FXを初めて二か月。あまり知識もないままにはじめ、ユーロ117.18円のときに20000売りポジションで持ちました。
損切りが怖くなって、その後ユーロは上昇して、とうとう-30万円になってしまいました(>_<)この先いったいどうしたらいいのでしょう。
口座には100万円の残高。70万円になってしまうと思うと怖くて決済できません(>_<)この先下がってくれるまで持っているしかないでしょうか。

A 回答 (8件)

市場(相場)に損失を置いておくと育ちます。

つまり、損失が拡大する。
逆に利益を置いておくと育ちます。利益が拡大する。
しかし、なぜか利益はなかなか、すくすくと育ってはくれないのに、
損失は雪だるまのように育ちます。

相場は行ったり来たりしますが、時には行き過ぎるときもあるのです。
そして行き過ぎてもそう簡単には戻って来ませんし、同じ処まで、
戻ってくる保証もありません。

個人投資家の殆どが損失を抱えて苦しんでいます。
その理由が、
もう少し待てば戻ってくる筈だ!
まだ1万円の損だから大丈夫。2万円になったら考えよう。
2万円の損になったけど、5千円戻したら決済しよう。
5千円戻したから、もう5千円戻すだろう、そのとき決済しよう。
そして
いつの間にか損失が5万円になって、損失を見ないフリ・・・。
やがて10万・20万と損失が膨らみ、強制ロスカットされるか、
居ても立っても居られなくなり、やむなく決済。

こんなパターンです。あなたも同じではないですか?

いろんなアドバイスがあるでしょうが、結局は決断するのはあなたです。

ここからは私見です。
ユーロ円は節目の131円を綺麗に上抜けしました。次の高値である
142円が次の目標になります。
状況的には今週も入れて5週連続陽線ですので相当強いトレンドです。
ここまで強いと殆ど押し目(上昇分の調整下落)を見せずに上昇する
可能性はあります。最近ではAUD/NZDがよい参考例です。

ここまで上昇一辺倒なので多少、戻り売りが出る可能性もあります。

つまり、可能性で言えばどちらもあるという事です。

そこで、あなたの行動とすれば、怖くて決済出来ないなんて子供の
ようなことを言うのではなく、覚悟を決める事です。

有無を言わず今すぐ決済する。
○○円戻したら決済する。
○○円今よりも悪化したら決済する。
この3パターンしかありません。

そして覚悟を決めて行動したら、その後にレートがどのように動いても
決して「あの時もう少し待っていれば良かったのに・・・」などと、
タラレバを言わずに、勉強して再度挑戦するか、二度とこの世界に
足を踏み入れない事です。
    • good
    • 0

あなたのお金なんだから、あなたの好きにすれば良いと思います。


これ以上損失を増やしたくなければ決済すれば良いし、
少しでも損を取り戻したいなら、損失が増える覚悟で決済しなければ良いです。

ご存知とは思いますが、FXにはロスカット機能がありますので
ある程度損失が膨らむとあなたの意思とは関係無く強制的に決済されます。

この先下がってくれるまでと書いて有りますが、
今が今後100年の最低値かもしれませんよ。

それと、損するのが嫌ならFXなんてやらない事ですね。
FXはハイリターンですがハイリスクです。
損が嫌なら定期預金でもしててください。
    • good
    • 0

本日の高値安値が前日の高値安値より共にに高ければ、多くの人が明日も高くなるだろうと思うでしょう。

実際そうなることが多いです。2,3日続けて高くなれば、様子を見て損切りし、その時点で逆方向に買う事も出来たのです。
今後EUR/JPYがどうなるかは、USD/JPYが100円を突破して上昇するか、100円を突破できないで、またまた95円を目指して下げるかにかかっていると思います。ですから今日明日のUSD/JPYの行方を見ないと処理法はわかりません。最近大きく上げたEUR/USDの動きも参考にして下さい。
    • good
    • 0

>行ったり来たりするものだと思っていました・・・


>この先上がり続けてしまうのでしょうか?

