作家性とはどういう意味でしょうか?
辞書に載っていなかったので、教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

作家の持つ、主観と客観的な見方のどちらかを説明する時に、使う言葉では?


作家は、必ず何かしらの特徴有る言葉廻しや、物の見方を表現しているから、それを説明づける前置きに使うのでは、ないでしょうか。個人的見解ですが。
    • good
    • 0

用例から考えていくと意味もつかめて来そうです。

たとえば、
「作家性があるご飯茶碗」。
毎日使うご飯茶碗、いちいち「誰がつくった」と気に留めない。没個性な形の大量生産品とか、無名の職人の作などがほとんど。
しかし、ご飯茶碗自体が自己主張しているような、底の裏に銘があるような、ただものではなさそうな逸品もある。「うむ、これは葡萄右衛門の作風ですね」。「林檎右衛門の美が遺憾なく発揮されてますね」。……適当なこと書いてすみません。
    • good
    • 0

「作家+性(性質・傾向)」という複合語です。

この類いは、社会性・国民性・積極性・機能性などなど、相当の数に上るため、すべてを辞書に載せることは困難です。
つまり、「作家性」とは、作家に共通する性質や傾向、あるいは、それの有無を指す言葉です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で原型師や造形作家をなんというのか?

デコスイーツや可愛い猫のフィギュアなど人物ではない物を作っている方などで
肩書きが造形作家となっているのですが…それを英語で表現するとどうなるのでしょうか?
クリスマスのサンタの人形(プラスティック製品)などなんでも良いのですが…
ああいう小物キャラクターを作っている人たちの呼び方があれば知りたいです。

modellerだと模型制作のイメージが強く、mold makerは人物っぽい気がしました。
○○クリエイターという呼び方も○○作家という意味合いは日本独自な感じがします。
できれば日本語の造形作家の画像検索結果と似るような単語をお願いします。

海外の可愛いキャラものを作っている人のブログを検索したいのですが、なかなかよい言葉が見つかりません。
カテゴリーを迷いましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画のスタッフロールだとモデル・スカルプター(model sculptor)と掻かれているのを見たことがあります。

Q干支での相性が載っているサイト

「何年生まれと何年生まれは相性がいい」とかいうのが載っているサイトって知りませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ところで、既によい回答が届ていますが、
あくまでも補足の一つとして、こういったサイトも、今後、
何かのときにお役に立てばと思い貼らせていただきました。

直接の回答ではなく申し訳ありません…

http://www2.att.ne.jp/hamihami/uranai/uranai11/eto.htm

http://google.yahoo.co.jp/bin/query?p=%b4%b3%bb%d9+%c1%ea%c0%ad&hc=0&hs=0

http://google.yahoo.co.jp/bin/query?p=%b4%b3%bb%d9+%c1%ea%c0%ad&hc=0&hs=0

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=157316

参考URL:http://www2.att.ne.jp/hamihami/uranai/uranai11/eto.htm

Q有職文様について載ってる本教えてください!!

課題で有職文様について調べることになりました。インターネットで課題提出は無効にされてしまうので、ちゃんと本から調べなくてはなりません。100人くらいの人が受けている講義なので、大学の図書室には文様について載っている本は借りられてしまっています。文様には興味があるので、自分で本を買ってしまおうかと思っています。何か良い本教えてください!!!

Aベストアンサー

こちらはいかがでしょうか。
北村哲郎染織シリ-ズ
日本の文様
ISBN:4773988045
・北村哲郎 源流社 1988/04出版
販売価:\1,890(税込) (本体価:\1,800)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4773988045.html

ネット上では、こちらをご覧ください。
http://kariginu.jp/sozai/

Qレコードって今でも製造されていますか? ディスコのターンテーブルに載っているアレはなに?

お世話になります。

 音楽の供給メディアはテープ、レコードの時代が過ぎ、CDすら最盛期の半分しか売れない状態。音楽供給メディアは携帯電話の電波による着メロ、着うたの配信、インターネット経由によるダウンロード配信に移行しつつあります。

 しかし、TV番組でディスコ(いまどきはクラブと呼ぶそうですが)の映像をのDJが操っているターンテーブルにはレコード盤が載っていますね。
 あれを操作してスクラッチ音を出しているのは知っていますが、あのレコード、普通の回転数でまわしたら何の曲がかかるのでしょうか?
 
答えの予想
1 スクラッチ音を出すのは何の音楽でもかまわないので、レコードが廃れる以前に売っていたレコードを適当に使っている。今やターンテーブルの存在理由はスクラッチ音発生のみである。
2 ディスコDJ用途として、最新音楽をレコードでも発売している。一般の人には手に入らない。普通に再生すれば最新ダンスミュージックが流れる。
3 ディスコDJ用途として、好みの音楽を生のレコード盤に刻んでくれる業者がある。きわめて需要が少ない商売だが、他業者の参入もないし、顧客もよそに流れないので需給が安定している。
4 「ターンテーブルでスクラッチ音を出す」というのはクラブにおける過去の様式美を保っているだけ。実はアレはターンテーブルとレコード盤の形を模した単なるハリボテであり、実際にはアレを廻すと、内部につながったコンピュータが回転にあわせたスクラッチ音を出すようになっている。
5 そのほか

