以前にも同じような質問をしたことがあるのですが・・・。

僕は本(特に小説)が大好きで、本を読むことが第一の目的のはずなのですが、かなり前から、その本来の目的よりも、本屋に行くこと、本を買うこと、本を手に取ること、本に囲まれていること、本に関する書評や出版情報などをチェックすること、その他諸々の方が楽しいというか面白くなってしまっています。

本は読まないと意味がない(そうでない場合も多少あるとは思いますが)と思っているんですが、読みたい本を買ってしまうと安心してしまって、何年も積読状態になってしまっているんです。
読んでない本がたくさん家にあるにもかかわらず、定期的に本屋に行っては大量に買う→そして部屋に積んでおく→さらに買う、の悪循環で、一生かかっても読めないほどの本が溜まる一方です。
また、見なきゃ良いのにと思いながら、「このミステリーがすごい!」みたいな本は欠かさず買って、そこに載っている本を買いまくる、といった状況に陥ります(>_<) (ま、主に買うのは文庫になってからですが・・・)

さらに、本当に読みたい本(好きな作家や、書評などを読んで自分好みだと思ったもの)ほど、今読むのはもったいないと思ったり、少しずつ飛び飛びに読むと物語の世界に完璧に浸れないのがイヤで長期の時間が作れる時に読もうなどと思って、興味のある本ほど後回しにしてしまうんです。

家にある本が大量なため、次にどの本を読もうか選ぶだけで多くの時間を使ってしまい、この選んでいる時間に本を読めば有効なのになぁ・・・なんて、自嘲的な考えを持つこともしばしばです。
読み終わった本も、よっぽどつまらなかったもの以外は、「いつかまた読むかも・・・」と思って、なかなか捨てられません。

以前質問をした時も、似たような方がたくさんいらっしゃって気持ちを共有でき、回答を読むのがとても楽しかったです(こういうネットをしている時間も読書に使えば、それだけ読書量が増えるのに、って堂々巡りですね・・・(T_T))。

このような経験をされている方は、どのようにこのジレンマ(?)を解決しているのでしょうか?
自分はこうしているとか、同じ悩みで困っているとか、どのような回答でも構いません。
以前、回答をいただいた方でも良いので、みなさんの意見や同情(+_+)、叱咤激励(-_-;)の言葉をお待ちしています。

つい長々と、すみません・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私は他の方たちと違う意見で「別にそれでもいいんじゃない?」と思います。


私も同じような感じなんで^^;

本って、見つけた時に買っておかないと結構簡単になくなったりするもんですし(実際、すばらしい良書でも絶版になった本は山のようにあります)、買ったときに「面白そうだけど、今はこの本の気分じゃないな」と思って長い間眠らせていても、本棚で「今こそ読む時だ!」と燦然と輝くこともあります。

なにより将来、核戦争か温暖化か人口爆発かで本屋もなくなり本を買うどころじゃない世界になった時でも、死ぬまで読む本に困りませんよ。

まあ、私はそんな風に開き直ってます^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

共感していただける方がいて、嬉しいです(^o^)゛
jlrsmasmaさんの仰る通り、本当にその通りの考え方で今まで本を買ってきました。

でも、保管場所の空間的な問題と、生きている内に読み切れるかという時間的な問題とを、最近なんか考えてしまって、楽しむはずの趣味が、趣味じゃなくなってしまうというか、そんな哀しい現状になりつつあるような気がして、質問させていただきました。

だけど、自分の好きなものはどうやっても好きなんだし、それが嫌になったら他のことにも興味を移してみたりして、気楽に開き直っていこうと思います(^^)゛

お礼日時:2009/06/05 22:57

にゃはははは。

同感・同感。
つい買っただけで気が済んだ気になっちゃうのよね。
読むタイミングは夜ふとんに入ってからでも出来るよ。
同様に言えば朝20分くらい早起きしてふとんから出なくても手元において置けばいい。軽く読んだ頃はちょうど目も覚めているかも。もっとものめり込んで起きるの忘れないようにね。

捨てるのは決意が要りますよね。相当溜め込んで埃まみれで、引っ越しがきっかけでやっと古本屋さん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

前の方の回答にも書いたとおり、僕も一回、引越しの時に断腸の思いで、かなりの本を売りました(T_T)
でも、なんかすっきりはしましたけど・・・(^^ゞ

二度目の引越しの時は、捨てることができず、荷物のほとんどが本が詰まった段ボールで、呆然としました・・・(-_-;)
自分の生活品の中で、大半を占めているのが文庫本なんて・・・。

買って手元にあるといつでも読めると思うと、安心してなかなか読まない・・・悪い(?)癖です。

趣味なんだから、もっと気楽に考えていこうと思います。

お礼日時:2009/06/05 23:12

すごいわかるんですが、やはりまずいですよね。


図書館に住むのが子供の頃からの夢です。
本屋自体も好きなので、暇さえあれば本屋に行きます。
「今日は絶対買わない。」
と、心に決めているのですが本屋を出る時には買ってます…。
既出ですが、シリーズで集めている本が二冊あるのに気づいて、自分の記憶に自信が失せました。
これがきっかけで、在庫を読むようになりました。
読まないから内容を把握してないので、読んでない(買ってない)と思って買ってしまうのです。
読めば、回避できます。