行ったり来たりはしますけど、そのときにより小幅だったり大幅だったりします。133円台で、ちょっと頭打ちの感がありますが、何とも言えません。こういうときは、希望的観測してもどうかなと思います。

自分のことを書いておくと、ユーロ円を122.2で売り建てしましたが、123.9であきらめて損切りしました。1日足らずでこうなったので、上昇が強いだろうと思ったのです。また、損失の許容限度でもあったのです。ここまで上がったのをみて、損切りして良かったと思ってます。

こういう質問をする人の常套句は「怖くて決済できません」「売るに売れない(買いポジの時)」ですが、資金が含み損で蝕まれてチャンスがあっても投資できないのをどう評価してるのかなと思います。
    • good
    • 0

今のところ,そこまで下がる要因が見当たらないので,しばらく様子をみて130円を割るか135円を超えたら損切りしたら良いと思います。



ユーロ/円はどうしてもテクニカルの判断に頼ることが多いので情報の多いドル/円でやりなおした方が良いと思います。
    • good
    • 0

決済しなければ損失は確定しないって思ってませんか?


現にあなたの口座は30万円以上は使えないはずです。

つまり、あなたの口座内の資産はすでに70万以下です。

証券取引で大事なのはこの感覚ですよ。
あなたは所詮現金こそが財産だと思ってませんか?
そうやって抱える評価損や含み損も、負債と変わりませんよ。
    • good
    • 0

損切りが怖くなって、


=損きりはとても楽しい。




その後ユーロは上昇して、とうとう-30万円
=放置プレイが怖い。というより放置すると、死ぬことあり。
軽度の損きりは、絶対死なないし、大損を免れた快楽が得られる。

LC幅は、1-2円くらいね。

この回答への補足

ここまできたら決算してしまうしかないでしょうか?
もう下がってこないのでしょうか?

補足日時:2009/03/25 23:15
    • good
    • 0

よく我慢できますね。

損切りする勇気を持ちましょう。ただし、次回からはもっと小さく負けましょう。この先、117円を割ることがあるかもしれませんが、それは仕方のないことです。

この回答への補足

行ったり来たりするものだと思っていました・・・
この先上がり続けてしまうのでしょうか?
馬鹿な質問ですみません

補足日時:2009/03/25 23:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本で円をユーロに換金する場合一番いいレートで換金できる方法はなんです

日本で円をユーロに換金する場合一番いいレートで換金できる方法はなんですか?

Aベストアンサー

すぐにご入り用ですか。

たとえば、シティバンクの外貨定期預金で、一ヵ月の定期に。
円で入金すると、「エンジョイプラス」で、金利が優遇されます。
http://www.citibank.co.jp/ja/fcy/fcy_preferential_interest_rates.html

二週間の定期もあったと思いますが、ご確認を。

また、銀行によっては、一週間の外貨定期預金で、手数料の割引のあるところもあります。

近くに銀行があるかどうか、ユーロの現金で満期を受け取れるかどうかはご確認ください。
私は、ドルでこのように受け取った事はありますが、ユーロではありません。

Qドル/円とドル/ユーロとユーロ/円をどう組み合わせればいいの?

 こんにちわ。今為替FXを勉強中です。あるブログでドル・ユーロ・円の組み合わせ次第でリスクをほとんど0にできると書いてあったのですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか?実際そんなことが可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言うと不可能です。

あるブログというのはT先生のブログだと思いますが、彼の見通しは「円安」。

その見通しを前提にすればNo.1の方のポジションで、ほぼノーリスクでスワップを享受できることになります。
10万通貨ずつのポジションであれば、毎日1000+700+600=2300円がもらえます。
10日で23000円
100日で230000円
300日で690000円です。

しかし、その理屈の前提である「円安」が間違いであればどうなるでしょうか?
No1の方のポジションではドルとユーロの変動リスクはたしかに吸収されることになりますが、
円の変動リスクはモロに受けることになります。

20万通貨で円の変動を受ける訳ですから、
1円で20万円
2円で40万円
3円で60万円
4円で80万円
のリスクにさらされることになります。

ノーリスクとは到底言えません。

Q円→ユーロ(イタリア)のレート

近々イタリアに行くので、円をユーロに両替するのですが、日本で両替するとレートが不利と聞きました。
日本では安いところでも、銀行間取引に比べて4円くらい高くなっているようですが、現地(イタリア)で両替するとどれくなのでしょうか?
また、イタリアで両替するとしたらどこでするのが良いですか?

Aベストアンサー

>日本で両替するとレートが不利・・・

何処でその様な事を聞いたのか分かりませんがそれは明らかな嘘です。

9月に行きましたが日本で140円現地では152円からでした。
これは現金の話です。
イタリアではレートプラス手数料が6%程かかります。
レートが144の時は152円になります。

国際キャッシュカードも良し悪しです。

一番いいのはクレジットカードです。これは日本の銀行間レートとほぼ同等です。

9月に行った時は138円前後で決済されていました。

これ等の事実で証明出来たと思います。

手数料無しの所もありますが其の場合はレートが悪い所が多いです。
巧い話などは無いですね。

また手数料についてですが国によって色々です。いずれにしても日本で換えた方が得です。

Qドル円 ユーロドル ユーロ円

この3者の関係性がいまいちわからないのですが・・・

ドル、ユーロ共に円高になった場合、ユーロドルは普通どういった動きをするものなのでしょうか?
それともこの3者は特に関係性はないものなのでしょうか??

Aベストアンサー

サブプライム問題前までの通貨の力関係は、
欧州オセアニア通貨>米ドル>日本円でした。
俗に言う低金利の日本円を借りて投資する「円キャリートレード」の流れですね。

サブプライム問題後の通貨の力関係は、
欧州オセアニア通貨<米ドル<日本円です。
これは資金の逆流が行われているので日本円が最強になっています。

おかしいのは今回の世界的金融危機の発祥の地、アメリカよりも欧州オセアニアの方が通貨が弱い傾向なのです。これは資金の逆流が原因と考えられますが。

あくまでここ数カ月の傾向ですが、ドル、ユーロ共に円高の時は、ユーロ安ドル高の傾向が高いです。
ただ、今後もこの傾向が続くとは言い難いですね。

Q円・ドル・ユーロの過去のレートを知りたい。

過去半年くらいの為替推移が日ごとに見られるものを希望します。さらにチャートがついていれば最高です。

円・ドルや円・ユーロのデータが見られるサイトは過去にもいっぱい紹介されていますが、ユーロ・ドルが見られるサイトは見つかりませんでした。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 下記参考URLのサイトを開け、出てきた画面を下にスクロールすると、左下に、「ドル/円」のグラフがあります。
 そのグラフをクリックして別画面が出てきたら、画面左側の、「502:ドル/ユーロ」と表示された文字をクリックしてください。
 $/ユーロのかなり古くまでのチャートが出てきます。
 チャートの「週足」を「日足」に変更し、「中期1」を「短期2」に変更すると、半年前までの日足データチャートになります。
 チャート線をマウスカーソルで指すと、チャートの右側にその日付と終値が表示されます。
 こんなのでもいいですか?
http://www.miller.co.jp/kmp00/visitor/apps/cgi-bin/cv0cht00.cgi?code=0500&div=I
 上記がそのURLですが、これを直接コピー&ペーストしても表示されないかも知れません。

参考URL:http://www.miller.co.jp/

Q1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、

1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、円からユーロに換金したユーロをいくらかずつ所有しています。1ドル80円、1ユーロ114円となった今、これらの外貨を最小限の損失で運用するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

先日TVで見たのですが、ドル円の予想で110~120円になるには10年くらいかかるという専門家が6人中3人でした。
ドルやユーロが通用するところへ旅行に行ったとき使ってくるくらいです。

Qユーロ→日本円への両替

海外在住者です。
現在、ユーロの貯金を日本へ行って円に両替しようと思っているのですが
日本でのユーロの両替の仕組みがよく分かりません。
この夏、銀行に行ったところその日のレートが1ユーロ144円でしたが
交換の際の手数料を込みとして換金レートは132円ということでした。
日本の銀行の手数料が高いことは知ってますが、高すぎる、と感じた
次第です。

