです。
それ以降になるとハウス以外では寒くて無理です。
<一番下の表も参考に>
http://www.mcci.or.jp/www/tsurusin/haruyasai/tomato/tomato.htm
※苗を植えつけた時期によって変わります。

◆一般には収穫期間は2ヶ月間程度でしょう。(7月中旬~9月中旬)
上手に育てて2ヵ月半、植え付け時期をずらすことによって7月~9月一杯位。

<一般的な期間> (※一例です)
http://sorairo-net.com/engei/030/
http://www.mainichigahakken.net/hobby/gardening-03/01.html

我が家は関東南部(割と暖地)ですが、例年今の時期はウラナリになってしまい、小さく硬くなりますので撤収ですね。(植え付け時期をずらせばもう少し前後可能ですが)

Q挿し木したトマトが元気ない

トマトの脇芽を挿し木できると聞き、早速やってみました。ところが、今日で5日ほど経ちましたが、葉がしおれてきました。このままでは駄目になる気がします。どうすれば良いでしょうか?水はあまりやっていません。
私がした方法は、10cm程に伸ばした脇芽をポットにさしました。土は種まき用の土を用いました。順調に育てば畑ではなく、鉢かプランターで作ろうと考えてます。
また、これから以降も挿し木はできますか(いつぐらいまで)?
お願いします。

Aベストアンサー

まだ5日目なので、大丈夫だと思います。(^^)
さし芽ができる植物のなかでも、トマトはかなり難易度が低いです。
発根促進剤なしでも、まず発根します。
土も選びません。

今のままで、もう2週間ほど待ってみてください。
ただし、直射日光がんがんのところは、水分の蒸散がが激しいので、半日陰くらいのところに置いて、
水やりはだいたい毎日行ってください。
今は、葉っぱや茎がしんなりしていますが、
茶色くちりちりに枯れていなければ、絶対に発根して復活してきます。

うちでは、横着して、直射日光がんがんの菜園に直接さし芽したりしてますが、それでも発根してきます。(笑)

うまく発根するといいですね。(^^)

Qミニトマトが枯れてきました!たすけて下さい!

プランターで一株、ミニトマトの栽培をしています。
現在、花が咲いている状態です。
つい先週まで元気だったのに、葉が黄色くなってかなり枯れ、元気がありません。
液肥は週に2回くらい、書かれている分量を守り、あげていたのですが。
「葉が黄色くなるのは栄養不足ではないか、IBがよい」と書かれている記事を見てIB?(化成肥料)を買ってきましたが、もう花がついて葉が黄色くなってる状態ではIBを土の上に置くだけでは、効果は遅いのではないでしょうか?
IBの量もよくわかりません。多すぎると良くないのでしょうか。
液肥を増やした方がいいとか、IBを土に混ぜた方がいいとか、それよりこうしたらいいとか、なんでも結構です、アドバイス下さい。
植物を育てたことがなく、ネットで調べたりしていますが、よくわかりません。
私にとって初めて育てている植物です。なんとか実をならせたいです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

>液肥は週に2回くらい
肥料のあげすぎが原因ではないですか。
液肥は2週間に1回で十分だと思います。
夏野菜の場合、苗で購入する5月上旬から花が咲くまでの時期に、
苗を植える前の1週間前に化成肥料を土と良く混ぜ、植える時に元肥を苗の周りに適量あげます。
その後、1か月に1回適量の追肥を苗の周りに花が咲くまであげます。
液肥は補助ですので、2週間に1回が妥当です。
花が咲き始めたら肥料は一切あげてはいけません。
現在花が咲いている状態のようなので肥料はストップして下さい。
枯れて来てしまった状態は今までの肥料にあげすぎかまたは水が不足していたのかもしれません。
プランタでの栽培では夏の暑い時期は早朝涼しい時に水をあげないと
外気温で土が熱くなっているところに水をあげれば土の中はサウナ状態になります。
夕方にも水は必要で灯が落ちてからあげるのが鉄則です。
水の量もプランタの下から流れ落ちるくらいにたっぷりとです。
土も赤玉土3:鹿沼土3:腐葉土3:堆肥1の割合がトマトにとっての
良い土です。水分をよく吸い、根を這わせ、水の通りが良い土です。
土は何を使われているのですか?
病気にかかっている可能性もありますよ。

◎参考さいと◎
http://katesai.main.jp/tomato.htm

>液肥は週に2回くらい
肥料のあげすぎが原因ではないですか。
液肥は2週間に1回で十分だと思います。
夏野菜の場合、苗で購入する5月上旬から花が咲くまでの時期に、
苗を植える前の1週間前に化成肥料を土と良く混ぜ、植える時に元肥を苗の周りに適量あげます。
その後、1か月に1回適量の追肥を苗の周りに花が咲くまであげます。
液肥は補助ですので、2週間に1回が妥当です。
花が咲き始めたら肥料は一切あげてはいけません。
現在花が咲いている状態のようなので肥料はストップして下さい。
...続きを読む

Qミニトマトの葉に茶色の斑点

ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

調べると斑点病のようにも思えますが、今ひとつ確信が持てません。

どなたか詳しい方、対処法と併せて教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>ミニトマトの葉に茶色の斑点
ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

       ↓
葉かび病や輪紋病が推測されます。

ご心配なこととお察し申し上げます。
家庭栽培では安全安心な野菜作りと相まって、病害虫被害が強力な農薬散布等をしませんので、どうしても出やすくなります。
でも、苗の初期の段階を超えれば、本来の性質が丈夫で育てやすいので、日照と風通しに気を付け、水遣りの過剰を避ければ耐性もあり大丈夫だと思います。
痛んだ葉を摘葉・摘芯し感染拡大を図りながら、ダニやナメクジ被害にも朝夕の点検で注意してあげ(見つけ次第割りばし等で捕殺)し、丈夫なトマトは病気にも強いです。


~ご参考~

葉かび病
<被害の特徴と発生生態>
主に葉に発生する。はじめ葉の表面にかすかに黄斑が現れ、その裏側に灰白色~灰褐色のビロード状のカビが密生する。被害が進むと葉は乾燥して巻き上がり枯れる。
葉裏の胞子が飛散して伝染する。とくにハウスなどの多湿な環境で発生しやすく、晩秋から早春に多。密植や通気が悪いと発病しやすく、肥料切れにより株の勢いが衰えた時にも病気にかかりやすくなる。
<防除>
被害葉を摘除し、ハウスの換気を十分行う。
抵抗性品種の利用が有効である。


輪紋病
<被害の特徴と発生生態>
葉でははじめ暗褐色、水浸状の小さな斑点ができ、しだいに拡大して1センチ程度の同心輪紋状の大型病斑となる。
被害が進むと茎や果実にも同様の病斑をつくる。多湿になると病斑上には黒いビロード状のカビが生える。
病斑上にできた胞子が飛散して染する。
適温は28℃で、高温乾燥条件で発生が多い。
<防除>
着果期以降、肥料切れしないように注意する。とくに生育後半に発生しやすい。

http://osaka-ppa.or.jp/zukan/index.php



<私見>

トマトは南米のアンデス山地(高地)が原産地ですから、本質的に乾燥の痩せた土地でも丈夫な育て易い野菜です。

症状が進んでいる場合は、写真orガラス瓶に被害葉を入れて、園芸店やホームセンターにて相談し薬剤「トップジン・ダイセン・ベンレート他」を用途用法をアドバイス頂き散布します。

しかし、私は特別に収量や大きさを重視する農家ではない場合は薬剤の使用は安全性や周辺の草花への影響等より最後の手段だと思います。

主な原因は、家庭栽培では、過保護&愛情過多となり→水・肥料の与え過ぎ、土壌の湿潤、置き場所が日陰や葉の密生による日照不足が原因として考えられます。

また、鉢やプランターに苗の株間が狭く、根詰まり(根が張れず)や根焼け(肥料に直接触れて根が傷む)していませんでしょうか?

