大学に入学したばかりで
レポート、レジュメの書き方が
全くわかりません…。
できればWordを使って制作したいんですが
パソコンもなかなか上手く扱えないので
とても困っています。

レポート、レジュメの書き方、構成、どの程度書けばいいのか、
書くときの注意点、Wordで作るときの用紙やフォントのサイズ、
お勧めの本などあれば教えてください!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

レジュメは「内容を要約したもの」で、レポートは「短い論文」です。



どちらも基本情報(日付、学籍番号、名前、科目名など)とタイトル
は必須です。教授に書き方教えてと言えば、過去の例など見せてもらえるかもしれません。

レジュメは、発表時に皆に配ったりするものです。
なので、内容の説明が簡単に書いてあるプログラムみたいなものだと思えばいいのでは。
-------------------------
                  発表日
        <『○○』の要約>
                  科目名(教授名)
                  学籍番号:名前

・第一章要約
 …本文…………………。

・第二章要約
 …本文…………………。

・重要な単語
 ・○○○
 ・○○○○

・感想
 …本文…………………。
-------------------------
大体こんな感じです。各項目は、時と場合で違いますが。
文章は~だ。~である。調で書きます。本のタイトルは必ず『』で。
発表に使うなら、そのまま読むのではなく~です。~ます。に変換しながら読みましょう。
「では発表をはじめます。まず第一章の内容は…次に重要な単語として○○や○○○を挙げたいと思います…以上で発表を終わります」
という感じで。聞いている人は、細かい内容は自分で余白に書き込みます。

レポートは、プチ論分なので、
・○○
・○○○
のような箇条書きはNGです。
-------------------------
        <『○○』についての考察>
                  科目名(教授名)
                  学籍番号:名前

 …本文………………。……………………………………
……………………………………………………。…………
……………………………………。

-------------------------
こんな感じで、要するに作文っぽい形式で、すべて文章です。
いくつかに章を分けても構いません。
レジュメと同じく~だ。~である。調です。大きな流れは、

(1) 事実
(2) (1)の詳しい説明、(1)に対する反論や別の見方、(1)の発展予想など
(3) 結論、自分の考え

(1) 結論
(2) 事実や、なぜそのように考えたのか(=理由)
(3) 理由や全体のまとめ。(1)の別を言葉で強調するなど。

です。
一つ目の流れは基本的な書き方。調べた事実が中心の時など。
二つ目は、自分の主張や考えが中心の時。

ポイントは、「事実」と「考えたこと」をきっちり区別して書くこと。
それぞれ段を分けて、文章も、
事実→「××年に~があった」「~と言われている」
考えた事→「~と推測できる」「私は~と考えた」
のように、わかりやすく。

長いですが、基本はこんな感じかと思います。
科目や教授、その時の課題によって細かい所は変わるので、
分からないときは教授に聞けばOK。結構皆質問してます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

こんなに詳しく説明してもらって感激です!!!!
本間にありがとうございます!!!!!

お礼日時:2009/04/14 18:05

レジュメは


1,2枚に要約したメモです。

それを見て言葉で補足して行くのが普通です。
だから配った紙を棒読みにしないように
補足などを書いた紙を手元に持っておくといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!

お礼日時:2009/04/14 18:04

レポート・論文の書き方入門 河野 哲也


論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス) 戸田山 和久
大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書) 小笠原 喜康
ワードに関してはともかく書いてくしかないですね(笑)
操作は簡単なので、簡単な本を買って辞書代わりに時々使うことと、
スピードなどはネット掲示板やブログなどやると上がりますよ。


僕は
【テーマ   ○○○     】
1はじめに





7まとめ

って先に1番前に書いてしまう。そこに当てはめるだけ。
自分の意見は7だけで1-6はつまるところ「要約」ですね。
番号が増えたり減ったりはするけど、起承転結の流れを
作って、段落を必要枚数で割るとノルマが決まってやりやすい。
読みやすいからか点数も貰えるしw
これでレポート試験もレポートも乗り切りました。

ともかくたくさん読むこととたくさん書くことですよ。
教授はこの辺教えてくれないですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!

レポートもレジュメも
一緒ってことですか!?

お礼日時:2009/04/10 17:51

こんにちは



まず話が2つにわかれますね

「パソコン(ワード)の使い方」と「論文の書き方」

ワードはとにかく慣れるしかないですが
タッチタイピングは早めに習得しておくと、楽です
最近は、そういうタッチタイピング練習用のソフトを使う人が多いみたいですが
私は本を見ながら練習しました
たぶんソフトでもいいんだろうと思います

初心者が一番やってしまう失敗は、書いたけど保存し忘れ です
つねにちょっと書いたら保存する癖をつけてください
マウスを使ってマウスは面倒なので Ctrlボタン+Sキー で保存できます

ポイントは初期設定のままでいいと思います
10.5とかなってませんか?フォントは MS 明朝のまま
もちろん教授から指定があればそれ優先です

用紙はよっぽどのことがない限り A4です

レポート、レジュメの書き方は・・
1年ならそんなに意識する必要はないと思いますが

そのものずばり
「レポートの書き方」で検索してください、山ほどサイトが見つかります
とりあえずここを紹介しておきます
http://melisande.cs.kyoto-wu.ac.jp/~eguchi/memo/ …

がんばってくださいな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2009/04/10 17:50

書くの忘れてたけど少なくとも用紙のサイズは指定がないですか?


それは先生に聞いたほうがいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レジュメはA3と言われました

お礼日時:2009/04/10 17:49

論文の教室(戸田山和久)はけっこういいよ



なにかそういう関係の本を読んでおいたほうが絶対にいいよ
薦めた本は論文(レポートから卒論まで)が何かということから
はじめてるからちゃんと読めばすぐできるようになると思います。

大学の図書館とかにもあるかもしれないからお金がもったいなかったら
そこで借りればいいよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

探してみます!

お礼日時:2009/04/10 17:48

10ポイント



http://www.shouronbun.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2009/04/10 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q講義で配布されたレジュメをもとに、レポート作成する場合どのように注、引用、出典の明示等を書けばよいのですか

大学の心理学系の講義で使用しているテキストが、「記憶のふしぎがわかる心理学」(日本実業出版社)です。この本から先生は、パワーポイントで説明するために本の文章や図を流用しています。つまりスライドの画面は、この本から抽出して作成されているわけです。そして、レジュメとしてスライドの画面に映す説明や図や表は、プリントに刷られて学生に配布してくれています。今回、成績はレポートで決まるのですが、これらのレジュメから適当にかなりの分量を引用し、適当に文をつなげてレポートを作成しています。こういう場合、注、引用、出典の明示等はどのように断って書けばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

まず,テキストは専門書ではなく,教科書として編集されているので,テキストの中には,先生自身の見解やデータと,他の専門書や論文のデータが混在しているはずです。そうした場合,テキストそれ自身からの引用と,テキストに引用されているデータの引用とは区別しなければなりません。なぜなら先生の引用が間違っている可能性もあるからで,本当は引用する場合は,その文献に眼を通すのが最低条件です。従って,その場合は,重引ということを明記します。たとえば,○山凸雄「論文名」(×川△子『記憶の不思議がわかる心理学』日本実業出版社,発行年,p.123より重引)。
 引用とは,根拠資料を示し,レポートの記述に間違いがないことを確認するもので,疑問に思ったときにその引用を見て疑問を確認できることが重要です。つまり,再現性があることが重要ですから,限りなく元データに近いものを示すべきなのです。
 仮に,講義のレジュメや資料に書かれていても,テキストの方から,ページを明記して引用すべきです。レジュメや配布資料はわかりやすくしているのでしょうから,引用が必要以上に行われ,レジュメやテキストの文章を適当につなぐレポートは,そもそもレポートとして不適切です。あなたの論旨の根拠として引用されているのはよいですが,単に引用をならべているようなものは,仮に引用を断っても,剽窃に近いものになります。
 ということで,健闘を祈ります。

まず,テキストは専門書ではなく,教科書として編集されているので,テキストの中には,先生自身の見解やデータと,他の専門書や論文のデータが混在しているはずです。そうした場合,テキストそれ自身からの引用と,テキストに引用されているデータの引用とは区別しなければなりません。なぜなら先生の引用が間違っている可能性もあるからで,本当は引用する場合は,その文献に眼を通すのが最低条件です。従って,その場合は,重引ということを明記します。たとえば,○山凸雄「論文名」(×川△子『記憶の不思議がわ...続きを読む

Q大学でのwordのレポートの書き方

未だに大学での正しいレポートの書き方が完璧には分かりません。
理工系の大学に通っています。
段落ごとに、どの順で、どういうことを書けばいいか、教えていただけませんか。
例えばこんな感じに。
1. 目次
2. 目的(実験ならば実験の意図を書く)
3. 方法(実験ならば実験方法というように、目的を達成する方法を書く)
4. データ
5. 結果、結論
6. 検討事項(必要ならば)

Aベストアンサー

大学の実験レポートならこれでも良いと思いますが、できたら、目的の実験の意図に理論式があり、それを実際に確認する形式が良いでしょう。6は考察の意味なら必須です。
つまり、2目的 3理論と実験確認項目 4実験方法と実験装置、実験条件 5、データ処理結果、6、考察、7結論がよいでしょう。

Q参考文献を要約して書いたレポートの参考文献の書き方.

参考文献の数を指定されて,かつそれがどこで引用してあるのかを明確にするように指定されました.
なにぶん資料が少なくて,とりあえず資料を探し一通り頭に入れたのですが,実際に書き始めてみると多くの部分が要約になってしまいます(もちろん自分なりの文章にしていますが).
このようなレポートの場合,参考文献の引用はどのように表せばよいのでしょうか. 

Aベストアンサー

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次のようになります。
  [1] そのまま引用する場合:(1a) 長い場合、(1b) 短い場合、
  [2] 自分で要約して引用する場合。
そして、それぞれについて、
  <A> 著者名を書くやり方、<B> 文献番号をつけるやり方
があります。

以下、一般的な注意点を挙げ、その後で上のそれぞれについて、例を挙げます。細かな形式の違いはいろいろとあるので、やはりeco-message様の読んだ参考文献を参考にしてみてください。下で私が「こう書け」と偉そうにいっていても、形式によってはまったく違うこともあります。

本文で引用するときの注意点:
1) 長い引用の場合は改行し、その引用ブロックを全体的に何文字分か段下げをします。「 」は不要です。
2) 短い引用の場合には「 」を使用し、改行しません。
3) 文献番号をつけるときは、かならず引用順にします。[1] *1 など、たんなる数字と思われないように括弧ないし記号を使います。
4) 文献番号をつけないときは、出版年度をつけます。
4i) プレマック夫妻の2003年出版、2005年に日本語訳出版の著作なら、“プレマックとプレマック(2003/2005)は〔……〕と述べた”となります。
4ii) “彼らは〔……〕と述べた(プレマック & プレマック, 2003/2005)”と書いてもよいです。
4iii) 4ii)の書き方と4iii)の書き方は、同じレポートのなかに混在していてもよいです。流れのなかで使いやすいほうを使います。ただし、文献番号をつける方法とは混ぜません。
4iv) また、日本語訳ではなくもとの英語版を引用したときは、Premack & Premack(2003)となります。ここでおわかりのように、本文では、日本語を引用したら、外国人でもカタカナで書き、英語を引用したら、日本人でもアルファベットになります。
5) 引用したページ数の書き方は、下の例を見てください。

参考文献のリストを書くときの注意点:
6) 参考文献は、文末に一覧としてつけます。文献番号を使用した場合には、それぞれのページの脚注に書く方法もあります。
7) 参考文献の書き方は、書籍を引用したときと、学術雑誌を引用したときとで、少し異なります。それぞれの文献について、2行以上にわたるときは、見やすいように、2行目以降の段を下げてください。
7i) 書籍の場合。著作名は斜体にします。著作名は、題の最初と副題の最初をのぞき、基本的にすべて小文字です。出版地名は、アメリカ合衆国なら州の略号まで、その他は国名まで書きます。ニューヨーク、東京など出版社が集中しているところは、州名、国名は必要ありません。ただ、たとえばケンブリッジは、イングランドにもアメリカ合衆国にも同名の地名があるので、注意する必要があります。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 著作名. 出版地名: 出版社名.
  McGrew, W. C. (2004). The cultured chimpanzee: Reflections on
    cultural primatology. Cambrige, England: Cambridge University
    Press.
7ii) 雑誌の場合。論文題名は、題の最初と副題の最初以外、基本的に小文字ばかりで書きます。雑誌名は斜体にし、単語はだいたい大文字で始めます。巻数は、太字体または斜体。号ごとにページが1に戻る雑誌のときだけ、( )つきで号数を書きます。巻が次のものに変わるときだけ、ページ数が1に戻る雑誌のときには、号数は必要ありません。ページ数を表わす“pp.”の記号は必要ありません。
  著者姓, 名前のイニシャル. (出版年). 論文題名. 雑誌名, 巻 (号),
    xxx-xxx〔ページ数〕.
  Brownell, C. A., Ramani, G. B., & Zerwas, S. (2006). Becoming a
    social partner with peers: Cooperation and social understanding
    in one- and two-year-olds. Child Development, 77, 803-821.
8) 文献番号で引用を示すとき、参考文献の欄では文献番号順に並べます。
9) 著者名と出版年とで引用を示すとき、参考文献の欄は、著者アルファベット順。同じ著者の場合は、単独著者が最初で、以降、第2著者のアルファベット順。同じ著者の場合は、出版年の若い順です。

[1] そのまま引用する場合

(1a) 長い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方)
プレマックとプレマック(2003/2005)は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は次のように述べた。
  言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面に
  は、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある。こ
  こでは、文化的特殊化――詩的言語(アイルランド)、音楽(ドイツ)、数
  学(ベンガル)、美術や料理(フランスが)一種の認知形式であり、それら
  の違いは、統語法や意味論によっては説明できないということを指摘してお
  こう(p. 158)。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

