養老保険の満期のお知らせが来ました。

証書には月々48600円の10年で保険金額は5700000円と書いてあります。
まだ受け取っていないのですが、月々の金額×10年×12ヶ月だと5832000円となり元本割れしているという事でしょうか?

養老保険が良く分からないのですが、減った13万と10年分の利息で
10年分の保険金だったということになるのですかな?

この場合元本われしているから税金はかからないのでしょうか?
確定申告の必要は??

ちなみに私は普通の会社員で10年前は居ませんでしたが今は専業主婦の奥さんが居ます。
質問が多くなってしまいましたが分かる範囲で教えていただけますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

保険が満期になった場合の金額には、税金がかかる場合があります。

こちらのページ内にその状況別にまとめられていますので参考になるでしょう。

AllAboutマネー 養老保険の満期金と税金
https://allabout.co.jp/gm/gc/44436/

A 回答 (9件)

「契約者 = 満期保険金受取人」であることを前提にお答えします。



この場合の「所得」は「一時所得」になります。

総収入金額(満期保険金+配当金) - その収入を得るために支出した金額(払込保険料総額) - 特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額 となり、一時所得の金額の1/2に相当する額 が課税対象 となります。

lasichi様の質問内容からは「配当金」の額はわかりません。
「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算していただければ大丈夫です。

計算例です。

満期保険金   = 5,700,000円
配当金      =   632,000円
満期時総受取額 = 6,332,000円
払込保険料総額 = 5,832,000円(48,600×120)

この場合、満期時総受取額 - 払込保険料総額 = 500,000円
となるため、今回の満期保険金受け取り以外に一時所得が平成21年中になければ、特別控除額(年間最高50万円)を引くと

一時所得 = 0(ゼロ)!
となるため、今回の満期保険金受取による確定申告は「不要」となります。

上記よりも配当金が多ければ確定申告が必要になります。


もし「契約者 = 満期保険金受取人」でない場合は贈与税がかかりますので、充分ご注意ください。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

書き忘れてすみません。「契約者 = 満期保険金受取人」です。

また証書を見てみたのですが配当金というのは特に記載されていません。
保険金額5700000円とは書かれていますが。。
まだ元本割れしているかどうかわからないということですかね?

気になるのは普通養老保険はあとふるプランと書かれていますが、普通の養老保険と違うのでしょうか?

お礼日時:2009/04/14 17:07

養老保険として支払った保険料より、満期金などで受け取れる保険金が多い場合は税金がかかることがあります。

元本割れしている場合には税金はかかりませんので、確定申告をする必要はありません。確定申告が必要か気になる場合は、実際いくらの保険料を支払い、いくら受け取れるのか、再度保険会社に確認しておくといいですね。
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_杉浦詔子

職業:ファイナンシャルプランナー

「働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族等へのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っています。女性のキャリアと家族や恋愛等コミュニケーションに関する相談、FP等資格取得支援にも力を入れています。

詳しくはこちら

専門家

No.2 です。


補足します。

「生命保険契約等の一時金の支払調書」は、所得税法施行令第183条第2項に規定する一時金で1回に支払うべき金額が100万円以下である場合には、提出不要とされています(所得税法施行規則第86条第2項第2号)。

上記に基づき、満期時の一時所得の場合、1回の支払い金額が100万円を超える場合には保険会社は支払調書を税務署へ提出します(100万円以下の場合には提出しません)。
この書式は先程の回答に添付しました。「既払込保険料等」の欄があるのを確認いただけると思います。

但し、保険会社によっては、1回の支払い金額が100万円を超えていても払込保険料と同額以下の場合(プラスになっていない場合)は、支払調書を税務署へ提出しない場合があるようです。
http://www.orix.co.jp/ins/direct/toiawase/yo_zei …

なお、5年満期の一時払養老保険などは、差益分の20%が源泉徴収されることで課税関係が終了するため、金額にかかわらず確定申告は不要です。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

遅くなりましたが本日郵便局に行って来ました。
結論から言いますと、配当金は郵便局に行って支払い請求するまで分からないそうです。
なのでお知らせに書いてなかったみたいです。

で、肝心の配当金はなんと11600円!!!
はぁ?って思いましたが。。
結局支払い金額580万ちょっとに対して払い戻し金は571万って事で
完全に元本われです。。
なので確定申告も不要かなっていう事になりました。
それにしても配当金って少なすぎ。いまから10年前だと申し込んだ時期が悪かったんですかね。。

でも疑問は解決しましたので回答いただいた皆様本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/04/16 15:32

No.2 です。



保険会社は満期保険金を支払後、税務署に「支払調書」を提出します。
これには、満期時受取金額のほか必要経費(払い込み保険料)が記載されているはずです。

もし疑問があれば、直接、保険会社(今回は郵便局)に問い合わせてみてください。
「養老保険が満期になりました。確定申告する」の回答画像7
    • good
    • 7

