ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

模試などで英語の長文を読んでも、一回読んだだけでは意味が頭に入らないときがあります。同じ文を2回、3回読むと、なぜかわかるようになるんです。試験会場で緊張していたということはありません。自宅に帰って来て、読み直すと読めたりすることもあります。
「あ、そっか!!」というように。黙読のスピードで読むのと、実際に頭に「英文が言っていること」が伝わってくるのが違うんです。黙読でははっきり頭に入らないときもよくあります。特にこれが困っています。

おそらく家に帰って読めるのは、単に模試で1回読んでいるから読みやすいというのもあります。しかし、一回読んで済ませられるようになるにはどうしたらいいですか?簡単な単語が並んでいる文なのに、英語をそのまま直訳で訳すと「え、どういうこと??」「わからない」ということが多いです。


英文の構造で「核心的内容」から「補足的説明」という知識はあります。
○文章全体のトピックは、第一パラグラフで述べられること、
○全文のトピックの導入方法には、疑問文、キーワードを定義する文、比喩、具体的         なエピソードなどがある
○ 一つのパラグラフに主張は1つ
○前のパラグラフを受けた指示語の直後には、そのパラグラフの主張があることが多い。
○主張のあとは、原則として抽象→具体)の順に展開する
○主張のあとは、原則として((譲歩→逆接→主張→説明)の構造が用いられる
○対比表現は、後半要素に力点があることが多い。
○論理展開をわかりやすく示すためにディスコースマーカーが使われる
○文章全体は、「序論、本論、結論」の構造がとられる

長文を読んでいて、問題を解いたときに間違っていると自信を喪失することがあります。
人生長いのに何をあまいこといっているの?、といわれると思います。内容一致の方法論も学びましたし、英文の読む量もたくさん読んできたつまりです。それなのに間違うと「このまま勉強していて、はたして伸びるのかな、これでいいのかな?」と思って、勉強に全く手がつかなくなってしまい、ダラダラと過ごしてしまうことがあります。
単語の推測力もよく考え、語彙力もつけてきたと思います(英検1級の単語集は2冊目も仕上がりかけています)、文法力も、薬袋善郎先生の本で品詞分解の学習からはじめ、、文法の学習もしっかりやり「基礎は絶対に疎かにしない」ときめ、「基礎の基礎」から丁寧に学習してきたと思います。だからこそ、間違うと本当に制限時間を20分以下で読めなければいけないものが、30分、40分かかったり、一読で読めないと自信を失い上述したような状態になります。

使用してきた参考書です。
富田の英語長文問題 解法のルール 144 上
富田の英語長文問題 解法のルール 144 下
出題形式別 富田の英文読解 論理と解法
富田の基礎から学ぶ英文読解 基本ルール編
今井の英文読解 パラグラフリーディング スーパー速読編
今井の英文読解 パラグラフリーディング スーパー精読編
佐々木和彦の英語長文が面白いほどとける本
基本からわかる英語リーディング教本 薬袋(みない)善郎
英語リーディングの秘密
英検準1級 教本
英検準1級30日間集中ゼミ
英検準1級 全問題集 
英検1級 30日間集中ゼミ
英検1級 プラス単熟語CD付
辞書はジーニアス 英和辞典、oxford Advanced learnder's dictionnary

このような状態なんですけど、経験者の方、よろしくご指導ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

分解 品詞」に関するQ&A: 品詞分解 接続 意味

意味 語彙」に関するQ&A: 語彙力が乏しいのが悩みです。 好きなので映画などはよくみます。 映画だけでは意味ないですよね?やっぱ

問題 英検」に関するQ&A: 昔、日本語能力検定ってありましたよね? 漢検や英検と同じ会社で。 ちょうど英検の問題があったころで

英語 レベル」に関するQ&A: イギリス人と国際結婚についての悩み。 私の英語レベルは恥ずかしながら日常会話が出来るとは言い難い状

英語 基本」に関するQ&A: 英単語についてお聞きします。 手元に、出まくり入試英単語(風呂)     英語基本単語集  

急がば回れ 意味」に関するQ&A: 諺の 急がば回れ ってどういう意味??? 急いだ方が時間節約になるし、速く終わった方が良いじゃない?

英単語 音読」に関するQ&A: 英単語は、音読して音で覚え、どうしても覚えられないものは絵とか何かしら別の方法で覚えて、語源も、ある

頭 意味」に関するQ&A: “空くじ”の頭に、どういう意味の「た」を付けると、“宝くじ”に復活しますか?

英検 単語」に関するQ&A: 英検4級のニートです。単語帳の例文でattitudeとproblemどっちも目的語の気がします??

指示 語」に関するQ&A: ドイツ語 指示代名詞で受けるべきか、人称代名詞で受けるべきか?

A 回答 (6件)

随分参考書に頼っておられるようですね。

受験生かな。

私は(とくに高卒以降は)ぶっつけ本番で書籍やインターネット記事などにアプローチしています。辞書を見ることはありますが、それ以外の参考書は(OK WAVE の文法の質問に接するとき以外は!)見ません。つまり常に英語の原文から学んでいるという形です。

私が経験的に感じる英文読解の難しさを敢えて分類を試みますと

1. 単語がわからない場合。基本単語と専門用語と。熟語も分かりにくい場合が多いですね。十万近い英単語の過半を日本人としての私は知らないのですから、やむを得ません。カンで理解出来なければ辞書に頼るしかありません。それでも分からない場合もありますが、あまり細かいことにはこだわりません! 辞書も引かず読みとばすことも多くあります。

2. 日本人がよく知っている単語の意味と違う意味・ニュアンスで単語を使っている場合。とくに外人の日常会話や映画などは「行間」みたいな部分が多量にあって、ついていけないことが多いわけです。2、3度読み直しても正確にわからない場合は諦めます。外人の論理の組み立て方に慣れるという姿勢ですね。

3. 形容詞句や副詞句が文章を複雑にしていて、どこで区切るか考えないとよく分からない場合。これは読む方の責任です。2、3度読み直すと分かるという場合も多いですね。文法の知識が不足している場合もありますが、もともと英語は単語の語順だけで全てを表そうとする言語で、複雑な論理を述べようとすると単語のかかり方が分かりにくくなるのだと思います。最近の文法書は文章の読み取りに関わることも書いてあったりしますが、基本的には多読するしかないかなと感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

KappNetsさま、いつもありがとうございます。わたしも英語の原文で勉強したいとは思っているのですが、正直な気持ちは、あきやすいのに続くかな、曖昧なまま読み続けたらどうしよう!?という思っていまいます。いくじなしなのだと思います。

簡単な単語、文法構造もわかっているのに日本語にしたら少しわからないというときはありますか?一読しても二読しても簡単な単語なのにわからない文章ことです(映画や会話文の省略などではなく、論説文なのです)。

日本文にしたけど、意味がわからないというのは、何が不足しているのでしょうか?summaryが弱いのです。どう力をつけたらいいでしょうか?日本語の理解力ですか?場面を想像する力が弱いのでしょうか?

お時間があるときにでもけっこうですので、ご回答いただけたらうれしいです。

お礼日時:2009/05/21 06:05

いえいえ、こちらこそ気分を害してしまったようで申し訳ありません。



>構文をきっちり理解して、文章の主題や筆者の主張をつかむまでその文章はきっちり読む

という部分については、最近の質問者さんの別のQAを拝見しても、その通りなのだろうと思います。私も受験生時代は伊藤和夫先生の「英文解釈教室」をバイブルに、(悪い意味ではなく)アホみたいに徹底的に構文を理解しようとしていたので、それを否定つもりは毛頭なく、どちらかといえばむしろ超肯定派です。
しかし、残念ながら言葉は理屈「だけ」ではないのです。"Rose is a rose is a rose is a rose"は第何文型でしょうか?
http://en.wikipedia.org/wiki/Rose_is_a_rose_is_a …
まあ、これは極端な例ではありますが、論説文も基本は同じです。未知の単語を前後から推測する力は必要ですが、言葉は本来、意識的な推理を行わなくても直感で意味を推測できるのが理想なのです。

ちょっと話がそれますが、別の質問の中で、"work out"は「取り組む」でもいいのではないか、という疑問を持たれていました。
私は「取り組む」ではダメだと思います。これを例に考えてみましょうか。

work outの意味を前後関係から論理的に推測するのならば、まず
・the first attempt to work out a strict sciecnce of society
・How far this goal can actually be fulfilled remains to be seen
の"fullfilll this goal"と"work out a strict science of society"
が対応していることが考えられます。fullfillの意味はなんだったでしょうか?
それに、"attempt to work out"のattemptが「試みる」なのだから、「取り組もうと試みる」ではあまりに弱すぎます。

このようにして文章を理解することで、単語の推理力は高まるかもしれません。
work out=作り上げるという意味を覚えて、語彙力もアップするかもしれません。
それはそれでOKです。

で、ここからが私の言う「音読」のスタートです。
そもそも、work outを「取り組む」と推測してしまうは副詞の"out"に対するイメージが感覚として植えつけられていないからなのです。
辞書で"work out"の使用例を見てみてください。
http://eow.alc.co.jp/work+out/UTF-8/?ref=sa
どれも何らかの「結果」を出す行為になっていませんか?それが"out"のイメージなのです。
この"out"に対するイメージが弱いがゆえに、work outの意味を推測する力も弱まります。
では何をするか。"work out"を「作り上げる」という訳語として暗記するのではなく、
「workして何かをoutする」イメージが日本語を介さずに感覚的に体にしみこむまで、ひたすらこの文章を音読します。


イメージが十分体にしみこんだならば、次にこんな文章に出会っても大丈夫なはずです。

I am planning to work out a problem.

この訳語は「取り組む」でも「作り上げる」でもないですよね。前後の文章もありません。
でも、outの感覚がしみこんでいれば、直観的に分かるはずです。
    • good
    • 1

こんにちは。



まず、ちょっと「読解のテクニック」に走りすぎではないかと感じました。

質問内容で挙げられた

>○文章全体のトピックは、第一パラグラフで述べられること、
 :

などの「文章の組み立て方」は、確かにセオリーとしてはあるのでしょうが、
誰もがそのようなセオリーに従って文章を書いているわけではありません。
そういう意味では、これらはあまり本質的なことではないのです。
変な先入観に縛られないにも、参考程度のテクニックにとどめておくべきかと
思います。

さて、

>文の読む量もたくさん読んできたつもりです
>語彙力もつけてきたと思います

とのことですが、私の推測では質問者さんは
・次々に新しい文章に手をつけていないでしょうか?
・単語集を使って英単語や熟語に対する訳語を暗記していないでしょうか?

もしそうならば、いろいろな文章に手を出すのはちょっと我慢しましょう。
これまで読んだ文章(特に、文法構造も単語も完全に調べきって理解した文章)
を何度も何度も繰り返し「音読」してみてください。
文法構造を意識せず、日本語への置き換えもまったく行わずに意味がイメージ
できるまで読みます。文章を暗誦できるまで、100回は読むのがベストです。
声を出すのでもちろん自宅でしかできません。


>一回読んで済ませられるようになるにはどうしたらいいですか

急がば回れ。一回読んで済ませられなかった文章を、「これでもか!」といえる
まで「読みたおす」ことです。
間違った読み方をした文章をそのままにしたのでは、英語の「感覚」が矯正
されず、どんどんズレていってしまいます。読み方がズレていた文章は、その
「ズレ」が無意識の感覚レベルで矯正されるまでひたすら読み直します。


これはもう20年近く前に私が自分で考えて実践した方法ですが、おそらく、
國弘正雄氏先生の『只管朗読』も同じ考え方です。
私は読んだことはないのですが、ご興味があれば調べてみてください。

参考URL:http://www.kairin.co.jp/akio/dokusyonot/P40.htm

この回答への補足

お気をわるくされましたら、申し訳ありません。わたしが感じたこと、思ったことを素直な気持ちで書かせていただきました。

補足日時:2009/05/23 11:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

読解のテクニックとお感じになったのですか?書きたかったことは、文章を読むときにこのようなところに目をむけ、読んでいますということを伝えたかったのです。もちろん文章は生き物ですから、論説文すべてが最初の質問に書いたように抽象から具体や、トピックは第一段落にあるといえるものではないことは知っております。ですが、英語の文章はとても論理的で、そのようなことを知り、読んでいくのは間違いではないように思うのですが。テクニックというと、何かやっているようなことが全否定されたような気がいたしました。ご無礼なことを申し上げまして、すみません。

次々に新しい文章に手をつけているではとのことですが、いつも一文一文、一問一問大切に読むように心がけております。それは質問内容にも書かせていただきましたとおりです。むしろ他の回答者様のおっしゃるように、いつまでも一つの文章に拘りすぎていないで、その文章が終わればつぎに進もうとすることも今回の質問でやはり大切だと感じました。わたしはどちらかといえば、品詞分解、構文をきっちり理解して、文章の主題や、筆者の主張をつかむまではその文章はきっちり読むようにやってきました。参考書にしてもやりっぱなしと言うことはありません。8割以上理解して次に、次に進むようにしてきました。数冊の本でなんでも読めるようになるという万能薬はありません。とても失礼なことを申し、ごめんなさい。

同じ文章を100回は読むのがベストとのことですが、わたしも何度も音読するのは大切だと思いますが、好奇心のもてなければ意味がないような気がいたします。一つの文章ばかりに気をくだりすぎて、あまり単語も身につかないと思います。今までしつこすぎるぐらいに一つの文章にわたしは拘ってきたつもりです。

お礼日時:2009/05/23 11:52

個人的に努力しているのは、例えばハリーポッターを読む。

のですが、知人に、こう言ったんです。
「子供じみてて、読んでも面白いわけじゃないし、一章読むと眠くなる」
彼が、「そうだよ、そうやって使う本じゃん」(カナダ人)
言われて見れば、童話なので大人が夢中になって読める本じゃないわけですし、読んでれば眠くもなります。(たまに面白いところはあります)

KappNetsさんの言われている通りで、一回で読めるように心がけていますが、駄目ならあきらめます。どうせ解らないわけです。
あ、言い忘れましたが、日本語版が出てからだと読むのは難しいです。できれば、英語版しかないときがいいです。日本語版があるのに、読むのは反対に辛いです。

できるだけ、多読するしかいい方法はないような気がします。慣れということになっちゃうのですかねぇ・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。
お友達のカナダ人の方、おもしろいお返事をされますね(笑)
ハリーポッターではありませんが、わたしも洋書は読んでいます。簡単な文なのに、読めないのはなぜ??というときはとても困ってしまいます。

他の回答者様、もしお時間があれば回答いただけたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/22 17:04

こんにちは。



あまり参考書にかいてあることに縛られずに、
参考書もわかりやすいもの2,3点に絞ったほうがよいかと。

わたしのやりかたなんですが、
鉛筆片手に文節で区切る。
日本語の文章でも1回ですっと読めてしまう文章はすくないと思います。それと同じで、文節を区切っておけばどこにどれがかかるのかは
わかるはず。

あとは普通の読書と同じで、英文の本を沢山読むこと。
雑誌でもいいし、日本の文学でも英訳されてるものはいろいろありますから。

素人の私の勉強法ですが、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考書は今までどの本も自分で解説を読む前に自分で十分に考え、納得いくまで読むというやり方でやってきました。答えを自分の力で出すまでは、解説も答えを見ないように徹底的にやってきました。構文も単語も調べてやってきました。一冊一冊を大切にやってきました。それらの本は終わったものです。確かに、日本語で読んでもすんなりと頭に入らない英文もあります。両親に英文を日本語にしたものを見てもらったことがありましたが、「まわりくどくいっているね」といわれました。わたしは「要は、それがいいたいんだ」と見抜く力がまだ弱いように感じました。

父には「簡潔に、何が言いたいのか掴めるようにしなさい」といわれました。mari様のおっしゃるように、読むことが足りないと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/20 08:04

長文に関して言えることはふたつあります。



ひとつは、ゆっくり読んでわからないものは早く読んでもわからない。

ひとつは、どんな長文も書いてあることは常識の範囲内にある、ということ。

長文に関してやるべきこと。それは【全体】から【部分】へ進むこと。

【全体】パラグラフを数える。その数だけいいたいことがある。

【部分】選択肢を読んでから本文に入る。そこに真実が隠されている。

一度確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。難しいと呼ばれる大学の文章でも、日本語で書かれているものを見ますと、とても簡単なことが書かれているのに驚かされることがあります。また、その逆に、日本語で書いている訳がわからなくても、英文のほうが伝えたいことが明瞭ということもあります。
いつもパラグラフで主張はなに?、は考えております。ですが、パラグラフの主張が掴めないときは、まだまだ勉強不足だと痛感します。

お礼日時:2009/05/20 07:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の論文が頭に入らない

英語の論文(社会科学系)を読んでも、頭に残らず困っています。。

勿論意味はとれますし、「ふむふむ」と内容を理解することも出来るのですが、全部読み終わってみると、ほとんど頭に残りません。ちなみに、ためしに逐語訳までしてみると、日本語の論文同様、ちゃんと残るのですが。といって一語一語を日本語に翻訳して(英語を日本語として理解する)いけば膨大な時間がかかりますし、悩んでいます。どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 とても良い質問です。 

私は40年間企業の海外事業やODAのコンサルタントとして英語と深く係わって来ました。 

英語のテレックスを上司に回すと、必ず同じ質問が返って来ました。 

《ところで、結局何が書いてあったの?》 

こう言わない上司はいませんでした。 わかったふりをして懸命に読んでいるのですが、読み終わるといつも同じ質問です。 あなたは率直に疑問を投げかけただけ立派です。 

日本中の海外関係のビジネスマンの殆どがわかったふりをして、結局何も理解していない。 あなたと同じで読んでいる瞬間は理解出来ている。 しかし、読み終わると何も頭に残っていない。

(1)どうして読み終わると何も頭の中に残っていないのか?
それは読むスピードが遅いので、記憶に定着するまでに忘れて行くのです。 少なくとも一分間に150語程度のスピードで読んで行かないと、忘れて行くのです。 鶏は三歩歩くと忘れ、我々日本人は三行読むと前の文章はみんな忘れてしまうのです。

(2)読んだ内容を定着させるための工夫
これは速読に入る準備段階で、徹底的に音読をやることです。 同じ内容を何回も何回も音読するのです。 そうすると次第に読んだ内容が頭の中に定着して行きます。 この音読をして行くうちに読むスピードが上がるのです。 音読なくして黙読なし。 

(3)日本人の殆どは黙読で理解出来るレベルには達していない。
私が企業に勤務していた時、先輩が国連に勤務する事になり、いろいろ教授しました。そのひとつに英語の文章を黙読出来るまでのレベルアップがありました。 

国連で働くという英語の達人にしてこの程度。 日本人ってこの程度ですよ。 多くの人が知ったかぶりをしているだけ。 ですからがっかりすることなんかありません。 本物になって下さい。 

こんにちは。 とても良い質問です。 

私は40年間企業の海外事業やODAのコンサルタントとして英語と深く係わって来ました。 

英語のテレックスを上司に回すと、必ず同じ質問が返って来ました。 

《ところで、結局何が書いてあったの?》 

こう言わない上司はいませんでした。 わかったふりをして懸命に読んでいるのですが、読み終わるといつも同じ質問です。 あなたは率直に疑問を投げかけただけ立派です。 

日本中の海外関係のビジネスマンの殆どがわかったふりをして、結局何も理解...続きを読む

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q速読すると意味が理解できてない!

中学まで英語を得意としていたんですが、最近になって「長文」に関して自信がなくなってきました。ライティングもなんですが・・・。とにかく今一番困っているのが、リーディングです。速く読むと内容が全くといって理解できてないんです!!!速く読むよりはじっくり読んだほうがいいじゃない、と思うかもしれませんが、英検の時などは英文を英語で読みつつ、日本語に置き換える間もなく、「英語のまんま」意味を理解しなくては時間が足りません;語彙力が足りないからだと思うのですが、速く読みつつもきちんと内容理解できてるようにしたいんですが・・・。どうすればいいでしょう???あと、音読(問題を解くときに関わらず、声にだして文を読むとき)のときに物理的に速く読むにはどうすればいいですか??

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>まず、長文はゆっくり読めばわかります。そのかわり、わからない文型や単語がでるととたんにストップしてしまいます。それが原因で遅くなると思うんですが;速読した場合は、英単語をただおっかけてるだけで、意味をまるで把握してない状態になります。

読んでわからないものを「速読」してもまったく意味のないことなんです。 この質問ではっきりしていることは、速読できるようになりたい、ということですね。 読解とは違うものです。

速読、というところからまた来ますと、遅読(読解が充分できるスピード)、+10%、+20%、+、、、、、、速読、超速読、などの速読のレベルの違いを知ってもらいたいのです。  遅読から速読に持っていきたいということが目標であり目的なんです。 しかし、これをいっぺんにやっていたら時間の無駄、ということになります。

だから、徐々に上げていく、ということになり、そのためには、自分のスピードに気が付くことは「必要」なんです。そして、読解という大切な部分が読む理由ともなり、なり、試験でいい点を取ることになるのです。 早く読んでも解釈できないんであれば、やせようと思って絶食するのと同じことなんです。 害あって利なし、ですよ。

>音読は、みなさんの指摘にもありましたが、右に目を移して読んでいくスピードが遅いのと、わからない単語があるとつまづいて先に読めない、どこで区切ってよんでいいのかわからない。ということです。中学の教科書や、何度も音読してリズムも単語も覚えてるのはスラスラ読めるんですが、初見のものがは大抵スラスラ読めません。

この「すらすら読める」というのが私言う「理解できる内容」なんです。 「すらすら読める」文章を今どのくらいのスピードで読んでいるのかを知り、そして、その文章を、もっと早く読む、というのが、このトレーニングなんです。 

すらすら読め意味がわかるのであれば、何回か速度を早めていくうちに、単語を追いかけていないことがわかるはずです。 その、認識を自分に与えることは必要だと私は言っているのです。

しかし、どうも、速読力をつけたいというよりも、読解力をつけたい、そして読解力があれば速読ではなくても試験の時間内に終えることができる、と考えているのだと私は感じました。

超速読ができなくても、一日の時間の中で、私が書いた訓練方法をやることで、英語という言葉の表現方法(フィーリングのあらわし方、構文ですね)が自然にわかってくるはずなのです、長文であろうと。

>そこでまたちょっとまた質問なんですが、問題で「The child raising his right hand is John.」という英文があったとします。わたしは「ザチルドレンライジングヒズライトハンドイズジョン」と黙読します。そのあとに「左手をあげている子どもはジョンです」と訳すのです。「ザチルドレン~」と読んでる時に同時に意味がとらえられれば、手間が省けるのに!!と思います。また例えばraisingという単語の意味がわからなければ、ずっとここで止まって考えてしまうし、文法が難しくなればまたそこでまたつまづくというパターン。
問題を読む際、みなさんも「ザチルドレン~」などと英文で発音してから意味をとらえてよんでいるのでしょうか?わかりずらくてすみません。つまり、問題文を読む際は単語を発音しながらも意味を同時にとらえてますか?ということです。

これは日本語に訳さなくてはいけない、と学校で教わっているからなんでしょうね。 日本語に訳すことはひとつのことで、読んで理解してそれに基づいて質問に答えるということはもうひとつのことなんです。 つまり、まったくといって良いほど違う脳の働きなんです。

このカテで時々見てしまいますが、きれいな日本語に訳したものの、何を言っているのかぜんぜんわからない日本語訳を書く人がいます。 (Gの日本語の方がもっとわからない、ということは別として<g>) それは、読解して自分の日本語の言葉で書いていないからなんです。

The child raising his right hand is John.とあったら、the childのことを話しているんだなと感じ、raisingとなっているからこの子供のことを言っているんだな、his handで足じゃなくて手だな、それも両手じゃなくて 右手を、is Johnでそうかそうやっっている子供の名前はジャンなんだ。と理解するわけです。 そのときに、日本に「直す」必要はないのです。 The child/raising his hand/is John.と分けることができるようになるわけです。 そして、いつとなく気が付くことは、この区分けが読んでいるときにあたかも「/」があるように見えてくるのです。

この練習を読めて理解できるんレベルでやってくださいと私は言っているのです。

今この文章を紙に書いて壁に貼っておいて見てください。 一週間後この文章をまた見るのです。 raisingで詰まるとおっしゃいましたね。 来週この文章を読むときに詰まるでしょうか。 まずないでしょう。 なぜなら、今日の今、raising(レイジングですねーーーーカタカナの発音でないのはもちろんですが)という表現が手を上げているところのイメージがわき、意味がわかるからです。

何百万とある単語の中で、この単語はこういう使い方ができるんだと自分でもつかえることがわかれば「無理して覚える必要」はないのです。 自然に覚えるからです。 なぜって、将来使えるということに気が付いているからです。 Raising hand /is one way/ to get/ a taxi/ in Japan. 手を上げる、ひとつのやり方である、得る、タクシー、日本で。という表現を使えることになり、「手を上げる、ひとつのやり方である、得る、タクシー、日本で。」で何を意味しているかがわかるわけです。 外人さんがこのような日本語を使うのはここからきているわけです。

読んでわからないから自分に失望するのではなく、読んでわからなくてもそれほど大きな問題になることは実際にはないし(試験は別かも)、わからないということは知ることへの一歩だ、だから知ったかぶりするよりも自分庭からなんだと認めるほうが結局、わからないということは単に、わかるようになる始点であり、わからないと感じることは「よかったこのわからなかったということが今わかって」という喜びにもつながりそれがやる気につながるのです。

自分に失望する人は、できるようになりたいという願望が少なすぎる、ということです。 

残念ながら日本では試験・資格を重要視するようですね。 自分のレベルを試したい、自分のレベルを知りたい、という理由だけであれば、その試験のための勉強は、その試験が実践的でないという理由から、しばらく遠のいても良いのではないかと思います。(私の友達であればそういってほかの事をさせるよう説得するでしょう) 押し付けているわけではありません。

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>まず、長文はゆっくり読めばわかります。そのかわり、わからない文型や単語がでるととたんにストップしてしまいます。それが原因で遅くなると思うんですが;速読した場合は、英単語をただおっかけてるだけで、意味をまるで把握してない状態になります。

読んでわからないものを「速読」してもまったく意味のないことなんです。 この質問ではっきりしていることは、速読できるようになりたい、ということですね。 読解とは違うものです。

速読、というとこ...続きを読む

Q神戸大・大阪市立大は重要問題集は必要でしょうか?

受験生の者です。最近になり大阪大学志望を神戸大学、大阪市立大学の工学部に変更しようかと思っています。神戸大・大阪市立大の場合、物理・化学においてレベル的に問題演習は「重要問題集」のレベルまでやっておくべきでしょうか?それともそこまでのレベルは必要ないでしょうか?過去問は勿論やりますが、問題演習の点で使う問題集を決めかねています。
以前の阪大志望の時の計画では物理を「物理のエッセンス」→「重要問題集」、化学を「セミナー化学」→「重要問題集」の順で進めて行くつもりでした。
また、宜しければで良いのですが赤本などを見ても上手く分析が出来ないので参考に英語・数学・物理・化学(どれかでも良いです)の阪大と比べた神戸大・大阪市立大の大体の難易度を教えて頂きたいです。本当におおざっぱでも良いです。
全体的に情けない内容になってしまいましたが、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

せっかくなので最初には書けなかったこと・言葉が足りていなかった部分についても書きますね。
(1)
>エッセンスの問題は数はそれなりですが、難易度は低いものが多いですし、頑張れば一週間もあれば一冊を終わらせることができるはずです。
セミナーは恐らく学校でもらったものだと思いますが、これはいわゆる「網羅系問題集」というやつで、僕の中では「基本問題のついた重問(問題はより多め)」という扱いでした。
回答の際、少し言い方が悪かった(ごめんなさい)のですが、「セミナーを使う」こと自体がよくないのではありません。ただ、セミナーと重問はどちらも「網羅系問題集」なので、両方全部やる、というのは無駄が多いように僕には思えるのです。現役生は時間も限られていますし、基本的には一冊で十分だと思います。それこそ答えを覚えてしまうくらいやりこんでしまったら仕方ありませんが、基本的にはどちらかを完璧にして過去問に移り、その解答解説を読み込めば十分事足りるはずです。
ただ、重問の方が問題レベルは高く、セミナーはあまりに問題数が多いので、重問を使う方がいいように僕は思いますし、もし両方使うなら、セミナーの基本問題あたりだけは完璧にしてしまって、重問に行き、重問だけでは足りないと思った分野だけセミナーをやればいいと思います。

(2)
>僕の高校は先生の方針でI・IIを一切分けずに習い、高三の一学期で化学IIの有機以外の化学全範囲を終わらせたので、あまりこの辺りはいいアドバイスができないかもしれません・・・
ただ、化学Iの範囲に関しては、秋以降からセンターまではセンター対策をひたすらやり、九割くらいとれるようにすれば無機・化学Iの理論・有機の実力はかなりつきます。たぶん神戸・市大レベルなら十分なくらいです。ただ、阪大ならこれにまだ上乗せの知識が必要です。

化学IIの気体や平衡の分野は高校化学最難関の分野ですから、今のうちからやっておかないとまずいです。センター対策を始めるまではここと有機の構造決定の少し難しい奴をひたすらやるべきです。そして、あとはセンター後までほとんど触れなくても大丈夫です。問題集の解説で解法などが理解できればいいのですが、かなりしんどいはずなので、旺文社から出ているDoシリーズという参考書シリーズの理論化学・有機化学をやるといいかもしれません。
あと、学校でもらった化学資料集はぜひ活用してください。あれを毎日少しづつ眺めているだけでも化学の学力は上がります。
夏休みの間に化学Iの有機の基本的な反応系図と化合物の名前・性質を覚え、異性体の書き出しをマスターしてください。これだけで十分ですが、これだけは絶対に完璧にしなければいけません。秋以降何もできなくなります。
化学IIの有機は半分知識問題みたいなものなのでセンター後からでも間に合います。
センターから国立前期まで一か月半近くあります。これは思っている以上に大きいです。

最後に。
この三つの大学、どこを受けるにせよセンターの得点力と英語の学力が大事です。
神戸・市大は言わずもがな。
阪大は二次が難しくなりすぎたので、この調子が続くなら恐らく半分センターと英語の勝負になると思います。
あのレベルの問題がきちんと解ける子は阪大ではなく京大・東工大に行くというのが僕周辺の見解です。
あと半年ちょっと頑張ってください。

せっかくなので最初には書けなかったこと・言葉が足りていなかった部分についても書きますね。
(1)
>エッセンスの問題は数はそれなりですが、難易度は低いものが多いですし、頑張れば一週間もあれば一冊を終わらせることができるはずです。
セミナーは恐らく学校でもらったものだと思いますが、これはいわゆる「網羅系問題集」というやつで、僕の中では「基本問題のついた重問(問題はより多め)」という扱いでした。
回答の際、少し言い方が悪かった(ごめんなさい)のですが、「セミナーを使う」こと自体がよくない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報