古代エジプト人の生活(風呂と飲み水と顔料について)

古代エジプト人は、

1.風呂に入っていましたか?
2.飲み水はどうやって調達していましたか?

ナイル川の水をそのまま飲むと腹を壊すと思います。

川の水をろ過して飲んでいたのですか?
ろ過するのはどうやっていたか教えてください。

古代エジプト人は鉱山を溶かして顔料にしていたそうです。

3.鉱山を溶かすってどうやっていたんですか?

A 回答 (2件)

1)と3)については


http://www.geocities.jp/kmt_yoko/QandA-2.html
に回答があります。
2)は井戸じゃないでしょうかね。ある意味ではナイル川の水を濾過していたことになります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

1)古代エジプト人はせいぜい沐浴程度でお風呂に入りません。

3)がどこに記載されているのか見つけれませんでした。
鉱山・顔料は違って言い方があるのですか?
専門用語なのかな。

お礼日時:2009/05/14 00:37

鉱山は溶かさないと思いますが(多分鉱物)、


75に「これらの鉱物は石のパレットの上で砥石ですりつぶされ、水と混ぜ合わせてペースト状にされ、指で目の縁やまつげに塗られました」
とあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

鉱山ではなく鉱物ですね。

NHKスペシャルのエジプトが先週の日曜日にやっていました。

そのときに、
      「壁画の着色に鉱物を溶かして顔料にしていた」
      「1000km離れた地にある顔料となる鉱物をナイル川流域まで運んできた」
      「なぜ、エジプト人はサハラ砂漠の地に鉱物があることを知っていたのだろうか?」
      「古代エジプト文明の前にサハラ砂漠の地に古代エジプト文明の先祖がいたのではないか」
      「古代エジプト文明の先祖か、乾燥地帯になって各地からナイル川に流れてきた人の集まりかはいまだわからない」
      「ただ古代エジプトの壁画の技法と類似するものが数多く見つかっている」
      
と解説がありました。

磨り潰して、水と混ぜることを溶かすというのですね・・高温で鉱物を溶かしたのかと驚きました。

スタンカーメンの仮面とかは木製の仮面に金を塗っているわけですか?
金の塊を仮面の形にしたのでしょうか?

金を溶かす技術があるので、鉱物を高温で溶かすことも可能だったように思いました。

黄金の仮面の金も石ですりつぶして、水と合わせてペーストにしたのかな・・・疑問が多いですね

高度技術を持った古代エジプト人が突如歴史から消えるのも疑問です・・・

お礼日時:2009/05/14 15:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代エジプトではビールにどうやって炭酸を入れていた

ビールは古代エジプトの頃から飲まれていると聞きました。
しかしビールには炭酸が入ってますよね。
古代エジプトの頃に炭酸を入れる技術はあったのですか?
もし炭酸が入っていなかったのだとすれば、それはビールと呼んでいいものなのですか?

Aベストアンサー

自然発酵の過程で酵母が炭酸ガスを出します。
これにより炭酸がビールに入ります。

日本酒でも自然発酵で炭酸の入った発泡酒があります。

また、当時は高度な濾過技術、冷却技術がないので
ぬるく、微炭酸で固形物が多少残る酸っぱいお酒だったようです。

現代の日本のビールは嗜好を求め伝統よりもその時代により好まれる味を求めて作られています。
酵母まで濾過し発酵を止め、苦味を押さえすっきり感を出す為、米やアルコールを加えたり
度数を調整したり、炭酸ガスを注入したり、糖分を取り除いたりと色々なことが行われています。

ドイツでは麦とホップ以外の原料が使われるのはビールじゃないと言われているので
日本の多くのビールはビールじゃないということになります。

因みに、当時のエジプトではビールは庶民の飲み物で貴族や王族はもっと高価なワインを飲んでいたそうです。

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Qミイラと古代エジプト展について

学校の授業でレポートするため、神戸市立博物館で6月の中旬までやった「ミイラと古代エジプト展」について情報が必要になった。インターネットで色々調べたが、特別めがねをかけ、3Dシアターで古代エジプトについて映像をみたということくらいわかった。しかし、そのみたものはどんなものだったのか書いたひとはほとんどない。このミイラと古代エジプトをみたひといれば、映像はどんなものだったのか説明してください。お願いします。

Aベストアンサー

「大英博物館」で検索して見てください、ミイラ博に関してのHPが有ります、著作権の関係でURLが転載出来ませんでしたので。

Q古代エジプトの聖水販売装置

今 自動販売機の歴史について
調べていて、その中でも
古代エジプトに聖水販売装置なるものが
あることを知りました。
どなたか情報を知っている方、
またどのようなものであったか
分かる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

発明者はヘロンという学者です。
この人は古代の則巻千兵衛博士(古いね)みたいな人で、
自動ドア、サイフォンの原理による噴水なども発明しています。
「ヘロン 自動販売機」で検索すると出てきます。
(下記は一例)

参考URL:http://www.salon-de-rosp.com/blog/vita/archives/001127.html

Q古代エジプト人の生活(風呂と飲み水と顔料について)

古代エジプト人の生活(風呂と飲み水と顔料について)

古代エジプト人は、

1.風呂に入っていましたか?
2.飲み水はどうやって調達していましたか?