いかに効率よくユーロを日本円に両替するか、アドバイスお願いします。
ちなみに、自分の住まう国でのレートは1→80円となり、
両替の手数料はユーロ→現地の通貨→日本円という形で行われる為
ダブルで手数料が取られるようになっておりますが1回につき
3%程度です。

Aベストアンサー

外貨が米ドルの場合、とても良いレートで換金してくれる
(ただし金融機関ではありません)ところを知っていますが
ユーロだと流通量が格段にに違うので、銀行よりも飛び抜けて
良いレートのところを知りません。


私が良く使っているワールドカレンシーショップのHP
を紹介しますので、参考になさってください。
http://www.tokyo-card.co.jp/wcs/wcs_main3.html

参考URL:http://www.tokyo-card.co.jp/wcs/wcs_main3.html

Qfxについて質問です。 オーストラリアドルと円は~ ユーロと円だと~ いうことを聞いたのですが、円に

fxについて質問です。

オーストラリアドルと円は~
ユーロと円だと~

いうことを聞いたのですが、円に対する外貨の違いでかわりかたなどが変わるのですか??

同じ時刻で
1ドル→110円
110円→1ドル
だったならば1ドル分ユーロを買っても110円でユーロを買っても同じということですか?

※手数料はかからないものとしてください

Aベストアンサー

言われていることは、
豪ドル円でも、
ユーロ円でも、
為替レートの値動きの『割合』は
変わりないんじゃないか?
という質問ですかね?

いいえ。違います。

円を軸(中心)にして、全てのレートが
決まると考えてはいけません。

為替の基軸通貨は米ドルです。
各通貨は対米ドルとの取引が
主軸であり、対円との取引での
影響の方がむしろ小さいのです。

考え方としては、必ず対ドルの
レートを意識する必要があります。

ユーロを例にして一部紹介
しておきます

EURUSD USDJPY EURJPY
① -   ↑   ↑ 円安
② ↑   -   ↑ ユーロ高
③ ↓   ↑   - ドル高

①の動きが東京(日中)時間の動きで、
ご質問の動きとなりやすい傾向は
あります。

②は夕方から22時頃までの
ユーロ圏の取引時間の動き

③は22時頃からのアメリカの
ニューヨーク取引時間の動き
の傾向はあります。
(それぞれ逆方向もあり。)

これに加えて各国の経済動向で
個別の動きもあるので、東京時間も
①の動きだけで見ているだけでは、
理解しがたい動きもあるので、
注意が必要です。

最近のFX業者では対円レートに
絞った画面表示しかしない業者も
ありますが、各国通貨の対ドル
レートも参考にしながらの取引を
お薦めします。

言われていることは、
豪ドル円でも、
ユーロ円でも、
為替レートの値動きの『割合』は
変わりないんじゃないか?
という質問ですかね?

いいえ。違います。

円を軸(中心)にして、全てのレートが
決まると考えてはいけません。

為替の基軸通貨は米ドルです。
各通貨は対米ドルとの取引が
主軸であり、対円との取引での
影響の方がむしろ小さいのです。

考え方としては、必ず対ドルの
レートを意識する必要があります。

ユーロを例にして一部紹介
しておきます

EURUSD USDJPY EURJPY
① -   ↑   ↑ ...続きを読む

Q円ーユーロの為替の計算の仕方

為替の入門書で、

クロス取引ということを学びました。

円ーユーロの為替は、

①円と基軸通貨であるドルとの為替レートを見る、

②そのあとに、ドルとユーロの為替レートを見る、

すると、最終的に、③円とユーロの為替レートが決まるということでしょうか?

世界中のどこでも、円とユーロの為替は、ドルを介して決まるのでしょうか?

