H11年製のパジェロミニにpionnerのDEH-P540を自分で取り付けようと考えています。現在パジェロミニには純正のオーディオ機器が取り付けられています。自分で多少調べたところ、ハーネスというものと取り付けキットらしきものが必要になるということがわかりました。しかし、現在取り付けられているカーオーディオを取り外したいのですが取り外し方法もわからないし、オーディオの取り付け方もわかりません。

自分でパソコンを組み立てれる程度ぐらいしかできませんが、自分で取り付けできるものならやりたいので、具体的に工程手順を教えていただけると大変助かります。車のほうはさっぱりなのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おやじがパジェロミニに乗っています。


この車は比較的簡単に、オーディオ交換できます。
エーモン工業のパネルはがしを買えば作業が楽になります。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=254

ところで、DEH-P540はもう購入されましたか?
未購入なら、ヤフオクで純正オーディオがたくさん出ています。
車を購入して、すぐ社外オーディオに交換するため、新品同様の純正オーディオが2~3千円で買えます。
トヨタ・日産に比べて、安値で販売されているので、我が家も千円のCDプレーヤーにつけかえました。
ハーネスも不要で、ポンつけできます。
    • good
    • 0

取り扱い説明書・取り付け説明書


http://www3.pioneer.co.jp/manual/manual_select.p …
「取り外し方法もわからないし」ならやめた方が良いです。
工具等も準備する必要もあります。
ディラーはやりたがりませんし、ハーネスも有りません。
カーショップへ頼むのが良いと思います。
オーディオ回りのダッシュボードを分解する際キズをつけても大変です。手馴れた業者に依頼するのが一番です。
    • good
    • 0

http://www.clarion.com/jp/ja/files/speed/mitsubi …

コレで判りますか?
センターパネルはクリップでハメてあるだけのようなので引っ張れば外れるようですね
ハーネス(変換キット)はカー用品店で売っています、クルマと年式を言えば選んでくれるはずです
社外オーディオのハーネスにこの変換キットを接続し、純正ステレオから外したコネクタをこれに差し込むだけで配線は終わりです(他にラジオアンテナの配線等がありますが)
取付キットは、付けるオーディオによってはパネルとの間にすき間ができるのでコレを見栄えよく埋めるためのキットです
無くても動作には問題ありません
オーディオ取付の金具は純正ステレオから取り外したモノを使用します
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタルオーディオボードの光デジタル接続で自作アンプに接続

当方オーディオ初心者なんですが、今のオーディオ環境がとても悪いのでPCのサウンドカードからアンプにスピーカーまで交換しようと思っているのですが。アンプは自作しようと思っています、カマデンのデジタルオーディオアンプキット:TA2020KIT-SPにするつもりです。
そこで、PCからデジタルオーディオボードの光デジタル接続で自作アンプTA2020KIT-SPに接続するのが一番良い音質で音楽などが楽しめるのではないかと思ったのですが、何しろアンプが自作キットなので光デジタル接続で繋げられるのかと思いましてご質問させて頂きました。質問はこうです、TA2020KIT-SPに光デジタル接続で入力・出力することができるか。できるとしたら、どのような回路になるのでしょうか?
あとスピーカーも自作なので、そっちはアナログ接続にすると思いますが、大丈夫でしょうか? オーディオ初心者なもので指摘する部分も多々あると思います、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方はデジタル入力のデジタルアンプについて、どのような設計になっているのか詳しい知識までは持ち合わせていませんので、どの段階でD/A変換されているのかというご質問にはお答えできかねます。

しかし、デジタル入力である以上、それ以前の段階でアナログに変換されていることはあり得ません。少なくとも、デジタルアンプのコントローラに入力される信号は、デジタル信号です(だからこそ、「デジタル入力」)。

>> デジタルアンプキットの改造やデジタルアンプ自作などでお勧めのHPなどありませんか? //

人によって流儀があるので、ここが絶対にお勧めというところは特にありません。高度な知識を持った人の改造記事は参考になりますが、一般には初心者向けではありません。逆に、素人の私が見ても「それは不味いだろう」という改造記事もありますが、それが「不味い」と理解できることも、自分の勉強になります。

