例えば、
新型インフルエンザに感染しているAが、前に立っているBに向かって咳をした時にウイルスが飛んだとします。
しかしBはマスクをつけていたのでウイルスを吸い込まなくて済みました。

しかし、この時ウイルスはマスクの表面、衣服等に付着していると思います。
そのまま家に帰ってマスクを外したら、付着したウイルスによって感染してしまうのではないでしょうか?

マスクは意味があるのですか?

ご回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 獣医師でウイルスに専門知識を有します。



 良いところに気づきましたね。

>しかしBはマスクをつけていたのでウイルスを吸い込まなくて済みました。

 完全に吸入を防御できるわけではありませんが、それでも30%ということはないでしょう。
 インフルエンザは"飛沫"によって感染します。つまりウイルス粒子が単独でふわふわと空中を漂っているわけではなく、感染者の咳やくしゃみの際に飛沫中に含まれる形で空中を漂います。
 ですから、花粉よりはずっと防御しやすいです。
 正しく装着すれば、かなり効果的に感染を防御できるでしょう。

 正しく、というのは、鼻と口を完全に覆い、鼻柱の部分でマスクに入っているワイヤーで鼻にフィットさせて隙間をなくし(ワイヤーが入っていないマスクはNGです)、頬にも隙間がないように装着するわけです。また、顎の下まで覆わないと、顎の部分で隙間ができやすいです。

 今回の新型騒ぎも含めて、インフルエンザシーズンにマスクを装着している人が多くなりますが、正しく装着している人は1割程度かそれ以下です。
 花粉症シーズンにマスクを装着している人はさすがにもう少し正解率が高いですが、それでも効果半減、あるいはまともな効果は期待できまい・・という装着をしている人を見かけます。

 さて、正しく装着したので、とりあえず感染は防御できたとして、

>しかし、この時ウイルスはマスクの表面、衣服等に付着していると思います。
>そのまま家に帰ってマスクを外したら、付着したウイルスによって感染してしまうのではないでしょうか?

 そのとおりです。まあマスクや衣服に付着したウイルスはあまり長くは生きていないのですが、それでもマスクや衣服に付着したウイルスを手指で触り、それが食事の際などに口から咽喉頭に入って感染、というパターンは十分あり得ます。

 それをできる限り防ぐ方法ですが、まずマスクは「外すとき」が重要です。
 マスクを外すときは、マスクの前を持ってはダメです。そこにはウイルスが付着しているからです。耳の部分を両手で持ってマスクを前に外したら、そのままゴミ箱に捨てるのがベストでしょう。つまりゴミ箱の前で外すのが正解です。
 外したマスクを持ってウロウロすると、手にウイルスが付着する可能性が高くなります。花粉だったら舞ってしまうので吸入するリスクが増えるのですが、ウイルスはその心配はあまりしなくても良いですが。

 また、一度外したマスクを再装着するのは好ましくありません。花粉は舞うので論外ですが、ウイルスも手に付着するリスクが高くなります。また、外したマスクを一時置いた場所もウイルスに汚染されていることになりすよね。

 そうそう、よく一時的にマスクを顎の下まで下げている人がいますが(実は私もよくやります)、これもダメです。手にウイルスが付着するリスクがあります。花粉なら舞うので、確実に吸入してしまいます。

 そして重要なことは、マスクを外したときは必ず手を洗う、ですね。

 というわけで、けっこう面倒です。これをきちんと守ると、1日に5枚くらいマスクを使ってしまいますから。
 あとはどこまでやるか、ですね。
 これらを神経質に完全に守っても、感染リスクがゼロになるわけではありません。服に付着したウイルスで感染するかもしれませんし、ウイルスがマスクを通過してしまって感染するかもしれません。
 ですが、これらをきちんとやれば、やったなりに感染リスクを減らすことができるでしょう。少しさぼったからといって、そのとたん感染リスクが飛躍的に増えるわけでもありません。要するに、その時「ウイルスに暴露されているか」という運の要素が絡むので。

 なので、「できる時にはできることをしておく」くらいの心構えで良いと思います。全て完璧にしようとしたらノイローゼになってしまいますから。

 服に付着したウイルスについては、ある意味どうしようもありません。
 帰宅したらさっさと着替えるくらいしかないですかね。これも神経質に気にしてしまうと、ジャケットの胸ポケットから財布を取り出すのも怖くなってしまいますから、そんなことまで気にしていては普通の暮らしができなくなります。
 なのでこれも「できる時はできることを」くらいで。

