6日の日経新聞にソフトバンク・ファイナンスと消費者金融大手のアコム、商工ローン大手のニッシンが商工ローン事業で提携すると載っていました。
それには、イー・ネットカード(アコムとソフトバンク・Fが設立したインターネット上の消費者ローンクレジットカードの顧客開拓会社)の第三者割当増資をニッシンが引き受けるとありましたが、これにはどのような狙いがあるのでしょうか?
すいません、私全然金融のことは解らないんですけど、最近ちょっと興味を
持っているので、誰か少しでも解る方いらしたらお返事ください。
お願いします。

A 回答 (1件)

真意は不明ですがソフトバンク・Fのリテール部分(個人向け貸付)の保証をアコムが行い、ニッシンが事業者ローン部分の保証を行うと言う形を作りたいのでは?


増資引受は提携を強固にする為の物と判断してますが

銀行やクレジットが消費者金融の情報を閲覧できる(テラネット)の構想がありますが、逆に言えば銀行・クレジット(信販会社系)の情報網は信用するに値しない情報だからです・たぶん今後は消費者金融が銀行のリテール部分の
保証会社になる形で進んで行くんでは、今は三洋信販がその部分では先行しています・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