まずは、標準の仕様通りに作ってみることをお勧めします。キットの場合、データシートの評価回路とは異なる部分がある場合もあるので、その場合、何がどう違うのか調べてみると良いでしょう。TA2020-020のデータシートは、それぞれのパーツの役割や定数の意味が詳細に書かれているので、良い勉強材料になると思います。

その上で、さまざまな作例を見つつ、自分なりのスタイルで改造していけば良いと思います。配線の方法、ボリュームの付け方、ケースへの収め方、電源の供給方法、交換したパーツの種類や定数、あるいはその他の製作物、使い方、よく聴くCD、etc...あらゆる情報が参考になります。

「ああ、そういう方法もあったのか」と気付くことができれば、新たな改造への意欲も湧いてきますし、知識も増え、今後の自作オーディオの糧になるでしょう。

当方はデジタル入力のデジタルアンプについて、どのような設計になっているのか詳しい知識までは持ち合わせていませんので、どの段階でD/A変換されているのかというご質問にはお答えできかねます。

しかし、デジタル入力である以上、それ以前の段階でアナログに変換されていることはあり得ません。少なくとも、デジタルアンプのコントローラに入力される信号は、デジタル信号です(だからこそ、「デジタル入力」)。

>> デジタルアンプキットの改造やデジタルアンプ自作などでお勧めのHPなどありませんか...続きを読む

Q純正のカーオーディオから純正のカーオーディオの取り付けについて

H8年式のビビオ・ビストロの純正のカーオーディオから、知り合いから貰ったインプレッサ(H16年式)の純正のカーオーディオは、取り付けは簡単にできるのでしょうか?
全く知識はありません。ビストロのカーオーディオが壊れてインプレッサのものをつけようと思っています。
知っている方いたら、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カーショップで売られている社外オーディオを取り付ける際に使う変換ハーネスキットの各々の車用のモノを見てみれば車両側のハーネスの形状が判ります。
商品の裏面にピンサインも書かれてますからバラさずにコネクターを確認できます。

また年式と型式くらいはひかえて行った方がいいですよ。また年式はH●年だけでなく、月も必要です。

くれぐれもお店の迷惑にならない程度にネ☆

Q自作オーディオ

自作について質問させていただきます。
先日自作スピーカーとキットの真空管アンプ自作したのですが、ハンダの楽しさや出来てからの達成感が忘れられません。
他にもオーディオ関係で何か作ってみたいと思うのですが、お勧めはありますでしょうか?
電子工学は全く知識が無いので、出来ればキットがあると助かります。
自分的には自作したアンプに繋ぐチューナーか、プリアンプなんかが良いかと思っています。
他にも何かお勧めがありましたら、なんでもかまいませんのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「フォノイコライザ内蔵真空管プリアンプキット」は?
https://www.elekit.co.jp/product/TU-8500
完成したら、アナログプレーヤを接続してLPレコードが聞けますよ。

QRX8社外オーディオ取り付け後のオーディオパイロット無効化の方法について

先日前期型RX8タイプSにカナテクスの取り付けキットとBOSE用サウンドトランスレーターを取り付けしcarrozzeriaの1DINタイプのものを接続し正常に機能しているのですが
どうにもオーディオパイロットという物が作動しているように感じます。
静音時にやけに音量が下がり音質もやや抜けたような音に、加速時は音量もやや上がり低音が変に増幅されているようです。
他の人にも同様に音の変化の指摘がありましたので自身の勘違いではないと思います。
おそらく純正時に変更可能であったオーディオパイロットが効いているのではと思うのですが
こちらをオフにする事は可能なのでしょうか?
イコライザ等いじって納得のいく形にしようと試みたのですがやはり信号等で停止と発進を挟むと違和感しかなく…できればこの機能をオフにしたいのです...
よろしくお願い致します><

Aベストアンサー

カナテクスのHPにオーディオパイロットが使用出来ないとあります。使用出来ないのは制御できないの意味なのかは分からないですね。
http://kanatechs.jp/tbx/t003.html

ロードノイズを収集するマイクはステアリングコラム横にある様なので外せればいいのですが。
http://response.jp/article/2003/06/04/51363.html
あとはカナテクスにオーディオパイロットが解除しないことを問い合わせるしかないと思います。

