ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

放射照度(W/m2/nm)と透過率(%)の相関関係はあるのでしょうか?
又、光の強度と透過率の関係はあるのでしょうか?

A 回答 (1件)

質問されている放射照度の単位がW/m2/nmなら、分光放射照度のことですよね。


とすると、どんな物質でも波長によって透過率は変りますから、分光放射照度が同じでも異なる波長の光源で同じ物質の透過率を測定したら、違う透過率が測定されるのでは? つまり相関のあるなしを考える意味がないかと。

放射照度がW/m2のほうであれば、ある波長の光源である物質の透過率を測定した場合、普通は放射照度の大小に関わらず同じ透過率が測定されると思います。

しかし、明るい所で色が濃くなるサングラスのガラスのような光化学反応するもの、光のエネルギーによる熱で相転移するようなもの、非線型光学結晶などでは、放射照度によって透過率が変化すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良くわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q照度の単位変換

照度の単位[LUX]を[W]または[W/m2]に変換する式を教えて頂きたいです。

以前のご質問にもでてたように
1[m2]のとき1[LUX]×0.147=0.147[W]なのでしょうか?


誠に勝手ながら早急に回答を頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

照度は、光のエネルギーではなく、人間の目によって知覚される光の供給を測定するものである。したがって、変換係数は、光の波長の構成あるいは色温度に応じて変わる。可視光スペクトルの中間の波長555nmでは、1ルクスは1.46mW/m2と等しい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9

一般の物理量と違い、人間の感覚が入ってくるので、「光の波長の構成あるいは色温度に応じて変わる」ということです。

波長555nmでは
1[lx]=1.46[mW/m2]=0.00146[W/m2]
ということです。

Q透過率の計算方法を教えてください。

今、通信講座で化学の勉強をしています。
その講座で以下の問題が出されたのですが、計算の仕方がわからず不正解となりました。
どなたか、解き方を教えてください。

<問題>
ある溶液の光吸収を測定したところ、1cmセルで透過率が96.4%を示した。
この試料を5cmセルで測定した場合、透過率はいくつになるか。
但し、この溶液についてはランバード・ベアーの法則が成立し、検量線は原点を通るものとする。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

透過率だけで計算できます。
たとえば、2 cm の場合、96.4%がさらに96.4%になります。
◎ 1 cm : 0.964
◎ 2 cm : 0.964 × 0.964 = 0.929296
◎ 3 cm : 0.964 ^ 3 =
◎ 5 cm : 0.964 ^ 5 =

Q分光放射照度の単位

質問タイトルの件、光の測定の際に用いますが、
受領した基準光データの分光放射照度の単位が、
W * m^(-2) * (nm)^(-1) と記載されているもの(1)と、
μW * (cm)^(-2)と記載されているもの(2)がありました。
両者を用いてスペクトルミスマッチ係数を算出すると、
結果が異なります。
おそらく、上記単位の記載の差異によるものだと思うのですが、
双方の変換(上記(1)を(2)に変換する。逆でもOK)は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

度々失礼します。ANo.1です。
>ということは、(2)を前提に算出するのがセオリー(と言いますか、楽と言います>か。。。)ということになるのでしょうか?
そうだと思います。分光感度を考えない場合、リンク先にある定義式において
(1)→φ(λ)。
(2)→∫φ(λ)dλ。
ですから、(2)が既に既知であれば、セオリーにしたがって、(2)を使ったほうが楽だと思います。

>やはり(2)の単位系の出所・所以を明確にすべきだなぁと感じています。
積分量(2)がカーブで与えられているそうですね。不思議です。横軸は5nm間隔の波長だそうで。。うーん。解決したら、是非教えてください!

*(2)→(1)への変換(分解)
(2)が既知、(1)のスペクトルは既知、しかし(1)の値はわからないとき、No.5に記述した作業をします。今の場合は、両方の値が既知なんですよね。ですから特に変換(分解)の必要は、ないですよね。蛇足でした、失礼しました。

QLED光による放射照度の計算方法について

現在、赤外LED(SFH4546)を使用してある装置を製作しようと考えております。
その際LED光による放射照度[W/m^2]の値が必要になりました。
当方照度計等の計測器を所持しておらず、計算によって求めたいと思っております。

LED光による放射照度[W/m^2]の計算方法を教えていただけないでしょうか。
よろしくおねがいします。

※以下LEDのスペックです
放射強度 130[mW/sr]
全放射束 50[mW]
Half Angle 20[°]

照射距離は1m、受光面はLEDと正対しているものを想定しています。

Aベストアンサー

正面での放射照度だけでいいのなら、放射強度だけで簡単に計算できます。
放射強度というのは、データシート(http://catalog.osram-os.com/catalogue/catalogue.do;jsessionid=657ECAB820589BD39F37DB566B2D9470?act=downloadFile&favOid=02000001000191b3000200b6)の4ページの一番上に(ドイツ語と英語の併記になっています)、Radiant Intensity Ie in Axial Direction と書いてあるように、正面方向の、微小立体角あたりの放射強度 Ie [W/sr] ですから、正面方向の微小立体角dΩ[sr] に放射れる放射束dP [W] は
   dP = Ie dΩ --- (1)
になります。光源の正面方向から距離 L [m] 離れたところにある微笑面積 dS [m^2] を、光源から見たときの微小立体角 dΩ[sr] は
   dΩ = dS/L^2 --- (2)
ですから、式(1), (2) より
   dP = ( Ie/L^2 ) dS
   → dP/dS = Ie/L^2 --- (2)
dP/dS は放射照度[W/m^2]ですから、放射照度は放射光度を距離の2乗で割った数値になります。

データシートの4ページの表に書かれているように、放射強度はSFH4546のランク(U, V, AW)によって大きく異なりますし、同じランクでも、Iemin と Iemax でかかれているように、2倍くらいのバラツキがあります(130mW/sr というのは AWランクの典型値のようです)。概略値でいいのなら式(2)で計算するといいでしょう。

正面方向以外の放射照度は、データシートの4ページの下にある Radiation Characteristics(放射角特性)から計算できます(実際の放射角特性がこれと同じならば)。正面から角度θだけ離れた点での放射照度は
   dP/dS = Ie/L^2*cosθ*f(θ)
になります。f(θ) は放射角特性のグラフです。θ = 0 のときはf(θ) = 1、cosθ = 1 なので、式(2)と一致します。

正面での放射照度だけでいいのなら、放射強度だけで簡単に計算できます。
放射強度というのは、データシート(http://catalog.osram-os.com/catalogue/catalogue.do;jsessionid=657ECAB820589BD39F37DB566B2D9470?act=downloadFile&favOid=02000001000191b3000200b6)の4ページの一番上に(ドイツ語と英語の併記になっています)、Radiant Intensity Ie in Axial Direction と書いてあるように、正面方向の、微小立体角あたりの放射強度 Ie [W/sr] ですから、正面方向の微小立体角dΩ[sr] に放射れる放射束dP [W] ...続きを読む


人気Q&Aランキング