マンガでよめる痔のこと・薬のこと

東京の進学校に通っている、理系選択の高二です。

小学生のころから宇宙の分野に興味があって、ずっと東大の理Iを目指してきたのですが、最近学校の先生が、
「理系は社会に出てどんなに頑張ってもトップにはなれない。結局、トップにいるのは文系だ。理系はそんなに儲からないぞ。」
という話をしていました。

そこで僕は、どうせならやっぱり儲かる職に就きたいなという思いと、経済学で理系の高度な微積の計算が必要な分野があるというのを聞いて、
 ・東工大の金融工学
 ・京大の経済学部(理系入試というのがあるのでそれで)
あたりも考え始めました。

<質問>
(1)上の二つの大学の学部のようなところに詳しい人は教えてください。

(2)東大にも金融工学のようなものはあるのでしょうか?

(3)理系(工学系)は本当に儲からないのでしょうか?
 そこらへんの収入面のお金の事情などを知りたいです。

(4)それでも就職の幅を考えた時には、東大に行ったほうが良いのでしょうか?(行ければの話ですが)
 東大のネームバリューはやはり、京大や東工大に比べると強力なものですか?


長くなってすみません。
進路について真剣に悩んでいます。
どれか一つにでも答えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

はじめまして。


当方、京都大学のM2です。理学です。
質問者さんが私と似ているため気になりました。
まず東大理一について、
宇宙の分野といっても色々ありますよ。理論系やら。宇宙系でも物理を選ぶなら東大で間違いないと思います。
次に金融工学についてですが、これは工学部の研究室ではどこでもあります。
京大の経済の院にもあります。東大にももちろんありますよ。
金融工学は実学であり非常に重宝されます。
ハイレベルな経済学は理系分野ですので個人的におすすめです。
しかし京大の経済学部はおすすめしません。
京大は単位取得が非常に楽です。学生は勤勉とは言えない学部です(もちろんひとそれぞれですが)

つづいて3の理系はもうからないか。
一概に言えませんがそんなことはありません。
私は来年博士課程なのですが海外の大学に新学します。
そこではポスドクの初任給が10万ドルです。成績や能力にもよりますが。
さらに知人は京大工学からメーカー研究職で一年目の冬のボーナスが90万でした。
ハーバードの数学科をでた知り合いは某破綻した大手証券会社で年収5000万近くあったそうです。現在彼は大学院に入ることを考えているようです。
では逆に稼げない統計がでてる事実は?といいますと、例えば京大にはある程度勉強のできる人間があつまります。
しかし上位10%は天才か変人です。その下の10%までは優秀。のこりの80%は普通もしくは落ちこぼれ。
ここでこの80%の人たちは理系なのでとりあえず院に行きます。
そこで就職をしたら年収1000はとれるメーカーもいろいろありますね。
しかし博士課程に進んだら最後もともと頭のよくない人間が研究してもあまり成果は出にくいですね。

最後の質問ですが、東大を選びましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

リアルな実情を教えて頂きありがとうございます。

僕も皆さんの意見を参考にいろいろ考えた結果、腹をくくりました!
東大を目指します!

お礼日時:2008/12/03 16:56

(3)については、一般的に生涯給与で数千万理工系のほうが安いといわれています。

しかし、これはあくまで平均値であって、文系のほうはばらつき大きいです。理系のほうは上は制限されていますが、下もさほどありません。一種の工場労働者のようにある程度の幅があります。具体的にいうと給料の多い会社はテレビ会社などありますが、メーカーに比べて採用が極端に少ないですよね?昨年までは一社で技術者数百人とか採用していたトップ企業もあります。そこからあぶれるとどんどん給料の安いところにいきます。
 先生のおっしゃっている事はおそらくほんの一握りのトップの方のこと指しているのではないでしょうか?文系理系に限らず優秀な人はとんでもない能力を持っています。ただ、どうしても理系の人間というのは技術にロマンを感じてしまうので企業のトップには向かない気がしますね。(除く-創業者)
 また、理系のほうが一種の職人みたいなのでつぶしがききます。(特に製造技術、ロジティクス、品質管理系)

(4)東大のネームバリューはすごいですが、理系に関して言えば東工大、東北大、京大、阪大といろいろあります。それに比べると”格段”とはいえません、学校の差より個人の差のほうが大きく感じられます。(しかし、なんとなく大学カラーは感じられますね)

 個人的には食っていくためと好きなことなので理系を選択しました。昔は技術者の数が足りなくて学費とか会社が出してくれたためです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます!
参考になりました。

お礼日時:2008/12/03 16:59

#6さんのいう『コンピュータが計算してくれるので数理的能力は必要ないという』のは私ですね。



わからなかった人の為に補足すると、JAXAで宇宙関係の研究者に要求されるような数理的能力に比べたら、文系一般就職した人に要求される数理的能力ははるかに低いですという意味です。(経済学の研究者になるなら別ですが、ご質問の要旨とははずれますよね)

「コンピューターに計算させるのは人間です」とありますが、意味がよくわかりません。私は情報系の大学教員をしていますが、じゃぁ、プログラムを使う人に、我々と同じぐらいの能力が必要か?といったら、まったくそうではないですよね?その代わり、我々よりも個々の業務に関しては精通している必要はありますよね。そうやって世の中は分業が成り立っているわけですよね。ただ、もちろん使うにあたって数理的能力が必要ないか?といわれると、一般的な意味で数理能力はあった方が望ましいと言えるでしょう。その意味では#6さんの考えは理解できますが、わたくしは前者の意味で使いました。

独法研研究者・大学教員ともに、同期の一般文系就職者より、総じて儲かりませんが、宇宙に夢をもって、東大が視野にあるなら、質問者様はまだまだ夢を追いかけていていいんじゃないかな?

研究職は楽しいですよ。「ワクワクする」というのは最大の原動力です。私も分野こそ違いますが、24時間以上プログラミングしっぱなしって事がありました。どうしても次へ次へ進みたくてキリがつかないんですね。気づいたら机の前で寝てましたが・・・。笑

まだ、高校生なんですから、夢は大きく持ってくださいね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

やっぱり僕も夢を追いかけたいです!
ワクワクしながら仕事をしている回答者さんにとても憧れます。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/12/03 17:02

あなたの先生は、世間知らずで愚かな人間だと思います。


近年は、理系出身社長が増えています。これはもはや、昔の文科系的なスタイルでのビジネスは通用しなくなってきていることの一端を示しています。たとえば、文系の牙城のように考えられていた以下の企業の社長は皆理系出身です。
三井物産、三菱商事、伊藤忠商事、東京海上HD
もちろん、メーカーをはじめとした企業では枚挙にいとまがありません。
ソニー、日立、パナソニック、三菱重工、シャープ、キヤノン、JFE、住友金属、関西電力、三菱電機、コマツ、大成建設、KDDI、ホンダ・・・。

質問者さんは一体、何をしたいのですか?
お金のためなら、何でもするのですか?
お金のために好きでもない仕事を長年するのは、奴隷労働にも似た辛いものではないでしょうか。
ある人の言葉に、次のようなものがあります。
『人種差別に基づく奴隷制は根絶された。しかし、お金に基づく奴隷制は益々強まりつつある』。

理数的な能力があるのであれば、文系学部などに行くのはその能力をドブに捨てるようなものです。
(捨てるのはいつでも捨てれます。)
今は高校生ですから、色々な情報に踊らされてスタンスが定まらないことでしょう。

お薦めしたいのは、やはり東京大学理科I類です。
教養学部の2年間に色々なことを学び、色々な人と出会う中であなたのスタンスも今よりは少しはシッカリすることとなると思いますので、学部後期課程での専門を入学後に選べるということは東大というネームバリュー以上に良いことだと思います。
ついでに言えば、いわゆるネームバリューなどというものは日本国内だけの狭い世界だけで通じるつまらない話です。東大は勿論名門ですが、海外では多くの大学の一つでしかありません。世界を相手に仕事をするには実力だけが頼りであって、大学などというのは実力を付ける過程で利用する手段でしかありません。

他の回答者の中に、コンピュータが計算してくれるので数理的能力は必要ないという方がいらっしゃいますが、それは明らかに間違いです。
コンピュータが計算するのは間違いありませんが、コンピュータが勝手に意志を持って計算するのではありません。
コンピュータにどの様な計算をさせるかを決めるのは人間です。少し想像力があれば容易に分かることで、科学リテラシーがないということはこの程度のことも分からないということです。

実はウォール街でさえ、いわゆる『高度な金融工学』の中身を理解することもなく、まるで宗教のように信じ切って招いた結果が今回のサブプライム問題です。
自分の目でモノを見て考える・・・自然観察と批判的精神に代表されるルネサンスの精神もそこから生まれたのを今こそ思い起こすべきでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

おそらく回答者さんは知的な人ですね~
とても参考になりそうなご意見がたくさんありました。
東大理Iだけに的を絞って突き進もうと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/12/03 17:07

ひとつだけ。



例えば、証券会社や銀行への就職をしたいと、東京大理系の人が希望したら、文系の人よりも間違いなく就職はラクですよ。
あなたの(先生が)いう「文系」「理系」とは何を指しています?
大学での専攻の文理 = 就職での文理 という図式になってしまうのは、大学でほとんど勉強をしていない文系の人 だけじゃないかな?

理系は「才能」が重視される分野です。研究者や技術者になれるのは、脱落せずに最後まで進学しきれ、学問を修めることができた、一握りの人たちです。
途中で落ちこぼれた人は、文系として就職します。MBAなどを修めて幹部になる人も多いかと思いますよ。

ちなみに、あなた自身は、サラリーマンになるのが好きなようですが、平均月収でいくと、サラリーマンの平均よりは、街でお店をやっているオーナーの方が収入が高いケースは多々ありますよ。
もし、「お金」を重視するなら、進路よりも職種を重視した方が手っ取り早いですよ。

それと、サラリーマンにおいて、文系職の方が儲かる図式は、物づくりの場面において、

 「理系」の職人さん、工員さん、技術者さん、がモノを作る
 「文系」の営業さん、管理職さん が、モノ・カネ・人を動かし管理する

だからです。モノを作るのには、上限がありますが、モノと人を管理するには上限はありません。携わるモノの数が、文系の職種の方が多いんです。だからより多くの収入を得られます。
ところで、仕事の「数」が多いのはどっちだと思います。日本は世界でも珍しい、最大の産業が第2次産業の国、工業立国ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

東大の理系からでも、証券会社や銀行へ就職できるんですか!
へぇ~、何か意外な部分もあってとても参考になりました。

やっぱり頑張って東大の理Iに行きたいと思います!
なかなか聞けないような話をしていただいて、ありがとうございました!

