2つの星で太陽に近いのは、海王星ですね。
ずいぶん前に、冥王星が楕円軌道を描いている為冥王星が海王星より近くなるという記事を読んだ記憶があります。

今は、どうなんでしょう?
水・金・地・火・木・土・天・海・冥の順でいいのでしょうか?

ご存知の方 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1979年1月に冥王星の日心距離が海王星の日心距離より小さくなって、それ以来約20年間、冥王星の方が海王星より太陽に近い状態が続いていました。

1989年9月に近日点を通過した冥王星は本来の状態に戻りましたので

水・金・地・火・木・土・天・海・冥の順でいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。悩みが解けました。

お礼日時:2003/03/09 05:17

補足ですが1999年2月12日に正常な状態に戻りました。


つまり水・金・地・火・木・土・天・海・冥ですね。
次に水・金・地・火・木・土・天・冥・海になるときにはもうお互いに生きてはいませんね。
    • good
    • 1

 冥王星が海王星よりも内側になったのは1979年より20年間、現在は再び冥王星が外に出ています。



参考URL:http://www2.crl.go.jp/ka/TNPJP/nineplanets/neptu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。ご紹介のHPも参考になりました。

お礼日時:2003/03/09 05:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽系

冥王星が惑星から降格し、惑星の定義ができたみたいですが、ということは太陽系は海王星までですか!?
いまいち太陽系と太陽系外の境界がわからないのですが決まっているのでしょうか?
冥王星より外には色々星が発見されてるみたいですが、今後、惑星の定義に当てはまる星が発見されたらそこまでが太陽系になるのでしょうか!?でもそれだったら条件を満たす星が発見される度に太陽系の領域がまた広がりますよね・・。どうなんでしょう。。

回答おねがいします★

Aベストアンサー

太陽系の範囲はほぼ決まっています。太陽系かどうかは、太陽の重力の束縛を受けているかどうかで判断できます。
 
(太陽系の中では、距離の単位として便利な「天文単位(AU)」というのがつかわれます。天文単位とは、地球から太陽までの距離、約1億5千万kmを1とする距離のことです)

太陽から冥王星までは39.5天文単位(地球~太陽間の39.5倍と理解します)です。このたび、冥王星は矮惑星という概念に降格されました。実は、この冥王星付近から向こう50天文単位のところまでは、この矮惑星や、さらに小さい微惑星がドーナツ状に群れを成すエッジワース・カイパーベルト(EKBO)天体と呼ばれているところです。冥王星とは、惑星というよりもこのエッジワース・カイパーベルト天体なのでは? という疑問が以前から多くだされていたものです。いまや、冥王星は正しい住所に落ち着いてほっとしていることでしょう。

その外側、太陽から85天文単位~のところに「境界衝撃波面」があります。これは、マッハ2.5で噴出す太陽風が、銀河系の星間物質と衝突して音速と同じくらいのスピードに緩まるところです。つまり星間物質の太陽系への侵入を防ぐバリヤ地帯です。球状に取り巻いています。

その外側、太陽から90~125天文単位以上に「太陽圏界面」と呼ばれる一帯があります。これは、さきほどの太陽風の限界域です。ここで、高エネルギーの宇宙線から太陽系を守ってくれている場所です。この太陽風の届く範囲までを「太陽圏」といいます。球状に取り巻いています。

さらにその外側、太陽から5万天文単位あたりまで、「オールトの雲」と呼ばれるものが広がっているといわれています(まだはっきりとは実証されていませんが、ほぼ確実視されているようです)。これはいわゆる「彗星の巣」といわれ、約1兆個の氷天体からなっています。ここが、かろうじて太陽重力の影響を受けている限界のところです。つまりここ「オールトの雲」が太陽系の一番外側だといえます。

5万天文単位とは約1光年という覚えやすい数値です。つまり、太陽系とは半径約1光年の球状、ということができるでしょう。(おとなりのケンタウルス座・アルファ星までは、あとまだ3光年! 遠すぎっ><)