Q自作キットについて。

自作キットについて。
corei5650搭載のパソコンがほしいのですが自作キットのなかにcorei5650がないのですがcorei5650での自作は可能ですか。

Aベストアンサー

もちろん可能です。
ソケット1156(LGA1156)のマザーなら合います。
各メーカー(ギガバイト、ASUSなど)のHPの商品(マザーボード)情報で
対応CPUを確認することが出来ます。
http://www.gigabyte.co.jp/Products/Motherboard/Products_List.aspx?VenderType=Intel&CPUType=socket+1156
http://www.asus.co.jp/ProductGroup2.aspx?PG_ID=mKyCKlQ4oSEtSu5m

価格comだと最安値は16175円でした。
これならAMDのPhenom IIの6コアがもうちょっと足せば買える値段ですね。

Qエアサスは素人でも取り付けてきますか? オーディオやナビ、車高調の交換は自分で作業してます。 今回

エアサスは素人でも取り付けてきますか?

オーディオやナビ、車高調の交換は自分で作業してます。
今回車高調にユニバーサルエアーのエアサスを組みたいと考えておりますがど素人です。

タンク、コンプレッサー、ホース、スイッチ、エアバック
の言葉を覚えたくらいです。

エアバック以外は中古で揃えようと考えております。

素人でも取り付けできるものでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

事故の原因が「不適合な処理がなされていたため」であれば、
DIYだろうが、整備士だろうが逮捕される。
故にまともな整備士は「そんな危険な橋は渡らない」のが常識。

みんカラに「自己責任」って書いてありませんかね。

Q自作オーディオの入り口を教えてください。

自作オーディオの入り口を教えてください。
自分でDACやアンプを作成されている方がたくさんいらっしゃることを知り、自分も作ってみたくてたまらなくなりました。
そこで先日さっそく近所の大型書店に行ってみました。ところが、歴史なら歴史コーナー法律なら法律コーナーとありますが、自作オーディオの場合そもそもどこに行けばいいのかすら分からない状態で、右往左往した末、とりあえずオーディオ関係の雑誌などが置いていあるコーナーを見つけましたが、残念ながら目的に適うものは得られませんでした。私としては「小学生でもできる!自作D/Aコンバーター入門」みたいな感じのタイトルの本を探していました。
インターネットであれこれ調べているうちに自作キットなるものがあり、それを購入すれば必要な部品が全て入っており、あとは説明書にしたがって作っていけばひとまず誰にでも作ることができるという商品があることを知りました。
しかし、ド素人が高望みするようでありますが、自分としてはやはりある程度理解したうえで作ってみたいと思うのです。わけも分からず公式を暗記して、ただひたすら数字を当てはめて問題を解いていた高校時代の無味乾燥した数学のようにはなりたくないのです(ここから分かりますように私は文系の人間であり理科や数学は苦手でした)。中年独身男のささやかな趣味として楽しみたいのです。

詳しく教えていただかなくても構かまいません。「まずこの本を読んでみるといいよ」とか、「こんなホームページがあるよ」といったことで結構です。入門したいのにその門がどこにあるのかすら分からない私ですから、間違った門をくぐらないように、ちょっとしたアドバイスをいただけたらと思います。
それではよろしくお願いいたします。

自作オーディオの入り口を教えてください。
自分でDACやアンプを作成されている方がたくさんいらっしゃることを知り、自分も作ってみたくてたまらなくなりました。
そこで先日さっそく近所の大型書店に行ってみました。ところが、歴史なら歴史コーナー法律なら法律コーナーとありますが、自作オーディオの場合そもそもどこに行けばいいのかすら分からない状態で、右往左往した末、とりあえずオーディオ関係の雑誌などが置いていあるコーナーを見つけましたが、残念ながら目的に適うものは得られませんでした。...続きを読む

Aベストアンサー

理論と実践は、車の両輪のようなものです。理論ばかりで「頭でっかち」になるのは机上の空論に陥りますが、かといって「経験談」だけでは客観的な基準がなく再現性がありません。経験に裏打ちされた理論、いいかえれば、理論を様々に応用する能力があって、初めてその理論が意味を持つことになります。

経験を積むという意味では、キットは良い材料です。特にプリント基板の場合、配線間違いという可能性は基本的にあり得ないので、何か動作がおかしければ、それは自分が組み立てる際にミスをした、ということを意味します(パーツの不良というのはめったにありません)。かつ、キットの場合、それなりに実用性のあるものが作れるので、無駄がありません。

たとえば、電子工作の基本を勉強したいのであれば、それこそオームの法則やトランジスタの基本動作からマスターしなければなりません。しかし、それは、まさに二次関数を勉強するのと同じで、極めて重要なことではあっても、それが直ちに何かの役に立つ訳ではないので、つまらないと感じる人も少なくないでしょう。

これに対して、キットであれば、たとえばアンプができたり、DACができたりするので、実用的で、達成感も得られます。理論に興味があれば、勉強しろといわれるまでもなく、自然と調べるようになるでしょう(私の場合、子どもの頃から電子工作はやっていましたが、理論はチンプンカンプンでした。大人になって、キットではなく自分自身で設計したいと思うようになって、キットを分析しながら勉強した(している)という感じです)。

ところで、アンプやDACのキットに関しては、個人レベルで基板を設計して頒布されている人も少なくありません。非常に便利で、なかなか高いレベルのものが作れますが、あちらもあくまで趣味の範疇でされているので、手取り足取り1から教えてもらうような類いのものではありません。ある程度実力が付いてから利用されるのが良いと思います。

簡単なキットとしては、やはりエレキットが優れています。小中学生でも独りで完成できるほど丁寧な説明書が付いており、応用例の紹介もあるので、電子工作の入門者にはうってつけでしょう。最近ではリンクマンという会社も積極的にキットを出しています。ここのオーディオ関係のキットも、なかなか凝ったものがあります。

他方、『無線と実験』等に掲載されている自作記事は、レベル的には非常に高く、回路図から実体配線図を思い浮かべられるくらいにならないと手も足もでないでしょう。

ネット上で入手できる文献で、オーディオ向けといえば、『情熱の真空管』がお薦めできます。電子部品の知識、回路の基本、応用など幅広く扱われており、きちんと科学的見地に立って説明されています(オーディオ関係の自作記事ではときどきオカルト的な記述も見られますが、そういうのとは無縁です)。

スピーカー工作は、いちばん簡単なレベルだと、箱を作ってフルレンジドライバを取り付けて終わりなので、木工さえできれば誰でも取り組めます。

ただ、純粋に理論的に正しいことをやれば一応の結果が出る、とも限らず、やや職人的なところがあります。理論的に解明されているとはいえ、高いレベルでの完成を目指すとなると、一朝一夕にはマスターできません。

ともあれ、肩肘張らずに、実用性の高いものをキットなどで組み立てつつ、少しずつ理論の勉強をしていけば良いと思います。

理論と実践は、車の両輪のようなものです。理論ばかりで「頭でっかち」になるのは机上の空論に陥りますが、かといって「経験談」だけでは客観的な基準がなく再現性がありません。経験に裏打ちされた理論、いいかえれば、理論を様々に応用する能力があって、初めてその理論が意味を持つことになります。

経験を積むという意味では、キットは良い材料です。特にプリント基板の場合、配線間違いという可能性は基本的にあり得ないので、何か動作がおかしければ、それは自分が組み立てる際にミスをした、ということを...続きを読む

Qバイクのハーネス延長を自分でする方法

オートバイ(車種はGB250です)のハンドルをアップハンドルに交換するため、ハーネスを延長しようと思っています。
延長ハーネスセットがでているのは知っていますが、今後電装系を自分でいじれるようになるためにも自分でやろうと思い、バイクショップの店員さんに必要なものを聞き、エーモンのターミナルセット(電工ペンチとギボシなどがセットになっている物です)というものと、配線コードを購入しましたが、いまひとつ手順が分からずにいます。よろしければ具体的に教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

紐が短かったら、もう一本紐を持ってきて繋ぐでしょ、同じ事。但し電線だから元の色と同じ色のケーブルを延長用に使うとうっかりミスが減ります。

電線だからオスとメスのコネクタで繋ぐ。何度も仮接続して取り回しや長さ、繋ぐ位置を試してOKだったら、コネクタなんか使わず半田を使って繋いだって良い。

でも将来アップハンドルから元に戻す可能性を考えれば、元のケーブルの片方がオスで、もう片方がメスの接続にして置くと楽。その間を手作りの延長ケーブルで繋ぐ。

特にプラス側の端子は露出しているとショートする危険があるので、始めに絶縁カバー(半透明で乳白色のブヨブヨ)のオス用とメス用を全部のケーブルに通しておいてから圧着すること。


ただ私が自分のバイクでやるなら、単に圧着するだけでなくカシメた上から全部の箇所に半田を流す。導通も良いし見た目も良い。スポッと抜ける心配も減る。

これでは仕上がりが美しくないから、圧着する前に全部のケーブルを太くて厚目の熱収縮のチューブ(違う太さので二重にしても良い)の中に通しておいてから、圧着して半田付け。

さらに、繋いだコネクタ部分をもう一度上から熱収縮のチューブで覆うつもりでその準備をしておけば、見た目スッキリ、ケーブルの取り回しも楽。水も入りにくい。抜ける心配はほぼゼロ。

ポキポキ折れそうなW1Sのケーブルを作り直した時は、実際にこうしました。

太い熱収縮チューブが入手困難なら、自己融着のテープを使ってきっちり巻いても良いと思います。

紐が短かったら、もう一本紐を持ってきて繋ぐでしょ、同じ事。但し電線だから元の色と同じ色のケーブルを延長用に使うとうっかりミスが減ります。

電線だからオスとメスのコネクタで繋ぐ。何度も仮接続して取り回しや長さ、繋ぐ位置を試してOKだったら、コネクタなんか使わず半田を使って繋いだって良い。

でも将来アップハンドルから元に戻す可能性を考えれば、元のケーブルの片方がオスで、もう片方がメスの接続にして置くと楽。その間を手作りの延長ケーブルで繋ぐ。

特にプラス側の端子は露出して...続きを読む

Qオーディオの取り付けキットとは

質問させてください。
今回初めて自分でオーディオを交換しようと考えています。

そこで取り付けキットについてです。
私は現在社外品のオーディオを利用していますが、これを外し新たに購入したオーディオを付ける予定です。

現在ついているのはアゼスト製品(現在はクラリオン)で、新たに付けるのはパイオニア製品です。
購入店に取付けキットは必要かとメールで確認したところ純正品から社外品に変える場合は必要ないが、すでに社外品がついているのであれば基本的に取り付けキットなどは必要ないといわれました。

これは本当でしょうか?

Aベストアンサー

基本的に取り付けキットとは純正のオーディオにささっているコネクター形状の配線をギボシ端子に変換するための物と、車のオーディオを設置する部分に余計な隙間が出来てしまわないようにする化粧板のセットになっているものが多いかと思います。

今のオーディオを外してみないとわかりませんが、すでに社外品が付いていて、これに取り付けキット使用で配線がされている場合は、車体側からの配線関係がギボシ端子に変換されている状態になっているので、オーディオを買い替えてそこに接続すれば問題ありません。

ただし現在のオーディオが配線分岐で付けられていた場合、再度分岐し直すか取り付けキットを新たに買う事になります。このへんは配線がどこまで分かっているかにもよりますが。

配線分岐とは以下のURLのような物です。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_data.php?id=2280

Qカーオーディオの取り付け

疑問なんですが 純正のオーディオから新しいものに取り替えるときに当然サイズがメーカーで違いますよね?前のものより大きくなるとはまらなくなっちゃうんじゃないかなって心配になります サイズはW173 H118 D171⇒W178 H100 W160で横幅が5センチも長くなるんです 取り付けとかは可能なんですか?詳しい方がいましたらおしえてください お願いします あと参考URLあればおしえてください

Aベストアンサー

クルマは何でしょう?

国産車であればほとんどのクルマ用に車種別の取付キットが発売されています。
例えば、ホンダのビート(絶版)などは純正のオーディオがDINサイズより小さいため、交換取付は不可となっています。

ちなみに、幅×高さの標準サイズは
1DINサイズ・・・ 180mm × 50mm
2DINサイズ・・・ 180mm × 100mm
ワイド2DINサイズ・・・ 200mm × 100mm(トヨタのみ)
となります。奥行に規格はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報