お礼日時:2008/11/24 13:23

東大にも金融工学のようなものはあります(確か近年学科が創設されたような気がします)



理系職は儲からないとおっしゃってますが、確かに時給換算したりするとやっぱり文系職の方が儲かるらしいですね。ただ、大学で理系でも文系就職する人は結構います(むしろ数学の能力を評価されて有利になるケースもあるらしいです)ので、とりあえず理系に進むというのも手かもしれません。

あと、東大の場合は進路がかなり自由に決められるので(理系から法学部、経済学部に行く人もいます)、とりあえず東大に入ってみるというのも手かもしれません。



余談ですが、大学で大して勉強していない文系の方が将来儲かるって悲しい世の中ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。東大は入学してから学部などを選択できるので、かなり視野が広いですよね。

>大学で大して勉強していない文系の方が将来儲かるって悲しい世の中ですね
確かに理系の人は大学に入っても、レポートなどで忙しいという話をよく聞きます。。。

参考になりました。どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/11/24 12:59

その先生の話は、ちょっと幼稚だと思います。

「理系は社会に出てどんなに頑張ってもトップにはなれない。」というのは事実なのかもしれませんが、文系だってトップになるのはほんの一握りですよ。殆どの人はトップになれずに終わるんです。それが普通です。

>どうせならやっぱり儲かる職に就きたいなという思い

そりゃ、給与は少ないよりは多い方が良いですが、就職すると、朝家を出て、夜家に帰るまで、ずーっと仕事ですよ。好きでは無い仕事を延々と続けるのは、どんなに給与が高くても、辛いもんですよ。まぁ、宇宙への興味が失せ、金儲けが人生唯一の目標というのでしたら、つらくはないのかもしれませんが・・・・。

>経済学で理系の高度な微積の計算が必要な分野

経済学自体が高度な数学の上に成り立っていますが、文系就職してしまえば、あまり関係ありません。その手の計算はコンピューターがやってくれます。

>理系(工学系)は本当に儲からないのでしょうか?

儲かるというのは、どれ位でしょうか?

『家族を楽に養って、余暇にも費やせる』と言うのでしたら、文理関係なく、一流大学から一流企業に入れは、大丈夫ですよ。暮らしていけます。

『フェラーリを数台所有できる』と言うのでしたら、文理関係なく、貴方の才能と運次第です。

という事で、どっちみち文理は関係ないんだと思います。折角、小さい時から宇宙に興味があって、東大が視野にあるんですから、博士課程まですすんでJAXAで研究者とか、目指して欲しいもんですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は、JAXAに入って研究してみたいという思いもあります!

僕の場合、宇宙に関する話を聞くとどうしてもワクワクしてしまうので、やっぱりあなたの言うように、仕事をしても苦にならない、むしろ楽しいと思えそうな宇宙の道へ進もうと思います。

なんか吹っ切れたような気がします!
どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/11/24 12:53

技術系がトップにつく伝統がいまだ残っているのは日立くらいではないでしょうか。


日本は米国とは違って会社の技術、社会の技術みたいなところがあるので、技術者にはなかなか貢献に見合った還元がなされていないのが現状です。
マクロ経済学で多少微積を使った(とってみただけです)記憶はありますが、高度というにはほど遠いうえ実際には運用する上では数値があればいいのでコンピューターに計算させる方が速いです。

就職では東大は有利ですが、京大や東工大が比較対象であればそれほど差はつかないと思いますよ。
入った後の保証がされるわけではないですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~、やはり日本のシステムはそうなんですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2008/11/24 13:03

どうも、20代後半、東大理一出身の社会人です。



某自動車メーカで働いておりますが
収入はといえば、高校時代の友人と比較しても
低い水準にあると思います。
(うちの学校は進学校でなく、東大に行くのは
 毎年数名という水準にもかかわらず、です)
業界のリーディングカンパニーで働いていないのも
原因の一つではありますが(私の歳でも、同年代と3~4割収入の
開きがあります)。

ゼニのために仕事をするわけではないですが、
ゼニに多少でも重きを置かれるのでしたら
技術者はお勧めできません。
(結局、企業に入ってしまえば理系職も文系職も同じ給与体系が
与えられ、かつメーカー等の場合は絶対人数が理系より文系の
方が圧倒的に少なく、結局出世機会には文系の方が多く恵まれる
ことになるため)

学問的に数学的な知識を要求されるような職がお望みということで
金融工学、経済というあたりを志望されていると思いますが、
理系ならば医学部を狙うという手もあると思います。

医者の収入は高いです。同い年の後期研修医と私とでは倍ほども
収入が違います。

・・・ただひとつ言っておきたいのは、お金をプライオリティ・ワン
にするのもさびしい人生になりうるよ、ということです。

仕事は収入を得、充実した家族生活を送るために無駄にする時間と
割り切るのであれば何も言うことはありませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まず東大出身者ということで尊敬します!
リアルな実情を聞けて、とても参考になりました。

しかしながら、東大を出ているからと言っても技術者ではあまり収入は期待できないのですね。

実は医学部も少しは考えています。(うちは経済的に国公立の医学部しか無理ですが)

でも実際に社会人として働いているあなたからのメッセージを見ると、金のためだけに働くのはあまり良くないということですよね。やはり自分の興味のある分野に進んで、楽しんで仕事ができる方向に行きたいと思いました。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/11/24 13:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金融工学について

現在高校生で将来は銀行、証券会社などの
金融関係に進みたいと思っているのですが
工学部の金融工学という分野からも
この業界に就職できるらしいですね。

そこで質問なんですが、基本的に理系に進んだ場合
研究職になることが前提だということを考えたほうが
いいのでしょうか?
金融工学の分野に進み、証券会社に就職となると
狭き門な気がするのですが?