太陽系の範囲はほぼ決まっています。太陽系かどうかは、太陽の重力の束縛を受けているかどうかで判断できます。
 
(太陽系の中では、距離の単位として便利な「天文単位(AU)」というのがつかわれます。天文単位とは、地球から太陽までの距離、約1億5千万kmを1とする距離のことです)

太陽から冥王星までは39.5天文単位(地球~太陽間の39.5倍と理解します)です。このたび、冥王星は矮惑星という概念に降格されました。実は、この冥王星付近から向こう50天文単位のところまでは、この矮惑星や、さらに小さ...続きを読む

Q水・金・地・火・木・土・天・・・う~ん、今どっち?

 今、海王星と冥王星ってどっちが内側にあるんですか?もう場所が入れ替わったのですか?

Aベストアンサー

以前同じ質問があり答えていますが1999年2月12
日に正常な状態に戻っています。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=493179

Q太陽系の惑星の数

かつて太陽系の惑星の数は、冥王星を含む9個と学習しました。
現在の中学生の理科では、太陽系の惑星の数は冥王星を除いた8個と教えているんですか?

Aベストアンサー

冥王星が準惑星となったのは最近の話で、今年でた教科書では直っているようですが、去年の教科書では記述はそのままでしょう。

ですが、それをそのまま教えるなどはありえません。そんな教員はいるはずがないというのは常識で考えたって分かると思います。
教科書には9個と載っていても、教える段階では「惑星は8個、冥王星は準惑星」です。

Q水金地火木~ 「冥海」から「海冥」に、順序が変わったのはいつですか?

昨日、ゆうせんを聞いていました。
その時、惑星の順列を歌詞にしていた歌が流れました。
1曲目:「水金地火木土天“冥海”~」
2曲目:「水金地火木土天“海冥”~」
最後の惑星2つの順序が違っていました。

単に歌詞の間違いなのか‥‥でも、惑星順序って常識であり、歌詞を間違える事は無いはず‥‥
ということは、昔は順序が逆だったのでしょうか‥‥?
詳しくご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

前回入れ替わったのはいつごろか忘れましたが、
そんなに昔ではないです。

海王星と冥王星の公転軌道があるポイントから見ると
交差しているために起こる幻現象です。

http://www15.cds.ne.jp/~ant/labo/solarSys/pluto.html

Q亡くなったら、宇宙葬で好きな太陽系の惑星に飛ばしてあげます!

亡くなったら宇宙葬で送って欲しいという前提で・・・
太陽系の惑星は、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星ですが、この際準惑星の冥王星と、惑星ではないですが太陽も含めて、9個とします。

さて、亡くなったらどこに飛ばして欲しいですか?
私だったら、果ての冥王星でお願いします。

Aベストアンサー

★第一希望  M78星雲「ウルトラの星」

兄弟仲良さそうだし、ヒャッキンマンも養子縁組してもらいたいです。


★第二希望  第四惑星

人間に厳しい「ロボット長官」がいます。
私も、オデコをパカッと開けて、油をさします。


★第三希望  火星

地底都市があるって、ゴース星人が言ってた。
降伏して地球をあげたら、地球人の移住を許可するって。

Q楕円軌道と円軌道

本日、天文衛星「すざく」が楕円軌道から予定されていた円軌道に投入されたとのニュースを見ました。
そこで、軌道について質問なのですが、
静止衛星は円軌道、同期衛星や回帰衛星には楕円軌道を描くものもありますよね。
どのような場合に円軌道で、どのような場合に楕円軌道、という線引きはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
「円軌道」は地表との「距離(高度)を確保するため」、
「楕円軌道」は地表との「周期を確保するため」、
このような目的で選択されているのではないでしょうか。

