損益分岐点 = 固定費÷(1-(変動費÷売上高))

何故この式が成立するのか、式を分解して教えていただきたいのです

A 回答 (2件)

利益=売上高-変動費-固定費


損益分岐点では利益が0なので
0=売上高-変動費-固定費

両辺を売上高で割ると
0=1-(変動費÷売上高)-(固定費÷売上高)

移項して
(固定費÷売上高)=1-(変動費÷売上高)

逆数を取って
(売上高÷固定費)=1/(1-(変動費÷売上高))

両辺に固定費をかけて
売上高=固定費/(1-(変動費÷売上高))

このときの売上高は損益分岐点の売上高なので
損益分岐点=固定費/(1-(変動費÷売上高))

経済学の教科書では完成した式をバラして教えるのが通例なのかもしれませんが、これくらいなら自分で1から導いたほうが納得しやすいと思いますよ。
(経済学は少ししかかじったことのない僕でも、中学程度の数学で導くことができたのですから)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かり易くご説明いただき、有難うございました。
心より感謝致します。

お礼日時:2009/02/13 02:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に返信していただき有難うございました。

お礼日時:2009/02/13 02:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「売上高÷資本金」が高い会社

ある業界の企業を何社か調べていると、中小企業の中に
「資本金は低いけど、売上高はそこそこ高い」という企業が目に付きます。例えば業界1位の大企業と比べて、資本金は1/100に過ぎないけど、売上高は1/10、、というケースです。
こういったタイプの企業は、そうでない企業と比べてどういった点が優れているんでしょうか??知識不足のため質問自体が意味不明になっているかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少し専門的に言うと、
ROE(自己資本利益率)=当期利益/売上高 × 売上高/自己資本
のように分解できます。
つまり投下資本に対する利益を上げるためには、売上高利益率を上げるか、売上高回転率をあげるか、両方を上げる(ベストだが)しかありません。
ご質問の会社は回転率は高いようですが、その分利益率が落ちていては意味がありません。(利益率は極端に悪いが回転率は高い牛丼屋のような可能性があります。)

Q厚生年金の損益分岐

厚生年金を月X円支払っているとします。そして今後支払う必要がある期間は常にX円支払うとします。
(全支払額の月平均がXとしても良いです。)
この場合、給付開始後何ヶ月で支払った額が全額返ってきますか?将来の給付率や物価変動などを無視した現在の場合でお答えください。

Aベストアンサー

厚生年金の保険料は月付き15000円程度ではないですか

65歳から支給月付き75,000円されれば5倍の支給

20年掛けたとしたら4年(69歳)で元が取れる、それ以上長生きすればプラスと言うことになる。

ただ、年金は掛け金ではなく、相互保障、みんなの保険料で助けられています。

詳しく計算するのであればこちらで
http://senior.sumitomotrust.co.jp/kikou/secondlife/simulation/pension.html

Q損益分岐点の求め方

会社で経営分析の試験があるのですが解法わからず困ってます。
皆様方の知恵を貸してください。よろしくお願いいたします。


取引先A社の見積書をもとに予算を次のように見積もりました。
販売単価 500円 製品1個あたり変動費 300円 製造固定費総額 200万円

Q1.A社の損益分岐点は次のうちどれか?
(1)10,000,000円 (2)6,250,000円 (3)5,000,000円

Q2.A社は収益力を向上させるため人員整理などのリストラ策を実施し、その
結果、人件費20万円、減価償却費が45万円(ともに固定費)減少しました。
損益分岐点販売量は何個になるか?
(1)9,000個 (2)7,750個 (3)6,750個

売上高/変動費/固定費から求められることはわかっているのですが、数量が
ないので売上高が求められません…。

Aベストアンサー

honeybathroomさん こんにちは。

損益分岐点の売り上げ高(Break Even Sales)=固定費/(1-一個当たり変動費/販売単価)ですから

(1-一個当たり変動費/販売単価)は限界利益率って言います。

A1  BES=2000000/(1-300/500)=5000000で(3)

A2  BES=(2000000-200000-450000)/(1-300/500)=337500
    337500円/500個=6750で(3)

#1の方と同じですね。

Q金利 変動型・固定型

金利に変動型と固定型とがありますね。

この方式は、どのような流れの中から生み出されたのか教えてください。

Aベストアンサー

 住宅ローンが始まったのは昭和35年前後でしたが、金融機関は担保管理と小口なため、消極的で金利は固定式で年8~10%で昭和50年前後まで高止まりしていました。その後、金融緩和、住宅需要の増加、提携ローン・保証保険の充実などで金利が下がり、既存の契約者との間に不公平が増大しました。中には、他社の既存のローンの完済をすすめ、自行のローンを貸し付けるところまで現れました。そのうち、既存のローンについても、金利を下げるところが現れ、まもなく一般化されました。その後もどんどん金利が下がり、金融機関としても将来金利が上がったときの対策が問題になりました。そのとき、登場したのが変動式です。

Q固定相場制と変動為替相場制

固定相場制と変動為替相場制
調べたら固定為替相場制は、為替相場の変動を固定もしくはごく小幅にする制度とありました。。
ここで出てくる為替相場というのは外国通貨と自国通貨の交換比率のことですか?
だとしたら交換比率ってなんでしょうか? イメージが全然わきません。。。

変な質問ですみません。タイトルの2語と為替相場の交換比率について小学生でも分かるように説明してくださる方がいらっしゃいましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

第一次世界大戦後、一度は国際通貨制度として古典的な金本位制度が復活しました。
しかし、再度停止され、各国は輸出を伸ばすため為替レートの切り下げ競争に走るなど、為替管理強化を図ります。

それが第二次世界大戦勃発の経済的要因であったという反省から、1944年にアメリカのニューハンプシャー州のブレトンウッズで国際通貨基金協定などが結ばれました。

その中で、IMF(国際通貨基金)が発足します。
金だけを国際通貨とする金本位制を採用せず、ドルを基軸通貨として金とならぶ国際通貨とする制度を作りました。
これをブレトンウッズ体制とかIMF体制、あるいは金ドル本位制といい、為替レートの変動という観点からは固定相場制とも呼ばれています。

この通貨制度は、まず金を基準にドルの価値を決め、さらにこのドルに対して各国の通貨の交換基準が決められました。(当時、金1オンス=35ドルでした。)そして、為替相場の変動は平価の上下1%以内に抑える義務を負うことになりました。

日本では1949年に1ドル=360円と定められ、1958年IMF(国際通貨基金)によりIMF平価として登録されました。

参考URL:http://www.fxprime.com/excite/bn_ykk/ykk_bn09.html

第一次世界大戦後、一度は国際通貨制度として古典的な金本位制度が復活しました。
しかし、再度停止され、各国は輸出を伸ばすため為替レートの切り下げ競争に走るなど、為替管理強化を図ります。

それが第二次世界大戦勃発の経済的要因であったという反省から、1944年にアメリカのニューハンプシャー州のブレトンウッズで国際通貨基金協定などが結ばれました。

その中で、IMF(国際通貨基金)が発足します。
金だけを国際通貨とする金本位制を採用せず、ドルを基軸通貨として金とならぶ国際通貨とする制度を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報