もう1つ質問です。
文系の出身者とは扱いが違うのですか?
給与の面など。

以上ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>工学部の金融工学という分野からもこの業界に就職できるらしいですね。
工学部よりも、『理学部数学科』の方がいいですね。
そもそも工学部に金融工学がある大学は少ないのではないでしょうか? あまり聞いたことがありません。『実績がない』というのは就職では不利ですね。

>そこで質問なんですが、基本的に理系に進んだ場合研究職になることが前提だということを考えたほうがいいのでしょうか?
その通りです。
研究職に就くことを前提に進学しないと、理系ははっきりいって居心地が悪いです。
1年のときから実験はあるし、3年になるとバイトも厳しくなってきます。4年~修士2年までは、研究室にこもる時間がかなり多くなります。 このような生活は研究が好きでないとできないですね。

>金融工学の分野に進み、証券会社に就職となると狭き門な気がするのですが?
確かに、理系出身の金融マンは少数だと思います。
理由は、理系の学生は学部では就職活動をしないからです。 また、修士に進学しても、多くの人が学校推薦・教授推薦だからです。 文系のようにバリバリと就職活動をする空気が理系にはないんです。

>文系の出身者とは扱いが違うのですか?
金融業界の就職活動は『リクルーター制』です。
どういうことかというと、、都市銀行などに就職した自分の大学の先輩たちとの面談を通して、採用が決まっていくシステムのことです。
したがって、金融業界にある程度就職していった卒業生がいる大学でなければ、このシステムにはのれません。(基本的には、早稲田・慶應+旧帝大)
ここで本題ですが、理系と文系の違いは、、「文系ならば無条件でこのシステムにのれます」が、理系の場合は『ある程度セミナーなどの情報を収集し、金融業界に興味があることをアピールしておかなければ、リクルーターと面談できない』という違いです。
金融なら、やはり文系にいた方がいいとは思います。
給与に関しては、専門職採用か総合職採用かで違うかもしれませんが、同じ採用枠なら、理系出身だろうが文系出身だろうが変わらないでしょう。

>工学部の金融工学という分野からもこの業界に就職できるらしいですね。
工学部よりも、『理学部数学科』の方がいいですね。
そもそも工学部に金融工学がある大学は少ないのではないでしょうか? あまり聞いたことがありません。『実績がない』というのは就職では不利ですね。

>そこで質問なんですが、基本的に理系に進んだ場合研究職になることが前提だということを考えたほうがいいのでしょうか?
その通りです。
研究職に就くことを前提に進学しないと、理系ははっきりいって居心地が悪いです。
1...続きを読む

Q東大の理1と理2の違いは?

僕は次から高1になるのですが、大学は東大の理系を考えています。
理3が医学部だということは分かっている(し、行く気はない)のですが、
理1と理2の違いがあまりはっきりしません。
学部進学の際、どのように振り分けられるのですか?
できれば具体的な人数なんかのデータがあればいいのですが・・・。

Aベストアンサー

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・医学部・工学部
↑は、それなりに人数比率も反映した順番になっていて、理1なら工・理が大部分を占めるし、理2なら農・理・薬が大部分を占めます。

ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには#2の集計表とにらめっこしてほしくありません。
むしろ、大学側からの「進学のためのガイダンス」(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/guidance/H16_html/index.html)や、#2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。

あくまで#2の集計表とかは参考までにね。#2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。
目標高く勉強のほうがんばってください。

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・...続きを読む

Q東大経済学部への進学を考えています。

東大経済学部への進学を考えています。

こんにちは。
東大の経済学部への進学を考えてる高校三年生のものです。
そこで質問なのですが、理一から東大に入学して進振りで経済学部に文転するというのは可能でしょうか。
もちろん不可能ではありませんが、かなり厳しいということはないでしょうか。
といいますのも、僕自身はかなりの理系で、受験はまず理一のほうがしやすいと思うからです。
それから理一で数学を勉強しておけば経済学部でも将来的に役立つということはないでしょうか。
もし分かる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

制度について誤解を招きやすいことが書かれているのでいくつか訂正しておきます。

まず、
・傍系進学(直接対応していない科類からの進学)の定数は毎年決まっています。
なので学部の人数は毎年一定しています。
経済学部に関しては文二以外から行ける枠が数十人単位であるので比較的行きやすいです。
(逆に例えば医学部医学科は少ししか枠がないので理三以外からいくのは大変)

そして、
・経済学部にいく場合、進振りがある二年の夏学期までは理系の科目のみをとればよい。
学部によっては「要求科目」というものがあり、これを自分の必修とは別にとらなければいけないのですが、
経済学部には特にないので自分の科目で点数をとればよいのです。



で、点数の問題。
理一から経済学部に進学するには、
二年の夏学期までの成績の平均点が(去年のデータでは)だいたい75点前後必要です。
これは理一に余裕を持って入れる人ならサボりさえしなければ楽にとれる点数ですが、
あなたがもしギリギリの線で勝負をしているなら入学してからも結構大変です。

最終的な私のおすすめは:
・もし経済学部にいけなかったら理工系に進んでもいい→理一にいく。
・経済学部以外には行きたくない→文二を受けるか、別の大学の経済学部を受ける。
です。

制度について誤解を招きやすいことが書かれているのでいくつか訂正しておきます。

まず、
・傍系進学(直接対応していない科類からの進学)の定数は毎年決まっています。
なので学部の人数は毎年一定しています。
経済学部に関しては文二以外から行ける枠が数十人単位であるので比較的行きやすいです。
(逆に例えば医学部医学科は少ししか枠がないので理三以外からいくのは大変)

そして、
・経済学部にいく場合、進振りがある二年の夏学期までは理系の科目のみをとればよい。
学部によっては「要求科目」とい...続きを読む

Q一橋と東大の経済学部について

僕は大学で経済学を学びたいと思っているのですが、
東京大学と一橋大学ではどちらの方が経済学部において上なのでしょうか?