NO5です。


一時所得は、総合課税です。読み直して気付きました。すいません。申告分離課税ではありません。
あとは回答の通りです

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1903.htm
    • good
    • 0

保険金の一時所得は、申告分離課税です。


給与所得者の場合、給与所得以外の収入が20万円以上ある場合には、確定申告する必要があります。
保険会社は、税務署に満期保険金を支払った通知を行います。
その時、必要経費(払い込み保険料等)の通知はしません。
当然、貴方さまに570万円の一時所得があったものとして、税金の計算を行います。
確定申告で申告さえすれば、回答者1さんの計算通りなので、きっと課税にはなりませんが、申告しなかった場合、不利益を被ります。
確定申告はしてください。
    • good
    • 3

No.2 です。


すみません。書き忘れました。

>普通養老保険はあとふるプランと書かれていますが、普通の養老保険と違うのでしょうか?

生命保険会社は自社の生命保険に独自の「愛称」をつけて販売しています。
lasichi様の加入された養老保険の「愛称」が「はあとふるプラン」だった、ということです。特に意味があるわけではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度も回答を頂きありがとうございます。

再度見てみましたが、郵便局から送られてきた通知には配当金の記述は見当たりませんでした。
満期を迎えたのではんこと保険証などをもって郵便局に来て下さいと書いてあるだけです。。
もちろん無配当ともかいてありません。
満期は今年の4月1日ですので契約したのはちょうど10年前になります。

とりあえず5700000円以外にもらえる可能性もあるのですね。
明日早速郵便局に行って来ようと思います。

お礼日時:2009/04/14 20:02

No.2 です。



保険証券に記載されている「満期保険金額」は保険会社の運用成績に関係なく必ず支払う、と約束している金額です。

配当金は、契約後、保険会社の運用成績次第で多額になることもあれば少額とか0(ゼロ)になってしまうこともあります。
これはあらかじめ約束している金額ではありませんから、保険証券には記載されません。

そのため
>「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算していただければ大丈夫です。

と回答した次第です。満期時の近くにならないと配当金額が確定しないのです。

但し、最近は契約当初から「無配当」として契約する保険も多くなっていますので、この場合には保険証券上にも「無配当」の文字が入っていると思いますし、「満期のお知らせ」上の支払金額合計 = 満期保険金額 となっているはずです。

もし「無配当」でしたら完全に元本割れですので、確定申告は「不要」となります。
    • good
    • 1

参考になりますでしょうか。

。。。
http://okwave.jp/qa4577704.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回自分のケースは元本割れしているのかなと思っておりますので
税金は発生しない可能性が高いですね。

お礼日時:2009/04/14 17:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10年以上置いておくつもりの250万。100歳定期保険(養老保険)はどうでしょうか。

付き合いのある保険代理店をしているFPさんに
使う予定のない250万を
三井住友海上きらめき生命の長期平準定期保険(100歳満了定期保険)に入れてみては、という提案をうけました。

一括払い込みで、10年満期。死亡保険金は450万です。
10年後からは解約返戻金が入れた250万を上回り最高90歳で415万まで増える計算となっております。

とは言っても90歳まで置いておくつもりはなく、老後、退職金等を使い果たした後の生活費に当てられればくらいに考えています。

時間の許す限り自分なりに調べてはいますが、これが「ベスト」な選択なのか、まだ迷いがあります。

詳しい方でご意見があれば是非アドバイスして頂きたく投稿しました。

ちなみに、35歳男、住宅ローンは終わっており、既婚ですが子供はおりません。
貯金は上記250万含めて1000万あります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、100歳満期定期保険は、長期平準定期保険と呼ばれるもので、法人向けの定期保険であり、養老保険とは違います。
なぜ法人向けかと言えば、一定の条件で、損金算入(非課税)することができるからです。

保険のメインは、保障です。
質問者様が、現在、どのような死亡保障を持っておられるのかによっても、答えが異なってきます。
例えば、2000万円の10年定期や60歳満期の定期保険を持っておられるのならば、その内の450万円を提案された保険と置き換えるという方法は、メリットのある方法です。
なので、マネープラン全体から見て、どうなのだろうか、という検討をしなければなりませんが、1000万円の内の4分の1、250万円だけならば、悪い方法ではありません。

また、会社が合併や統合したら、契約の保障内容が変わるということはありません。

保険の内容が変えられるのは、保険会社が破綻したときです。
例外として、予定利率を変えることは可能ですが、株主総会の承認、金融庁の認可が必要です。
破綻寸前で、破綻するよりも予定利率を下げる方がまし……という場合以外は、金融庁の認可は得られません。
過去に、実際に申請した会社は1社もありません。
もしも、そんな申請をすれば、間違いなく、解約の嵐が起きて、本当に破綻するでしょう。

ご参考になれば、幸いです。

まず、100歳満期定期保険は、長期平準定期保険と呼ばれるもので、法人向けの定期保険であり、養老保険とは違います。
なぜ法人向けかと言えば、一定の条件で、損金算入(非課税)することができるからです。

保険のメインは、保障です。
質問者様が、現在、どのような死亡保障を持っておられるのかによっても、答えが異なってきます。
例えば、2000万円の10年定期や60歳満期の定期保険を持っておられるのならば、その内の450万円を提案された保険と置き換えるという方法は、メリットのある方...続きを読む

Q家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2

家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2年で満期を向かえますが、かけきった方がよいのでしょうか?