ナイル川の水をそのまま飲むと腹を壊すと思います。

川の水をろ過して飲んでいたのですか?
ろ過するのはどうやっていたか教えてください。

古代エジプト人は鉱山を溶かして顔料にしていたそうです。

3.鉱山を溶かすってどうやっていたんですか?

Aベストアンサー

1)と3)については
http://www.geocities.jp/kmt_yoko/QandA-2.html
に回答があります。
2)は井戸じゃないでしょうかね。ある意味ではナイル川の水を濾過していたことになります

Q古代のエジプトとフランスの関係って・・・

先月エジプトに旅行に行った際、神殿などを数多く観光したのですが、ガイドさんの説明に『フランス』と言う言葉が多くで出来て気になっていました。
例えば、ル区ソール神殿のオベリスクの一つは現在フランスのコンコルド広場にあり、それと引き換えにフランスはエジプトに時計を贈ったとか…
その他何度も『フランス』と言う言葉を聞いたので 「?」とは思っていましたが、
フランスのルーブル美術館に古代エジプトコーナーがあったり、入り口にはピラミッド窓があったり、地下鉄のpyramides(ピラミッド)という駅までありますよね!
古代、エジプトとフランスには一体どのような関係があったのでしょうか??
少しの情報でも結構です!何かご存知の方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

古代の時点では大して関係はなかったと思います(^_^;)。
古代っていっても長いですから、当時、今のフランスに住んでいた人でエジプトに行った人もいたと思いますが、……今検索したところ、フランス王国が出来たのは987年のようですからね。古代エジプトはその千年くらい前に終わってます。

古代の話ではなくて、近代において関係はありました。
きっかけは既に出ていますがナポレオンのエジプト遠征。二年くらいでイギリスに攻められ、ナポレオンは帰ってしまったので短い支配でしたが、これが遠因になってエジプトがトルコからの支配を逃れたという経緯もあり、以後の関係は(おおざっぱに言えば一応友好的な方向で)続きます。
ナポレオンは遠征にも、画家や学者を大勢連れて行って古代の文化を調査しており(ロゼッタストーンもこの時に見つけていますね)、その後も古代エジプトの文化研究・発掘はフランスが一歩リードする形になりました。
フランスの名をよくお聞きになったのはこのあたりの事情が影響していると思います。

ちなみにイギリスもエジプトとは関係が深いです。手を出したくてしょーがなかったようです(^o^)。
ちゃっかりスエズ運河の大株主になっちゃったりとか、ツタンカーメンのお墓を発掘したりとか、乱を武力で鎮めたり(その後支配……)とか……
なので、イギリスにもオベリスクはありますし(ちっちゃいんですけどね)、大英博物館はエジプトコーナーも充実してます。今はロゼッタストーンもここにあるんですねー。
多分「イギリス」というのもガイドさんの話の中には二回か三回は登場したと思うんですけど……(^_^;)。

ルーブルの入り口をガラスのピラミッドにしたのは、単に「好き」だったからじゃないでしょうか。

世界のオベリスクの所在地のサイトを貼っておきます。
イタリアが一番多いのは、近代ではなく、イタリアがもっと力を持っていた古代ローマの時代に運んだからですね。みんなエジプト文明が好きだったんですよ(^o^)。

参考URL:http://members.aol.com/Sokamoto31/obelisk_j.htm

古代の時点では大して関係はなかったと思います(^_^;)。
古代っていっても長いですから、当時、今のフランスに住んでいた人でエジプトに行った人もいたと思いますが、……今検索したところ、フランス王国が出来たのは987年のようですからね。古代エジプトはその千年くらい前に終わってます。

古代の話ではなくて、近代において関係はありました。
きっかけは既に出ていますがナポレオンのエジプト遠征。二年くらいでイギリスに攻められ、ナポレオンは帰ってしまったので短い支配でしたが、これが遠因になっ...続きを読む

Q【古代エジプトのエジプト人は宗教は何を信仰していたのですか?】キリスト教、イスラム教でもない独自の宗

【古代エジプトのエジプト人は宗教は何を信仰していたのですか?】キリスト教、イスラム教でもない独自の宗教ですか?

それはなぜ現代では消えてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

古代エジプトは、ヘリオポリス九柱神を崇めるエジプト神話の宗教国家です。
ピラミッドとかパルテノン神殿とか、有名な宗教施設いっぱい残ってるじゃん。
神様だって、太陽神ラーとか、豊穣の神イシスとか、冥府の神アヌビスとか著名な神がいっぱいいる。
現代で消えてしまったのは、古代エジプトの歴史が長くて、為政者に都合よく改変されていったのと、ローマ帝国との姻戚でギリシャ神話、ローマ神話に引き継がれていき、ユダヤ教はモーゼの出エジプトのようにエジプト対立で生まれた宗教で、
プトレマイオス朝が共和制ローマによって滅ぼされたのが紀元前30年なので、エジプトの衰退がユダヤ教からキリスト教が発生する土壌になっているため。

Q古代エジプトの花崗岩の彫刻はどんな道具で彫ったのですか?

古代エジプトの彫刻を見ると、現在の彫刻にも劣らない技術があったように思いますが、硬い花崗岩を彫った道具は、どのようなものでしょうか?また、国内にそれらの道具を見学できる施設(博物館)などはありますか?

Aベストアンサー

つかみきれていませんが古代エジプトの金属製の道具は、やなり青銅や鉄と考えられているようです。
青銅が発明されるまでは、隕石(隕鉄)利用していたようです。
http://www.himeji-kougyo-danchi.jp/About/steel.html
キーワード:天の金属

鉄の製法はヒッタイトが発明しましたが、エジプトへの普及時期は?
http://www.genki.gr.jp/ginzan/festory/feroad.htm

青銅は紀元前2000年頃に発明されていますので、エジプトにも200-300年後には伝わっているのでないでしょうか。

参考URLには各種、石の加工道具やその使用法が載っていますが、写真でラムセスII世時代の、青銅製の小型のみがあります。

確信をついたQ&A
http://ao.jpn.org/toron/neocitylog/942.html
以前の関連した質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2038237

キーワード:古代 エジプト 硬い石 加工 青銅 OR 鉄
これで吉村教授の意見の載ったPDFファイルが出ます。

表面加工では今でもそうですが、より硬い石の粉や同質の石の粉を擦り付ける方法があります。

参考URL:http://www.geocities.com/unforbidden_geology/ancient_egyptian_stone_vase_making.html

つかみきれていませんが古代エジプトの金属製の道具は、やなり青銅や鉄と考えられているようです。
青銅が発明されるまでは、隕石(隕鉄)利用していたようです。
http://www.himeji-kougyo-danchi.jp/About/steel.html
キーワード:天の金属

鉄の製法はヒッタイトが発明しましたが、エジプトへの普及時期は?
http://www.genki.gr.jp/ginzan/festory/feroad.htm

青銅は紀元前2000年頃に発明されていますので、エジプトにも200-300年後には伝わっているのでないでしょうか。

参考URLには各種、石...続きを読む

Q古代エジプトについて

古代エジプトには色々な神々がいますが、
その神様は約何種類の神様がいるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 質問者さんは古代エジプトについてどの程度ご存じなのかな?

 一応、小説のネタ用に、世界の神々や仏、悪魔などのデーターベースを作ってあるのですが、

> 古代エジプトには色々な神々がいますが、

 となっていて、かなりご存じのようなのでどこまで書くべきかと悩みますが。


 まあ、知っていると言われるかも知れませんが、手ほどき程度のことを書きますと、エジプトの神々はエジプト各地の神や異民族の神が「習合」してこん日に至っています。

 ※ 習合であって、集合ではありません。日本も「神仏習合」国です。

 つまり、主要な神も含めて、わけがわからん状態だということなんですね。

 AはBの親だと思ったら子だったり、兄だと思ったら弟だったり、つまり親族関係が逆という説があったり、親子だと思ったら同一神だ(という説がある/もちろん親子説もある)ということもあるようです。

 また、それらのどれが「正しい」と言えないのが難しい。地域によって違うわけですから。

 つまりエジプトの神々は、日本のように数が多くて数えられないのではなくて、識別が難しいために数えられないと言えばいいかな。

 身につまされる話を書けば、日本の年金みたいな話です。

 AとBは別人だと思ったら同一人物だったり(名前が当て字的で読み間違えて入力したとか)、同じAだから同じ人だと思ったら同姓同名の別人だったり、という状況に似ています。

 現代日本でも起きているのですから、古代エジプトでおきるなんて、当たり前。

 どこかに、キッチリとした数を書いた本が出ていたりするかも知れませんが、まあ、デタラメに近いです
(^_^;\(^O^ )ペチッ!

 せいぜいが、「死者の書」など神話にしばしば出て来る神様の数、つまり質問者さんがすでにご存じの神様数くらいしかわからないと思いますよ。

 というわけで、「誰にもわからない」というのが、今回のご質問に対する正しい回答です。
 

 質問者さんは古代エジプトについてどの程度ご存じなのかな?

 一応、小説のネタ用に、世界の神々や仏、悪魔などのデーターベースを作ってあるのですが、

> 古代エジプトには色々な神々がいますが、

 となっていて、かなりご存じのようなのでどこまで書くべきかと悩みますが。


 まあ、知っていると言われるかも知れませんが、手ほどき程度のことを書きますと、エジプトの神々はエジプト各地の神や異民族の神が「習合」してこん日に至っています。

 ※ 習合であって、集合ではありません。日本も「神仏...続きを読む

Qエジプトなどに見る古代の絵画で人は横顔ばかりなのは?

エジプトなどに見る古代の絵画で人は横顔ばかりなのは?

 最近エジプトなどの考古学的展覧会を見る機会が多く、いろいろな古代の絵画を多く見ました。
 そこで疑問に思ったことは、人の顔が正面から見たものはほとんどなく、横顔ばかりなことです。しかもほぼ真横から見た絵ばかりです。
 これには何か理由があるのでしょうか、お教えいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

質問者様の疑問の通り、「(技術的に)書けなかった」のではなく、「(宗教的・伝統的に)書けなかった」というのが正しいです。
その理由として、まずエジプト絵画がそもそも王族などの被葬者を対象として製作される宗教的な物であったこと、またそこには個性や写実性といった要素がそれほど求められていなかったことなどが挙げられます。

このことは、適当なエジプトの壁画やパピルス画をひとつ掘り下げてみるとよく分かります。

アマルナ時代を除くほとんどの時代のエジプト絵画では、人間の顔は側面型の描写でありながら、体だけが正面を向いていますね。その一方で、動物や植物、その他の自然物は全て側面型で統一されています。
つまり、人間の描画作法だけが特殊なんです。

そして、人間の顔の中身はどれもほとんど同じですよね。例えば適当に切り出された二枚の壁画を見せられて、どちらがホルエムヘブでどちらがアメンホテプか一発で見分けられる人はまずいないと思います。
しかし、どの人物が描写の主題であるのか、すなわち、神やファラオはどこに描かれているのか、といったことを見分けるのはそれほど難しくはないと思います。神やファラオは、明らかにそれと分かる装飾品や、他とは全く異なる図像的サイズをもって描かれているからです。

これは、エジプト絵画が「神に見せるためのもの」であったこと、すなわち、「墳墓への主たる埋葬者(来世へ霊魂を送らなければならない人物)がどういう立場の者であったのか」を的確に表現することが最も重視されていたことを意味しています。
そこでは「当代のファラオは二重まぶただった」とか「ホクロに毛が生えていた」といった細かい特徴はどうでもいい要素であって、誰が見ても間違うことのない「被葬者の社会的立場(=身分)」や「明らかすぎる身体的特徴(肌の色とか、頭・鼻の形状とか)」を表すことこそが肝心でした。

それ故、絵師の技術や対象物の微細な形質的差異によって図像ごとに大きく異なりが生まれてしまう写実表現よりも、むしろ人物そのものは極力簡素化させる方向へと向かっていったのです。
そして最終的には、装飾品を書き出しやすい正面型の胴体と、形質を書き出しやすい横向きの頭部、という視点の変化を併用するようになったのだ、と言われています。

おおざっぱにはこのような理由からですが、ほかにも「過去・現在・未来にまたがる物語をひとつの描画空間で並列して描くために、人物の顔の向きで時間的な区切りを表すため」とか、「描画スペースを有効活用するため、遠近法を用いずに顔だけで動きの方向性を表せるようにした」とか、いろんな理由があります。
また近年の研究からは、画工の専門学校をつくって厳格な描画作法を規定し指導していた事実も示されており、技術的に稚拙だったというよりも、あえてそのステージに技術的発展を留めることで、逆に宗教性を高めようとしていた意図が窺えます。

質問者様の疑問の通り、「(技術的に)書けなかった」のではなく、「(宗教的・伝統的に)書けなかった」というのが正しいです。
その理由として、まずエジプト絵画がそもそも王族などの被葬者を対象として製作される宗教的な物であったこと、またそこには個性や写実性といった要素がそれほど求められていなかったことなどが挙げられます。

このことは、適当なエジプトの壁画やパピルス画をひとつ掘り下げてみるとよく分かります。

アマルナ時代を除くほとんどの時代のエジプト絵画では、人間の顔は側面型...続きを読む


人気Q&Aランキング