単純に決められるものではないと思いますが、独断・偏見でもいいのでお聞かせください。

Aベストアンサー

東大の経済学部卒です。

身びいきではありませんが、現在の東大経済学部は「経済学の教育・研究」「教授陣の質・量」の点で一橋に劣るものではない、と思います。(逆に言うと「経済学」において一橋は東大に劣るものではありません。)

二昔前には、東大・京大経済学部はマルクス主義の影響が強く、
近代経済学が優位の一橋大・大阪大の評価が高かったのですが、
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1659811
最近は、東大でもマルクス経済学の影響が薄れるとともに、評価も高くなっています。

一橋は社会科学系の専門大学で学生少数、東大は文理含めた総合大だが経済学部の定員は多くない、「有名私大」は経済学部がマンモス規模、ということで、
経済学部において、教官一人当たりの学生数で比べると
一橋大 < 東大 < 有名私大
になる、と思います。
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1727748

Q東工大と京都大工学部はどっちが入りやすいですか?

東工大は第4類くらいを考えていただければありがたいです。
ちょっとしたことからこの2校を考え始めたのですが、率直にどちらが入りやすいでしょうか?

京大は入試問題的に対策をとっていない自分にとってはより厳しいような気がしますが…

総合的に見てどうなのでしょうか?
特に京大については知識がほとんどありません…

詳しい方お願いします!!

Aベストアンサー

京大工学部の場合、
 
 ・英語が和訳・英訳のみ。非常に癖が強く難解。
 ・本年度から二次試験でも国語が出題される。非常に難解。センスがなければ対策は困難。
 
 ・センター試験では、地歴公民は、地理B・日本史B・世界史Bのみ可。公民では出願不可。(工業化学科のみ公民でも可)
 ・後期試験は実施しない。

高度な文系的センスも問われる、出願がやりづらい、この辺のリスクをどう考えるかですね。

Q東京大学経済学部金融学科について

東京大学経済学部金融学科について

東京大学の理科1類を第1志望としているものです。
理系クラスを選択してしまったために理科1類を志望しているのですが、実際に進みたいと思っているのは経済学、特に金融工学の分野です。(ただ、物理や化学は好きなので理系を選択したこと自体は後悔していません。)
そもそも金融工学を学びたいと思っているのは、金融工学に興味があるのに加えて、将来就職したいと考えている外資系の投資銀行において役に立ちそうだからということもあります。
そこで東京大学の経済学科には金融学科があるとおもうのですが、
実際、進振りで理科1類から金融学科に行くのは経済学部の他学科や他学部に行くのに比べてどの程度困難なことなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.ut-life.net/study/shinfuri_columns/ratios.php
微妙に比率だなぁ

理系からの経済学部枠が広がって
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080812/167877/
今大人気らしい。
たしか75点くらいだったかな。けっこうハード。
※ 東大生とかそのへんの学生は「難しいから行きたい」という風潮もあるので、しばらくは人気が続きそうだな。

外資系の投資銀行なら工学部でいんじゃないのかな
東大新聞6月22日号
ゴールドマン・サックスに行ったのは工学部の博士課程修了者だったりするし。

http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/kyoumu/sinro.html
数学科の修士ってのもあるなぁ。こっちの方が金融工学より進振り点高そうだけど

Q物理学を学んだ学生の就職について

物理学を学んで修士課程を終えたとして就職でどうのような選択肢がありますか?

Aベストアンサー

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を卒業する場合には、勉強した「知識」をそのまま使って企業で活躍するというセンスよりも、むしろ、そこで習得した「能力」を生かすというセンスだからです。逆にもし工学部を卒業しても、そこで学習した知識がそのままどんぴしゃで企業でも使えるケースは珍しいようです。

また、物理の中での理論と実験の違いですが、私の知る限り、理論だと実験よりも会社には不利ということはないと思います。それには二つ理由があります。一つは現代の産業の現状は、IT系に重点が移ってきていて、理論系なら殆どの場合コンピューターをかなり使いますので、その面でかえって有利であること。もう一つは測定器や作業機械の使い方などは、実験系だからといって同じ機械を使うとは限りませんし、どちらにしても入社後に勉強するケースのほうが多いと思われるからです。

企業の中で、理学部出身の人が工学部出身の人よりも少ない主な原因は、日本中で工学部の定員が非常に多いことでしょう。私の見る限り、卒業生が就職で苦労するケースは、分野というよりも、むしろ個々人のパーソナリティに依ることが多いように思われます。企業では周りの環境に柔軟に順応してくれる人、しっかり意思疎通の出来る人を好むでしょうし、当然、企業の利益にかなわないことをしたいという人は、どんな学部の卒業生でも取らないでしょう。


次に具体的な現状を書きます。どこの大学とは、もちろんここでは書けませんが、卒業生の就職先はやはりIT係を中心に製造業が多いです。それは元々日本の産業構造自体がIT係に重点が移ってきているためだと思います。一言にIT係といっても、かなり幅が広いですし、IT係以外の製造業も多いです。どんな製造業でも最近はコンピューターはかなり使うと思われます。

製造業の中には当然、民間企業の研究所に就職するケースもあります。民間企業の研究所では、ごく一部の例外を除いて、その企業の利益に直結することを研究します。その内容は、物理学に基礎を置いた研究もありますし、物理学とは直接の関係のない研究をすることもあります。物理の卒業生はどちらの方向にも進んでいます。ただし「直接の関係のない」と言っても、物理はあらゆるものの基礎になりますから、殆どのものは何らかの関係はあります。

