庭用に「杉の木」でできた縁台を置こうと思います。
この製品、中国製で塗装等は一切されておりません。
強度も弱いため材木を購入して補強しようと思っています。

ところでこのように外に置く事を前提とした場合、
少しでも劣化を遅らせるにはどのように施せばよいのでしょうか。
「ニスを塗る」「ペンキを塗る」とか・・・
あるいは「何をやっても無駄」とか・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

土と接する部分が一番腐りやすいので


直接、土に触れないようにブロックや石を置いて乗せるとか
頻繁に移動するのでしたら、下に木部以外の物を取り付けてください。

木の塗装でしたらキシラデコールが良いと思います
色合いも沢山ありますし、長持ちすると思います
ホームセンターにあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人なもので大変参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 21:49

戸外の木部の保護にはペンキが一番効果的と聞いています


日本でも、海辺ではペンキ塗りの家が多いように思います
船にペンキを塗ったら、余ったペンキを家に塗るという説もありますが

私は犬走りに置いた縁台を、もう十年も、花台に使っています
軒下ですので全くの雨ざらしではありませんが、保護材なしです
たまに雨にあてて、年に一度は、亀の子たわしで水洗しています
いわゆる「うづくり」になってきました
釘は少し緩んできました
そして、そろそろ釘を打ち変えて、オスモでも塗ろうかと思っています
乾燥が進んでいるので塗料が良く染み込んで、丈夫になるだろうと思っています

新しい木に保護材(塗料)を塗ると数年ではがれます
綺麗な状態を保つには、毎年の塗り替えになるのだと思います
「なるべく乾燥状態を保つようにするが、何もしない」、お好みでしたら、私は勧めます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/18 06:49

ヒノキの縁台、10年間研磨、塗装等メンテしながらなんとか持ちましたが、体力・時間の観点から、2年前に樹脂・アルミ組み合わせ型にとりかえました。


最初は木の木目、板目が美しいのですが日当たりがよすぎると「焼ける」し、ニス塗膜もはげやすくなってきます。下はレンガ、石、等で水気を含んだ土と絶縁することは必要です。1~2年に一度くらい剥離・塗装をしないと10年以上は難しそう。費用対効果で、このくらいに期間後に杉の新品に変えるなら、それもまたいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レンガ、石等で水気を含んだ土と絶縁する事も必須のようですね。
使えるところまで使ってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/16 09:18

地面に直接置くよりは、タイルやブロックなどを足の下に入れておく。


雨が直接かからないように、また風通しが良いところに設置するとよい。
上記のようにしてやれば、ペンキだけでも10年もつ。

あと、安価なものだと、強引に作ってあったりして、釘の部分から割れてきたりする。
補強する場合もバランス良くやらないと、弱い部分がやれれるので注意。たとえば、足の前後にばかり補強入れたりすると、いずれ横向きに折れてしまう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 21:48

 毎年防腐剤を塗らないと腐ります。


腐り始めたら中に蟻が巣を作ります。
 永年使用する予定なら樹脂製がよろしい。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
防腐剤、毎年ですか。結構大変なんですね・・

お礼日時:2009/05/15 17:23

腐り、防虫対策が必要です。




http://blog.goo.ne.jp/nagaokakyo_midori/c/3bed70 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
素人なので炙りはきつそうです・・・

お礼日時:2009/05/15 17:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雨ざらしでも大丈夫な木材

雨ざらしでも大丈夫な木材

DIY初心者です。
SPF材で、ベッドや棚やテレビ台は作りました。

縁台も作ろうと思っているのですが、適した木材は何でしょうか?

