ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

安かったので買いすぎたバーボンがあるので、ふとおもいついたんですが少し心配です。ご意見お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

経験は有りませんが


多分駄目でしょう
ブランデーでやりましたが
焼酎のように梅のうまみや酸味が上手く出なかったです
梅の渋みだけが強く出ました
ブランデーの香りが強く
とても梅酒と呼べる物では無かったです
バーボンはブランデー以上に癖のあるお酒ですので
それから類推すると
ブランデー以上にとんでもないものが
出来上がるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど そういうもんですかね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 23:34

梅の味と香りを酒に移して楽しむために、


味も素っ気もない(失礼)ホワイトリカーを使うのがごく一般的ですね。

擬似的に試してみたいとお思いでしたら、
バーボンに梅酢(梅干の汁)とガムシロップを混ぜてみると
近い味になるのではないでしょうか。

おすすめはしませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やめといた方がよさそうですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 23:35

こんにちは。



あくまで個人的な意見ですが。
義父がウイスキー(銘柄は不明)で梅酒をつけていました。
でもあまりおいしくなかった。。ていうかにおいがへんだった。

私は梅酒は焼酎でつくるものだとばかり思っていたのですが
そういうのもアリなのか?と当時思い込んでしまいましたが
義父の漬けかたがまずかったのか、ウイスキーと梅の相性が悪かったのかそのへんは不明です。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バーボンはもっと癖が強いので尚更駄目でしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 23:37

ブランデーで作った梅酒は旨かったです。


バーボンだと苦みが強すぎて難しいかも知れませんね。試しに梅の香りとバーボンの味と香りと砂糖を全部口に含んだ味を想像してみてください。

ただ、バーボンベースで甘いカクテルも存在するので、結構行けるかも知れません。試してみるしかないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

想像すると恐ろしいような・・・・ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 23:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梅を取り出さなかった10年以上の梅酒、飲めますか。

10年以上(記憶も定かでない)も前に漬け込んだ梅酒が出てきました。梅を取り出さなかった(ここが問題)ため、飲めるかどうか気にしています。何方か経験の有る方のアドバイスをお願いします。
(1)ブランデーと氷砂糖で漬け込んだ。
(2)ふたを開けるのに相当力が必要だったため、空気には触れていないと思われる(密閉されていた)。
(3)流しの下の冷(?)暗所に保存。
(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
(6)臭いは普通。特にくさい臭い等は無く梅酒の臭い。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
折角見つけたので是非飲みたいと思っているのですが...。

Aベストアンサー

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
梅の実を長く入れすぎた時に良く出る苦味があります。
もしくはヘタを取り損ねていると、それがエグミの元にもなります。
いずれにしても梅の方は味的に食用には向かないと思います。

これ以上の酸化防止に、一升瓶など遮光の保存瓶に移し変えましょう。
10年物の場合は、底の方に澱が溜まっている可能性があります。
そっと移し、出来ればガーゼ+コーヒーフィルターで漉すと良いでしょう。
漉す事で、エグミが取れる場合も多いです。
【漉し方】
※まず上澄みを先に他の瓶に移し、濁ってる部分だけ漉すようにしましょう。
100均で売っている大判ガーゼと、味噌漉しを用意します。
3枚以上重ね味噌漉しを覆うようにセットし、空気が混ざらないようゆっくり流しいれます。
ある程度目詰まりするようになったら、新しいガーゼに替えます。
ガーゼで荒い澱が除けたら、コーヒーフィルターです。ドリッパーにセットしやはりゆっくり流します。
目詰まりで液が出なくなったらこまめに取り替えます。
最初からコーヒーフィルターでやると、目詰まりばかりおこし、何時間もかかりますのでご注意ください。

アルコール感はまだかなり残っていますか?もしかしてかなり飛んでいませんか?
アルコールが飛んでいるとやはり酸化しやすいのでこれも手入れが必要です。
アルコールの回復には、新梅酒の追加が一番良いです。
もしも今年梅酒を漬けていれば、それをたっぷり足してください。1:1ぐらいまで大丈夫です。
新梅酒が無い場合は、漬けた酒と同等の酒を追加します。
1.8リットルで漬けているなら750mlほど足してみてください。

せっかくの10年梅酒、是非美味しく飲んでくださいね!

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味...続きを読む

Qホワイトリカーの値段の違い

梅酒をつくるホワイトリカーって、複数のメーカーのものがありますよね。
アルコール度数は同じなのに、紙パック1.8L入りで900円~1300円と差があって、タ○ラみたいな有名メーカーのものが高く、地元の無名メーカーのものは安いようです。
今までは、単純に「無名メーカーのは叩き売られるのかな」などと思って今年も最安値のものを買ったんですが、ふと、もしかして材料の違いとか味の違いとかあるのかも?と思いました。

けど、たとえ材料が違っても、甲類焼酎なら原料の匂いはほぼ消えているので、梅酒にしちゃえば味の差は分からないんじゃないかと思うのですがこのあたりもどうなんでしょう。

整理すると、
○ホワイトリカーの値段が違う理由
○安いものと高いものの味の違い
です。知ってる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2度目の登場です。

>たとえばモラセスの品質が違ったり~~
「モラセス」は先にも書きました通り、サトウキビを搾った液を砂糖の原料となる、純度の高い糖液を抽出した後に残る、言わば「絞りかす」なわけで、元々は捨ててしまうような物。とても品質を語れるようなシロモノではありません。
サトウキビの品種は「より高濃度の糖液を作る」事と「気象による影響を抑える」事に特化しており、「絞りかすで酒を造ること」に関してはまったく配慮されていません。
葡萄や米はお酒を造ることを目的に作られていて、その絞りかすも品質を語ることができるのとはワケが違うのです。

>アルコールで輸入して日本で調整したりで安くなったりとかはないんでしょうか?
アルコールにして輸入した場合、現地で加工した方が人件費は安く済みますし、原料で輸入するより輸送コストは安くなります。
しかし輸入関税がかかります。
輸送費の関係で高濃度アルコールで輸入されることになると思います(薄めればそれだけ嵩が増しますから)が、それだと「飲用アルコール」ではなく「原料用アルコール」扱いになるから関税は安くなるのかな?
まぁどっちにしろ「原料で」輸入されることはないでしょう。
そうなると各社の価格差はなくなることになりますね。
この辺の細かい所までは残念ながらよく知りません。

残りは「企業努力」ぐらいでしょうか?
事実お酒のディスカウントでも同じ商品の価格がお店によって500円も違うようなことはよくあることですし。

2度目の登場です。

>たとえばモラセスの品質が違ったり~~
「モラセス」は先にも書きました通り、サトウキビを搾った液を砂糖の原料となる、純度の高い糖液を抽出した後に残る、言わば「絞りかす」なわけで、元々は捨ててしまうような物。とても品質を語れるようなシロモノではありません。
サトウキビの品種は「より高濃度の糖液を作る」事と「気象による影響を抑える」事に特化しており、「絞りかすで酒を造ること」に関してはまったく配慮されていません。
葡萄や米はお酒を造ることを目的に作られてい...続きを読む

Q梅酒がすっぱい!!

こんばんわ。

6月に初めて梅酒を漬けてみました。
今まで我慢して、我慢して、今日初めて飲んでみたのですが、
その味がちょっとすっぱいのです。

梅酒は腐ることがあるのでしょうか?
もし腐っていないのなら、すっぱいのを直す方法はありますか?

初めてで分からないことだらけです。
どなたか教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

梅酒はもともとすっぱいものです。
お酒にホワイトリカーかそれに準ずる度数(30度以上)を使って、きちんと蓋してあれば、まず腐ることはありません。大丈夫ですよ。

梅:酒:砂糖を大体1:2:0.5にすると失敗がありません。
よく初心者さんがやるんですが、梅が余ったからちょっと多めに入れちゃえ…。これは梅からたくさんエキスがでて美味しくなりそうですが、酸味もえぐみも出てしまうので、すっぱにがく、バランスの悪い果実酒になります。解消するには、酒やお砂糖を足して比率を良くすること。酸っぱいレベルなら、お砂糖だけでも十分かもしれません。

たとえば今酸っぱいと思っている梅酒。これをジャム瓶などに200mlほど取り分けてください。そこに砂糖を10g入れてかき混ぜ、一晩寝かせます。(その場で味見してもいいですが、砂糖を添加してすぐは味がばらついて判断が難しいです。)その時点で酸っぱさが解消していれば、残った梅酒2に対し、0.1の砂糖を入れればいいわけです。

お酒を足す場合は、ホワイトリカーで漬けた場合でも、追加する分は乙類焼酎やブランデーなど、ストレートでも飲みやすいお酒をお勧めします。後から入れたお酒がこなれないため、ホワイトリカーだと追加したらかえって飲みづらくなることがあります。

せっかく漬けたんですから、美味しく飲めるといいですね。
経過報告、お待ちしています。

梅酒はもともとすっぱいものです。
お酒にホワイトリカーかそれに準ずる度数(30度以上)を使って、きちんと蓋してあれば、まず腐ることはありません。大丈夫ですよ。

梅:酒:砂糖を大体1:2:0.5にすると失敗がありません。
よく初心者さんがやるんですが、梅が余ったからちょっと多めに入れちゃえ…。これは梅からたくさんエキスがでて美味しくなりそうですが、酸味もえぐみも出てしまうので、すっぱにがく、バランスの悪い果実酒になります。解消するには、酒やお砂糖を足して比率を良くすること。酸っぱい...続きを読む

Q赤紫蘇入り梅酒の作り方

先日、居酒屋さんで変った梅酒を頂きました。その居酒屋さんは梅酒の種類がすごく多くて気になったものを4種ほど頂いたのですが、その中で
一番気に入ったのが赤紫蘇梅酒だったんです。
きれいなルビーピンク色ですっきり爽やかでした。
普通の梅酒はネットでも沢山見かけるし、自分でも何年か前作ったことが
あります。その時はベタベタ甘過ぎて結局最後まで飲み切れませんでした。 もったいない、、、。
でも今って美味しい梅酒が増えてるんですね。もし、家で作れるなら
安心だから試してみたいと思います。
どなたか情報有りましたら、レシピでもこつでも結構ですので教えて
下さいませ。お願いします。

Aベストアンサー

梅酒の基本的なレシピは
青梅1キロ(傷なし)
氷砂糖1キロ
ホワイトリカー(一番癖が無い味に仕上がる)
又はブランデー
又は40度以上の日本酒(大抵梅酒用とラベルに書いてあったりします)を1本

漬ける瓶は消毒します(熱湯消毒又は度数の強い酒)
青梅を傷が付かないように優しく洗い、
清潔な布巾で水分をふき取ります。
竹串で丁寧に梅のへたを取ります。
更に竹串で、梅を数箇所刺します(この穴から梅の成分が出易くなる為です)
瓶に梅を重ならないように並べ、その上に氷砂糖を並べます。
これを繰り返して何層かにしたら、静かにお酒を注ぎ込みます。
あとはしっかり密閉し、高温多湿を避けた日陰に置きます。
3日~1週間に1回瓶を振り、中が均等になるようにします。
3ヵ月後から飲めますが、薄いので、最低半年は寝かせましょう。
1年経つ前に梅を瓶から引き上げて保管します。

以上が基本的なレシピですが、

私は甘いのがダメなので、氷砂糖を半分くらいにし、梅を2キロ使います。
そうすると酸味のある梅酒になります。
紫蘇を入れたいならば、赤紫蘇を購入し、塩もみしてあくを抜き、
塩気を取る為に水ですすぎます。
入れるタイミングは3ヶ月後くらいで良いと思いますが、
その時期に赤紫蘇が無いと思うので、新鮮な紫蘇が手に入った時にいれれば良いと思います。

後は毎年作ってみて自分のレシピを作ってください。

梅酒の基本的なレシピは
青梅1キロ(傷なし)
氷砂糖1キロ
ホワイトリカー(一番癖が無い味に仕上がる)
又はブランデー
又は40度以上の日本酒(大抵梅酒用とラベルに書いてあったりします)を1本

漬ける瓶は消毒します(熱湯消毒又は度数の強い酒)
青梅を傷が付かないように優しく洗い、
清潔な布巾で水分をふき取ります。
竹串で丁寧に梅のへたを取ります。
更に竹串で、梅を数箇所刺します(この穴から梅の成分が出易くなる為です)
瓶に梅を重ならないように並べ、その上に氷砂糖を並べます。
...続きを読む


人気Q&Aランキング