次に多いのは、公務員や中学高校教諭だと思います。その場合は、もちろん、公務員試験の勉強や、教員免許をとり教員採用試験の勉強をする必要があります。

製造業に比べれば、数は少なくなりますが、商社や金融関係に就職した人もいます。また特殊な例ではパイロットになった人もいます。


せっかく物理学を勉強したのに、就職した後に直接に関係のないものをやるのは勿体ないとか、しんどいとか思われるかもしれません。しかし、ANo.3さんも書かれているように、物理学というのは、あらゆる学問や科学技術の基礎であり、また、知識そのものを使わなくても、物理学を学ぶ過程で習得した「現実に根ざした論理的思考」というのは、どんな分野にも共通に必要なものなのです。ANo.4さんも書かれているように、「仮説・検証・修正」という物理学の方法は、あらゆることに適用が可能です。

また、「知識の陳腐化」ということがあります。技術というものは日進月歩ですから、大学でどんな分野の学問をした場合でも、どのみち入社後にも勉強をし続けていかないといけません。しかし理学系と工学系の違いは、理学部で勉強したことは、時間が立って成り立たなくなるようなことではないというところです。物理で言えば、力学や電磁気学などの知識が陳腐化することは未来永劫ありません。それらは自然界の法則だからです。ところがある特定の「技術」というものは、多くの場合数年で陳腐化してしまいます。

さらに、逆に基礎的な知識が必要になったときに、技術だけを学んでいた人が基礎に立ち戻って勉強しなおすのは、大変なエネルギーが必要になります。一度でも基礎を十分に勉強したことがある人は、忘れてしまっていても、少し勉強すれば思い出すことができます。基礎をしっかり勉強した上に応用を勉強するほうが、応用だけを勉強しているより安心です。

これは教育関係に進む場合も同様だと思います。やはり理学部でしっかりその分野の内容を勉強しつつ教員免許も取るほうが、教育学部で教員免許をとるよりも好ましいと、個人的には思っています。(両方やるのは確かに大変ですが。)


最後に、修士課程に進むメリットについて付け加えます。学部で、およそ力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学を学習するわけですが、それは学問の基礎の部分です。卒業研究~修士課程で、研究(らしきもの)に手を染めることにより、その基礎部分の知識の本当の意味が、より正しく深く理解できます。また、現実の問題を考えることにより、「問題解決能力」も身につけることができます。研究の世界では必要に応じて問題を自分で整理して設定する能力が求められます。誰かがきれいに作った問題を解くだけの話ではなくなってくるのです。そのような能力はどんな分野に就職しても必要とされるものです。大学院ではその部分も学ぶことが出来るはずです。

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を...続きを読む

Qアクチュアリーへの道

現在大学1年生でアクチュアリーを目指そうと思っています。
そこで質問なのですが、大学院へ進学した方が就職、または給料面において有利になるでしょうか?
大差ないなら学部卒で就職しようと思っています。

また、情報源がアクチュアリー会の公式HP(これは隅々までみました)くらいしかないので、
アクチュアリーであるとか、知り合いにアクチュアリーがいるとかそういう人がいたらなんでもいいのでいろいろ教えてほしいです。
たとえば、アクチュアリーは超多忙らしい・・・とかそんなことでもよいです。

ご回答待ってます。

Aベストアンサー

今年で入社3年目になる中小損保勤務の新米アクチュアリー(準会員)です。
就職・給料と他の情報についてお聞きのようなので、三点に分けて回答したいと思います。

まず、就職について。
仰るとおり、確かに大学院卒の方が若干有利です。
とはいえあくまで「若干」程度のアドバンテージであり、それよりはむしろ
どこの大学卒なのか、専攻は数学なのか、といった点のほうが重要だと思います。
誤解されないように言っておきますが、アクチュアリー採用は完全に学歴偏重主義です。
なぜならば、学校の勉強が出来る人間でないと、試験に通るのは難しいのですから。
もしあなたが難関大学の数学科卒というのならば学部卒での就職もできるでしょうが、
それ以外ならば就職活動と平行して難関大学の大学院への進学も視野に入れるべきでしょう。
あと、大学では確率統計を重点的に学ぶのがいいと思います。
尤も、私は在学中は確率統計をほとんどやっていませんでしたが・・・

ちなみに私の個人的な印象で言うと、大手や外資では真面目で優秀そうな専門家タイプの人間、
中小だと普通の総合職としても通用するようなゼネラリストタイプの人間が採用されやすい気がします。

次に、給料について。
アクチュアリーの給料は非常に高いです。学部卒でも院卒でも同年齢ならば条件は同じです。
ただ補足しておくと、一般に生損保の給料は会社規模に比例するものです。
大手クラスではアクチュアリーと総合職の給料はほとんど同じですが、
一方で中小だと総合職の給料は劣るものの、アクチュアリー試験の合格者には
それに加えて月々の手当てが出ることが多いので、結果的に大手に匹敵する給料を得られます。

あと、アクチュアリーが激務なのは仰るとおりですが、基本的に保険会社はどの部署も忙しいです。
個人的な印象として、アクチュアリーよりも営業の方のほうがずっと忙しく大変だと思います。
ちなみに私が所属しているのは主計部ですが、ここは四半期ごとの決算前が死ぬほど忙しい代わりに
それ以外の時期は結構ヒマで、勉強も趣味も色々こなす余裕ができます。
あと、新人の頃は勉強時間を取らせるために会社側も配慮してくれるので、
それほど残業が続くことは無いのでご安心ください。

kijiponさんは勉強が大変だと言っていますが、人によると思いますよ。
私はかなり手抜きしながら試験も通ったので、要領よく勉強できれば自分の時間も十分取れます。
benkyoukatさんも未来のアクチュアリー目指して、頑張ってください。

今年で入社3年目になる中小損保勤務の新米アクチュアリー(準会員)です。
就職・給料と他の情報についてお聞きのようなので、三点に分けて回答したいと思います。

まず、就職について。
仰るとおり、確かに大学院卒の方が若干有利です。
とはいえあくまで「若干」程度のアドバンテージであり、それよりはむしろ
どこの大学卒なのか、専攻は数学なのか、といった点のほうが重要だと思います。
誤解されないように言っておきますが、アクチュアリー採用は完全に学歴偏重主義です。
なぜならば、学校の勉強...続きを読む

Q理系で慶応大学経済学部受験はできますか

今年高3の現役生です。理系で環境経済に興味があって東工大の社会工学(6類)を第一志望にしています。第二志望はどこがいいかと大学案内で探していたところ、慶応経済にとても興味を持ちました。さらに、慶応経済は一般の経済学部とは違い入試科目が、英語、数学(IAIIB)、小論文で理系でも受けられるので受験したいのですが、今の自分は数III、物理化学ばかりやっています。
正直なところ第一志望は東工大でも慶応でもどちらでもいいんですが、どっちつかずになって失敗するのが怖いです。また、理系で経済を受けるのも不安です。
大学のこと、入試のこと、受験科目のことなど何でもいいのでアドバイスをください。
参考までに偏差値は、英語70数学60~70物理55化学48(代ゼミ全国記述模試)です。
早めに返事をいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

こんばんは。

理系の方が経済学部を受験することについては、他の回答者さんたちもおっしゃっているように、特に問題ないのではないかと。
英語の勉強は文系でも理系でも変わりないでしょうし、数学はIA・IIBのみで理系の方からするとそれほど難しい内容でもないので、「微分積分だけを集中して勉強したため、数列もベクトルも苦手なままです~」というような状況でもない限り、点は取れるのではないでしょうか。


では、小論文について語ってみようかと思います。

慶應義塾大学の文系は入試改革により、大学個別の試験では「国語」という科目をなくし、小論文を書かせることで文章の読解力や構成力や論理力や表現力を計ろう、というのが特色でしょう。

どの学部でもわりと良い問題を作成し、受験生の小論文をチェックして点数を出しているのですが、たいていの学部は他に英語や数学や地理歴史科目があるので、そちらの出来が良ければ、小論文はよほどひどくない限り合格に達すると考えられます。
ただ、総合政策学部と環境情報学部は、点数配分からもわかるように非常に小論文を重視しており、英語や数学が非常に良い出来でも小論文でしくじると合格できません。また、小論文はなかなか骨が折れる設問なので、一定以上の力がないと合格できる小論文を書くのは不可能だと思います。


こんな風に書くと、小論文がどんなに手強いものかとも思われるのですが、別に小説や詩を書くわけではないので、小説家や詩人のような文章センスが必要なわけではありません。また、経済理論のような高度な専門知識が必要というわけでもありません。


慶應義塾大学の問題をはじめ大半の大学の小論文問題では、手がかりとなる文章や図表・グラフが与えられて、それに続いて設問があります。

問題形式の例としては、
 ○文章を読んで、文章中の対立する2つの仮説をそれぞれ要約する
 ○文章や図表・グラフから「~~の理由」を読み取り××字以内でまとめる
 ○文章の論理や自分の知識をもとに「~~の理由」を説明する

などが考えられます。これらを解くには、課題文を正確に読み取る読解力を国語の授業などで身につけ、図表・グラフ・数表などのデータから情報を読み取れるようになり、その情報や自分の知識をその話題にしたがって構成し直せるようになり、課題文の内容や問題に対して自分がどんな意見をもっているかを書いていく必要があるということです。


小論文対策としては、
 ○文章を正しく読み、論旨を要約できるようになる
   → 国語の先生に新聞記事などを要約したものを見てもらう、など
 ○社会科学系の科目内容や現代社会についての最低限の知識をつける
  「経済のグローバル化ってなんですか?」レベルだと辛い
   → 高校の政治経済の教科書を読む、試験日まで新聞をチェック
 ○制限時間内に一定以上の文章を書けるように
   → 過去問などで練習、国語の先生にチェックしてもらうとベスト

首都圏在住なのであれば、駿台予備学校の社会科学系小論文対策が充実していて、「慶応SFC対策」「経済系小論文対策」などの講座がオススメです。


まあ勉強のメインは英語や数学ということで進めていって、小論文試験の対策については地道にやっていくしかないかと。それよりも偏差値物理55化学48は低いかなと推察します。こちらの底上げのほうが必須かな。

何かわからないことがありましたら補足要求をよろしくです。

こんばんは。

理系の方が経済学部を受験することについては、他の回答者さんたちもおっしゃっているように、特に問題ないのではないかと。
英語の勉強は文系でも理系でも変わりないでしょうし、数学はIA・IIBのみで理系の方からするとそれほど難しい内容でもないので、「微分積分だけを集中して勉強したため、数列もベクトルも苦手なままです~」というような状況でもない限り、点は取れるのではないでしょうか。