読後、あまり気分の悪い本は処分しますね。
それ以外はほとんど捨てていません。
なんだかんだ言っても大事なので。

なるべく自分で読むようにするため、カバンに必ず一冊入れます。
待ち時間や手持ち無沙汰の時にすぐ取り出して読めます。
食卓の上にも一冊置いてます。
わたしは何冊か同時進行でも違和感なく読み進められるので、この方法で在庫が減りつつあります。
まずは一冊身近に置いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

またまた共感していただける方がいて、とても光栄です(^o^)!
僕も、何冊あったとしても、自分の買った本は憶えているつもりだったのですが、やはり何回か同じ本を買ったことがあります。
がっくりしました・・・(T_T)

僕も、そんなに期待していない本(だったら何で買うんでしょうね(^^ゞ?)はバッグに入れて電車の中などで読む、大切に思う本は家でじっくりと読む、と分けて併読してみようと思います。
そうすれば、少しは在庫が減ると期待して・・・(^^)

お礼日時:2009/06/05 23:04

あの、ちょっといいですか?



 本がお好きなことは結構なのですが、なぜそんなに買い込む必要があるのですか?新刊本にしか価値はないのですか?

 私は若い頃に、著名というだけで買い込んだ名作を、今になって楽しんでいますから、必ずしも積読がいけないとは言いません。しかし、なぜ本を読むか、なぜ本を買うのかを、今一度お考えになってみてはいかがでしょうか?

 お好きなミステリー以外にも、たくさんのジャンルの書籍があります。それらをどれほど手にされたのでしょうか?今読んで楽しい本を、十年後に読み返したら、どう感じるのでしょうか?今すぐに読まなければならない本が、どれほどあるのでしょうか?

 あなたが図書館や古書店を利用されているのかはわかりませんが、司書や古書店主は、書誌に関する膨大な知識を持っています。彼らプロが薦める本を、どれほどお読みになったのでしょうか?

 乱読から入るのはかまいませんが、人生は短くて読破できる冊数は限られています。もし、あなたが私の基準を満たす本好きで、なおかつ新刊本のみを購入して読書にあたるのならば、財布はあっという間に空になってしまうでしょう。

 確かに読書はよい暇つぶしですが、せっかくですので数多くの本に触れてほしいと願います。それには図書館利用が欠かせません。公立図書館はもっとも利用価値のある行政サービスです。本好きなら利用しない手はありません。

 真の良書は色褪せないばかりか、時を追うごとに輝きを増します。その場の衝動で選ぶのではなく、内容の濃い読書活動をしたいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

僕は、単行本の新刊本はほとんど買いません。
文庫化になった月に新刊を買うんです。
その方がきれいな本がたくさんありますし、せっかく同じ値段で買うならきれいな本の方が良いと思っているので。

なので、pokoperopoさんの言うような、新刊本の買い方はしていません。
質問の書き方が分かりづらかったですね。
すみません・・・(^^ゞ

前の方の回答にも書きましたが、これからは図書館の利用も考慮に入れていきたいと考えています。
いただいたアドバイスを参考にして、違うジャンルの本にも目を向け、自分にとっての良書に出会えるよう強く願っています。

お礼日時:2009/06/05 22:49

それは危険です。


買い物依存症と似たようなことになってます。
少し気を引き締めて、購入する本を制限しなきゃ部屋が本で埋まります。
(すでに埋まってそうな気もしますが)

私も、特定のレーベルから出た新刊はとりあえず買うとか、
好きなシリーズを書いてる作家の他の本までコンプしてしまったりとか、
初版にこだわったり美本にこだわったりしたのに、本自体は未読が多く積読タワー状態でした。

とりあえず読みたい本を引き抜いて頂上にもってきて現在じわじわと消化中です。

底の方にある、そんなに読みたいわけでない本はなぜ買ってしまったのか…
後悔する分だけ、本屋での購入欲を抑止するのに役立ちます。
でもやっぱり読まないので友人にあげたりして何とか減らしてます。

買う本・部屋に置いておく本のハードルを少し高めに設定した方がいいですよ。
沢山のつまらない本に囲まれて暮らすより、少数の大切にしたい本だけあれば充分。
あとは勿体無がって、暇ができたら読もうと思わないことです。
人間長生きできるとは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ご意見、大変参考になりました。
お金の続く限り、本はいくらでも買うことはできますが、実際に読んで本当の感動を味わえるのは、生きている間にどれだけあるのか・・・(-_-;)
自分では、女の人が洋服を衝動買いする程度のことと考えていたんですが、確かに買うことが苦痛になることもたまにあります。
疲れている時に本屋に行っても、「この本は・・・買わなくても良いや」と、そういう時は抑制力が顔を出します(^^ゞ

これからは、読みたい本から手を付けていって、未読本を消化していきたいと思います。

お礼日時:2009/06/05 22:40

ごめん、正直…


質問者は本が好きなんじゃなくて
「本を好きな自分が好き」なんじゃないかなあと
思ってしまいました。
またいっぱい買っちゃった僕。
読んでない本がいっぱいの僕。
ダメだな~僕。って浸っているとしか思えなくて。違うのかなあ。

読まれてない本たちが可哀想…。
本は読まれるために生まれてきたのですよ。
私なんかスペースと予算の問題で、いつもかつかつ。
身を引き裂かれるよな思いで「面白かったよ!でも
狭い家にこれ以上置いておけないんだ。ごめんねありがとう」と
毎年何百冊もブックオフ送りしているというに…

選び方にしても、「このミス」だの人の評価で本を選ぶ(最近の傾向ですね…
何かにランクインするとやたら売れる)より
とにかく読んでみて、同じ作家の別の本を読むとか
この作家が尊敬しているあの作家の本を読んでみようとか
この本に出てくる○○について興味がわいたから
○○について書かれた本を探してみようとか
そういう選び方をするとまた世界が広がりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

『このミス』などを見て買うのは一つの参考にしたいからです。
「あ、この作家って読んだことないけど面白いのかなぁ」とか、「ひょっとして、自分にとっての大傑作に出会えるかも知れない」という考えで買っているんですが・・・(^^ゞ

好きな作家はいますし、その作家の本はすべて買います。
また、似たような傾向の作家にも興味が湧き、その作家の本も買います。
そうしていく内に、読むのが追い付かなくなっていくんですよね(T_T)

せっかくアドバイスをいただいたので、ただ本を買うのではなく、これからは違ったジャンルにも目を向けて、本の買い方を変えていきたいと思います。

お礼日時:2009/06/05 22:32

全くの見当外れだったら、申し訳ない。


あなたはコレクターなのではないですか?

昔、本には蔵書票という本の所有者を示すラベルのようなものがあり
現在では非常に価値のあるものです。
ハガキの半分か3分の1ぐらいの小さな版画です。
初版本が高額なのはご存じでしょうが、初版な上に誤字や落丁が
あれば、さらに価値が出ます。
古本屋に行くと、同じ本でもケースがあるのとないのでは
値段が違います。

この観点から本を見てはどうでしょうか?
別に読まなくても、本はそれ自体価値があるものはあるのです。
とりあえず、今ある本は日焼けなどさせないように
大事に保管しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

コレクター・・・まさにそうかも知れません。
買うこと、その行為自体が習慣みたいになっています。
切手収集などと同じなんでしょうか?
使えるものを使わないで鑑賞用として、ずらーっと並んでいる本棚を見て満足している・・・本来の目的とは違っていても、それで自分が満足しているんだから良いのかなぁ(^^ゞ

ただ、何か違う、このままじゃ本で部屋が埋まってしまうとは思っています。

買う時も、きれいな本を選ぶようにしていますし、本はとても大切に保管しています(^o^)

お礼日時:2009/06/05 22:25

私も以前は買うことが好きで、本棚に読んでいない本が数十冊あります。

(買った後に興味を失ったものが多い)
中には同じ本が2冊(白い巨塔4巻)もありました。
未読の本があるのに、図書館に通い借りてきます。

既読の文庫本はかなりの量を、1冊10円でbook offに売り払いました。まだ、本棚2個分残っています。

青春18切符があるときに電車で未読の本を読むことにしています。

参考URL:http://www.bookoff.co.jp/shop/shop.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

僕も、以前引っ越しをした時、これはまずいと考え、思いきって整理して、読み終わった本、未読でもこれから読みそうもない本(何で買ったのか(-_-;)?)を、ブックオフに大量に売りました。
かなりの現金が手に入ってびっくりした記憶があります(+_+)

読んだ本もいつかはまた読むかも・・・と思ってしまうのですが、まず読み返すことはないので、余程良かった本でない限り、すぐに売るということを検討したいと思います。

お礼日時:2009/06/05 22:16

こんにちは。



私は乱読派ですが「積読派」ではないので、
1冊読み終わったらまた次を買います。
その月の予算にもよるので。
面白い本は、何度でも読んでしまうこともあります。
最初読んでいたときにはわからなかったことが、
次に読んだときにわかったり、
落ち込んでいるときにはこの本が効果的だったり、いろいろです。

積読の悪循環を断ちたいのであれば、図書館を利用するというのはどうでしょうか?
そのかわり新刊は手に入りづらくなりますが、
大きめの図書館の本を眺めているだけでもいろいろな本目に付きますし、
雑誌などで「おすすめ本」があったらネットで予約して、うまくいけば2、3日中にはキープできますし。

「おいしいものは後から食べる」気持ちもわかるのですが
本当に読みたいものからじっくり読んでいけばいいのではないでしょうか? それによって考えさせられたり、次の読書方向が変わったりと別の枝葉につながる発見があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

新刊をすぐ読みたいということはまったくないので、図書館を利用することを検討してみようと思います。
図書館で借りるということは、前から頭にはあったのですが、なんか足が向かなくて・・・。
でも、たまたま家のすぐ近くに図書館がありますし、一度行ってみれば考え方も変わってくるかも知れませんから、実行に移してみようと思います。

お礼日時:2009/06/05 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング