先日、レーシックを受けようと診察してもらったら角膜内皮細胞が
少なくてレーシック適用外と言われました。今までコンタクトレンズを
使っていましたが眼鏡の生活に切り替えました。角膜内皮細胞は
年間どの位減っていくものでしょうか?教えて下さい。

A 回答 (1件)

コンタクトレンズを使っていると5年間で10%減少↓


http://www.kinshi.or.jp/book/

使っていなくても年0.6%減少…↓
http://www.qqiac.com/2006/02/post_07e5.html

http://www.kobayashiganka.co.jp/ganka/CL/CLnaihi …
http://www.0ns.biz/tips87.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2009/05/18 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q角膜内皮細胞数について…医師に少ないと言われ不安です。

23歳、女です。

今日、眼科へ行きハードコンタクトレンズを作ってきました。
ハードコンタクト歴は5年です。
その際、初めて角膜内皮細胞数を検査しました。

そうすると、
両目共、2750mm2でした。
コンタクト利用には問題はないけど、
数は少ないとすごく深刻そうな表情で言われました…

20代の平均は3000mm2で、300mm2も少ないと驚かれました。

余りにも深刻そうな表情で言われたので、
とても心配です…
2750mm2はとても少ないのでしょうか?
数字だけで見たら、たったの300くらい…と思ってしまいます;

今後の為、
コンタクトの使用をしないのが1番なんでしょうが…
メガネだと色々不便なこともあり、
毎日しなければならない状況です。

まとまっていませんが…


1.今後、角膜内皮細胞数を減少を防ぐにはどうしがらいいでしょうか?

2.私の角膜内皮細胞数は医者が深刻な表情をするくらい、
 危険な状態なんでしょうか?


よろしくお願いします!

Aベストアンサー

人生ほとんどのハードコンタクトレンズ・ユーザーです。
患者に不安を抱かせる医師って言うのも ちょっと問題ですね。^^;
私の角膜内皮細胞は もっとずっと少ないですけど眼科医にも検眼師?にも驚かれたこともないですし 至って普通の対応です。^^

2750mm2あれば 全然問題ないです。
コンタクトレンズ使用されるのに問題はありません。
強いて言えば コンタクトレンズ暦と年齢的にやや少ないないのは確かですので コンタクトレンズ使用には注意が必要です。

角膜内皮細胞は 加齢・酸欠・手術や怪我などでも死滅します。(一度死滅した角膜内皮細胞は再生しません。)
生後間もない赤ちゃんで5000mm2→成人で3500~3000mm2→100歳で2000mm2位と言われ 概ね角膜内皮細胞数が1500mm2を切るとコンタクトレンズの装用禁止という医師は多いと思います。 

角膜内皮細胞数の減少を遅らせるために 高酸素透過性ハードコンタクトレンズを使用され 帰宅したら外し眼鏡にするなどして 装用時間も短くされるようお薦めします。

Q角膜内皮細胞の検査

私は58歳になる現在まで40年間コンタクトを使用しています。コンタクトを長期使用すると角膜内皮細胞の数が減ってしまい将来白内障の手術ができなくなると聞き心配になりました。かかりつけの眼科の先生に相談しましたが、「そんな心配はしなくてよい、角膜も濁ってないから大丈夫」といわれたので検査のできる病院を紹介してもらえませんでしたが、やはり自分の現在の数値を知りたくて仕方ないのです。
検査結果によってはコンタクトをやめようかと思いますがもし数値がよければ出来るならばあとしばらくはコンタクトを続けたいのです。どなたか大阪市内か京阪沿線で検査をしてくださる眼科をご存知でしたら教えてくださいませんか?また同じような経験をもつかたのご意見もお聞かせ願えたら・・・よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

私は今まで行っていた量販店等では角膜内皮細胞の数を計る機械がなかったために、別の普通の眼科へ行きましたよ。
大学病院ではないです。普通の町にある、ちょっと大きめな眼科です。
そこで「定期検診をお願いします。」か「目を見ていただきたいんですが」といって「ドライアイと角膜内皮細胞の検査をお願いします」と付け足しました。
ちゃんとやってくれましたよ。
確か費用は2000-4000円くらいだったと思います。
保険証も出したような覚えがあります。

角膜が濁ってくるというのは確か500個くらいになってからだったと思うので手遅れになってしまいますよね?(あやふやな知識ですので間違ってたらスイマセン)
私もまわり等から「そこまで検査することないよ」と言われましたが、一度気になると気になりつづけてしまうので、いっそのことはっきり調べてやろうじゃん、と思いあちこち調べて検査してもらいました。

参考になれば。

Qコンタクトと角膜細胞の減少

私は18歳から40年間コンタクトレンズを使用しています。酸素透過性のハードレンズです。13年前に新聞でコンタクトを長期間連用すると角膜の細胞が減少して、将来白内障などの手術を受けられなくなる場合があると読みました。心配になり近所の眼科へいって相談し大きな病院で角膜の細胞数を検査したいので紹介してほしいと相談しましたら、そこの開業医の先生は「コンタクトで角膜がダメージをうけても夜寝てる間に修復されます」といって大きな病院を紹介していただけませんでした。その後網膜はく離の前兆でレーザーをかけたりしていただき毎月通院しています。しかし最近また新聞でコンタクトの長期使用してる人は一度大きな病院で角膜細胞数の検査をしたほうがいいと書いてありまた心配になってきましたが。かかりつけの先生が必要ないとおっしゃてるのに紹介状を書いてくださいと言い出しにくくて、紹介状なしで大学病院の眼科などで角膜細胞数を検査してくださいと言ってもいいのでしょうか?健康保険は聞きますでしょうか?もし角膜数が普通であれば、仕事上もう数年コンタクトを使用したいのですが、よろしくお願いいたします。

私は18歳から40年間コンタクトレンズを使用しています。酸素透過性のハードレンズです。13年前に新聞でコンタクトを長期間連用すると角膜の細胞が減少して、将来白内障などの手術を受けられなくなる場合があると読みました。心配になり近所の眼科へいって相談し大きな病院で角膜の細胞数を検査したいので紹介してほしいと相談しましたら、そこの開業医の先生は「コンタクトで角膜がダメージをうけても夜寝てる間に修復されます」といって大きな病院を紹介していただけませんでした。その後網膜はく離の前兆...続きを読む

Aベストアンサー

私も就学と同時にコンタクトレンズを入れ36~7年になるものです。
No..3の方のおっしゃるように酸欠で死滅するのは角膜内皮細胞です。
そして、新聞に書かれていた通りこの角膜内皮細胞が一定量以上に減少すると 将来白内障になった場合 手術に耐えられないことから 『手術が出来ない』と言われています。
角膜内皮細胞は 加齢と共にも減少します。
生まれ時で6000 100歳で2000まで減少するとして 成人で2500~3000あれば問題ないとされています。
ちなみに私は 昔は酸素透過性のコンタクトレンズもなかったので 角膜内皮細胞は1800前後です。
それでも ハード・コンタクトレンズでしか矯正出来ないので 将来のリスクも承知の上で使用しています。

さて 角膜内皮細胞の検査ですが コンタクトを作る場合 比較的頻繁に検査するものだと思うのですが…。
私も今のコンタクトを作ったとき 眼科併設のメーカーの直営店で作りましたが 新しく作り直すたびに 角膜内皮細胞は検査しています。
大学病院に行かなくても メーカーに検査してくれる施設(直営店や眼科など)を問い合わせてみてもいいかと思いますが。
ちなみに 大学病院は紹介状がない場合 病院によって異なりますが 検査費・診療費の他に2,000~5,000円くらいかかります。

それから 別談ですが。
網膜剥離でレーザー治療を受けられているとか。
私の母は 眼底出血でレーザー治療受けたことがあります。
数年前 白内障の手術をしましたが普通の白内障手術より技術も時間も要しました。
レーザー治療のみなさんがすべて同じとはいいませんが そういうこともありますので念のために。
(ちなみに 母はコンタクトレンズは使用したことがありません。)

私も就学と同時にコンタクトレンズを入れ36~7年になるものです。
No..3の方のおっしゃるように酸欠で死滅するのは角膜内皮細胞です。
そして、新聞に書かれていた通りこの角膜内皮細胞が一定量以上に減少すると 将来白内障になった場合 手術に耐えられないことから 『手術が出来ない』と言われています。
角膜内皮細胞は 加齢と共にも減少します。
生まれ時で6000 100歳で2000まで減少するとして 成人で2500~3000あれば問題ないとされています。
ちなみに私は 昔は酸素透過性のコンタクトレンズ...続きを読む

Qコンタクト使用者の角膜の細胞の数???

コンタクトレンズ(ソフト)を使用し始めて1年半になりました。いろいろなサイトを見てみると、コンタクトを使っていると、角膜の細胞の数が減るって書いてあったり、「自分は2000しかない」とか書いてあるのを目にします。どうやったら細胞の数がわかるんですか?眼科ならどこでもはかれますか?
 

Aベストアンサー

ご質問者様の書いておられるのは「角膜内皮細胞(かくまくないひさいぼう)」のことです。

その数を計測する機械があり、その機械がある眼科であれば、計ることは簡単です。
(本人はただ椅子に座っていれば機械が計ります。)

コンタクトレンズ、特に「ソフトコンタクト」を長年していると、この細胞の数が減ってしまうのです。
もちろん加齢で誰でも減るのですが、コンタクトレンズをしている人はそのスピードが早いということです。

ただ、ハードコンタクトの場合はそれほど心配は要りません。
目に悪いのはソフトコンタクトです。
ソフトコンタクトを長年装着しているとこの細胞の数が減るだけでなく、細胞の形も「変形」してしまうのです。
ですので、そのことをきちんと知っている眼科医は「ハードコンタクト」を強く勧めますよ。

下記「参考URL」にその「角膜内皮細胞」について詳しく、解り易く書かれたサイトのアドレスを記しておきます。
御参考になさって下さい。

この細胞を計りたいのであれば、大学病気や大きい総合病院の眼科に行けば大抵その機械があります。
最近は個人病院でもこの機械を置いている眼科医院が結構あるので、受診する前に予め電話で、「角膜内皮細胞の数を計ってもらいたいのですが、そちらにその機械がありますか?」と確かめてから受診されるのが良いでしょう。



以上、私の経験も含めて書かせて頂きました。
何かのお役に立てれば幸いです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/~maepi/sub4.htm

ご質問者様の書いておられるのは「角膜内皮細胞(かくまくないひさいぼう)」のことです。

その数を計測する機械があり、その機械がある眼科であれば、計ることは簡単です。
(本人はただ椅子に座っていれば機械が計ります。)

コンタクトレンズ、特に「ソフトコンタクト」を長年していると、この細胞の数が減ってしまうのです。
もちろん加齢で誰でも減るのですが、コンタクトレンズをしている人はそのスピードが早いということです。

ただ、ハードコンタクトの場合はそれほど心配は要りません。
目...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報