会社に行っても担当する仕事がなく、毎日会社で待機状態です。
待機しているだけでは、お給料の払いどころがないため(担当した仕事の番号を入力しないと勤務が承認されないため)
上司に「会社に来られても困るんだよね」と文句を言われています。

家に帰れば、祖父母の介護問題で親と親戚が揉めていて
ギスギスした状態になっています。親の話を聞くだけで深夜になり
とっても、自分の悩み事を相談できるような空気ではありません。

さらに、姉の病気が一向に回復の兆しをみせないのです。
最近は月のお小遣いを全額洋服に使い、さらに足りないときはクレジットカードで
買っているようですが、結局一回も着ないで古着屋に売りに行きます。
彼女が何をしたいのかわかりません。そのことに対して注意するといきなりキレて殴りかかってきたりします。
土日や休日は暴れず、父や私が会社に行っている平日に
「姉が暴れているから家に帰ってきてくれ」という母親からの
SOSで急遽家に帰ることが結構あります。
このまま、親が亡くなり、姉が残された場合に生きていけるのか
とても心配です。寝る前にいつも不安になり、なかなか寝付けません。

自分自身のストレス解消のため漫画や小説を大量に購入するので、足の踏み場もない状態、モノが溢れています。
そんな状況に嫌気がさしているのですが、部屋に戻ると何もする気が起きなくて掃除できません。。

長年付き合っている人との結婚も顔合わせをした所で反対されました。
家を出て一人暮らしをしようと思ったのですが、家に残る母が心配で
結局現状維持になってしまっています。よく「そんな年になって家も出ないで結婚もしないのは
親離れ子離れが出来ていないからだ」と周りの人に言われ、嫌な気分になります。

こんな日常をどうにか変えたい気はあるのですが、どうすればよいのかわかりません。
なんでも良いので、ご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大変ですね。


実家の近くに、一人暮らしをされてはいかがでしょうか?
ずっと実家にいらっしゃると、ご自身の幸せが遠のく感じがします。

お姉さんは、買い物依存症ですね。
私もそれなんですけど、やめたくてもやめられません。
心がドーナッツの形になって、その穴を埋めようと、
その代償に洋服を買って、埋めようとしますが、
それで埋まる事は絶対ありません。
ご家族が、それに援助すると、かえってエスカレートします。
それとお姉さんはとっても孤独なんですね。
私もそうなんですけど。
今、読んでいる本があって、アダルトチルドレンとADHDの衝動性が同居すると、依存症になりやすいそうです。

なので、御質問者さまが、援助するとずっと援助するハメになります。
どこかで、ご家族との見切りをつけないと、
一生今の生活が続いて、後悔されるかもしれません。
そんなご家族と一緒では、結婚出来ても出来ないと思います。
何か良い手段が見つかるといいですね。
    • good
    • 0

長文、ご容赦下さい。



現在介護の問題こそありませんが私とあなたの状況は近いと感じます、特に同居人のふるまいに関しては。
あまり具体的には書けませんがその女性同居人は陽性の統合失調症です(なぜか妄想などが少ないのは救いです)、お姉さんは?恐らく近いものでしょう。

ひどい時には包丁をも使った暴力、服を買いそして着もせずに売る、ほとんど同じですね。
書きたくはありませんがその人間の死を同居家族一同が願っている・・・・偽らざる事実です。

最も心配なのが私の二人の子への暴力です。
ただし、かつて少なくとも一度だけひどい暴力がありましたが不思議と少ない、どうやら他人である私の存在が抑止力となっている模様なんです、が、とにかく今後何かあった場合は強制入院させるつもりです。
その前に私が切れずに自制出来るか・・・。(過去に強制入院の経験はあり。)

これからの人生を考えるとその一人に振り回され続ける事ははっきりと見えています。
病状が劇的に回復する事は考えられません。
毎日暗澹たる気持ちを引きずりながら生活しております、ですから偉そうにアドバイスするなんぞ全く出来ません。
アドバイスが出来れば!、と考えつつ書いているのですが・・・・・。

アドバイスにはなりませんが、私なりに考えるに最も簡単な方法は「別居」です。
ところがお姉さんは一人暮らしは無理でしょう?、私の同居人もそうです。
しかし少しでも病状が回復し、ぎりぎりの理性を薬で維持出来る様になったと仮定します、この程度までは行けるかも、とは感じる事も無い事は無い・・・。
生活費を与え、食事の手配段取りを付けるなどが出来ればどうでしょう、一人暮らし・・・無理か・・・。

