カーボン(炭素繊維)とグラスファイバーで、硬度・強度を比較した場合、どちらに軍配があがるのでしょうか。
たとえば・・・・双方の素材で作った一本の棒を用意して、それを万力につっかえ棒のようにセットして、押しつぶした場合、どちらが先に折れるのでしょうか。 
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

カーボンの方が強いです。


釣竿などカーボンになって軽く、細くなっていますね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

カーボンのほうが強かったんですね! ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 17:27

引っ張りに関するデータは数多くありますが、圧縮に関するデータは全く無いといって良いと思います。


なぜならガラス棒や石英の単結晶は容易に手に入りますが、炭素繊維が完全に充填された素材は手に入らないからです。
グラファイトやダイアモンドの様に内部が結晶化している物なら容易に入手できますが、カーボン繊維が密に充填されていて互いに別れない様な素材は今のところ無いと思います。
現在カーボン繊維の素材は何らかの接着媒で密着されて使用されているからです。
ただし、炭素繊維を長さと垂直の方向に圧縮するならデータはあるでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうだったのですね!ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/18 06:31

これは・・・条件によって違ってくるので必ずしもどちらが強い、とは言えないです。


また、同じカーボンでも製法によって違ってきます。それと、”万力で押しつぶす”という比較方法が示されていますが、こういう使い方はあまりないでしょうね。物干し竿のように横に渡して重りをぶら下げる、というような力の掛かり方が多いとに思いますが、この場合、折れなくてもたわみが大きいと使い方によっては不都合が大きいですね。

ただ・・・同じ重さで比較する場合はカーボンの方が強いことが多いようですね。値段あたりの強度ではグラスが圧倒的ですが。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!
たわみ は気になるところなんです。。
たとえば、折れないまでもグニャグニャ曲がるようでは、硬度があるとは思えないですし。。
では質問を少し変えます。 たわみ角度が10度以上となった場合(一直線の棒を万力でつぶす方法で)そこで「折れた」と判断した場合、グラスファイバーとカーボンではどちらが先に「折れる」ものなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/05/17 19:52
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグラスファイバーのポットやプランター

最近ガーデニングにはまっていて、よくホームセンターなんかにグッズを購入に行きます。
グラスファイバー製の見た目が陶器そっくりのプラスチックのポットやプランターを見かけ、購入を考えています。
普通のプラスチック製のポットとは見た目の違いはわかるのですが機能性はかわるのでしょうか?
そもそもグラスファイバーとFRPの違いがよくわかっておりません。
ご回答いただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

FRPは、繊維で強化された樹脂(Fiber Reinforced Prastic)の略で、通常はポリエステルにグラスファイバーを入れて強度を高めたものです。
カーボンファイバーを使ったものもありますが、高価になるため、植物用ポットには使われないでしょう。

FRPは普通のプラスチックよりも衝撃に強く、割れにくいのが特徴です。
風呂の浴槽なんかに良く使われています。

Q【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれている

【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれているのに有機物ではありません」


どういう理屈で一酸化炭素と二酸化炭素は有機物から除外されてるんですか?

数学だと何の法則性もないので数学者ならブチ切れてるレベルでは?

規則性がないのになんで一括りに纏めちゃったの?

纏めた人は馬鹿なの?

Aベストアンサー

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物については、「生命力によってのみ作られ、人工的に合成することのできない特別な物質」と考えられていたのです。

ところがこの頃、COやCO2などの一部の炭素を含む物質、つまり現在で言うところの「有機化合物」が、すでに人工的に合成することが可能になっていたのです。
しかし、上に書いたような当時の基準に基づいて、当時、人工的に合成可能だったCOやCO2は「無機化合物」に分類されてしまったのです。

この概念に変化をもたらしたのが、ドイツの化学者ウェーラーです。ウェーラーは、無機物であるシアン酸アンモニウムNH4OCNを加熱して、有機物である尿素CO(NH2)2の
合成に成功したのです。この成功がもとで、多くの有機化合物が、人工的に合成されていき、現代の「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」とする
基準が完成されました。


従って、現代の基準によれば、COもCO2も「有機化合物」となるはずです。しかし、COやCO2に関しては「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、
現在も「無機化合物」とされているのです。


COやCO2のように、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、炭素を含むにも関わらず、無機化合物とされている物質は結構あります。
CO、CO2を筆頭に、CaCO3のような炭酸塩、シアン化水素HCN(いわゆる青酸です)やシアン化カリウムKCN(青酸カリ)などのシアン化合物がこれにあたります。

なお、昔は四塩化炭素CCl4(テトラクロロメタン)も、この慣例上の理由で無機化合物とされていました。しかし、四塩化炭素に関しては、メタンCH4の誘導体として考えるようになったために、有機化合物とされるようになりました。

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物につい...続きを読む

Qグラスファイバー製屋根瓦の塗装について

20年ほど前にトタン屋根の上にグラスファイバー製屋根瓦を乗せました。(施工業者が不明のため詳細不詳)
瓦の色を塗り替えたいとおもうのですが、どんな塗料を使用したらいいのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

グラスファイバー?ですか。私は板金屋ですが、20年も
経っているのなら張替えをおすすめします。
下のトタン屋根もはがし、下地(コンパネ)から張りなおしたほうがいいですよ。塗装は、3年に一度ぐらい塗りなおさなければ持ちませんよ。

Q炭素棒について

電気分解実験でよく使われる炭素棒はどこで販売していますか?

Aベストアンサー

細いですが、鉛筆の芯、シャーペンの芯での代用は?
形は悪いけど、備長炭での代用も考えられますよ?
電気分解の実験で使うのなら十分な純度と思いますが...

Qテントのポールのグラスファイバーの部分が縦にひび割れしてしまったのです

テントのポールのグラスファイバーの部分が縦にひび割れしてしまったのですが、修理ってできるんでしょうか?(結構ガッツリ割れて中のドローコードが見えてしまってます。)

また、もしできても、パーツ交換したほうがいいんでしょうか?? 


割れにくくする予防方法等も合わせてご教授ください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

クラスファイバーは 硝子繊維(ファイバー)を樹脂(グラス)で固めた物で
割れを接着剤(樹脂)で固めても 強度は戻りません
グラスファイバーのテントポールは、安価な物なので 買い替えた方が安上がりです。
現地での 応急修理は ビニールテープぐるぐる巻きや
ホームセンターを探し
アルミテープを 細長く切り 割れに沿って当て貼りし その上から ビニールテープぐるぐる巻き



コールマンの安価なテントは、グラスポールで 部品販売していないとか聞きます 高価なテントはアルミポールで 部品販売可能とか

もしも 販売していなければ 専門ショップで アルミかジュラルミンポールで 長さを合わせた物を組みたててれば 使えます。 
アルミ・ジュラルミンポールの方が 強いです。

グラスファイバーポールは 折れやすいので テントに通す際や 曲げる 持ち上げる際に ポールの部分的に負荷を掛ける様な事の 無いよう扱う事 

Qセラミック繊維、ガラス繊維

ガラス繊維とセラミック繊維についてですが、
不明な繊維がある場合、どのような分析方法でガラス繊維かセラミック繊維かを判断すれば良いのでしょうか?
どちらもAl2O2やSi22が主成分で違いがいまいち分かりません。

Aベストアンサー

XRD(粉末X線回折)を使うしかないでしょう。
無定型ガラスなら回折線は出ません。

Qオイルランプのグラスファイバーの芯

 3年ほど前に、アメリカでランプ(?)を購入しました。グラスファイバーの芯がついていて、火をともすものです。
 日本に戻り、「液体キャンドル」の香りのついたものを買い、部屋で使っていました。

 その後2年以上、使わずにほうっておいたら、ランプの中のキャンドルがねばねばになり、火がつかなくなりました。芯を取り出してみてみると、ファイバー同士がネバネバのキャンドルでくっついてしまい、新しいキャンドルを吸い上げることが出来ないようです。
 芯をばらして、中に残っているキャンドルに火をつけて燃やして、再度トライしてみましたが、やっぱりつきません。

 このグラスファイバーの芯を再生させる方法はありますか?また、ファイバーの芯だけを購入出来るのでしょうか。その場合は、どんなお店にありますか?教えてください。

Aベストアンサー

キャンドルで固まっているのなら、熱湯につけてみてはいかがでしょう?
つまっているロウを溶かして・・・そんな単純な問題ではありませんか。
液体キャンドルが変に揮発してしまったんですね。
東急ハンズやLOFTのアロマコーナーをチェックしたら、役に立つ物があるかもしれませんね。アロマは好きなんですが、ランプに詳しくないのですいません。

Qブタンの炭素-炭素結合角はどうして109.5°でないの??

ブタンの炭素-炭素結合角が109.5でないのはどうしてですか?
教えてください。

Aベストアンサー

それこそ立体障害で説明できると思います。
メタンのように、炭素原子周りの4つの結合が完全に等価であれば、
約109.5度になりますが、ブタンなどのメチレン基の場合、
炭素に結合している炭素原子と水素原子では、大きさに違いがあるため、
分子構造が水素原子を押しやる方向に歪むのです。

とは言え、109.5度からそんなにずれていないと思いますが(未確認)。

Qカーボンとグラスファイバーではどちらのほうが強度あるのですか?

カーボン(炭素繊維)とグラスファイバーで、硬度・強度を比較した場合、どちらに軍配があがるのでしょうか。
たとえば・・・・双方の素材で作った一本の棒を用意して、それを万力につっかえ棒のようにセットして、押しつぶした場合、どちらが先に折れるのでしょうか。 
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

カーボンの方が強いです。
釣竿などカーボンになって軽く、細くなっていますね。

Q炭素と酸素から二酸化炭素が合成される化学式はC+O2→CO2で、原子量がそれぞれ12、16とあります

炭素と酸素から二酸化炭素が合成される化学式はC+O2→CO2で、原子量がそれぞれ12、16とあります

この式は量を知りたい時、Cが12とOが16×2とが結合して二酸化炭素が40できるという意味ですか?
違うなら量に関してどう読み取ればいいのでしょうか

Aベストアンサー

Cが12、Oが16というのは、それぞれの元素の原子量ですね。
1個の原子の質量を原子量として定義してるのです。

その原子量にアボガドロ定数を集めると、アボガドロ定数分の質量になります。
アボガドロ定数は6×10^23個という数で、物質の量を表す定数です。
アボガドロ定数分の原子の数を1molとも言います

炭素が原子量が12でアボガドロ定数分(1mol)集めると12gになります。
酸素は原子量が16でアボガドロ定数分(1mol)集めると16gになります。

C+O2→CO2 の反応の場合
詳しく見ると
原子量12の炭素1個が、原子量16の酸素が2個結合した酸素分子1個と反応して、
炭素原子1個と酸素原子2個からできている二酸化炭素分子が1個できている、
という反応を表しているのです。

アボガドロ数定数をかけて考えて上の言い方を変えると、
C原子1mol12gとO2分子1mol32gが反応して、二酸化炭素1mol44gが出来る、
ということと同じ意味になります。

C+O2→CO2 のような元素記号で表した場合
ひとつのCはあくまで炭素原子1個に対して
O2が酸素分子1個が反応して
CO2二酸化炭素分子が1個出来る
と考えるのが適切なのですが、
原子1個などでは問題として扱いづらい時に、1molと読み替えることが頻繁にあるので注意が必要です。
またO2と2Oは同じ酸素原子2個ですが、前者は酸素分子(通常我々が呼吸している酸素のこと)を表していて、
Oは酸素原子1個、2Oでは酸素原子2個を表すので注意が必要です。

Cが12、Oが16というのは、それぞれの元素の原子量ですね。
1個の原子の質量を原子量として定義してるのです。

その原子量にアボガドロ定数を集めると、アボガドロ定数分の質量になります。
アボガドロ定数は6×10^23個という数で、物質の量を表す定数です。
アボガドロ定数分の原子の数を1molとも言います

炭素が原子量が12でアボガドロ定数分(1mol)集めると12gになります。
酸素は原子量が16でアボガドロ定数分(1mol)集めると16gになります。

C+O2→CO2 の反応の場合
詳しく見ると
原子量12の炭素1個が、原子量...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報