「円軌道」は高度が一定ですので交信や地表観測全般に適していますし、「楕円軌道」は同期衛星や回帰衛星に使われ、ある一定の周期で元の場所に戻って来るために調性されています。地表観測衛星の多くが円軌道を回っているようですが、決して楕円軌道が地表観測に向かないというわけでもなく、逆にランドサットなどは楕円軌道を回ることによって精密な観測を行なっているそうです。
静止軌道は、どちらかと言えば地表との周期を確保するためのものですが、こちらはどうしても円軌道でなければ実現できません。その他に、衛星が目的の軌道に到達したり遷移したりするためには、最初は楕円軌道に投入されますよね。

Q太陽系惑星について

 現在、太陽系の惑星は、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星まで見つかっていますが、その後の惑星はもうないのですか。見つかる可能性は、ないのですか。

Aベストアンサー

みなさんと同じような解答になりますが、
いま分っている惑星と同じ程度の大きさの新惑星が見つかる可能性は低いです。
heichanさんが言われるように、そこそこ大きい惑星(質量を持った物質)が存在すると
各惑星の公転軌道をひん曲げたり自転の速度を狂わせたりして影響をおよぼします。
いまの観測ではそう言う「あやしげな動き」は見つかっていないのがその理由です。

でも、冥王星のはるか遠くとか、すごく小さな惑星の存在は否定できません。
そして、毎年いくつか発見されて天文業界(?)の間では話題になる、「小惑星」も姿は小さいけれど
惑星の仲間と言っていいでしょうね。

Q海王星と冥王星の…激突?

太陽系の惑星の軌道をみると、海王星と冥王星の軌道が交わっています。そして、それぞれの公転周期が異なります。
それで交点付近で海王星と冥王星が近づいて、海王星の重力によって冥王星が激突する、なんてことはありえますでしょうか?
そこまでなければ、冥王星が海王星の衛星になってしまったりしますか?
(トリトンは海王星にとらわれたものだと本で読んだのですが…)

自分の勘違いでしょうかね^^;

Aベストアンサー

これ、私も昔疑問に思ったんですよ。
私たちがよく目にする惑星の軌道図は、黄道面(地球の公転面)に対して垂直方向(つまり真上)から見た様子(下図左)が描かれていて、それを見ると確かに海王星と冥王星の軌道線が重なって見える部分があります。でも、それを真横から眺めると下図右のようになります。
上から見た時に線が交わって見えた部分では、冥王星の軌道は黄道面から離れています。つまり、よく「軌道が交差している」と言われますけれど、実際には海王星と冥王星の軌道は交わっていません。

これは冥王星の軌道面が黄道面に対して17度も傾いているためですが、仮にそういう要因がなくても、No.1でCardishanさんが述べていらっしゃるような理屈で、二つの星が衝突することはないようです。

「海王星と冥王星の接近」 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A5%E7%8E%8B%E6%98%9F#.E6.B5.B7.E7.8E.8B.E6.98.9F.E3.81.A8.E5.86.A5.E7.8E.8B.E6.98.9F.E3.81.AE.E6.8E.A5.E8.BF.91

これ、私も昔疑問に思ったんですよ。
私たちがよく目にする惑星の軌道図は、黄道面(地球の公転面)に対して垂直方向(つまり真上)から見た様子(下図左)が描かれていて、それを見ると確かに海王星と冥王星の軌道線が重なって見える部分があります。でも、それを真横から眺めると下図右のようになります。
上から見た時に線が交わって見えた部分では、冥王星の軌道は黄道面から離れています。つまり、よく「軌道が交差している」と言われますけれど、実際には海王星と冥王星の軌道は交わっていません。

こ...続きを読む

Q太陽系の新しい惑星につける日本語の名前は誰がつけますか?

