ペット保険について・・・

現在コーギー(2才半、名前シュン)を飼っています。

ペット保険の加入を考えていて、各保険会社から資料を送ってもらって検討中です。

各社「治療費の50%のお支払い」が多いのですが、(中には70%というのもありますが)そういう場合、2社に加入すれば、100%治療費が保険金で補えるってことでしょうか?

例えば、怪我で治療して動物病院に行くと仮定します。当然保険金請求ですから動物病院のサインなり証明書等が必要と思うのですが、2社加入している場合、動物病院としては2枚の証明書等を発行してくれるのでしょうか?

出来れば2社以上に加入して万全にしておきたいと思っております。

お分かりの方(出来ればご経験者の方)お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ペットに関しては1社のみ加入です。


>出来れば2社以上に加入して万全にしておきたいと思っております。
事前確認が必要です。
某社の保険は、「同種の補償を受けられる他の保険会社(少額短期保険会社を含みます)の保険契約を締結される場合は、必ず事前に取扱代理
店または弊社までご連絡ください。ご連絡がない場合、ご契約が解除(解約)となったり、保険金をお支払いできなかったり、保険金が削減され
ることがあります。」と明示しています。

対象は異なりますが、
結果的に動産保険が二重にかかっていたことがあります。
二社間で規定額保証、1社のみが100%規定額して他社の申請請求を退けられたということを経験しています。
保険会社はリスク計算のプロの会社ですから、
二重保険については公開・非公開にかかわらずにその答えを持っています。
保険加入(予定)者にはそれを説明する責任も義務も持っていますので、
理想とする保険を相談しながらユーザーが決めることになると思います。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/come/across/jyuyou2.pdf
    • good
    • 0

2社で100%保障を検討しているなら


(基本的に併用は無効)
1社で100%保障の所と加入したら良いでしょう
    • good
    • 0

(^^) こんにちは。

私も同じように考えたことがあります。

2年ほど前に17才と8ヶ月で前愛犬を虹の橋に見送りました。晩年の闘病生活は3~4年にもおよびました。
ワンコの闘病を経験すると、高い出費は医療費だけではないことが、わかります。食事や室内の飼育環境の整備やらでお金に羽がはえます。

もっとも、メジャー(?)なアニコムは他社との併用を認めません。
よく調べると併用OKの会社もありますが・・・やや経営母体が、小さめのところに多いようで、・・・イザというといきに役にたつのか心配です。

ペット保険は、やはり商売なのですよね。以前にアリアンツに100%という保険がありましたが・・・加入者が遠慮なく(?)保険を活用したからでしょうか?赤字が出たのでしょうか?アッという間に、新期契約は打ち切りになりました。

加入者も自分の財布が痛まないとなると、ちょっとしたすりキズでも体調不良でも、サッサッと病院にいきますからね。病院も儲かりますから歓迎で、大げさな病名をつけてくれますでしょうね。でも、やっぱり保険会社は・・・「そうは問屋がおろさな~い」ようですよ。

私自身のペット保険に対する考え方は、新しく飼いはじめたばかりのときは、掛け金の安い保険に1~2年加入するのは必要かと思います。そのコの体質や体力が不明の時代は、加入しておくと万が一病弱な個体だった場合の備えになります。

しかし1~2年、健康に無事に過ごして来たらば、更新はさて・・・愛犬家の考え方によって道が別れるところです。掛け捨ての掛け金の金額を積み立てて貯金して、イザというときに備えておくほうがメリットが多いと私は思いまして「積み立て」派です。
でも「安心」を買いたい「加入派」もおります。年齢が行くに連れて掛け金が高くなるタイプは、とくに更新に悩む人が多いですね。
    • good
    • 1

>2社に加入すれば、100%治療費が保険金で補えるってことでしょうか?