保険屋さんが、あと2年なら解約した方がよいですよ、と言われます。(解約をしても、保証は2年は続くというような話でしたが、、、)
満期保険金は150万円です。死亡保険金は3000万円のようです。
毎月の保険料は15000円程度です。
実際はどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが、
どうも意味はわかりませんでしたが、、、?
(A)保険料と言うのは、主契約、特約、それぞれをバラバラに計算して、
最後に合計しているだけのこと。
つまり、現在の表面上の保険料だけを見ていたのでは、内訳が見えません。
特約は、原則として「掛け捨て」ですが、長期の場合には、多少なりとも
解約払戻金がある場合があります。
それは、特約ごとに計算されているのですが、表面上には出てきません。
保険会社に問い合わせをするしかないのです。

つまり、現時点での主契約の解約払戻金、
特約ごとの解約払戻金をそれぞれ、保険会社に聞かなければ、
内訳がわからないのです。

それを聞いて、今、どうするのが一番、メリットがあるのかを判断するのが
良いと思います。

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが...続きを読む

Q満期保険金50万円の養老保険はありますか?

法人契約で従業員全員に福利厚生目的で養老保険に加入しようと思います。
満期保険金額が100万円や200万円からのものがほとんどですが、50万円のものを
発売している保険会社はありますでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

結論からするとないでしょう。

死亡保障として50万円というのは「何の為?」という事もありますし、福利厚生と考えても加入目的がよく分かりません。

法人向けの全損(近々税制改正されるようです)かつ死亡保障の少ないものとしては、「がん保険」があります。これは全員加入の必要もありませんし、解約返戻率としては「養老保険」よりも高く設定されていると思います。

Q今年の12月に20年満期の保険会社の一時払い養老保険が満期を迎えます。

今年の12月に20年満期の保険会社の一時払い養老保険が満期を迎えます。
保険金を受け取る時、一時所得という扱いになると、相当の税金が掛かることになります。この一時払い養老保険は私の老後の資金に使いたいと思っています。
そこで、税金が少なくなる受け取り方はありませんか。税金の額によっては今後の生活に影響しますので、教えていただきたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

税制では、利益分が50万円を超えた場合、その超えた分の半額が他の所
得と合算されて総合課税の対象になるということで、一般的には課税上
有利です。

参考URL
http://allabout.co.jp/glossary/g_money/w004771.htm

Q平成7年頃契約した養老保険の満期金(利率)

あることで、下記の条件の
郵便局の養老保険(簡易生命保険)について、
満期金(10年後の満期金額)がいくらになるか調べています。

平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと記憶しています。10年だと利息で2倍ぐらいの200万円でしょうか?大体の金額でもいいので教えて下さい。

(記)

契約年が平成7年2月、10年満期、保険金額100万円、特約(災害特約100万円、疾病障害入院特約100万円)付き、保険料が1ヶ月7650円だが10年分を一括払い済み。

Aベストアンサー

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を割引する」といったことです。利息じゃありません。masukalさんも(特約保険料を除いた)主契約に払った金額は100万円ではなく(10年分を一括で払った割引の他に)割引されている筈です。
その100万円より少ない金額で、10年の間にもし被保険者が死亡していたら100万円を払う保障と、満期時に被保険者が生存していたら100万円を払う保障を買うのが「養老保険」です。

なお、一番利率的に良かった平成元年の10年満期の一時払い養老保険(特約なし)でも、満期きんは払い込み金額の約1.7倍でした。
平成7年の契約で、しかも特約が付いていてはご期待の金額にはならないです。

養老保険の満期時の受け取りは100万円ですよ?
配当金があれば若干手取りは増えるかも知れませんけど。

養老保険は定期預金とは違います。保険証券に書いてある保険金額が死亡時と満期時に受け取れる金額です。
>平成7年当時は金利が8%ぐらいの時代だったと
そうでしたっけ?その金利って何の金利でしょう?貯蓄性のある保険に一番関係するのは「予定利率」です。当時8%ではないです。
予定利率は預金の利率ではありません。簡単に言ってしまえば「これくらいの利率で運用できるから払い込み金額を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報