Aベストアンサー

>世界中のどこでも、円とユーロの為替は、
>ドルを介して決まるのでしょうか?
まあそうです。

逆な言い方として、
円を軸(中心)にして、レートが
決まると考えてはいけない。
ということです。

為替の基軸通貨は米ドルです。
各通貨は対米ドルとの取引が
主軸であり、対円との取引での
影響の方がむしろ小さいのです。

考え方としては、必ず対ドルの
レートを意識する必要があります。

為替レートの関係性をユーロを
例にして紹介しておきますと。

2017/1/6 18:30現在のレートを
例にすると、
①USDJPY 115.931
②EURUSD 1.05959
③EURJPY 122.839

①×②=③です。
ドル円115.931円の
1.05959倍が
ユーロ円122.839円
というわけです。

この『×』からユーロ円等は
クロス円と呼ばれているのです。

この関係性は常に変わりません。
昔FXのシステムがショボかった頃、
本日10:30にも発表のある
米国雇用統計が発表された瞬間に
①×②の計算に遅延があり、③の
レートが大きくブレることがあり、
それを狙って差益を得られることが
ままありました。
今はシステムの方で抑制され、約定でき
ないようになっています。

また1日でもこの『三角関係』で
どの通貨が動いているのかを
知ることができます。

EURUSD USDJPY EURJPY
④ -   ↑   ↑ 円安
⑤ ↑   -   ↑ ユーロ高
⑥ ↓   ↑   - ドル高

④の動きが東京(日中)時間の動きで、
円を中心に動きとなりやすい傾向は
あります。

⑤は夕方から22時頃までの
ユーロ圏の取引時間の動き

⑥は22時頃からのアメリカの
ニューヨーク取引時間の動き
の傾向はあります。
本日10:30の動きを見てください。
(それぞれ逆方向もあります。)

これに加えて各国の経済動向で
個別の動きもあります。
東京時間も
④の動きだけで見ているだけでは、
理解しがたい動きもあるので、
注意が必要です。

最近のFX業者では対円レートに
絞った画面表示しかしない業者も
ありますが、各国通貨の対ドル
レートも参考にしながらの取引を
することで、為替動向が読み取り
易くなると思います。

いかがでしょう?

>世界中のどこでも、円とユーロの為替は、
>ドルを介して決まるのでしょうか?
まあそうです。

逆な言い方として、
円を軸(中心)にして、レートが
決まると考えてはいけない。
ということです。

為替の基軸通貨は米ドルです。
各通貨は対米ドルとの取引が
主軸であり、対円との取引での
影響の方がむしろ小さいのです。

考え方としては、必ず対ドルの
レートを意識する必要があります。

為替レートの関係性をユーロを
例にして紹介しておきますと。

2017/1/6 18:30現在のレートを
例にすると、
①USDJPY 11...続きを読む

QFXでドル/円やユーロ/円などクロス円のチャートを見ていると、両者全く

FXでドル/円やユーロ/円などクロス円のチャートを見ていると、両者全く同じ動きをしている様に思います。 という事は両者のポジションを持つ際には同じ方向(売り&売り、買い&買い)にポジションを持つという事でしょうか?また両者、上下逆の動きをする事もあるのですか?  (ポンド/円も同じ方向の動きに見えます。)初心者なものでよく分かりません。 
何卒、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ポンド円・ユーロ円などのクロス円はドルストレートの通貨ペアを掛け合わせて作られています。
計算式をあげると 
GBP/JPY=GBP/USD×USD/JPY
EUR/JPY=EUR/USD×USD/JPY
です。

このため、USD/JPYが変動すると少なからずポンド円もユーロ円もその影響を受け、似たような動きをします。

ですが、ポンド円はポンドドルの、ユーロ円はユーロドルの値動きからも影響を受けますので全く同じ動きをすることはありません。

ポンドドルは下落、ユーロドルは上昇、ドル円は横ばい。というようなシーンがあれば、ポンド円はポンドドルの影響を強く受けて下落、ユーロ円は上昇。となり、逆の動きをすることは十分あり得ます。

ドル円、ユーロ円を 買い&買い とした時に ドル円が強く下げるとユーロ円もさがり、どちらもドボン。ということもあり得ますので気を付けてください。
そうした懸念があるため、関連する通貨ペアのトレードは避けています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報