これは「現在ではNO」だと思います。私も万が一のときに充分な治療をしたいと思い、以前、大手と言われる複数の「ペット保険」に加入していました。当時は「保険」といっても実際は「共済制度」だったとのことで、一回の受診で複数の会社から支払を受けることができました。ところが数年前に法律が変わり、動物に関しても文字通り「保険制度」になり、私が加入している会社の説明によると、現在ではそういったことはできないとのことです。(現在では、すでに他社に加入していると新規加入自体を断る会社もあります。)

たとえば2万円が補償される場合でも、2社に加入していれば2社間でその内訳を決めて、2社の合計で2万円を支払うことになるそうです。

とはいえどこの会社でもそうかと言われると私も自信はありませんので、実際に加入しようと思う会社に事前に確認してみるのが一番確実だと思います。ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢犬のペット保険について 今まで病院にお世話になることはほとんどなかったのですが、年をとるといろい

高齢犬のペット保険について

今まで病院にお世話になることはほとんどなかったのですが、年をとるといろいろ病気にもなるかもしれない、と思いペット保険に入るかどうか悩んでいます。

高齢だと大きな手術はできないし、そう考えると治療内容も限られてきますよね。

保険会社によって補償内容も違うし、年なので入れる保険会社も少ないですが、高齢なワンちゃんを飼ってる方、意見をきかせて下さい!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

8歳の頃に乳腺癌の手術治療をしたので、フレンチはその後の保険加入が出来ませんでした。
ハスキニーにはそんな制度がありませんでした。ボステリは癌が拡大しませんでしたので、
老衰かもしれません。(保健所から引き取ったので年齢も不詳でした)
獣医さんは積極的な手術派ではなかったのですが、12歳で反対側の乳腺と
脾臓への転移がありました。転移した癌は凄く活性ですので、揉めましたが
手術して1週間で生命を閉じました。人間と同じで難しい問題です。寿命が
伸びたので、シベリアンハスキー、フレンチブルドッグ、ボシトンテリアの
全てを乳腺由来の癌で亡くしました。最期まで看取る事、獣医さんときちんと
納得行く治療を選択する事のほうが大切だと思います。
最後は、全て涙ですが。

Qコーギーのヘルニア治療に鍼治療をしてもらえる動物病院を教えてください

家で飼っているコーギー(オス 11歳)が、去年の秋ごろから後ろ足がふらつくようになり、寒くなるにつれて段々と悪くなってきました。動物病院で診てもらったところ、コーギーに特有の症状でどうしようもないと言われてしまいました。
手術という選択もあるけれど、治癒率が低いようですし、他に方法はないかと調べていたら、鍼治療が効果があるというのを見ました。愛知県、岐阜県、長野県で鍼治療を受けられる動物病院がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

初めまして。
愛犬の鍼治療ができる動物病院を探していらっしゃるとのことで、調べたところ、犬種は、違いますが、サイトがあって、お探しの県内の動物病院がありました。
参考になれば、幸いです。

http://isdachs.blog15.fc2.com/blog-entry-164.html

Q高齢猫のペット保険

2月で12才になる猫がいます。
現在まで特に病気も怪我もせず、いわゆる健康体で、避妊手術のときと、毎年のワクチン接種くらいしか病院のお世話にはなっていません。

今のところ「少し歳をとったかな」と感じるくらいなのですが、なるべく長く一緒に生活したいがゆえに、長生きしてくれたときに備え(今更ながら)いわゆるペット保険への加入を検討しています。

が、思えば当然なのですが、ほとんどのペット保険は、新規加入年齢が10才未満で、中には13才まで可能なものもありますが、高齢加入が可能な場合は保険適用がいわゆる「終身」ではないようです。そもそも加入可能なものがない、もしくは納得できるものがなければ、保険をあきらめて、少しづつでも猫貯金を…とも考えてはいるのですが。いろいろ調べましたが、手詰まりの状況です。

そこでお知恵を借りたいのですが、
【保険料が高いのは仕方ないとして、うちの猫でも加入できて、なるべく終身に近い保障があるもの】をご存じではないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険というのは、保険会社が損しないように保険料を決めてあるものです。

つまり、医療費が沢山かかりそうな方からは、より多くの保険料をもらって対応するのです。人間の保険でも更新するたびに保険料が上がっていくのと同じですよね。

ですから、若いうちに加入するならまだしも、高齢になってからでは希望するような額で保証が受けられないのです。

ご質問の状況では、掛け金をご自身の猫貯金に貯めていくのが一番良いサービスになるでしょう。

Q抗癌治療をすべきかどうか…名古屋・大阪近辺で癌治療専門動物病院知りませんか?

こんにちは。三重県の者です。
最近家の猫の体調がおもわしくなく、四日市のA動物病院で診察(開腹)してもらったところ、消化器系リンパ種(腸間膜リンパ種)で、ゴルフボール大の腫瘍が腸にできており、その腫瘍のせいで腸内の血管が止まってしまっているとのことでした。摘出し、腸を繋いだとしても、食べた物がすぐでてきたり、場合によっては逆に寿命を縮めると言われ、結局処置せず連れて帰ってきました。診断は余命1月でした。1週間後、伊賀市のB動物病院に行き、超音波で診てもらったところ、細胞診を行い、抗癌剤治療をおこなう方法もあるが、絶対安全ではなく、場合によっては死亡することもあるというものでした。また、1週間前に開腹しているので、今開腹手術は負担が大きいとも言われ、決断できぬまま帰ってきました。血液検査では、ウイルス等は認められなかったです。
このまま、終末を迎えさせてあげるべきか、1%でも可能性にかけて抗癌治療するべきか(例え治療中に死んだとしても)迷っています。三重県内には、もう他に良さそうな動物病院は無さそうなので、名古屋・大阪辺りで癌治療を専門(得意)としている病院等しっている方いらしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

こんにちは。三重県の者です。
最近家の猫の体調がおもわしくなく、四日市のA動物病院で診察(開腹)してもらったところ、消化器系リンパ種(腸間膜リンパ種)で、ゴルフボール大の腫瘍が腸にできており、その腫瘍のせいで腸内の血管が止まってしまっているとのことでした。摘出し、腸を繋いだとしても、食べた物がすぐでてきたり、場合によっては逆に寿命を縮めると言われ、結局処置せず連れて帰ってきました。診断は余命1月でした。1週間後、伊賀市のB動物病院に行き、超音波で診てもらったところ、細胞診を...続きを読む

Aベストアンサー

癌の権威の先生方です。
『現在の取得者』をご覧下さい。

どんな決断もワンちゃんのことを考えてした決断であればワンちゃんは幸せなはずです。お大事に。

参考URL:http://www.jvcs.jp/menu/board/index.htm

Q10歳のパグ犬を飼っています(ペット保険について)

現在パグを飼っているのですがかなり高齢です。
そろそろペット保険に入ろうかなぁと思っていますが
高齢は入れないとこが多いです。
10歳でも入れるペット保険やペット共済はありませんか?

色々評判を見ていると日本ペット共済とかアイペットが良さそうだと思っているのですが、
今までペット保険に入ったことがなくどの基準で選べば良いのか全くわかりません。

ワクチン補助が出て、通院とか保障してくれるとこが良いです。
どこかご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

そうですね。10才であれば入れないペット保険もありますがほとんどが加入対象ではないでしょうか?
またちょっと高齢ですので持病とかあると謝絶される恐れもあります。

健康であれば入れると思いますよ。

通院はほとんどで保障対象だと思いますがワクチン補助がでるとなると限られてくると思います。

アイペットは確かにバランス的に良いですが掛け金が少し高いですね。
また質問者さんが望むワクチン補助もありませんし。

確か他の共済で安くてワクチン補助がでるとこがあったような・・・
名前は忘れましたすいません。

日本ペット共済はワクチン補助も出て通院も日数制限なく無制限で使えるし、掛け金も
お手頃なので意図にあっているのではないでしょうか???

私も昔に日本ペット共済を考えた事はありますが、ガンになっていたので入れませんでした。
やはり入れる時に入っておいた方が良いと思います。

参考URL:http://petlife.or.jp

Qよい動物病院、悪い動物病院。

いつもお世話になっています。

先日、猫が急に病院にかからなければならない
事態になりまして土曜日の夕方ということでなかなか
どこの病院も扱ってくれず、家から車で15分ほどの病院で
やっと診察を受けることができました。

(私は引っ越して来たばかりなのでまだ今の町に
猫のかかりつけの病院はありません。)

この病院なのですが、私はよい病院だと思いました。
が、一緒に連れて行った彼氏はあまりよくないと言いました。
そこで質問なのですが、皆様が動物病院を
ここはよい病院だな~ここをかかりつけにしよう、と
判断される基準を教えてください。
また、私が行った病院はよいか悪いか皆様の
ご意見をお聞かせください。

その動物病院は、以下のような感じです。

家から車で15分。
休診日は木曜日のため土日は通常診療。
時間外でも対応可。
獣医師が4名ほどいる。
スタッフの感じはよくもなく悪くもなくという感じ。
患者は多いが犬ばかり。
病院の床が不潔(ペットの毛や髪の毛が落ちている)
犬が多かったせいか?犬臭かった。
診察料の一覧表が貼ってある(明朗会計?)
診察(初診)と注射3回、30分の預かりで3000円弱。
お医者さんはこちらの質問にきちんと答えてくれる。

このような感じです。
よろしくお願い致します。
猫は異物を飲み込み、その処置をしていただいたのですが
結局処置では吐き出せず、自力で便から出せました。

いつもお世話になっています。

先日、猫が急に病院にかからなければならない
事態になりまして土曜日の夕方ということでなかなか
どこの病院も扱ってくれず、家から車で15分ほどの病院で
やっと診察を受けることができました。

(私は引っ越して来たばかりなのでまだ今の町に
猫のかかりつけの病院はありません。)

この病院なのですが、私はよい病院だと思いました。
が、一緒に連れて行った彼氏はあまりよくないと言いました。
そこで質問なのですが、皆様が動物病院を
ここはよい病院だな~...続きを読む

Aベストアンサー

>ここはよい病院だな~ここをかかりつけにしよう、と判断される基準を教えてください。
**説明が私にでもわかるように細かく、わかりやすい言葉で言ってくれる点が気に入っています。
病気の原因、治療方法、今後の課題など。
先生自身も動物が好きでないとできないと思っています。接し方も見てしまいますね。

>犬臭かった。
**やっぱりある程度は動物の匂いと病院の消毒の匂いがあり、ちょっとは感じます。

>病院の床が不潔(ペットの毛や髪の毛が落ちている)
**こちらは??です。私も必死でつかまえていたり、先生に怪我をさせてはと汗だくですが、そのぶん、毛を落とします。気の毒に思います。
が...。何時行っても診て頂くときには他の毛は落ちていません。
診療室に小型の掃除機や診療台の消毒ペーパーが置いてあります。

>診察料の一覧表が貼ってある(明朗会計?)
診察(初診)と注射3回、30分の預かりで3000円弱。
心配せず料金を見られるのは初診者にとってはありがたいと思います。
慣れたら、コレだといくらぐらいとかはわかりますが...。
\3000は安いかな?と思います。(初診料が入っているのに)
私はだいたい1回目は\5000-\6000ですね。
2回目からは\3000-\1000です。

>ここはよい病院だな~ここをかかりつけにしよう、と判断される基準を教えてください。
**説明が私にでもわかるように細かく、わかりやすい言葉で言ってくれる点が気に入っています。
病気の原因、治療方法、今後の課題など。
先生自身も動物が好きでないとできないと思っています。接し方も見てしまいますね。

>犬臭かった。
**やっぱりある程度は動物の匂いと病院の消毒の匂いがあり、ちょっとは感じます。

>病院の床が不潔(ペットの毛や髪の毛が落ちている)
**こちらは??です。私も必死でつか...続きを読む

Qペット保険についての考え

ペット保険についての質問です。

ペット保険についてざっと調べたところ、結構会社によって色々と加入条件(先天的な病気など)や年齢などの制限がありました。
そうなると、もしも自分のペットをペット保険に入れたいと思ったらエイズなどの病気を持っていたので加入できないとか、高齢なので入れないとか問題が出てくると思うのですが、実際のところ、健康なペットの場合通院が必要になるのは晩年になることが多いだろうし、エイズの場合にしてもエイズ関連以外(怪我とか)の医療行為が必要になることもありますよね?
そういった場合、ペット保険って意味があるのだろうか?と疑問に思ってしまいます。 
ペット保険についての在り方、必要性等について皆さんの一般的な考えを教えてください。 

Aベストアンサー

こんにちは。

先天性疾患や年齢制限など、ペット保険はまだまだ改善される余地が多いですよね。

が、個人的には、基本的にペット保険加入は必要というか、いざという時の強い味方だと思います。

一般に、高齢になってからのほうが罹患率が高く、医療費もかかると思われがちですが、決してそんなこともないです。

長年ボランティアのお手伝いをさせていただいており、数多くの猫を保護し、見て参りました。
野良ゆえの疾患や感染を差し引いても、若い猫の罹患率は決して少なくはなかったです。
乳癌、腎不全、下部尿路疾患、甲状腺異常、心筋症、などなど、あらゆる疾患、そして怪我。
保険に加入していなければ、当然医療費は全額持ち出しです。入院・手術となるとまさに羽根が生えたようにおカネが飛んでいきます。
以前犬も飼っておりましたが、この子は加入していなかったため、治療に定期ひとつ解約しました。重度疾患や怪我の場合、ペット貯金はあったほうがまし、程度のものでしたね。

エイズキャリアなど、どうにもならないケースを除き、経験上保険は加入しておいたほうがベターだと思います。

ただ、どの保険会社を選ぶかは非常に重要かつ慎重な選択が必要ですね。
例えば、腎不全や尿結石など、慢性化・再発しやすい疾患になった場合、その年の給付金は支払われても、翌年の更新(ペット保険は大半が一年毎の更新です)を断られたり、更新できても該当疾患は給付対象外など、これでは何のための保険かわかりません。
私が調べた限り、慢性化・再発しやすい疾患も更新・給付してくれるのは、アイペットとペット&ファミリーの二社くらいです。掛け金、年齢制限、保障プラン、会社倒産の場合の対応など、どちらも一長一短あります。

「うちの子は健康だから」「何かあったらその時はその時、なんとかなるでしょう」は、ペットも人間もそうそううまくいかないケースもままあります。
友人の某有名クリエイターは、滅多に受けない健康診断で脳腫瘍が見つかり、癌保険に加入していなかったため、全額自己負担になりました。入院・手術はもちろん、オフィスの様々な経費、スタッフの給与など、占めて三千万。二回手術したので更に倍。10年以上経過した現在も莫大な治療費を払い続けています。

CMの謳い文句じゃないけど、やはりなんだかんだで保険は必要、そして保険選びが本当に要、あくまで個人的経験からですが痛感しております。
そして加入しない飼い主さんは、いずれくるであろう不測の事態や介護などに備え、心構えと現実発生する少なからぬ金銭的備えなど、万全をもって対策に臨む、それが命を預かる重さと義務であると思います。

こんにちは。

先天性疾患や年齢制限など、ペット保険はまだまだ改善される余地が多いですよね。

が、個人的には、基本的にペット保険加入は必要というか、いざという時の強い味方だと思います。

一般に、高齢になってからのほうが罹患率が高く、医療費もかかると思われがちですが、決してそんなこともないです。

長年ボランティアのお手伝いをさせていただいており、数多くの猫を保護し、見て参りました。
野良ゆえの疾患や感染を差し引いても、若い猫の罹患率は決して少なくはなかったです。
乳癌...続きを読む

Q動物病院併設のペットホテルに預けた犬が死亡

初めて質問させて頂きます。
辛くて悲しくて、素人の家族3人だけではよくわからないこともあるので、書き込ませて頂きました。

先週末の三連休(金曜日〜月曜日)、私の結婚式のため、両親が実家で飼っている愛犬(シェットランドシープドッグ2歳)を初めて3泊、ペットホテルに預けました。
そのペットホテルは、町でも腕利きのお医者様が動物病院と併設させて運営しているペットホテルで、愛犬も何度かワクチンなどでお邪魔しており、日頃お世話になっている動物病院でした。
両親も「ここならば何があっても大丈夫だろう」と、一般的なペットホテルではなくてこちらを選んだようです。

愛犬は、性格はそもそもとても人懐こく、何かびっくりしたことなどがあると、足元に身体をすり寄せてきたり、夜も一緒のベッドで寝たりと、かなり人間生活に馴染んでいた犬でした。

両親が実家に帰り、月曜日の朝、愛犬をお迎えに行くと、だいぶ痩せたように見え、よろよろしていたそうです。
胸元も黄色いヨダレのようなもので汚れていて、看護婦さん曰く、「おしっこがついて汚れた」とのことです。
家に帰るとまず、お散歩に出たそうですが、今まで見たことない長さで、1〜2分、ずっとおしっこをしたそうです。
それから、ご飯をあげても食べないし、お水も飲まないし、すぐ黄色い胃液の様なものを吐いてしまいました。
これはおかしいとその動物病院に電話したのですが、「今までは全然元気だった」「朝もお散歩はして、おしっこもした」との看護婦さんからの返事で、「ストレスでこの様な症状になる犬もいる。半日もすれば落ち着くだろう。それでも様子がおかしければ、また明日連れてきてください」とのお医者様からの指示がありました。

体重を測ると13kgあった体重が2.3kgも減ってしまっていたそうです。
それでもお医者様の話を信じ、実家で一晩様子を見ました。両親は、「ストレスで何も食べられなかったのかな」「それでもまだ若いし、ゆっくりさせておけば徐々に回復するだろう」と思った様なのです。

翌朝、やはりまだ具合が悪そうなので、動物病院へ連れて行き、事情を話して血液検査などをしてもらったところ、
胃腸炎を引き起こし、白血球も多くなってるのでと点滴をしてもらいました。
そして夕方にお迎えに行くと…亡くなっていました。

その電話を受け、私も急遽駆け付け、
一夜明けて今に至ります。
今晩、お葬式をします。


先週はあんなに元気だった愛犬が、
私の結婚式のために初めてのストレスや緊張の3泊を強いられ、
そしてこんなに呆気なく亡くなってしまうなんて、愛犬に対し申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あの結婚式の最中も、愛犬はゲージの中で苦しんでいたのかと思うと、とても、結婚式後の雰囲気を祝福できる気持ちになれません。

状況を考えると、ペットホテルでこの三連休、ろくにお散歩や監視をしてもらえなかったのかなと想像します。
そうでなければあんなに痩せて帰ってこないでしょうし、帰っていきなりあんなに長くおしっこをすることもないと思うのです。
昨晩から色々と調べて、おしっこを我慢し過ぎて、尿毒症になってしまったのではないかと推測しています。

明日、その動物病院の先生が我が家に来るそうです。そこで父も、管理不行き届きを追及するつもりでいるようです。
ただ、あちらの看護婦さんは「普通にご飯もお散歩もしていた」と言っていますし、証拠もないのですが、
お詳しい方がおられましたら、これは、あちらの過失はあったと…言えますよね??

私たちが、「どこのペットホテルでも、一通りのお世話はしてくれるのだろう」と思い、事前のペットホテル慣らしや調査まではしなかった過失もあるとは思いますが、
まさか町の名医のペットホテルで、こんなに最悪な事態が起こるとは想像していなかった為に、やりきれない思いでいっぱいです。

もう亡くなってしまった愛犬ですので、どうにもできないのはわかっております。
裁判をしてお金を取ろうとか、そんな事でもないのです。
せめて、一般的にはなかなかそうはならないでしょうけれども、動物病院からの誠意のある謝罪であったりがなされれば、気持ち的にも救われるのかなと思います。

この事態について、
周りで同じ様なご経験があったですとか、専門家の方であればこの一連の流れに対する見解ですとか、お聞かせいただければ、また病院との話の判断材料になるかなと思い、ご相談させて頂きました。

よろしくお願い致します。

初めて質問させて頂きます。
辛くて悲しくて、素人の家族3人だけではよくわからないこともあるので、書き込ませて頂きました。

先週末の三連休(金曜日〜月曜日)、私の結婚式のため、両親が実家で飼っている愛犬(シェットランドシープドッグ2歳)を初めて3泊、ペットホテルに預けました。
そのペットホテルは、町でも腕利きのお医者様が動物病院と併設させて運営しているペットホテルで、愛犬も何度かワクチンなどでお邪魔しており、日頃お世話になっている動物病院でした。
両親も「ここならば何があって...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして、動物看護師です。

この度はご愁傷さまです・・・

とても表情が愛くるしいシェルティーちゃんですね。とっても愛されていたのがわかるだけに、胸が痛みます・・・


お話を聞いて、その動物病院の対応に色々疑問を抱かざるを得ません。

シェルティーちゃんの体重が減ってしまったそうですが、それは預ける時に計測してからお迎え直後の計測で2.3キロも減ってしまったと発覚したのでしょうか?
通常、三日で2.3キロも落ちることは余程のことがない限りあり得ません。なので動物病院で計測したのであれば、それを見逃した獣医師はかなりのポンコツです。体重が三日で激減したことに関してはかなり病気が切迫した状況かと思います・・・シェルティーちゃんも辛かったでしょう。

まず1番に言えるのが「説明不足」です。人間の病院もそうですが、動物病院で1番大切なのは獣医師の十分でわかりやすい説明における飼い主さんの十分な納得です。これなくしては、動物病院としてやっていけません。
1番多いのが獣医師は十分に説明しているつもりでも、飼い主さんが十分に理解できていないこと。専門用語を使ったり、話が回りくどかったり、話が二転三転したり、飼い主さんの気が動転していたり、重要なところを飛ばしていたり・・・。獣医師の説明と飼い主さんの納得はセットなので、どちらかが欠けてしまえば終わりです。

一部の動物病院に多く見られるのですが、実績だけで人気を得たようなところは説明をあまりしない傾向にあります。「どうせ言ってもわかんないでしょ?」と言わんばかりに専門用語ばかりを並べて、飼い主さんが眉をひそめても御構い無しです。しかし、飼い主さんの中には「有名な先生だから説明はよくわかんないけど、たぶん任せて大丈夫だろう」「結果を出してくれれば説明なんていらない」という方もいらっしゃいます。なので説明が不十分であろうが、自分が理解出来なかろうが、「先生、私の子もお願いします」と人気が出ちゃう訳です。こういう実績ありきの動物病院は、説明を苦手としているので、何かあった時は訴訟に発展することもしばしばです。
動物病院の良し悪しに関しては、獣医師や動物病院の経営方針と飼い主さんが合うかどうかに左右されるので、数打ちゃ当たると何軒か動物病院を回ってみたり、色んなところに爪切りに行ってみたりリサーチをする必要があります。

次に言えるのが「管理体制」です。
一般的なペットホテルは提携している動物病院はあるものの、動物の不調に気付ける知識を持つスタッフが少ない又は全くいないことや、獣医師が診るまでのタイムロスもあるため、残念ながら死亡事故もあります。
対する動物病院に併設されているペットホテルは獣医師や動物看護師が常駐しているところもあり、動物の不調にすぐ気付いて対処できるところがメリットです。ですが動物“病院”なので、最優先は患者です。人気の動物病院であれば入院患者も多く、ペットホテルに泊まる健康な動物たちは後回しにされがちです。とは言うものの、通常の動物病院であればごはんや散歩、コミュニケーション、お手入れ、排泄の世話、健康チェックは毎日欠かさず行うはずです。場所によっては毎日日記を書いて、お迎えの時に渡すところもあります。
私が実際に自分の猫(先天性の病気があり動物病院でしか預けられません)を動物病院に預けた際、猫が環境の変化によるストレスから血尿を出して、動物病院からすぐに不調の知らせと検査をする許可の電話がかかってきました。普通なら宿泊している子が不調になれば、すぐに飼い主さんに状況とこれからの対応を電話で説明するはずです。
考えられないのが宿泊している子が汚れていても、そのままお返ししているということです。普通は考えられません。可能な限り綺麗にしてお返しします。


お話を見て考えらること三点・・・
「獣医師も飼い主さんも気付けない病気が潜んでいた」という可能性。
残念ながら予測不可能な死はあります。特に命に関わることのない病気で元気な状態で入院していたはずの子が、「さて、ご飯をあげようか」と行ってみたら死んでしまったなど・・・。入院環境や食べ物、検査記録や看護記録などありとあらゆる物を調べてもわからない時が、少ないですが1割ほど存在します。この場合、最終的に解剖に踏み切ることもあります。
環境の変化や飼い主さんの不在など急激なストレスにより眠っていた病気が発症したり、進行してしまうこともあります。まだシェルティーちゃんは2歳ということもあり、元気な盛りなので健康診断をする人はあまりいません。毎年受けていても血液検査・糞便検査・尿検査・レントゲンなど簡易的なものにとどまることが多いです。それらの検査に引っかからない病気であれば、飼い主さんはおろか獣医師も気付くことは出来ません。

あとは「動物病院側の管理不足」という可能性。先も説明させて頂きましたとおり、普通の動物病院であれば毎日の散歩や健康チェックは必須です。お話を伺うと人気の動物病院ということなので、もしかしたらペットホテルに宿泊する動物たちの管理が疎かになっていたのかもしれません。毛が汚れたまま帰ってきたというのもあり得ません。
もし飼い主さまのおっしゃる通り尿毒症になった場合、排尿がなくなるので世話をする動物看護師がまず異常に気付かなければいけません。排尿や排便の有無や量や質をチェックするのは獣医師や動物看護師の基礎基本。それを見逃す又は隠しているようならば恥ずかしいことです。その子の体質や性格もありますが、私であれば一日排尿がなければ焦ります。

最後は「説明不足」。これは直接関係ないことかもしれませんが、飼い主さまが納得されていないのでこれは明らかな説明不足です。元気な子が死んでしまうのはあるまじきことなので、この問題について問い詰めて頂いても問題はないと思います。獣医師と動物看護師は説明する義務があります。納得できなければとことん気が済むまで聞いて下さい。これを拒否するなら、そこは良い動物病院とは言えないかもしれません。
ですが、お話では一応後日獣医師が説明にご自宅に伺うようなので、誠実な対応かとは思います。場所によっては電話で済ませたり、謝罪もないところもあります。


過失の有無は「生き物」が関係しているのできわどい問題ではあると思います。明らかな過失がないと相手にしてもらえなかったり、結局泣き寝入りしなくてはならない事案も動物関係においてはあります。かなりしんどい戦いになるかもしれませんが、管理を疎かにするような動物病院は存在してはいけないと私は思うので、頑張って下さい。
他の動物病院に解剖をお願いして、死因をハッキリさせるのも1つの手かと思います。宿泊していた際の管理記録などあれば見せてもらうと良いと思います。場所にもよりますが、入院患者同様に看護記録のように排尿や排便の有無など動物看護師が記録していることがあります。記録は可能な限りコピーなどをとらせてもらい、シェルティーちゃんの帰宅後の様子や症状などメモすると良いです。獣医師の説明にどうしても納得がいかなければ、他の動物病院に第三者として記録とメモを見てもらって意見を求める方もいらっしゃいます。この場合いきなり行ってしまうと断られてしまうので、電話で確認して後日お話しする機会を作られると良いです。

恐らくまだ動揺されていて、シェルティーちゃんの死を受け入れられないとは思いますが、今はどうぞご家族で思いっきり泣いてあげて下さい。ゆっくりゆっくりとで良いので前に進めば、シェルティーちゃんも喜ぶのではないかな・・・と思います。

初めまして、動物看護師です。

この度はご愁傷さまです・・・

とても表情が愛くるしいシェルティーちゃんですね。とっても愛されていたのがわかるだけに、胸が痛みます・・・


お話を聞いて、その動物病院の対応に色々疑問を抱かざるを得ません。

シェルティーちゃんの体重が減ってしまったそうですが、それは預ける時に計測してからお迎え直後の計測で2.3キロも減ってしまったと発覚したのでしょうか?
通常、三日で2.3キロも落ちることは余程のことがない限りあり得ません。なので動物病院で計測...続きを読む

Qペット保険

良いペット保険と悪いペット保険の違いは何ですか?

Aベストアンサー

すごいざっくりの質問ですよね~!
保険会社も色々あってどこが良い、悪いっていうのはありません。

それぞれの会社に特色があります。

例えば有名なアニコムはその場で人間の健康保険制度のように3割負担や5割負担の適応がされる制度があります。
一回で支払う金額が少なくてすみます。他のペット保険やペット共済の会社は一度全額負担をしてから
後で請求して回収します。

アニコムは利便性はありますが毎月の掛け金が非常に高いのが難色です。
後で請求という手続きが苦でなければそれ以外の保険会社が良いでしょう。

同じ保障内容ですので・・・

他にも通院だけの保障のペティーナもあります。

最近人気があるのはワクチン補助があるペット保険ですね~
有名な所は日本ペット共済です。

ここは掛け金が非常に安くワクチン補助もあるのでかなり良いと思います。

知り合いも入っているらしいです。

ですので良い悪いというよりは保障内容などで決めるのがいいでしょう。
色々な所の資料請求をして比較して決めみてはいかがでしょうか?

アニコム http://www.anicom-sompo.co.jp/
日本ペット共済 http://www.petlife.or.jp

すごいざっくりの質問ですよね~!
保険会社も色々あってどこが良い、悪いっていうのはありません。

それぞれの会社に特色があります。

例えば有名なアニコムはその場で人間の健康保険制度のように3割負担や5割負担の適応がされる制度があります。
一回で支払う金額が少なくてすみます。他のペット保険やペット共済の会社は一度全額負担をしてから
後で請求して回収します。

アニコムは利便性はありますが毎月の掛け金が非常に高いのが難色です。
後で請求という手続きが苦でなければそれ以外の保険会社が良...続きを読む

Q神奈川県横浜市旭区近辺の動物病院とペットホテル

最近横浜市旭区に引っ越してきました。
相鉄線沿線です。
私の家族は猫です。
車を持っていないので電車での移動になります。
どなたか良い病院を知りませんか?
タウンページ等で調べても評判だけはわかりませんので・・・
信頼のおけるところにかわいい家族を診てもらいたいので
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ここが結構有名です。

兵藤動物病院
旭区東希望が丘14-9 045-364-1367
保土ケ谷区西谷688 045-381-1672


人気Q&Aランキング