普段何気なく使っているこの2つの言葉ですが,意味的なはっきりとした違いってあるんですかね?
なんとなくあるようでいまいち自分でははっきりとつかめません。
例えば,「とりあえずビール」とは言えるのに
「いちおうビール」とは言えません。

わたしたちは普段どのような使い分けをしているのですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どちらも私の場合ですが、まず“一応”を他の言葉に言い換えると、



“一応”ビール→ あったらいいな、あればまず大丈夫だろう

“一応”こんな感じになりました →ざっと 

“一応”見ておきます →ざっと、もしもの事に備えて、念のため

“一応”話を聞かせて下さい →もしかしたら力になれるかも知れないので

“一応”考えておきます →候補に入れて、対象として見るように 

一通りと言う意味に用いたり、状況を把握するのに必要な対象の一つとして捉えているときや補足や予備の表現として使っています。 
対象や現象を確定する(結果を示す)ほど強い意味はありません。



また、“取り敢えず”の場合も他の言葉に置き換えると、

“とりあえず”ビール→ まずはともあれ欲しいね

“とりあえず”こんな感じになりました→私の力量では現段階ではここまでですが

“とりあえず”見ておきます→必要を感じるので、取り急いで要点だけでも

“とりあえず”話を聞かせて下さい→大切なことだから優先して、まずはともあれ

“とりあえず”考えておきます→優先して、まずはともあれ

緊急性を感じていたり、必要性が確定しているときに使います。
一応に比べると、その場の状況で出来うる限りのことをしたいという意思表示でもあります。
    • good
    • 1

ものごとに対して本来なすべき対応があることを前提すると、



いちおうというのは、本来なすべき対応に比べて不十分な対応の全般のことで
とりあえずというのは、時間的に本来なすべき対応の前段階における
対応のことではないでしょうか。

いちおうの方が広い概念で取りあえずはいちおうのなかの早いもの
でしょうか。

飲み会の最初なら「とりあえずビール」となり、
お歳暮何がいいかな なら「いちおうビール」でもいいや となります。

一応 対応した。→充分とは言えないが対応した
取りあえず対応した。→その時点までにできる対応をした。

微妙にニュアンスが違いますね。
    • good
    • 1

一応 : 十分とは言えないが、念のため、納得はしていないけど、



・ 一応準備しました。
   (十分な準備ではないかもしれないけど、できる範囲で準備しました。)

・ 一応話は伺っておきます。
   (私がその話を聞いて何ができるかわからないけど、聞くだけ聞きます)

・ これで一応安心だ。
   (何か対策をして、ちょっと安心したところ。)

・ 一応やってみたけど。。。
   (やってみたけど、それでOKかどうかわからない)

・ 一応5課も勉強した。
   (テストの範囲は4課までだけど、5課は重要なので念のため5課も勉強しておいた)

・ 「宿題終わった?」「うん、一応ね。。。」
   (完璧終わったわけじゃないけど、表面的(surface)にやった)

・ 一応意味はわかるけど、使い方がわからない。
   (言葉の意味だけはなんとなくわかったけど、使い方が分からない)


とりあえず : いろいろしなければならないものの中でも第一に、〔まずは〕

・ (居酒屋で)「ご注文は?」 「とりあえず、生ビール!」
ここでは、一応は使いませんね。

・ とりあえず、お知らせします。
   (詳細はまだわかっていないけれど、何か起こった、ということだけまずは知らせる)

・ とりあえず、インターネットで調べてみよう。
   (他にも調べる手段があるだろうけど、インターネットが便利で早いから、インターネットを使って調べてみよう)

・ 「今日はたくさん仕事があるね。。。」
 「ほんと。。。」
 「何から始めればいいのかな」
 「山田さんに聞かないとわからないから、とりあえず、ここを片付けようか」
 「そうだね。」→やらなければいけないけどどうしていいかわからない、まずこれはやっておこう・・・みたいな感じ

こんな感じでしょうか。
    • good
    • 0

はじめまして



わたしは、このように分けています。

いちおう:確認のため

とりあえず:確認しなくてもどちらでもよいがしておこう

こんな感じです。いちおうの方が重要なのかも。。

ちなみに、わたしはとりあえずを毎日使っています。
(PCの復元ポイントのコメントで)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
自分の頭の中で例文を考えたりしてなるほどと思いました。

「いちおう」参考にさせていただきます(笑)

お礼日時:2009/01/20 15:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q44,16,12,25,21,31,4,26,32,36,2,40,26,36,16 暗号らしいんで

44,16,12,25,21,31,4,26,32,36,2,40,26,36,16
暗号らしいんですけど答えがわかりません
教えてください(>人<;)

Aベストアンサー

五十音順であ=1、い=2、う=3、え=4、お=5、か=6…とあてはめていくと
「わたしのなまえはみや…た(私の名前は宮…た)」となります。
最後の7文字は個人の名前のようなので全部は書きません。
自分で解読してみてください。

ラインやメールの相手が自分の名前を教えようとしてるのかな?
ぜひ解いてあげてね!