防腐処理したSPF材は、イマイチ味気ないので使いたくないです

杉やヒノキは、そのままで雨ざらし(とはいっても、一応ベランダの下なので、小雨程度なら濡れません)でも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

杉やヒノキでも大丈夫でしょう。

ただ、外に使う木材は「油分の多い木材」「強度のある木材」を選べば無難です。
例えばウッドデッキ用の木材などはそうです。

ホームセンターに行けば、アドバイザーがいろいろ教えてくれます。

木は木地のまま使うのではなく、表面に防腐処理はしたほうがいいでしょうね。

耐久性はまぁまぁありますが、永久に使えるものでもない(どうせ素人作品ですし)
と割り切って使うのがよいかと思います。

あと、釘やビスなどは防錆性のあるステンなどを選び、しっかりと作ってください。

Q木部の防腐防虫塗料の油性と水性

DIYで作った板塀に塗るのですが、、。

油性と水性 調べると媒体の違いだけで中身はいっしょ(効果も同じ)というのが散見され、
更に水性なら扱いや道具のメンテも簡単、とのことで「水性」ということでホームセンターに買いに行きました。(ほとんど水性ばかりになっていると思いました)

ところが売り場に行ってみると、油性も水性も同量を陳列しています。
効果や適用なども書いてあったのですが、使い勝手が水性がかんたんだけで、他に何が優劣なのかがわかりませんでした。(正月で店員もわかる人が居ない)

効果が同じで価格もいっしょ、使い方が簡単な水性が、油性を淘汰できないのはなぜなのでしょうか?  売り場もこれだけいっしょだと、メーカーも同量作っている(同量売れる)のですよね?

やはり、効果や対候性などは油性が相当いいのでしょうか?

Aベストアンサー

ウチのウッドデッキや木製の外壁、手すりなどに定期的に防腐塗料を塗るために色々な商品を試しましたが、個人的にはやはり油性の方が持ちが良いと感じます。

とはいえ、昔よりも水性塗料の品質がどんどん良くなって来ているので、実際は油性か水性かよりも塗料のランクというか質によって効果は変わってくると思いますね。

他の方の回答にもありますが、外部の防腐塗料といえばキシラデコール(油性)が一番でしょう。
価格は他の塗料よりも少し割高ですが、持ちが全然違います。塗り直しの頻度を考えるとコスパは悪く無いと思います。
以前は輸入品のみで主に業者向け商品でしたが、現在は国内生産されホームセンター等でも購入できます。

Q木製ガーデニング用テーブルの防水加工

庭に安価で買った木製ガーデニング用のテーブルセットがあります。
一応、防水防腐加工はされていると買ったお店の人はいっていたのですが、雨天で放置しておくと、痛みが激しいようです。
最近は、雨が降りそうだと雨のあたらないところに移動させていますが、今から防水加工をして、痛みの進行を防ぐことはできますか?
また、防水加工はどのようにすればいいでしょうか?
ホームセンターなどで防水加工用の薬品がうっているのでしょうか?
薬品名や、防水加工の処理の仕方など、ご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私のお勧めは、先ず、No.1の方が仰るオイルステインを浸透させ(私は2度塗りします)次に超防水塗料と言われるパワーテックを何回か重ね塗りする事です。我が家でも庭に置いてある木製の物はほとんどそうしています。犬小屋は水に弱いSPF材で自作した物ですが、4年以上たっておりますがびくともしていません。この防水塗料は透明で仕上げも塗り重ねていくうちに艶が出てくるので仕上げの調整も楽です。艶を出したくなければ一回塗りと言う具合です。入れ物とラベルはみすぼらしいですが非常に優れもので重宝しています。どちらもホームセンターで購入しています。

参考URL:http://www.marucho-powertec.com/top.html

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q木材の腐食防止方法

2×4 や安い板を買ってきて、 テラスのスノコや 夏のスダレ掛け などを作っています。
いずれも陽が当たり、風雨にさらされる場所です。

3-4年持てば良い程度で考えていますが、一応防腐剤を毎年塗っています。
(最初に作った物は防腐剤も塗らなかったので2年でダメになりました)

木材用のスプレー塗料も持っています。

あまりお金を掛けずに(かけるほど立派な作りでもないので)、なるべく持たせるにはどのような方法が良いでしょうか?
今まで通り防腐剤だけがベターでしょうか?

それとも安くてもペンキの方がもつのでしょうか?

あまり木工作業の経験がないので、特殊な工具や方法、加工は取れません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロ御用達で一般でも簡単に手に入るものといえば”キシラデコール”ですね。
公共建築工事共通仕様書等に対応した 木造保護塗料塗り(JASS18 M-307)となっています。

3~4年もてばよいのなら施工時に3度塗りしておけば塗り直しの必要はないでしょう。
傷み始める前に塗り直せば、10年以上もつと思いますよ。

土台等の塗り直しが出来ない見え隠れ部分は、シロアリ対策も必要なので”キシラモン”をお勧めします。

詳しくは、下記サイトを参照して下さい。
http://www.xyladecor.jp/home/index.html
http://www.shiroari-kujyo.jp/products/xylamon/index.html

Q屋外で使用する材木選び

こんばんは。え~夏までに犬の為にウッドデッキを作ってみようと思ってますがDIY木工は初めてなので疑問だらけで困っています。みなさまからアドバイスが頂ければ幸いです。 住宅同様贅沢に檜で(香りもいいし犬も喜ぶ?)・・・と軽い気持ちでいたら高額のため断念>_< ホームセンターにあり価格的に気になる材料は、インセンスシーダー材・杉荒材・赤松荒材・米栂などです。(耐久性は10年とか望んでません)(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)  (2)屋外使用だからやはり耐久性・美観のために薬品は塗布しなくてはならないものなのでしょうか?塗らなくても5年持てばOKってかんじです。鼻がいい犬の為にも無塗装の方が良さそうですし・・・ ちなみに加工・組み立ては、ブラッ@アンド@ッカーの電動ノコギリ(丸ノコは恐いので)とインパクトドライバー購入予定です。  (4)ウエスタンレッドシーダーとレッドシーダーは同じモノですか?ちなみに日本語だとシーダー=松ですか? 無知なド素人ですが楽しそうだから自力で作ってみたいです、アドバイスお願いしますm(__)m 

こんばんは。え~夏までに犬の為にウッドデッキを作ってみようと思ってますがDIY木工は初めてなので疑問だらけで困っています。みなさまからアドバイスが頂ければ幸いです。 住宅同様贅沢に檜で(香りもいいし犬も喜ぶ?)・・・と軽い気持ちでいたら高額のため断念>_< ホームセンターにあり価格的に気になる材料は、インセンスシーダー材・杉荒材・赤松荒材・米栂などです。(耐久性は10年とか望んでません)(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)  (2)屋外使用だからやは...続きを読む

Aベストアンサー

(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)
一般にはレッドシダーが多いですが、それほど長期間保たなくて良いなら、杉でも他の間伐材でもOKです。
ちなみに耐朽性では「檜>杉・松>栂」の順です。
ただし、表面は綺麗にペーパー掛けしてあげて下さい。
棘がたつと犬も可哀想ですし。(^^ゞ

(2)屋外使用だからやはり耐久性・美観のために薬品は塗布しなくてはならないものなのでしょうか?
私は、ウッドデッキを作る場合、御施主さんが、自然素材にこだわる場合には「オスモカラー」という塗料をつかっています。

むむ(3)が無い(笑)

(4)ウエスタンレッドシーダーとレッドシーダーは同じモノですか?ちなみに日本語だとシーダー=松ですか?
同じ物です。米杉とかカナダ杉と呼ばれる物ですね。
でも「シダー」は「杉」の事なのですが、米杉は「杉」ではなく「ネズコ」と呼ばれる木材で、檜の仲間です。
ですので、朽ちにくいため、屋外で使われています。

デッキの規模にもよりますが、工具はそれで良いと思います。
もうちょっと言うなら、木材の垂直、水平を出すために「水平器」があると良いと思います。

作業の際は、安全作業でがんばってください。

ご参考までにどうぞ。

(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)
一般にはレッドシダーが多いですが、それほど長期間保たなくて良いなら、杉でも他の間伐材でもOKです。
ちなみに耐朽性では「檜>杉・松>栂」の順です。
ただし、表面は綺麗にペーパー掛けしてあげて下さい。
棘がたつと犬も可哀想ですし。(^^ゞ

(2)屋外使用だからやはり耐久性・美観のために薬品は塗布しなくてはならないものなのでしょうか?
私は、ウッドデッキを作る場合、御施主さんが、自然素材にこだわる場合には「オスモカ...続きを読む

Qやっかいな粘土質の土

家の庭に芝を張ろうと、今30センチくらい掘り起こしています。
石やゴミ、雑草を取り除き、大きな土の塊は粉砕してふるいにかけて戻してます。
なのですが、庭じゅう粘土だらけです。
硬くて掘るのも一苦労です。
どんな土かというと、白っぽくて、前の日が雨だと靴底の裏にびっしりと土がくっついていちゃう感じです。
ふるいにかけても、砕けないダマやコンクリゴミばかり。
そんな訳で、作業は全然進みません。
いっそのこと、土を買って全部入れ替えてしまえばよいのでしょうが、残念なことに庭が広くて、そんな事をしていたらいくらお金があっても足りません。
もちろん、良質な土や砂をある程度混ぜるつもりではいるのですが。
この粘土の土は捨てるしかないのでしょうか?
それとも、できる範囲で細かくして砂と混ぜれば使えますか?
もうかれこれ2週間以上この作業をしていますが、いっこうに終わる気配がなく、庭はダマ土(ドックフードみたいな感じです)と石の山でウンザリしています。
ちなみに、最後には肥料や石灰を入れて西洋芝の種まきをするつもりです。
何かよいアドバイスをください、お願いします。

家の庭に芝を張ろうと、今30センチくらい掘り起こしています。
石やゴミ、雑草を取り除き、大きな土の塊は粉砕してふるいにかけて戻してます。
なのですが、庭じゅう粘土だらけです。
硬くて掘るのも一苦労です。
どんな土かというと、白っぽくて、前の日が雨だと靴底の裏にびっしりと土がくっついていちゃう感じです。
ふるいにかけても、砕けないダマやコンクリゴミばかり。
そんな訳で、作業は全然進みません。
いっそのこと、土を買って全部入れ替えてしまえばよいのでしょうが、残念なことに庭が広く...続きを読む

Aベストアンサー

 芝生に限らずガーデニングする場合の基本は土です。
現在の粘性土を水はけよくするにはかなり根気のいる土壌改良をすべきですが、一気にやろうとすると腰砕けになりますので、
3年程度のスケジュールを立てて自分の体力に合わせてゆっくりやりましょう。(無理するとぎっくり腰になってしまいますので・・)

 まず植物はその種類によって根のはる深さが決まっていますのでそれにあわせて土壌改良の深さを決めます。

1.深さ30cmまでの土壌改良でOKなのは
  *1年・多年草(草丈が40cm未満)
  *球根類
  *芝生類(宿根草)

2.深さ50cmまでの土壌改良でOKなのは
  *低木類
  *落葉・常緑樹木で樹高さ2mまで

3.No.1、2以外の樹木
  
  今回は芝生ですので30cmのみしっかりと土壌改良すれば良い芝生ができます。
 
<土壌改良の方法>
1.芝生の張る面積を深さ50cm掘る。
2.篩をかける
  *荒めでふるって残ったものを掘った穴にもど   す。(30cm以上戻さないこと)
  *一番目のこまい篩で通過したものは使わない。
    
  ここで残った土に腐葉土や土壌改良材を十分混ぜ  込んで穴に戻します。

3.この状態でレーキをかけて張る面を水勾配をと  りながら調整しましょう。

 **留意点
   今回の土壌は石が多いようですがその量によっては掘る深さをもっと多くしたりして残っている石を暗渠排水として再利用したり、花壇の捨石代わりにできますので邪魔にならないとことにストックしておきましょう。

 <さらにアドバイス>
 どの程度の庭面積かわかりませんが、当家では新築時に造園工事をしたときに基盤が山砕のズリの上に山砂(かなりこまい)を盛ったために低木類以外の樹木の根が進行せず大分枯れてしまいました。

 この土壌改良には大変な労力を費やしました。前記の篩で余った石やコンクリートガラなどは植生区域以外の園路の暗渠排水に利用して、上部15cm程度の土には消石灰を大量に混ぜて(三和土のような)草が生えないように再利用しています。
 この石灰処理はたいへんな効果があり粘性土が水はけよくなり雨が降っていても靴で歩けます。
 ぜひお試しあれ。

 ところで西洋芝を植えるようですが、夏場の管理には十分配慮してください。 芝刈りと水遣りが大変ですよ。
 ほかにもいろいろアドバイスがありますが以上で終了します。
 (当方、かれこれ地盤改良も3シーズン目に入りました!。計画を立てて一つ一つ決めていきましょう。) 

 芝生に限らずガーデニングする場合の基本は土です。
現在の粘性土を水はけよくするにはかなり根気のいる土壌改良をすべきですが、一気にやろうとすると腰砕けになりますので、
3年程度のスケジュールを立てて自分の体力に合わせてゆっくりやりましょう。(無理するとぎっくり腰になってしまいますので・・)

 まず植物はその種類によって根のはる深さが決まっていますのでそれにあわせて土壌改良の深さを決めます。

1.深さ30cmまでの土壌改良でOKなのは
  *1年・多年草(草丈が40cm...続きを読む

Q濡れ縁を作りたいが、素材やお薦めサイトを教えてください

家の掃き出し窓外側に濡れ縁を設けたいと考えています。
幅180×奥行き40位です。
材質ですが、木製、金属製、プラスチック製と色々あるようですが、耐久性を考えると金属ですよね。でも加工や風合いを考えると木製かと。でも以前に木で屋外のゴミ箱をDIYしたところ、シロアリにやられてしまったことがあります。まぁ、素人で塗装もいい加減でしたので鹿田がないのですが。
日曜大工程度はできて道具も持っていますが、面倒なので既製品もいいかなと思っています。取り扱っているお店のURLやおすすめ商品などをご存じならお教えください。

Aベストアンサー

サイズが違うのですが、よろしければ参考に。ウッドデッキです。

手作りより値段が高くなるのですが、完成度はかなりイイです。土の上に直接置くのではなく、コンクリートブロックを土台にして使っています。がたつきもなく、組み立ても簡単にできました。(当方、日曜大工はシロウトです。道具も組み立てに必要なものしかありません。)3年くらい使っていますが、腐食はありません。

参考URL:http://www.iris-wooddeck.com/index.html

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Q屋外に置く木工品の塗装について

当方大工です。

こんど、屋外に置く掲示板のようなものを作ることになりました。材料は針葉樹の輸入材(白)で、簡単な雨よけを板金でつけるので、直接の雨はあたりません。
しかし、完全に屋外設置なので、風化しにくいように塗装しようともいます。

塗料の種類にあまり詳しくないもので、最適な塗料を教えていただけないでしょうか。また、木目を消さずに着色する場合は、オイルステインを塗って、その上からさらに防水塗料を塗った方が良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

屋外用家具のメーカーに勤めておりました。
前述の方々がおっしゃるような、撥水性のある塗料が最適です。
商品名「キシラデコール」とか「ステンプルーフ」などですね。
これらの塗料は木材に染み込んで塗膜を作りません。
塗膜を作ってしまうと、木材が内部の水分を発散できなくなって、塗膜がはがれたり、内部から腐食したりしますので、防水塗料などは避けた方が良いでしょう。
あくまでも、防水ではなくて撥水です。
なお、前述の塗料には菌類の育成を妨げる効果もありますので、カビなども防げます。
ただし、4~5年ごとに塗り替えるのが理想です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報