ところで貴方(男性ですね?)は障害は確かに有りますが結婚は出来るでしょう。
可能性は大きい、これは捨てて欲しくないですね。
「こんな日常」を変える大きなチャンスですよ。

私は問題の同居人(もちろん妻では無いです)の病状を知らされず結婚しました、ゆえに苦しんではいます。
ところが私の存在がその問題者の病状をどうやら良くしている様なのです。
時間と手間は掛かりましたが理解に努め、多くの時間を相談に費やす事で多少の尊敬?を得られたようなのです。
第三者の目が入った事で嫌でも自制と言う心を持たざるを得なくなった、それが2年、3年と僅かずつですが暴力の減少にはつながっている、と考えております。

あなたの配偶者は恐らく苦労されるでしょう、しかしそれが良い方向へ向かう可能性もあるでしょう、お姉さんにとっても貴方にとっても、・・・と、信じたいですね、・・・いや、違うな!違う。


分かりましたよ。
私もあなたもそもそも苦労イコール悪、と言う前提で人生を考えちゃってます、今、苦労の真っ只中ですからどうしても自分の状況に距離を置いて見る事は難しい。
しかし、ふと若い頃の苦労を思い出してみると全てが今につながっている、今の土台となる糧となっている事に気付くはずです。

(しばし黙考・・・)
正直幸せそうな人であれ先の事は誰にも分かりませんよね、となれば僅かな可能性を見つけたらとにかく飛び込む、それから考える、短い人生ですからちょっとやけくそ気味であれ動く事の意味は大きいと考えます。
逆に言うと動かなければ何も変わらない、と言う事ですね。
(貴方の場合結婚がまず浮かびます。)

自分に言い聞かせているのですが。^^;
書いていて肩からスーッと力が抜けていくのを感じます、血圧がどんどん下がっていきます(高血圧でして)、目の前から僅かであれ雲が去り何かが見えてきそうな予感を感じます。

お互い、苦しみながらも可能性を信じて「少しづつ」動きましょう。!!!

次へのステップとなる「何か」が見えてくる事を期待して。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日、親から私だけ幸せになるのは許さないと言われました。
私の人生は幸せを求めることも許されないし、自由になることも無理なのだと思い知らされました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 00:02

先ず、生活のリズムを整えて、


(マンガ・小説を鑑賞するといった)Passive なスタンスではなしに、
Active なことを、できるところから粛々と行って参りませんか。
たとえば、これまでの人生体験を材料にして、
発想の転換、逆転の発想、逆転の空想で、
[童話][絵本][小説][エッセー]etc.を創作してみませんか。
それで、自己の内面を表現することで、かなり救われるでしょう。
これはお姉さまの場合も同様で、Passive なスタンスでは
救われません。
短いものがよければ[俳句][短歌]がお勧めです。

親御さんの話は、ノートとペンを渡して
《詳しく知りたいけど記憶では間違いが起こるので、
これに書いてちょうだい》と言えば、話を聞かなくて済むでしょう。

お姉さま何かしら
[不満][焦燥感][飢餓感]などがあるのではないでしょうか。
その源は〈怒り〉なので、その怒りを消滅させてあげるために
考えるヒントをあげれば徐々に収まるでしょう。
そのヒントをゲットするには、
好きな美味しいものを食しながら、穏やかな気持ちのときに
お姉さまの《もっとも楽しかった思い出》などを中心に、いまいまの
夢や憧れなど明るい気分になるテーマを選んで聞いてみましょう。
(録音しておいて文章に起こし、キープして、鋭く分析することで
見えてくることがあり、それがヒントになります)

★〈願望列挙法〉〈欠点列挙法〉で、それぞれ、望み・願い、
不快なこと・嫌なことをすべて書き出して、1週間くらい
日をおいてから、分類・整理して、個々の言語データごとに、
どのようにすれば実現できるか、改善できるかを極限思考して、
ロードマップをつくり、
実行できるところから進めて参りましょう。
〈願望列挙法〉〈欠点列挙法〉は、
親御さんやお姉さんにもお勧めです。

★【問題解決】には、特性要因図がお勧めです。
特性要因図をつくって多様な視角・視点から検討してみましょう。

特性要因図の作り方は検索すればわかります。
<特性要因図>作製力は一生もののスキルです。
Tentar non nuoce(=やってみても損はない)でしょう。
他、問題解決には<連関図法>も活用できますが……特性要因図を
つくって問題点を考えることを習慣にするといいですよ。

☆限界に陥りがちな垂直思考を休ませて、新たに
ゆとり・余裕が生じる水平思考を採用してみましょう。それだけでも、
救いになりますよ。
(水平思考はネット上の辞書でわかります)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報