Q「とりあえず」の意味

私は日本語の初心者ですが、よろしくお願いいたします  。

先ほど http://question.excite.co.jp/qa2929765.html で「とりあえず韓国語の読みは出来るようになりました」というものを見ました、
その「とりあえず」理解は難しいですし、どなたかは教えてください、
中国語で。。?


すみません、読みづらいを思います

Aベストアンサー

hai yuan shi yuan, ... の意味にむしろ近いと思います。
「とりあえず韓国語の読みは...」の文においては、「韓国語の読みは」を軽視はしていません。むしろ、「自分は韓国語の能力はまだまだだけど、とりあえずすこしはできるようになった」というように、「話者の謙遜」が反映された言い方になっています。

wo hai bu hui...

Q「とりあえず」と「ひとまず」の違い

 日本語を勉強中の中国人です。退院して一応回復した年長者への手紙のなかの言葉についてお伺いします。

 「リハビリ修了し退院なさったことを聞いて( )安心いたしました」という文を考えております。( )のなかは「とりあえず」と「ひとまず」とどちらが自然なのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「とりあえず○○」は、「優先的な事柄として第一に○○する」というニュアンス。
「ひとまず○○」は、「最初に片付けてしまいたい事柄として○○する」というニュアンス。
○○の内容について、後者は(前者よりも)軽いニュアンスになると思います。
「一応安心いたしました」といったニュアンスになってしまうため、目上の方に使うにはあまり適していないでしょう。

また、原文の場合、年長者と言っても、ある程度、親しい関係の相手に対する表現です。
必要であれば、もう少し丁寧な表現にすることもできます。下に一例を挙げておきます。
「リハビリも終えられ退院なさったことを伺い、とりあえず安堵いたしました」
「リハビリも終えられ退院なさった由(よし)、とりあえず安心いたしました」

Q私,我,僕,俺,彼,誰はいつ習うべきだと思いますか

 私,我,僕,俺,彼,誰という,いずれも人称代名詞用の漢字ですが,私と我は小学6年,僕と彼は中学校で習います。また俺と誰は先日常用漢字表に追加されたばかりです。そこで質問です。
 これら6字の漢字は第何学年に習うべきだと思いますか。私は外国語活動の時間を考慮して,6字とも小学5年で習うべきだと思います。

Aベストアンサー

オレは小学3年生で習うべきだと思うよ。
マンガとかで接する機会もある漢字を中学で習うんじゃあ、新し漢字を教えてもらうワクワク感にかけるような気がする。

あと、我ですか?
そんなの日常会話で使いませんから、習わせなくていいです。
極稀に「なめとんのかぁ?わりゃー」で使う人がいるとかいないとか、いやもう我は使用禁止だよな、怖いし

Q「はっきりものを言う」と「はっきり言う」とはどんな違いがありますかね。

「はっきりものを言う」と「はっきり言う」とはどんな違いがありますかね。
教えてください。

Aベストアンサー

この場合の「もの」は「言葉」という意味のようです。
「自分の思っている事をはっきりと言葉にする」ということですね。
「はっきり言う」では何を言うのかまでは特定されていません。それと「言葉にする作業」にことさら触れていません。だからただ発音をはっきりする意味にも取れるのだと思います。

日本語の「もの」というのは、けっこうむずかしい概念だと思います。
近代の考えでの「物質」という意味とは少し違うようです。
「もの」とは独立して存在している「存在」であって、そういう「もの」の中にも魂があるというような考えがあるようです。
「ものを言う」というぐらいの言葉は言葉自体がものとして影響力を持っているような存在、ものの内、ものの数に入るもの、として認められるのでしょう。
だから「はっきりものを言う」のはただ言葉の発音をはっきり聴き取りやすく言うのではなくて内容に関わる意とわかるわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報