その他、アブラムシやナメクジ、ヨトウムシ、ダンゴ虫の被害、うどん粉病や縮葉病にも注意してください。
被害葉は感染を防止する為に手で切り取って捨ててください。
さらに、その土やプランターは連作(昨年も栽培)障害は大丈夫でしょうか?

とりあえず、
日照不足の解決:置き場所の変更、摘葉。

水遣り      :土が乾かない程度に水遣りは抑え気味に、夕刻に上げる(昼間は日差しで水が煮立つ)

摘葉・わき芽欠き:密生している葉、地上部に近く傷んだ葉を取り除く、またわき芽は手で欠く。

葉の状態でチェック:下葉が内側に巻き込んでいる(チッソ過多)、葉が小さく薄い色で植えに向いている(栄養不足)、葉が大きく下に向いている(栄養過多)。

受粉        :風や虫が媒介して実成しますが、念の為に花を揺する等して受粉を促す。

落花する      :高温で葉や根が傷む(株元にマルチをする)、落花(栄養不足→追肥、着果促進剤)

支柱と紐保持  :風対策やつるの誘引に支柱を立て、紐で保持する。 

追肥には鶏糞・米ぬか・草木灰をチッソ・リン・カリのバランスや過不足にあわせ調整してあげる。
土壌が弱っていると思う場合は、株元から少し離して鶏ふんや堆肥を与え土に元気を与える。
さらに、花が元気に咲いて来たら、トマトトーン(着果促進剤)を100倍希釈して霧吹きで花に散布してあげる。

摘果と収穫     :たくさん実が出来てきましたら、適当に間引く(摘果)事で、ミニトマトの大きさや味が良くなります。



◇ご参考記事

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query …

http://www.iris-saien.com/howto123/#step_a

http://nao-k.jp/kusabana/planter/purannta.htm

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%83%7E%83j%83g%83%7D%83g&index=log

>ミニトマトの葉に茶色の斑点
ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

       ↓
葉かび病や輪紋病が推測されます。

ご心配なこととお察し申し上げます。
家庭栽培では安全安心な野菜作りと相まって、病害虫被害が強力な農薬散布等をしませんので、どうしても出やすくなります。
でも、苗の初期の段階を超えれば、本来の性質が丈夫で育てやすいので、日照と風通しに気を付け、水遣りの過剰を避...続きを読む

Qミニトマトの挿し木の時期

ミニトマトの挿し木の時期

今年初めてミニトマトを庭に1株植え(東海地区)、これまで順調に収穫してきました。

現在、自分の背の高さより高くなってきたので、茎の先端を切り、切った茎をベランダのコンテナに挿し木をしようかと思います。

ミニトマトの収穫は9月ごろまでできるようですが、今から挿し木をしても時期的に遅すぎるということはありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず時期が少し遅くなっています。通常トマトは肥料を与えすぎないように管理しますが、時期的に成長を早くするための努力をしないと収穫があまり望めません。ある程度収穫を確保する為に成長を促進する方法を以下に書きます。

(1)挿し木用の用土には無肥料のものを使用します。団粒構造のしっかりした未使用の赤玉土小粒が理想的で、発根までの日数も短期間で済みます。
(2)挿し穂はカッターで下側を斜めに綺麗にカット。活性液バイタルを水で薄めた液(100倍位)に、挿し穂の下半身を浸けて1日くらい水上げする。(挿し穂は先端なら20cm程度のもの、脇芽なら15cm程度に伸びたものが成長が早いでしょう)※長すぎる葉がある場合は先端を半分カットしてもいいです。
(3)発根剤(園芸店で、売ってます)を切り口につけて、割り箸などで穴を開けて挿し、枝元に少し土をかけて下さい。
(4)挿し木の置き場所は出来る限り涼しい明るい日陰を選び、発根までは乾燥させないように注意して下さい。7~10日程度で根付きます。

<こちらの方法でもOKです。>
http://blog.niwablo.jp/ooba/theme/942.html?page=3
発根を早くするため活性液バイタルを水で薄めた液(300倍位)のビンに、挿し穂の下半身を入れ根が出てから植えても確実です。その後の定植は、ミニトマトなら葉先を半分ぐらい切り取って、直接土に植えしっかり抑えれば大丈夫です。

(5)定植用の土:野菜用の培養土に、水はけを良くするため赤玉土を混ぜ、腐葉土と、完熟堆肥をさらに混ぜておくと良いです。成長を促進するにはできればトマト用の土を購入され、成長期間中は油粕やトマト専用の肥料がいいです。ある程度成長してきて葉が茂りすぎるようでしたら肥料を与えないようにします。
(6)今の時期では定植場所が暑すぎると、開花時期にトマトが季節の変化を感じてしまい収穫が減ります。風通しが良く午前中は日の良く当たる場所、庭への地植えなら真夏の午後は半日陰で管理するといいでしょう。
(7)花が咲く頃には化成肥料はやめ、有機物肥料に切り替え与えることです。米ぬか・石灰を入れると良いです。 米のとぎ汁を少量与えてもOKです。特に石灰の比率を高めると病気も防げ糖度が上がります。

参考までに実が生り始めた後の水遣りは、普通ですと収穫量は期待できますが、甘みは薄くなります。水を減らすと収穫量は減りますが甘いトマトになります。状況を見ながらバランスをとってみて下さい。

※以上全部は無理と思いますが、出来る限りやれることを実践するのが上手く収穫できるコツです。

ミニトマトの育て方(栽培)-まとめサイト~土・肥料まで。
http://syufu788.blog105.fc2.com/blog-entry-31.html
http://saibai.7pro.net/tomatotokushu/tomato-saibai.html

まず時期が少し遅くなっています。通常トマトは肥料を与えすぎないように管理しますが、時期的に成長を早くするための努力をしないと収穫があまり望めません。ある程度収穫を確保する為に成長を促進する方法を以下に書きます。

(1)挿し木用の用土には無肥料のものを使用します。団粒構造のしっかりした未使用の赤玉土小粒が理想的で、発根までの日数も短期間で済みます。
(2)挿し穂はカッターで下側を斜めに綺麗にカット。活性液バイタルを水で薄めた液(100倍位)に、挿し穂の下半身を浸けて1日くらい水...続きを読む

Qトマトは脇芽をとらないとだめ? 教えてください。 

 有機農業用の貸農園を借りて2か月になります。
 現在トマトを育てていますが、その農園の人が、トマトは脇芽をすべてとってしまわないとだめだと言い、勝手に畑のトマトの枝をぽきぽきと折られてしまいました。 
 どうしてかと問うと、その人はほかの畑に私を案内して、こんな風になったらだめだと、他の方のトマトをみせてくれました。 そのトマトは背が低くてたくさん実がついていました。 実もまんまるで形もよく、いい香りがしておいしそうで、何が問題かよくわかりませんでした。枝が多く、背が低いため、支柱も50センチほどのものでしたが、支柱がなくてもいいくらいどっしりしていました。
 
 そのあとその方のトマトを見ると、ひょろりと背が高く、2メートルほどで、支柱に結わえつけられていて、まだ実はなっていませんでした。 その方はトマトはこうあるべきだと言いましたが、それは農家の方が、ハウスなど狭いスペースで大量生産する時に、土地を効率よく活用するため、また、収穫の能率を良くするためのものであって、家庭菜園ではどちらでもいいのではないかなと思いました。
 車がないのと、妊娠中なので、2メートルの支柱を家から2キロ離れた畑に自転車か歩きで運ぶのは大変ですといったところ、(50センチくらいならリュックに入れて簡単に運べますが)その方はお腹の子供の心配ばかりしてないで、野菜のことも思いやったらどうなんだといいましたが、トマトはその方が言うように、どうしても脇芽をとったほうがいい理由があるのでしょうか? そのかたは、「ホントの農家ではこうするんだ」とか、「野菜が可哀そうだ」ということを理由にされてましたが、私はトマトを売るわけでもないし、たった4株しか育ててないので、効率よくなくてもいいです。 「成果がないと意味がない」とも言ってましたが、夫と二人分のトマトが取れればいいのですが、現在どの株もそれぞれ2つづつ実がついて、いくつか花がついています。
 このあと、脇芽をとった場合、とらなかった場合、どうちがってくるでしょうか? 脇芽がある株もたくさん実をつけてましたが、それでもとった場合に比べるとやや収穫量が減るんでしょうか? とらなかった場合のみかかる病気などのリスクがあるのでしょうか? 