では、小論文について語ってみようかと思います。

慶應義塾大学の文系は入試改革により...続きを読む

Qクオンツについて

物理系の研究者を目指していましたが、能力のある先輩達がポスドクで苦労しているのを目の当たりにし、博士号取得後の進路変更を考えています。といっても、基本的に数字を扱う研究が大好きなもので、一般企業でも自分の今まで培ってきた能力を生かせる職種を望んでいます。その可能性の有無を探っているところです。

職種と言えるのかわからないのですが、金融関係で「クオンツ」という理数系に特化した人々がいることを最近知りました。そこで経済学も独学で少しずつ学び始めているのですが(なかなか面白いです)、いまから大学に入り直す余裕は、経済的にも年齢的にも、持っていません。第二新卒とも扱って頂けないでしょうし、(実務経験はないですが)専門職として雇ってもらえるよう、専門的な知識をある程度身につけたいと思っているところです。

どの様な本を読めば、クオンツに必要なスキル、あるいは普段の仕事内容を概観できるのでしょうか。関連の質問へのご回答を拝見したところ、基礎的な数学は、微分積分、統計、線形代数など一通りやったので問題ないと思いますが、特に、ファイナンスへの応用において、例えば物理の実験的な研究などと比べ、どの様な違いがあるのか、知りたいと思っています。そして、経済学的な(本当に必須な事柄以上の)素養は、クオンツの仕事をする上で必要となるのでしょうか。職を頂くという点も重要な目標なので、どの程度机上の勉強、前準備が現時点で必要なのか、知りたいのです。

そして、もしクオンツの具体的な仕事内容、例えば作業はマニュアル化しており創造的な能力は必要ないのか、プログラミングの知識はどの程度必要か、経験者がいらしたら研究生活との大きな違いは何か、といった点において、知るきっかけがあれば大変助かります。

ご教示のほど、よろしくお願い致します。

物理系の研究者を目指していましたが、能力のある先輩達がポスドクで苦労しているのを目の当たりにし、博士号取得後の進路変更を考えています。といっても、基本的に数字を扱う研究が大好きなもので、一般企業でも自分の今まで培ってきた能力を生かせる職種を望んでいます。その可能性の有無を探っているところです。

職種と言えるのかわからないのですが、金融関係で「クオンツ」という理数系に特化した人々がいることを最近知りました。そこで経済学も独学で少しずつ学び始めているのですが(なかなか面白いで...続きを読む

Aベストアンサー

私自身クオンツではないのですが、周囲にそのような人が複数いましたので、知っている限りにおいての参考意見です。

クオンツという場合、大別すると
1.デリバティブクオンツ
2.クオンツアナリスト
3.リスクマネジャー
の3種類の職種(これらは代替可能な場合もある)があります。

1は複雑なオプションやスワップ等の金融派生商品の商品設計をするのが仕事です。具体的には株・債券・為替・信用リスクなどの原資産の変動をもとにキャッシュフローを複製して裁定利益を得たりリスクヘッジ商品を作ったりします。投資銀行やメガバンクの金融商品開発部などにいる人たちです。
2は上場企業の財務指標や株価などの大量のデータを統計的に分析して最適ポートフォリオ戦略を構築してファンドマネジャーに提供したり、証券アナリストの分析レポートに基礎資料を提供したりする仕事です。証券会社の経済分析部門などにいます。
3はVaR(バリュー・アット・リスク)のモデルや信用リスク管理のためのツールを作成したりモデルのバックテストを行ったりして、金融機関の各部署や各商品のリスク限度額をモニターするなどのリスク管理業務に従事しています。

金融のどんな本を読めばいいか、という点についてですが、質問者さんの知識水準や求めているレベルにもよりますが、

(1)企業金融論 : 「コーポレート・ファイナンス」第8版(ブリーリー&マイヤーズ著、藤井他訳)
(2)資産価格理論 : 「資産価格の理論」第版(大橋他訳、ただし英語の原著は第3版あり)
(3)投資理論 :「現代投資マネジメント」(リターマン著、ゴールドマンサックスアセットマネジメント計量部訳)

などではないでしょうか。(1)と(3)はMBA向け以上のファイナンスの教科書の決定版。(2)はファイナンス分野の博士課程の教科書の最高峰の一つとされる本です。

実験ですが、金融は紙と鉛筆の世界なので統計データをひたすら検定して多変量時系列モデルの精度を上げたり(株価や企業業績、投資ファンドのパフォーマンスの予測などのため)、モンテカルロシミュレーションなどで数値計算をする(キャッシュフローの予想やリスク限度の算出のため)のが多いと思います。それらの計量分析の本としては

(4)「ファイナンスのための計量分析」(キャンベル=ロー=マッキンレイ著、祝迫他訳)

があります。ちょっと旧い本ですが。
ただし、実際には会社で取り組む仕事なので、入社して実務をやりながらでも十分間に合うとは思いますが。実際にどんな成果物を作っているかという点については、証券図書館に大量に置いてある証券各社のアナリストレポートのうちクオンツの書いたものや、日本金融証券計量工学学会(ジャフィー)の論文集などに目を通すと分かりやすいと思います。

的外れな回答になっていたらご容赦ください。

私自身クオンツではないのですが、周囲にそのような人が複数いましたので、知っている限りにおいての参考意見です。

クオンツという場合、大別すると
1.デリバティブクオンツ
2.クオンツアナリスト
3.リスクマネジャー
の3種類の職種(これらは代替可能な場合もある)があります。

1は複雑なオプションやスワップ等の金融派生商品の商品設計をするのが仕事です。具体的には株・債券・為替・信用リスクなどの原資産の変動をもとにキャッシュフローを複製して裁定利益を得たりリスクヘッジ商品を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング