奨学金の返済者が死亡してしまったケースではその奨学金については返済義務がなくなってしまうのでしょうか?それとも親御さんが代わりに受けるようになるのでしょうか?少し意識のすれ違いがあり困っております。どなたかご教授くだされば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本学生支援機構(旧:育英会)での奨学金でしょうか?



奨学金の受給者(返済者)本人が死亡した場合は残りは免除になります。

参考URL:http://www.jasso.go.jp/menjyo/imenjo.html
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本学生支援機構の奨学金について

日本学生支援機構の奨学金について
お世話になります。
大学院に内部進学が決まったのですが・・・。
現在、日本学生支援機構の奨学金(第二種)を受けており、大学院に進学後も奨学金を受けたいのです。
内部進学者には在学中に、大学院進学時にも奨学金を受けるための予約申請のようなことが、5月、6月頃にできると聞いたことがあります。
が、現時点で大学でそのような募集がなく、日本学生支援機構のホームページでも見当たりません。
予約申請のような話が記憶違いだったのかもしれませんが・・・もし、進学前に応募できるような制度というのは本当にあるのかどうか、お分かりになる方がいらしたら、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

http://www.jasso.go.jp/saiyou/
予約採用は在学中の窓口に申し込むことになっています。
募集を待たずに問い合わせてはいかがですか?

Q奨学金の一括返済について質問です。 日本学生支援機にて、384万円の奨学金を借りている現在大学4年生

奨学金の一括返済について質問です。

日本学生支援機にて、384万円の奨学金を借りている現在大学4年生です。

祖母が利子で150万程度の上乗せがバカバカしいということで、機構には一括返済をし、自分が祖母に毎月返済していくと話になっています。

この場合の贈与税はどうなるんでしょうか。

税務署に確認したところ384万円の贈与であれば、311600円の税金が発生すると言われました。

年間1500万円までの教育資金贈与信託は適用されるのでしょうか?

Aベストアンサー

年間1500万円までの教育資金贈与信託ですか。
「信託」という言葉があるように、金融機関を経過しての贈与でないと該当しませんから、祖母から直接孫が贈与を受けたのでは「非該当」です。
また、金銭消費貸借契約をして「借りた」ことにするのも、難しい問題があります。
その金銭消費貸借契約は真に「お金の貸し借りなのか」どうかです。
1 利息を計上すること
2 返済計画があり、それが守られている事。
  ここでは返済が実際にされてるかどうかがポイント。口座に振り込むなど記録が残るように。
3 返済計画の長さ
  具体的には返済計画が「祖母が生存してる間に終了するもの」かどうかです。
  仮に祖母が80歳で20年で返済する計画でしたら、完済までに祖母が死亡してしまう可能性大です。

4 金銭消費貸借契約は贈与行為の隠れ蓑として使用されることが多いので(仮に調査対象になった場合。自分の処は絶対に調査対象になどならない自信があれば、このようなことを考える必要性がない)、上記の点をクリアーしておくべきです。
 要点は「一般に金を人様に貸すときに、このような条件で貸すかどうか」です。
利息なしで貸し付けるなどは「お話になってない」ですし、返済期限の定めがないというのも「どうかしてる」です。
 法人ならともかく、高齢な個人が返済計画中に死亡してしまうような貸付などはしないでしょう。
金額によっては担保をとります。何百万円という大金を貸すのに無担保でお金を貸す金貸しはいません。


ところで、祖母から孫への贈与でしたら相続時精算課税を利用して贈与を受け「とりあえずだが、税金は発生しない」選択をする手があります。
そちらを検討した方が実効性があると感じます。
ただし、相続時精算課税制度は一度選択すると撤回ができません。
「その時の税金を、今から延滞税をつけて払うから、撤回させてくれ」と言ってもできません。

祖母の相続発生時には、相続税納税義務があるようなら相続税の申告をすることになりますが、このとき孫に贈与したお金は「相続財産に加算して相続税の計算をする」ことになります。
 税法に決められた負担をするのはやむを得ない事ですが、それよりも「他の相続人」から「あんたが現金の贈与を受けていたなんて、おれは聞いてなかった」として、遺産分割協議そのものが紛糾してしまうことがあります。
 今回の金額はたいした金額ではないのか、大金なのか個人個人で変わるのですが、「おふくろが残す現金のうちいくらかは私が相続することができるのに、知らない間に孫にやってしまってた。」として、おふくろさんにではなく、貰った孫やその親に「いいがかり」をつけてくる可能性もあるわけです。

そのような人が存在しないというなら、それでいいです。
「もしかしたら、あのおじさんはやばいかも」という人がいたら、一言断っておかないと「あとがめんどくさい」です。

相続時精算課税の選択は「あらら。税金払わなくていいんだ。じゃ、そうしよ」って選んでしまうと、のちのち思いもしない「困ったこと」がおきます。
既述のように「撤回できない」制度ですから、選択する際には、税理士に相談してからにするよう「強く奨め」ます。



なお、贈与税額が贈与を受けた額の10%以内でしたら「いっそ贈与をうけて、贈与税申告して納税してしまったほうが、すっきりする」という意見もあります。
消費税率が8%、所得税も195万円以上の所得には10%(ついでの住民税が10%つく)ことを考えたら、あれだこれだと案を練ってウダウダしてるよりも「贈与を受けました。贈与税払います」の選択はありなのです。

年間1500万円までの教育資金贈与信託ですか。
「信託」という言葉があるように、金融機関を経過しての贈与でないと該当しませんから、祖母から直接孫が贈与を受けたのでは「非該当」です。
また、金銭消費貸借契約をして「借りた」ことにするのも、難しい問題があります。
その金銭消費貸借契約は真に「お金の貸し借りなのか」どうかです。
1 利息を計上すること
2 返済計画があり、それが守られている事。
  ここでは返済が実際にされてるかどうかがポイント。口座に振り込むなど記録が残るように。
3 返...続きを読む

Q日本学生支援機構の奨学金申込について

日本学生支援機構の奨学金申込について教えてください。
今春、子供が大学に入学しました。日本学生支援機構の奨学金を借りたいと思っていますが、子供が大学の説明会に行けませんでした。(説明会は3日前に終わったとのことです。)説明会に出席していなければ奨学金の申込はできないのでしょうか。それとも、どこかに必要書類をもらいに行けば申込みできるのでしょうか。ご存じの方、どうか教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.jasso.go.jp/saiyou/daigaku.html

 提出は大学を通じてとなっています。一度大学の事務局に問い合わせてみてはどうでしょう?締切がまだのようであれば間に合うと思います。

Q死亡保険金と税金

3年前に夫が亡くなり死亡保険金を受け取りました。
保険金は一時所得になるらしく、確定申告をしていませんよということで
税務署に呼ばれH14年の確定申告をしに行ってきました。

延滞と利息だけで4~5万、合計約20万もかかります・・・。
所得税の金額が変わると、市民税も追加請求がくると言ってました。

税務署の方は
保険金振込の通知の際、確定申告するようにという通知が行ったはずだと
言ってましたが、夫が亡くなった直後でパニック状態で覚えてません。
保険金のお金は葬式代、夫の借金返済、引越代で残ってません。

現在、遺族年金で子供と暮らしてますが
2ヶ月以内に20万支払って下さいと言われ、悩んでいます。

せめて延滞と利息だけでもなんとかならないものでしょうか・・?

Aベストアンサー

#2 の方も書かれていますが、死亡保険金はご主人が保険料負担者であれば相続財産扱いとなり、相続人一人につき500万円までは非課税です。仮にそれを超過しても相続人が奥さんと子供一人と仮定すれば、相続財産総額が7000万円までは非課税になったはずです。今回税務署が課税してきたのは、保険契約者名義が奥さんになっていたからだと思います。
こうした悲劇を見るたびに、世のFPを名乗る人々のいいかげんさに腹が立ちます。この掲示板でもFPを名乗る回答者の回答内容のレベルは低くて、税金の知識がまったくたりない。保険外交員が少し注意してさえいれば、課税されることなどなかったのに、保険契約実績をのばすことだけしか考えていないからこういうことになるんです。

すでに平成14年分の確定申告をしてしまわれたということで、もう対応は難しいかもしれませんが、だめもとで税務署に対して異議を申し立てるのも一つの方法かもしれません。遺族年金で暮らしをされているということから推測しても、ご主人の生前においても奥さんには所得がなかったのではないでしょうか?そうであれば、保険契約の名義が奥さんだったとしてもそれは名義借りに過ぎず、本当に保険料を負担していたのはご主人であったことを主張し、実質課税の原則により死亡保険金を相続財産であったと主張できるかもしれません。そうなれば所得税・相続税とも非課税にできます。

できれば14年分の確定申告書を提出する前に相談してほしかったところですが、だめもとでチャレンジする余地はあるかと思います。

なお、上記主張が認められず税金を支払う場合、延滞税に延滞税はかからないので、所得税本税だけを先に払い、延滞税はあるとき払いにしてもよいと思います。

#2 の方も書かれていますが、死亡保険金はご主人が保険料負担者であれば相続財産扱いとなり、相続人一人につき500万円までは非課税です。仮にそれを超過しても相続人が奥さんと子供一人と仮定すれば、相続財産総額が7000万円までは非課税になったはずです。今回税務署が課税してきたのは、保険契約者名義が奥さんになっていたからだと思います。
こうした悲劇を見るたびに、世のFPを名乗る人々のいいかげんさに腹が立ちます。この掲示板でもFPを名乗る回答者の回答内容のレベルは低くて、税金の知識がまったくた...続きを読む

Q大学の奨学金について教えて頂きたいのですが、日本学生支援機構の無利子ま

大学の奨学金について教えて頂きたいのですが、日本学生支援機構の無利子または明治大学の奨学金制度について詳しい方是非ご回答お願いします;

私の成績の状況
・評定平均 4.5~4.7(まだ明確にでていないため)
・親は父、母の二人ともおります
・所得に関しては決して高くありません。具体的な金額までは言えませんが、奨学金の所得制限にひっかかることはあり得ないだろう…というくらい低めです…
・大学は明治大学の商学部です(4月入学予定)
・日本学生支援機構の予約採用には申し込みませんでした…;

できれば無利子の奨学金を借りたいと考えております。が、やはりこの状況では厳しいのでしょうか

ご回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

成績的には問題ないんではないでしょうか。ただ大学ごとに奨学金を借りられる枠が決まっているので、他の希望者次第でしょう。しかし希望される多くが無利子を当然希望しますので、希望者の成績と親の所得などが考慮され決定されます。入学後に説明会などがあると思いますので、必ず参加してください。がんばってください。

Q死亡後の貸付金の処理

貸付金の取扱について教えてください。
まず、相続関係ですが、被相続人(女性)Aでご主人はかなり前に他界してします。相続人は子供二人B及びC(成人)です。その他の相続人はいません。
さて、AはCに対して2千万円の貸付をしていました。証書も残っています。この場合はこの2千万円に対してはどのような手続きになるのでしょうか?

Bは、Cへの相続分から2千万を控除するべきと主張していましたが、Cは、BおよびCから1千万円ずつ控除すべきだと主張していました。

ところがしばらくすると関係書類からCはその相続分を控除せず、Cに対する貸付金としてCの子供Dの名義で書面上残していました。
つまりAがCに対して貸し付けていた2千万円を、今度はDがCに対して貸し付けているとする書面になっていたのです。
遺産分割協議の状況を知らないのでなんともいえませんがこういうことは相続税法上許されることなのかどうか疑問に思います。
この場合はAがCに対して有する債権をAの死亡後Dに遺贈したということになるのでしょうか?その場合は遺言書がないと有効はいえないと思いますが死亡直後のBとCとの争いを見ると遺言書などなかったようにしか思えませんが税務に詳しい方の見解を伺います。
よろしくお願いいたします。

貸付金の取扱について教えてください。
まず、相続関係ですが、被相続人(女性)Aでご主人はかなり前に他界してします。相続人は子供二人B及びC(成人)です。その他の相続人はいません。
さて、AはCに対して2千万円の貸付をしていました。証書も残っています。この場合はこの2千万円に対してはどのような手続きになるのでしょうか?

Bは、Cへの相続分から2千万を控除するべきと主張していましたが、Cは、BおよびCから1千万円ずつ控除すべきだと主張していました。

ところがしばらくすると関係書類からC...続きを読む

Aベストアンサー

まず、被相続人Aの相続財産にはAがCに貸し付けたお金も入っています。
たとえば、Aに不動産、預金、現金、宝石類、証券という財産があったとするとその中に貸し付けたお金も入っているということです。
当然、BとCが相続する財産はAの相続財産すべてが対象ですので、BとCは協議して相続財産を分割することになります。(Aが遺言をしていない場合)
その貸付金はBが相続してもよいし、Cが相続してもよいのです。当然、B、Cが折半してもよいのです。Cが相続した時は貸主と借主が同じくなり相続していないように見えるだけです。
AがDに対してする遺贈ですが、これも遺言あるいはAの相続人の分割協議がなければありえないです。Aが生前にDに贈与していた時はその貸付金はAの相続財産から除かれることになります。ただし、これもいつDに贈与されたのかによりAの相続財産となる場合もありますので法律の専門家に相談した方がよいです。
なお、相続税上ではAの相続財産を決定して、相続人間での協議に基づいた相続税を納めていただくだけですのでこのような相続人間の問題には影響しないです。

Q子供が大学進学控え日本学生支援機構の奨学金を希望しているのですが、第一

子供が大学進学控え日本学生支援機構の奨学金を希望しているのですが、第一種奨学金の学力基準(5段階で3.5以上)は必ずクリアすべき基準なのでしょうか。御教授ください。

Aベストアンサー

>第一種奨学金の学力基準(5段階で3.5以上)は必ずクリアすべき基準なのでしょうか。
そのとおりです。
クリアーできていないなら、第二種を希望するしかないでしょうね。

Q扶養家族が死亡保険金を受け取った場合

自分の両親を扶養家族にしていて、本年中に父親が死亡したことにより、
母親が死亡保険金を受け取りました。

 (1)その場合、その死亡保険金は本年の母親の所得となり、38万を
   超えていた場合、扶養家族から抜けなくてはいけませんか?

 (2)被保険者、保険料負担者は亡くなった父親で、受取人は母親です。
  この場合、相続税の課税対象額の計算を行ったもの=本年の所得
  ですか?

・・・・という質問を、弊社社員から受けました。私は弊社の年末調整
担当者です。

そもそも、父親が亡くなったときに準確定申告を行っているはずで、
そのとき配偶者として母親を所得にいれている可能性が高いと思うのですが、
質問者本人は「何もしていないはず」と言っています。

(1)、(2)について、私もわからないので教えていただきたいのと、
父親の準確定申告を万一行っていないとしたら、
それによって発生する問題も教えていただければ幸甚です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の死亡保険金に関しましては、相続税の課税の対象(死亡していた人が保険料を支払っていたため)となりますので、所得税の課税の対象とはなりません。
よって、外に所得がなければ、扶養親族となり、外に所得がある場合にはその金額で扶養親族の判定を行うことになります。(もし、その社員が保険料を払って母親が保険金を受け取った場合には贈与税の課税の対象となりますが、その場合も所得税の課税の対象となりませんので、同じくなりますが、贈与税は支払うことになります)

所得税の課税の対象となる場合は、母親が保険料を支払っていて母親が保険金をもらった場合です。(自分で払って自分でもらった場合)
その場合の所得の金額は
保険金-支払った保険料-50万円÷2
で計算した金額となり、扶養親族の所得の判定に関しましては、外に所得があった場合はその金額を加算した金額が38万円以下に該当するかどうかです。


で、父親が死亡して、準確定申告をしているかどうかですけど、ご質問の場合ですと、両親を扶養親族としていたみたいですので、準確定申告は、計算しても税金が出ないため、なされていない可能性が高いと思われます。

もし、父親に何かしらの所得があった場合等で、税金が出る又は申告が要件の適用を受ける場合ですと申告の必要がありますが、その場合の準確定申告期限はその死亡した日から4ヶ月以内です。

余計なことかもしれませんが、その父親の所得税の計算に関して控除する給与所得控除・公的年金等控除・基礎控除・配偶者控除等に関しましては、別に月割りとか減額されることはありませんので、そのままの金額となります。


あと、社員の方の扶養控除ですが、あくまでも金額の判定に関しましては通常どおりとなります(所得が38万円以下)が、もし、老人扶養親族等の年齢の判定に際しましては、父親に関しましては、その死亡の時の年齢により、母親に関しましては12月31日の現況によるものとされます。

ご質問の死亡保険金に関しましては、相続税の課税の対象(死亡していた人が保険料を支払っていたため)となりますので、所得税の課税の対象とはなりません。
よって、外に所得がなければ、扶養親族となり、外に所得がある場合にはその金額で扶養親族の判定を行うことになります。(もし、その社員が保険料を払って母親が保険金を受け取った場合には贈与税の課税の対象となりますが、その場合も所得税の課税の対象となりませんので、同じくなりますが、贈与税は支払うことになります)

所得税の課税の対象とな...続きを読む

Q日本学生支援機構の奨学金の採用について 今年の春から専門学校に行く娘をもつ母親です 先日在籍する高校

日本学生支援機構の奨学金の採用について
今年の春から専門学校に行く娘をもつ母親です
先日在籍する高校から日本学生支援機構の二種の奨学金に申し込みをしました
入学時の増額も申し込みをしました
2月末に結果がわかるのですが、不採用になることはありますか?
色々見ていると、全員採用されると書いてあったり、不採用になる人も多いなど情報が様々で不安になってしまいます
実際のところどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

通常、所得制限さえクリアーしていれば採用されます。
なので大丈夫でしょう。
なお、一種(利子がつかない)の場合は、学校の成績なども審査に影響するので不採用になることがあります。

Q住宅ローンの繰上返済・一括返済について

夫名義の家の住宅ローンを繰り上げ返済、あるいは一括返済する場合、その資金は夫名義の預貯金から出さないといけないのでしょうか。

たとえば、妻の貯金を引き出して現金で、とか、それを夫の口座に入れておいて、というようなことをすることはできますか?

銀行からどういうお金かと訊かれたり、それが妻の貯金だとわかったら贈与税がかかったりということがあるでしょうか。

Aベストアンサー

夫名義の家の住宅ローンを繰り上げ返済、あるいは一括返済する場合、その資金は夫名義の預貯金から出さないといけないのでしょうか。>
厳密に言えば、そうしないと夫婦間の贈与ということになり贈与税が掛かることになります。ただ、生計を一にしていればそのお金がどちらのものかなんて細かくは分からないと思います。でも、明らかに奥さんが稼いだお金とか親からの相続や贈与されたお金から旦那さんの住宅ローンを返済すれば贈与となるでしょうか。

たとえば、妻の貯金を引き出して現金で、とか、それを夫の口座に入れておいて、というようなことをすることはできますか?>
贈与税が掛かる状況で税務署に調べられることにでもなれば、小細工しても無駄でしょう。

銀行からどういうお金かと訊かれたり、それが妻の貯金だとわかったら贈与税がかかったりということがあるでしょうか。>
銀行は何も言わないでしょう。尋ねられて困るのは税務署です。明らかに贈与になる状況なら、あなたが返済した分の不動産の持分登記をすれば間違いないです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報