 有機農業用の貸農園を借りて2か月になります。
 現在トマトを育てていますが、その農園の人が、トマトは脇芽をすべてとってしまわないとだめだと言い、勝手に畑のトマトの枝をぽきぽきと折られてしまいました。 
 どうしてかと問うと、その人はほかの畑に私を案内して、こんな風になったらだめだと、他の方のトマトをみせてくれました。 そのトマトは背が低くてたくさん実がついていました。 実もまんまるで形もよく、いい香りがしておいしそうで、何が問題かよくわかりませんでした。枝が多く、背が低...続きを読む

Aベストアンサー

>家庭菜園ではどちらでもいいのではないかなと思いました。

(^-^)//""パチパチ
その通りですね~
私も100平米のレジャー農園をやっていて、隣や近所のうまい人からみれば、おかしな育て方をしているかも知れないですが、所詮、売り物を作っているわけじゃないのです。
学問としての”農業”を演説する人が多いですが、レジャー農園は楽しけりゃいいんですよ。
失敗しながら、自分で少しづつ納得していけばいいんですよ。
知りたくなったら、知りたいことだけを親切な人に聞いて覚えていけばいいですよ。

あなたの思うように言ってやれば良いと思います。
「私は農家じゃありません。苦しむために農園をしているのではなく、楽しむためにしているのです。」ってね。
脇芽を摘んで、上に太く育てた方が、大きくて形の良い実がたくさんなりますが、素人農園ですから、収穫量が少なかったら苗を増やせばいいんですよね(*^_^*)
我が家など3株ですよ。
3日か4日おきに1~2個採れれば充分じゃないですか?
毎日何個も採れても食べ切れませんよ。

ま、せっかく作るのだから、枝の数を少し減らして、1箇所からたくさんの花が咲いて実ができたら2~3個を残して摘み取った方が、日当たりや風通しが良くなって赤くきれいになって病気にも強くなりますよ。

あ、それからね、トマトの根元が空いていますよね?
スイートバジルを作ると良いですよ。
トマトとバジルを一緒に作るとトマトが甘くなります(*^_^*)

>家庭菜園ではどちらでもいいのではないかなと思いました。

(^-^)//""パチパチ
その通りですね~
私も100平米のレジャー農園をやっていて、隣や近所のうまい人からみれば、おかしな育て方をしているかも知れないですが、所詮、売り物を作っているわけじゃないのです。
学問としての”農業”を演説する人が多いですが、レジャー農園は楽しけりゃいいんですよ。
失敗しながら、自分で少しづつ納得していけばいいんですよ。
知りたくなったら、知りたいことだけを親切な人に聞いて覚えていけばいいですよ。

...続きを読む

Qトマトの葉が巻くのは窒素過剰だけ?

トマトを栽培しています。

葉が内側に弓なりに丸まっているのがあるのですが、この症状は、窒素不足だけでしょうか?

本当に窒素過剰なら、葉っぱはもっと茂っているように思うのですが、茂ってるというほど茂っているとはとても思えません。成長点(芯どまりのようになっていますが)に近いところは葉が小さく、茎も細くなっています。そして葉の色が薄いです。
さらに、カリウム不足やマグネシウム不足の症状が出ています。
また、水不足でもあったようです。

肥料は、葉が丸まりだしてからカリウム不足が判明するまで1ヶ月以上やっていません。
(カリウム不足にはカリウムのみの肥料(草木灰)をやりました。)
また、同じ場所に生やしているバジルとシソが大きくなりません。
今年栽培を始めたばかりの初心者なので何とも言えないのですが、窒素過剰なら、このバジルとシソがもっとぐんぐん大きくなってしかるべきなのではないでしょうか?

全体的な肥料不足ではないかと思わざるを得ません。
それでも実際のところ、やはり窒素過剰なのでしょうか?

Aベストアンサー

窒素の場合は生長点付近を見て判断する物なので、
以前の状態が窒素過多だからと言って、今もそうであるとは言えません。
(一度異常生長した部分は元には戻りません。葉色は変化しますが、変化は緩やかです。)
今の状態が明らかに窒素不足と思えるのであれば、窒素肥料も追肥した方が良いでしょうね。

果実を育てていると、栄養状態は急激に変化しやすいので、先を考えて対処していきます。
水遣りを再開して窒素過剰と思われる症状が出なかったのであれば、
土の中には通常か、それ以下の量しか残っていないでしょうね。
(全くないと枯れ込みが進みますので、無いはずはありません。)

もう普通の追肥に戻しても大丈夫だと思いますよ。
3段目の開花はとっくに終わっている段階なので、施肥による強い影響は出にくくなっています。
溜め込んでいる分も消費されていそうなので、何も問題は起こらないでしょう。
もう収穫も始まり、樹への負担が減ってくる頃ですし、わき芽を伸ばしてもらって、
もう少し収穫を増やして行きたいところですね。


マグネシウム不足は土壌酸度の方の影響もありますので、酸度を測ってみると良いです。
PHが5であれば酸度で欠乏しています。
これだとあっても吸えない状態なので、マグネシウムの追肥では改善しません。

トマトは結構カルシウムを使いますので、栽培中に酸度が低下している事はよくあります。
草木灰を使用したならしばらくしたら酸度も落ち着き、吸収しやすくなるとでしょうね。
(草木灰と窒素入り肥料を同時施用しないでください。1週間は間隔をあける必要があります)
しかし、果実を育てていると果実に送りやすいので、完全には改善はしないと思います。

不足症状を確認する時は、異常が見られる葉にその肥料分をかけてみれば分かります。
普通は水溶性の単肥を用いて、200倍や400倍希釈(0.2~0.4%くらいに合わせて)で
かけてみると変化が出るので分かります。
葉面散布で治す場合は、治るまで毎週かけ続けます。
葉ではそんなに吸えませんので、なかなか治りませんが。


バジルとシソは混植されている物なので、普通に育たなくても不思議ではありません。
シソはこぼれ種から芽が出て、水も肥料も与えずにほったらしにしている方が多いですよね。
それでも大きく育ちますから、窒素は少なくても根さえ張れれば大きくなれる植物です。
バジルは密植していると上には伸びても横には大きくなりませんが、
鉢に1株で育てるととても大きくなります。
窒素肥料に対する反応は良い方ですが、やはり根の状態の方が優先されます。

トマトの方がよく根を張っていて、吸収能力も高いので、多く吸っているはずです。
トマトに対抗するならキュウリやカボチャくらいの相手でないと厳しいものがありますよ。
キュウリとの混植だと、水やりを普通にやってもあまり裂果しません。
窒素過多もあまり見ませんし、相当強力なライバルのようです。(実は相性が良い)

バジルやシソの生長状態の事はあまり考えない方がよろしいのではないかと思います。
コンパニオンは根や枝の生長状態も考慮して組み合わせてくださいね。

窒素の場合は生長点付近を見て判断する物なので、
以前の状態が窒素過多だからと言って、今もそうであるとは言えません。
(一度異常生長した部分は元には戻りません。葉色は変化しますが、変化は緩やかです。)
今の状態が明らかに窒素不足と思えるのであれば、窒素肥料も追肥した方が良いでしょうね。

果実を育てていると、栄養状態は急激に変化しやすいので、先を考えて対処していきます。
水遣りを再開して窒素過剰と思われる症状が出なかったのであれば、
土の中には通常か、それ以下の量しか残っていないで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング