築23年の物件をこの度リフォームを行おうとしているのですが、
壁を撤去したところ、築23年前の図面にはあるはずの柱と筋交いが、ないことに発覚しました。
今回のリフォームは、住宅の強度を落とすことはせず、筋交いはそのまま残す予定でしたが、図面にはある柱と筋交いがない為、耐震的に不安になります。
23年前に購入した建築業者は現在もあるのですが、23年前の物件について、建築業者に補修依頼は可能でしょうか?
※今回のリフォーム会社は別会社になります。
リフォーム会社に強度について尋ねた所、23年間大丈夫だったので大丈夫でしょう???でした。
柱・筋交いを入れるということは、床を捲り大規模な補修になるため現在のリフォーム会社には頼めないのが現状です。(予算的に)
23年前の購入業者への補修依頼は現在でも法律的にも可能かをどなたかアドバイスを頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そこに柱が、筋交いが無くとも問題の無い可能性は十分にあります、又、問題のある場合も同様です。



2.30年前の建物の増築に際し筋交(壁量)などを調べると現在の基準の半分しかない、なんて事はザラです。
よく農村地帯で見る広縁が長い純和風の家に多いかな、極端な話一面に壁が無い・・・。
増築にあたっては補強などで苦労する事になります。

今件ですが、恐らく他の筋交配置も図面(竣工図?)とは違っていそうです。
ただし違っているからと言って耐震上劣るとは限りません。
元々が経験上(勘)での配置でしょう、今でこそ計算上配置を確認しますが当時は基準もあいまいでしたから(私はまだこの仕事をしてませんでしたので憶測ですが)。

結局耐震診断をしてもらう事が肝要では?。
役所で聞いて下さい、5.6万円です。
(私は診断士ですが割りに合わないので最近は断っています。)
23年前の購入業者に耐震診断士が居れば無料でやってくれるのでは?、役所を通さなければ(詳細な報告書作成を除けば)概要は1.2日で判断出来ますから。
ただし虚偽の報告をされる可能性もあるでしょう。

役所を通しての診断ですと報告まで時間が掛かりますので今の作業に影響するでしょうね、その辺の折り合いをどう付けるか・・・。

さて、23年前の購入業者の法的な責任問題については存じません、ただし現在も存在しているのであれば、http://www.chord.or.jp/・・・ここに電話でちょっと聞いてみては如何でしょう、少なくともヒントは掴めると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
そうですね。まずは耐震診断をしていただき今の構造が問題ないかを確認して見ます。
リフォーム工事も今週からなので早急に確認し今後の進め方をリフォーム業者と吟味したいと考えてます。
23年前の建築業者には一度話しはしてみようとは思いましたが恐らく相当昔の物件の為、無理だとは思いますが話すだけ話してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 07:35

同じ会社への依頼ならば、無料で補修せよという


ことは可能でしょうが、

別会社への依頼ということですから、
法律的には無償でというのは無理ではないですか。

耐震強度については、リフォーム会社など
まともなところもあれば、素人同然のところもあるので、
「大丈夫」をそのまま信じていいかどうかはわかりません。

23年間大きな地震がなかったのであれば、あてになりませんし、
ご自宅が神戸や芦屋あたりだったら、まず大丈夫でしょう。

信頼のおける設計士や建築会社で耐震診断をしてもらったほうがいいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アトバイスありがとうございます。
無償での補償はおっしゃる通り年数的にも無理だと感じました。
まずは、耐震診断をしてもらい、構造上問題がないのかを診断してもらう段取りする予定でいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 07:43

>23年前の購入業者への補修依頼は現在でも法律的にも可能か…



その会社は今も営業しているとのことなら、何の問題もありません。
かかった費用を払えば良いだけのことです。
無償でなどという虫の良いことは無理です。
    • good
    • 0

 法律上は無理です。



 道義的にはとりあえず頼まなければわかりませんが、まず無理でしょう。

>築23年前の図面
 その図面が最終の図面かどうかを判別する手だてが存在しません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図面で筋交いを表す記号について。

こんにちは。よろしくお願いします。
エアコンを取り付けるので、図面で筋交いの位置を確認しています。
図面の下に記号の説明が書かれています。

中が×の横に長い長方形は、「たすきがけ」。
×状に取り付けたと解かります。

三角形の場合が解かりません。
図面に書かれてるのはΔ∠|Δのような二等辺三角形ではなく、Δの斜辺が長いタイプの記号です。
(三角定規2枚セットに入ってる、二等辺三角形ではないもう1枚のタイプと同じ形を思い浮かべてください。)

例えば、下のように表記されてる時、(三角形の垂直の1辺が抜けてますが^^;)

   ∠
______
|     |
|     |


(三角形の向きは右に直角。左に鋭角。と思ってください。)


右角の柱の上部から、左角の柱の下部へ向かって斜めに取り付けたという意味でしょうか?
つまり。/ ←このように。

また、図面の下に記号と意味の右に、45×90と書かれてます。これはどんな意味でしょうか?


伝わりましたでしょうか?
よろしくお願いします。

こんにちは。よろしくお願いします。
エアコンを取り付けるので、図面で筋交いの位置を確認しています。
図面の下に記号の説明が書かれています。

中が×の横に長い長方形は、「たすきがけ」。
×状に取り付けたと解かります。

三角形の場合が解かりません。
図面に書かれてるのはΔ∠|Δのような二等辺三角形ではなく、Δの斜辺が長いタイプの記号です。
(三角定規2枚セットに入ってる、二等辺三角形ではないもう1枚のタイプと同じ形を思い浮かべてください。)

例えば、下のように表記されてる時、...続きを読む

Aベストアンサー

通常は図面に凡例を示し、筋交いの種類を描きます。
ですので凡例がないか図面をご確認ください。
ない場合は、おっしゃるとおり、片筋交いだと思います。
45×90は部材の大きさです。厚み45ミリ巾90ミリの筋交いが入っているということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報