【初月無料キャンペーン中】gooドクター

地球内部にある核やマントルって燃え続けているんですよね?
どういう原理で熱を発生させているのでしょうか?
酸化して燃えるのとは違う原理なのでしょうか?
どなたか知識をお持ちの方お願い致します。

A 回答 (5件)

 核やマントルは燃えてなんかいません。


 地球の中心部の高温についてはこちらをご覧ください。
http://www.sci-museum.jp/news/text/2000/e000601. …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考URL有難う御座いました。
ぜんぜん違う理由で高温になっていたんですね。
ご回答下さり有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/09 08:31

摩擦熱。



大きな力を掛け合いながら動いている。
    • good
    • 0

萌えてません


月と太陽に揉まれる摩擦熱
放射性元素の崩壊熱
電流によるジュール熱
太陽からの輻射熱
が熱源です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど他にもいろんな理由が有るんですね。
大変参考になりました。
ご回答下さり有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/09 08:35

>地球内部にある核やマントルって燃え続けているんですよね?



 どこかにそんなことが書いてありましたか?
 「燃える」というのは、普通酸素と化合して発光・発熱することですが、地球内部でそういう反応が起こっていることはありません。
 ものが燃えると熱くなるからといって、熱いものが必ず燃えているということにはなりませんよ。

 46億年前に地球ができるとき、たくさんの微惑星や隕石がぶつかってできたといわれています。そのぶつかるときのエネルギーで地球全体が火の玉のように熱くなっていました。
 現在は表面は冷めていますが、内部はまだ当時のエネルギーが残っていているということでしょう。
 さらに、岩石の中にはウランやトリウムのような放射性元素があり、これらの崩壊によって発生するエネルギーも、地球内部の温度を高くしている原因の一つになっているようです。

http://books.google.co.jp/books?id=MmrDgr6cOv4C& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど46億年前に発生した熱がまだ残っているとは驚きました。
ご回答下さり有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/09 08:33

ん~。

燃えてはいないと思うが?

「押しくら饅頭」すると身体が温まりますよね?お互いの体温と運動した事で
同じ様な感じで、お互いが大きな力で押し合う事と地球内部からの熱(これも押しくら饅頭の結果の熱)で、熱いドロドロの状態になっていると考えれば良いかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど燃えている訳ではなかったんですね。
摩擦熱みたいなものですか、勉強になりました。
ご回答下さり有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/09 08:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング