会社での出向というものはどう位置づけなのでしょうか。大きな企業ではよく子会社への出向という話を聞きます。この場合、’専門分野を学んでこい’という意味合いなのか、それとも’うちの会社ではもう用はない’というものなのか。出向して、本社に帰れる人もいれば、そのまま転籍という話も聞きます。実際のところどうなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「キャリアアップになるかどうか」ではなく「キャリアアップにするかどうか」だと思います。


仮に技術・知識面で得るものがなさそうに思えても、例えば出向先の上司・同僚や顧客等との
付き合いを大切にし、顔を売るのも人脈確保というメリットに繋がります。
どんな会社であっても、何かしら学ぶ事はあると思います。
一番いけないのは、「出向させられた」と悲観してしまうことでしょう。
「多くの会社がスリム化を進める中、新卒採用者を増やすのは取るだけとって後は・・」と心配されているのでしょう。
もちろんそういう考えの会社・企業も中には存在するかも知れません。
しかし、人材教育というのはかなりのお金が掛かるものです。
一時採用というのなら話は違うかもしれませんが、「取敢えず」で本採用する程企業は馬鹿ではないと思います。
最近は企業形態も多様化してきました。販売系の企業であれば本社一括採用で、各営業支社・支店へ配属したり、
社内カンパニー制をとる企業もあります。
goo_0102さんの仰る通り、企業に雇われている以上は、ある程度「使い捨ての駒」です。
不要になれば切り捨てられる覚悟もある程度必要でしょう。
(嫌なら自分で起業でもするしかないでしょうね)
しかし、必要な駒であり続ければ大切にされ簡単には捨てられないでしょうね。
    • good
    • 0

状況によって色々と違うとは思います。

また、出向になった本人次第と言うところも大きいと思います。
ものは考え様で、本体では平社員だけど出向で管理職になって、今までは経験できなかったマネージメントをすることによって、自分自身のキャリアアップにして行く人もいれば、それにあぐらをかいて、ボーっと出向が終了するのを待っている迷惑な人になってしまう人もいます。
どちらになるかは本人次第です。自分の役割を、自分の価値をどう見るかによって、同じ出向でも全然ちがいます。
そして出向先にも、その会社を大事に思っているプロパーの社員が大勢いることを忘れちゃいけません!!!!
本当にどうしようもない人間は、出向させる事すらできないと思いますよ。
連結決算になった今の世の中、赤字を子会社に押しつける昔の経営は通らないのですから。
    • good
    • 0

就職する事を控えての不安の様ですが、皆さんが 返答している通り、その会社の事情によって様々ですよ。

 又、ひょっとしたら、有名な会社は そのネームヴァリューを利用して そう云った人材を集めているかもしれません。
キャリアアップになると云うのは どうでしょう? 疑問です。

つまり、そんな事にこだわる様では、本人の成長は 疑わしい。という事です。
どこの会社でも しっかり仕事をしていれば、キャリアアップになりますよ。

所詮、経営者で無い限り、言葉を悪く言えば「使い捨て」なんです。

この回答への補足

 自分のなかにまだ学生の甘さというものがあるみたいです。みなさんのお話をきき、大変参考になります。

補足日時:2001/03/09 15:58
    • good
    • 0

その時々によって異なるでしょう。


理想論としては、「出向先の会社にとって、出向者の知識・経験等が必要とされ、
なおかつ、出向者も出向することによって何かを得ることができる」ということになるでしょうか。
(「他所のめしを食う」とうのも勉強になる面はあると思います。)
ただ実際には、「不要なので人数減らし」的な出向や、関連会社での人手不足等もあるでしょう。
従って、出向元への復帰の可能性というのも状況によりまちまちではないでしょうか。
ちなみに、私の会社の例では、出向に来た人は帰っていき、出向していた人は帰ってきています。

この回答への補足

キャリアアップとしての出向はプラスになるということなのですね。これからは多くの会社はスリム化を進めるでしょうし。しかし、今春の新卒採用者はかなり増加するみたいですし、これを考えると’使い捨て’の感じがいなめないのですが、どうお感じになられますか。

補足日時:2001/03/09 14:31
    • good
    • 0

おっしゃるような2通りの場合があります。



出向することでその現場でしか学べないようなことを肌で感じ、本社に戻って幹部となった時にその物の見方を学んで欲しい、というエリートコースの一つとしての出向の場合と、いわゆる「片道切符」というやつで、そのまま戻ってこさせない場合は”本社にはいらない”(厳しい言い方ですが)という判断がされたということになります。

大抵の場合、両方が同じ出向先になっていることは少ないので、先にその会社に出向した方がどう扱われているか、で判断出来ると思います。

また、単に子会社の方の人事上の都合で人を回さなければならなくなった、という場合もあります。その場合は必ずしも上記の2つのいずれかに当てはまるわけでもありません。

この回答への補足

 先輩の会社(自動車会社)では、同期のひとが最後まで本社に残るのが一割もみたないと言ってました。つまり大多数のひとが関連会社にいかされるということなのでしょうか。

補足日時:2001/03/09 14:27
    • good
    • 0

出向扱いにされる本人の能力により色々でしょう。


本当にその企業の戦力であれば「専門分野を学んでこい」
や「管理能力り勉強」でしょうし、不要な人材ならば、早い話「もう要らないよ」でしょぅ。
ときには、子会社の建て直しもあるでしょう。
あるいは、新規の事業の為の分社の際の「責任者」などは
実力を買われてのことです。
要するに、対象者の能力に応じた処遇をするわけです。

この回答への補足

 知り合いは某電機メーカーに就職していきなり、出向を命じられました。ある程度は、その企業の名前で選んだということもあるので(やりたい分野があったといいうことが大前提ですが)、子会社に行かされることがショックみたいでした。選挙でいうならある政党に在籍する人に投票して、いきなりその人が政党を移ったという感じでしょうか・・・。そのような話を聞くといろいろ考えてしまいます。

補足日時:2001/03/09 14:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出向から転籍への可能性について

40代の会社員(管理職)です。
A社というメーカーに勤めていますが、A社がB社という会社の完全子会社化となり、事業再編の流れの中でB社のもともとの関係会社B'社に出向することになりました。
出向期間は3年間ですが、B社グループの流れから考えると、3年後A社に戻れる保証はありません。(おそらく戻れない)
このままいくと通常転籍が考えられますが、その保証も今はされていません。あくまで推測です。
A社に戻れないことになった場合、転籍以外に何か可能性(事例)はあるのでしょうか?
あるいは転籍もなにもできず解雇、ということもあり得るのでしょうか?
また、転籍になった場合、A社に対し退職金の請求ができると解しますが、B'社での雇用は一からということになるので、(A社在籍分の退職金+B'社での退職金)と、A社でもしずっと勤続した場合の退職金を比べると、転籍後の方がやはり不利になるのでしょうか?
雇用体系、給与体系によるものと思いますが、一般的な見地で結構ですのでアドバイス頂けますと幸甚です。

Aベストアンサー

私の場合

A社に勤務していて B社との合弁し 子会社C社を設立 C社に出向
後に転籍になる事が条件(半強制的)

勤続年数は引き継ぎ 退職金が不利になるので調整金?手切れ金?移籍金?なるものを
もらって 現在の退職金制度に移行しました 退職時の勤続年数はそのまま
都合上 B社基準の退職金が当たります

途中で退職すると その時点での 自己都合になってしまいます

A社在籍中に A社関連会社に転籍希望という手もありましたが
手頃な所がなかった為やむなく って感じです


それなりに名前の通った会社同士ですので 特に不安は感じてません
たぶん 大丈夫かな?



これが 私の場合です

Q本社と支社 本社勤務と支社勤務の違いはなんでしょうか? また、本社でしか出来ない仕事、学べない

本社と支社


本社勤務と支社勤務の違いはなんでしょうか?

また、本社でしか出来ない仕事、学べない事などは何があるでしょうか?

Aベストアンサー

> 本社勤務と支社勤務の違いはなんでしょうか?

会社にもよるでしょうけど、実体験上で言えば、仕事量や情報量が違いますし、情報の質や速度も違いますよ。
まず仕事量で言えば、本社の方は「全国集計」みたいな仕事がありますが、支社は支社で担当する部分の集計まででお終いです。
またその結果、本社には全国の情報が集まりますが、支社には本社が集計した情報は与えられますが、他の支店の個別情報などは与えられなかったりしますし、本社が集計した後にしか、情報は来ません。

あるいは、本社は出世しやすい場合もあります。
上述の仕事量やら情報の量,質,速さも関係しますが、本社にはお偉いさんが多く、接点も多いので。
あまり仕事が出来ない人にとっては、それはヤブ蛇ですが、ソコソコ仕事が出来れば、社長や担当役員などとも接点があることは、普通は良い方に作用します。

もっと端的に言えば、本社とか本部は、支社,支店などの人事なども司ったり、少なくとも何らか関与するのですが、逆は余り無いので、やはり「中枢」の方が、出世などには有利です。

そこら辺りを要約すれば、支店などでは、割と時間的とか量的に、仕事に余裕があるので、担当業務などに深く習熟することが出来ると思います。

逆に本社は、やることが多いので、一つの仕事にじっくり時間を掛けるなどはやりにくいですが。
多くの仕事を、如何に効率的にこなすか?みたいな勉強になると言うか・・・。
中枢機能で多くの仕事をこなす内に、「社内政治」みたいなことも見えてきます。

まあ、本社と支社,支店を行ったり来たりはしますが、「最後は中枢に居た方が、出世などには有利」と言う点は、概ねのビジネスマンは、賛同するところじゃないでしょうか?

> 本社勤務と支社勤務の違いはなんでしょうか?

会社にもよるでしょうけど、実体験上で言えば、仕事量や情報量が違いますし、情報の質や速度も違いますよ。
まず仕事量で言えば、本社の方は「全国集計」みたいな仕事がありますが、支社は支社で担当する部分の集計まででお終いです。
またその結果、本社には全国の情報が集まりますが、支社には本社が集計した情報は与えられますが、他の支店の個別情報などは与えられなかったりしますし、本社が集計した後にしか、情報は来ません。

あるいは、本社は出世しやす...続きを読む

Q男8人に出向命令後に4人退職したら残りは出向取消

福岡で働いています。

1月からかなりの業績不振で2月15日位に3月1日より親会社の京都へ在籍出向辞令がでました。

「私は親の面倒をみる必要があるので出向しなければならないなら退職します。」と意思を伝え2月20日に退職願を出し、3月20日付けで退職しました。

有給休暇が20日程度残っていたので有給消化のため2月25日からは会社にいない状態でした。

出向は会社の半分以上の8人に辞令がでて、そのうち4人が退職することになりました。

ところが3月19日に制服や健康保険証を返却しに会社へ行くと残り4人は出向はしておらず同じ職場で働いているのです。

私以外の退職者にそのことを話をしたら、「退職者が有給消化をしている間に出向を取り消されている」とのことでした。

こういう場合は自己都合による退職になるのでしょうか?

どう考えても、退職者を募るためにそうしたとしか考えられないのです。

私としては労働中に労働基準法に反する指示や行為が多く、水質汚染物質を一般水路に排水する会社なので会社にもどるつもりはありません。

しかし、できれば良い転職ができるように雇用保険の受給期間が長くなると良いと思うのですが今から会社都合の退職にする方法はありませんか?

今のところとても腹立たしいので水質汚染物質を一般水路へ排出していることを市役所の環境化へ報告しようと準備しています。

福岡で働いています。

1月からかなりの業績不振で2月15日位に3月1日より親会社の京都へ在籍出向辞令がでました。

「私は親の面倒をみる必要があるので出向しなければならないなら退職します。」と意思を伝え2月20日に退職願を出し、3月20日付けで退職しました。

有給休暇が20日程度残っていたので有給消化のため2月25日からは会社にいない状態でした。

出向は会社の半分以上の8人に辞令がでて、そのうち4人が退職することになりました。

ところが3月19日に制服や健康保険証を返却しに...続きを読む

Aベストアンサー

会社都合か自己都合かは結局のところ労基署の判断だそうで、退職した事情を労基署に説明すると会社都合だと判断されたりするそうです。
あんまり詳しくなくてすみませんが、労基署に問い合わせてみてはどうでしょうか。

Q出向元・出向先の両方から賃金が支払われているケース

出向社員で、出向元・出向先の両方から賃金が支払われているケースとは、
具体的にどんな働き方の場合でしょうか?
身近にいる方がいれば教えてください。
気をつける点もよろしくお願いします

たとえば、出向元では事務作業のみで、出向先が営業なら、
分けとかないと、営業でいい成績をあげても
出向元だけの給与では、損するからですか?

Aベストアンサー

>出向社員で、出向元・出向先の両方から賃金が支払われているケースとは、
具体的にどんな働き方の場合でしょうか?

出向社員の賃金をどちらが負担するかは出向元、出向先で協議して決めれば
いいことです。
しかし、出向元と出向先の賃金水準が異なる場合に
(親会社から子会社、日本の法人から海外の現地法人等)
転籍しない場合は出向先の賃金が低いと賃金が減額となって不利益になるので
出向元が差額を支給する場合があります。
「2以上の事業所勤務届」を社会保険事務所に出して合算した給料で
社会保険料の納付が必要になります。
企業間で調整して清算し出向元と同じ賃金を出向先が支払っても問題ありません。

QIT業界からの転籍

IT系の開発のお仕事をしています。
技術系のエンジニアです。

昨年ですが過労とパワハラでダウンしてしまい、
休職を余儀なくされてしまいました。

そのプロジェクトだけが問題ではなく、数年前から同じような仕事が続き、
ストレスや疲労が蓄積されたのだと、医者にも言われました。
(残業が100時間近くのプロジェクトへ立て続けに配属されました)

数ヶ月後、復職したのですが、離脱したペナルティで、
私だけ冬季のボーナスがカットされました。
大変悔しい思いをしました。

元々学生時からテクノロジーが好きで、業界に入ったのですが、
30代後半を間近になり、また上記の経緯もあり、この業界でやっていけるか不安を感じています。

似たように労働条件の改善を目的として、他の業界に移る方は多いのでしょうか・・?。

Aベストアンサー

私はソフトウェア開発をやってました。

私は転職しましたが、転職して感じたことは、
IT業界は求められるスキルが高く、残業するのが当たり前で、
その割には報酬が少ないと感じました。

質問者様も30代ということで、職種変更を
考えられているのであれば今のうちだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報