ご回答よろしくお願いします。

お世話になります。

 音楽の供給メディアはテープ、レコードの時代が過ぎ、CDすら最盛期の半分しか売れない状態。音楽供給メディアは携帯電話の電波による着メロ、着うたの配信、インターネット経由によるダウンロード配信に移行しつつあります。

 しかし、TV番組でディスコ(いまどきはクラブと呼ぶそうですが)の映像をのDJが操っているターンテーブルにはレコード盤が載っていますね。
 あれを操作してスクラッチ音を出しているのは知っていますが、あのレコード、普通の回転数でまわしたら何の曲が...続きを読む

Aベストアンサー

テレビ番組では、淡々とレコードを回しているのを映しても面白みがありませんから、演出上過剰にスクラッチを際立たせているに過ぎないでしょう。

それに、スクラッチがメインとなるのはヒップホップであり、その他のクラブ・ミュージックのジャンル(テクノやハウスなど)では、ピッチ(回転速度)を若干変化させる程度で、元の曲をそのまま流すケースが一般的です。

スクラッチがメインであるヒップホップでも、最近はPCに入った音源をターンテーブルに接続して出力するスタイルが主流となりつつあります。
http://item.rakuten.co.jp/dj/serato-scratch-live/

なお、日本国内で唯一レコード製造を行っている企業が↓にあります。
(アジア圏内でも唯一の企業です。)
http://www.toyokasei.co.jp/
http://video.google.co.jp/videosearch?q=dj+kentaro&lr=lang_ja&oe=utf-8&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&sa=X&oi=video_result_group&resnum=4&ct=title#

以下は、答えの予想について返答します。

1:何でも良いというわけではありません。
綿密に箇所を特定して、巧みな技で聴かせるDJも多数います。
それが、今ではPCとの接続で、より巧みな技へ進化していると言えるでしょう。
(DJ Kentaroの動画などをご覧になってください。)
http://www.djkentaro.com/

2:東京では渋谷あたりに行けば、一般でも入手可能なレコ屋があります。
なので、差ほど特別な物でもありません。
とは言え、CDも含めて購買全体が落ち込んでますので、以前より店が減っているのは確かです。
一方、ネット通販でもアナログが入手可能なので、いずれにせよアナログ自体の入手が困難というわけではありません。

3:少なからず業者は存在しますが、先ほど書いたようにPCとターンテーブルの接続形態がありますので、CDのみの音源をアナログ的に操る事が可能になった現在においては、余り主流ではないと言えるでしょう。
DJにとっても重いアナログを大量に持ち運ぶ事を考えれば、アナログ音源をPCに取り込んで「Scratch Live」などでプレイしてしまえば効率的なので、そちらの方法を選択するケースが増えてると思います。

4:確かにPCとのプレイが増えつつありますが、ハリボテとまでは言えません。
アナログでなければ出せない感覚もありますので、PCに移行しないプロもいます。
(先ほど挙げた、DJ Kentaroは筆頭でしょう。)
要するに、個々人のプレイに対する拘りで決まる話なので、その辺は現場で実際に確認しないと分からない側面が多いです。

とにかく、メディア(特にテレビ番組の一部でDJが取り上げられる程度)の情報や映像だけでは、極端な事例しか目に出来ないと思いますので、ご興味があれば直接クラブでご覧になる事をお勧めします。
今でも多彩なDJプレイがある事を実感して頂けるのではないかと思います。

テレビ番組では、淡々とレコードを回しているのを映しても面白みがありませんから、演出上過剰にスクラッチを際立たせているに過ぎないでしょう。

それに、スクラッチがメインとなるのはヒップホップであり、その他のクラブ・ミュージックのジャンル(テクノやハウスなど)では、ピッチ(回転速度)を若干変化させる程度で、元の曲をそのまま流すケースが一般的です。

スクラッチがメインであるヒップホップでも、最近はPCに入った音源をターンテーブルに接続して出力するスタイルが主流となりつつあります...続きを読む

Q今、日本語でリベンジすると言う英語を良く耳にします。辞書を引けば、復讐

今、日本語でリベンジすると言う英語を良く耳にします。辞書を引けば、復讐する、仕返しするとかの意味が紹介されています。どうも使っている意味合いは、復讐すると言った根に持つ悪意ではなくて、例えばスポーツなんかで負けて悔しい思いをしたので、次は皆を見返してやろうと言う事だと思うのです。まあ、和製英語的に使っているので目くじらを立てる必要もありませんが、実際、英語の良く出来る方、解説していただけますか?

Aベストアンサー

これね、リベンジというカタカナ英語が日本に広まったのは立ち技格闘技のK-1のある興行名が出所なんですよ。

15年ほど前だと記憶していますが、当時の実力者スタン・ザ・マンという選手が日本の佐竹に下馬評を覆すような敗戦を喫した後、マンの母国オーストラリアで「The・Reveng」というリターンマッチ興行を打ちました。
で、日本でもこの興行名をとりいれて「K-1リベンジ」という興行を打つようになったのです。

ただ、この時点では「リベンジ」と言う文字列は格闘技専門誌くらいでしか目にしませんでしたが、プロ野球西武ライオンズの松坂(K-1のファンでした)が「リベンジできました」とインタビューで発言したのを機に一気に広まったのです。

たしか流行語大賞のようなものに選出されたはずです。

この松阪の発現を記憶している人は多いのですが、そもそもなんで松阪がそんな言葉を使ったかについて知っているのは昔からの格闘技ファンだけなんですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報