(1b) 短い場合

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
プレマックとプレマック(2003/2005)は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼らは「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(プレマック & プレマック, 2003/2005, p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパンジー,
  赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original work
  published 2003)
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
プレマックとプレマック [1] は「言語が認知に影響を与えるというウォーフの仮説のコインのもう一方の面には、言語に関連した違いよりももっと重要で根本的な認知の違いがある」(p. 158)と述べた。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] プレマック, D. & プレマック, A. J. (2005). 心の発生と進化: チンパン
    ジー, 赤ちゃん, ヒト (鈴木孝太郎, Trans.). 東京: 新曜社. (Original
    work published 2003)
===(例文終わり)

[2] 自分で要約して引用する場合。

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その1)
Tomasello (1999)は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<A> 著者名を書くやり方 その2)
彼は、言語の生得論を批判している(Tomasello, 1999)。

参考文献〔本文の最後に〕
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
  Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

===(例文始め:<B> 文献番号を書くやり方)
Tomasello [1] は、言語の生得論を批判している。

参考文献〔本文の最後に〕
[1] Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition.
    Cambridge, MA: Harvard University Press.
===(例文終わり)

引用の仕方は、さまざまです。eco-message様の読んだ参考文献のなかでの引用方法を参考にしてください。

とくに字数制限のあるレポートについていえることだと思いますが、まとまった長い引用は避け(下の[1](1a)の場合を避けるということです)、自分なりの要約をして、引用元とそのページを明記するとよいと思います。ただし、原文の曲解を避けるために自分の要約よりも原文をそのまま引用することを伝統的に重んじる分野では、そのかぎりではありません。

それを前置きにして、ひとまず大別すると、次の...続きを読む

Q大学のレポートの書き方について質問します。手書きで書かなければならない

大学のレポートの書き方について質問します。手書きで書かなければならないレポートなのですが、書き方や、筆記用具は何を使うなど詳しくのっているサイトはありますか?

Aベストアンサー

基本的には市販のレポート用紙にボールペンで書けば問題ないと思いますが、先生によってA4またはB5の指定があったり、鉛筆でもよかったりするのでそれに従えばいいと思います。
http://www.report.gusoku.net/kihon/reportyousi.html
先輩の過去レポが手に入ると書き方のお手本になるので楽なんですけどね。

Q大学のゼミでレジュメを作成することになったのですが、雛型や書き方がわか

大学のゼミでレジュメを作成することになったのですが、雛型や書き方がわかりません。文章を要約すればいいのでしょうか? レポートとは何が違うのですか?

Aベストアンサー

普通2-5枚程度。

分かり易く言えば
「本の目次を作る」ことです。
そして目次に(適度な)10-30字くらいのカンタンな説明をつけていく。
要するに入学説明会とかああいう感じだと思えばいい。
初めて見た人に10-30分と言う時間で分かり易く説明するという事。
これワードを使ったタイプ
http://benio.atomi.ac.jp/~tanno/howto_resume2.gif

もちろんエクセルやパワーポイントを使う事も出来る。
プロジェクターもね。習ってませんとか言うなよ。恥ずかしいから。
できないなら自分でやる。覚える。2,3日でできるから。

カギは一定のペースで時間配分を考えながらやること。予行演習は必須ですよね。
また想定問答集を作っておいたり、自分の資料だけ補足を加えておく。
蛇足を避けられるし、後々で議論で優位に立てる(議論が目的じゃないけど、
お客さんよりも後援者が知識が無いと見られるのはみっともない。)

あと相手を否定しない。教授が知識不足だったりするけど、それを指摘したらキレちゃったり
することもあるからね実際。
「そうなんですけど、実は・・・」
とか
「そういう意見もあります。僕が調べた意見では」
と歪曲に進めるのも技術。

レポートは「にほんご」で最初から最後まで続くでしょ?
レジュメは箇条書きとか大題・小題とかがあって、自由度が高い。

普通2-5枚程度。

分かり易く言えば
「本の目次を作る」ことです。
そして目次に(適度な)10-30字くらいのカンタンな説明をつけていく。
要するに入学説明会とかああいう感じだと思えばいい。
初めて見た人に10-30分と言う時間で分かり易く説明するという事。
これワードを使ったタイプ
http://benio.atomi.ac.jp/~tanno/howto_resume2.gif

もちろんエクセルやパワーポイントを使う事も出来る。
プロジェクターもね。習ってませんとか言うなよ。恥ずかしいから。
できないなら自分でやる。覚える。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報