太陽系に第10惑星が発見されたというニュースがありました。
これが本当として、日本語の名前は誰がつけることになりますか?
過去には海王星とか、冥王星とか個性の強い名前がついていますね。
今度のはもっと軽いものになるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 これまでの吉例ですと、ギリシア(ローマ)神話から神の名前を拝借しています。
 ので、それぞれの神の分担を見て(若しくは神話の伝統的な邦訳を見て)命名すればいいと言うことになります。参考上はそれぞれの星の英名と神話の対照が載ったページです。多神教なので、「この人は○○の神様」という役割が決まっていますから、それを一文字+王星になるのでしょうか。

 ただし、先年第10惑星ではないかと早とちりして命名した「セドナ」はエスキモーの神話に出て来る女神なので、和名はつけにくいかも知れません。
 また、昔とは違って、それほどカタカナに違和感を感じなくなっていますから、和名を敢えてつけなかったりして。

余談ですが、天王星以降は超重元素と名前が対応しています。
天王星(ウラヌス)=ウラン
海王星(ネプチューン)=ネプツニウム
冥王星(プルート)=プルトニウム

 これは天王星とウランの発見時期が近く、一歩先に発見された天王星に新元素の名前をあやかったものでした(後の2つも同様で、星→元素名。当時はこういうのが流行っていたのです)。
 現在は昔とは逆に、プルトニウムより重い元素も発見されています。
 ちなみにプルトニウムの次の元素は
「アメリシウム」。
 うーん。こんなこっぱずかしいのはつけないでほしいと思いますが、万が一と言うことになれば、米州星とでも呼ぶのでしょうか(命名権者は「名前は守秘義務があるが、いずれかの神話から名前をとった」と言っていたようですが)。。。

参考下に冥王星を命名した時の落選候補が幾つか上げられています。

参考URL:http://www.susono.com/~ohara/star/greek.html,http://www.cgh.ed.jp/TNPJP/nineplanets/hypo.html#planetx

 これまでの吉例ですと、ギリシア(ローマ)神話から神の名前を拝借しています。
 ので、それぞれの神の分担を見て(若しくは神話の伝統的な邦訳を見て)命名すればいいと言うことになります。参考上はそれぞれの星の英名と神話の対照が載ったページです。多神教なので、「この人は○○の神様」という役割が決まっていますから、それを一文字+王星になるのでしょうか。

 ただし、先年第10惑星ではないかと早とちりして命名した「セドナ」はエスキモーの神話に出て来る女神なので、和名はつけにくいかも知...続きを読む

Q太陽・惑星の並び順と曜日の順はどうして関連していないの?

皆既日食が近づいて、天体を紐解いていました・・・。
惑星の並び順(日・水・金・地・火・木・土)と、曜日の順番(日・月・火・水・木・金・土)には全く関連性が見られません!
曜日には、「地球」がなくて、衛星の「月」が参入してたり、特別な理由があれば教えてください!

Aベストアンサー

古代バビロニアで決められたようです。これが正解なのかどうか分かりませんが、なるほどと思われる部分もあるので、この説が正解ではないでしょうか。


曜日のルーツは、古代バビロニアにあります。前7世紀に新バビロニアという国を建てたカルデア人は、まず肉眼で見える5つの惑星と太陽・月を、土星─木星─火星─太陽─金星─水星─月と「遠い」順に並べます。「遠い・近い」ということを、望遠鏡もない時代によく判断できたものだと思うのですが、それはともかく、バビロニアには既に1日=24時間という概念があって、1時間ごとに先ほどの順番で星を当てはめていました。たとえば、第1日の第1時間目(0:00~1:00)に土星、次の1時間に木星…というように割り振っていくのです。彼らの考えでは、1日の最初の1時間を支配する星がその日一日を支配します。
(下のサイトより抜粋しています)
詳しくは下のサイトでご確認ください。

参考URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/10_theme/10_07yurai/10_07yurai06.html

古代バビロニアで決められたようです。これが正解なのかどうか分かりませんが、なるほどと思われる部分もあるので、この説が正解ではないでしょうか。


曜日のルーツは、古代バビロニアにあります。前7世紀に新バビロニアという国を建てたカルデア人は、まず肉眼で見える5つの惑星と太陽・月を、土星─木星─火星─太陽─金星─水星─月と「遠い」順に並べます。「遠い・近い」ということを、望遠鏡もない時代によく判断できたものだと思うのですが、それはともかく、バビロニアには既に1日=24時間という概念があ...続きを読む


人気Q&Aランキング