 ちなみにマスクや服に付着したウイルスは、日光に当たっていれば紫外線でバタバタ死んでいきますし、普通の条件ではそれほど長時間は生きていません。その意味では花粉症の方が何倍も防御するのが難しいです。

 というわけで、「できる時はできることを」ということでした。
    • good
    • 0

結論から言って、意味があります。


N95であれ、ウイルスを通さないマスクは現在有りません(調べてませんが、知りません)。
N95の規格が0.1μm(100nm)で有ろうがウイルスは10nmレベルです。
http://www.seirogan.co.jp/fun/infection-control/ …
言い方を変えると、ウイルスをフィルター出来る様なマスクなら十分な空気が吸えず窒息してしまいます。N95をつけた事がありますか?あれはきっちり装着できると息苦しいです。苦しくない付け方は失敗であり、横から空気が入る様ではN95の意味を成してません。
で、こういったマスクの役割は、感染した人がウイルスを遠くまでまき散らさない効果が有ります。例えばつばに混じった部分は遠くまで飛びません。
また大きな粒子は吸入を避けることが出来ます。インフルと言えども飛沫感染(つば)が主体であり(もちろん飛沫核感染に近いと言われていますが)、空中に何時までもさまよっている訳では有りません(こんなの確かめた人居るのでしょうか)。よって基本はツバによってうつると考えます。
ただし、マスクがどれだけ感染予防に役立ったのか比較試験など研究結果などで支持されるエビデンスも承知しません。
    • good
    • 1

 Jagar39再びです。


 この質問に限らず、N95規格のマスクを勧められる方が多いですが、その方達は本当に自分でN95マスクを使った経験があるのでしょうか・・・?

 私は伝染病の防疫対応時に何度もN95マスクをして仕事をしていますが、日常生活で使うなんて想像できない代物ですよ?
 空気の通過抵抗が大きいので呼吸が苦しいですし、30分も使っていれば内側が呼気の水蒸気でぐっしょり濡れてしまい、要交換状態になってしまいます。
 内側が濡れるとさらに通気性が悪くなるので、その状態で少し激しい作業をすると過呼吸になりそうです。事実、具合が悪くなる人もいるので、私達だけならまだしも、馴れていない人が作業に参加する時は30分毎の休憩が必要なほどです。もちろん休憩時にはマスクを含む防疫装備は全て廃棄です。
 まあ、その作業とは鶏の殺処分だったりするので、その作業の"きつさ"もまた格別なのですが・・・

 それでも効果は折り紙付きなので、使うという人がいれば別に止めません。
 ですが、隙間無く装着することは必須ですし(それをしなかったらN95の意味はない)、一度外したら廃棄した方が良いことも同じです。
(むしろN95を必要とするような場面では、それは鉄則)
 それなら、普通の不織布マスクの方がトータルではよほど有効と思いますけどね。少なくとも私は日常生活でN95マスクを装着するつもりはありません。

 先の回答でも述べたとおり、ウイルスは服や髪や手指にも付着し、それも感染源として重要です。
 そのため、感染危険度が高い現場では使い捨ての防疫衣(みなさんテレビでよく見る白いツナギの服です)や帽子、手袋で完全装備し、それを頻繁に全交換するわけです。
 装備の"脱ぎ方"がまた難しいですし。作業前に30分ほどかけて講習しますが、それでもなお"脱ぐ"現場では何人か組んで互いをチェックし合ったり、素人がいる場合は"監督者"が手取り足取り教えないと、「それじゃあ完全装備した意味がない・・・」という脱ぎ方をしてしまいます。

 N95マスクは、そういった「完全防御のための装備」の1つのパーツに過ぎず、これ単独では決して金額や使い心地の悪さに見合った効果はありません。

 手に入るのなら使ってみるのも良いと思いますが、正しいマスク使用(隙間無く装着し、脱ぐ時はゴミ箱直行)をどこまで守れるか考えた場合、N95より普通の不織布マスクの方がまだ「正しい使用法に近づける」ことが判ると思います。
 まあ、それが判るだけでも、一度使ってみるのも悪くないかもしれませんけどね。
    • good
    • 0

質問者さんの仰る通り、表面に付着したウィルスを吸い込まないようにマスクを正しくはずさなければ、意味が有りません。

 また、装着も正しく行う必要があります。 今回の新型インフルエンザ騒動で、「N95」と言うマスクが広く売られているのをご存知でしょうか? これは米国労働安全衛生研究所(NIOSH)による規格区分のN95規格のマスクを意味します。 NIOSHによる規格は、N95以外にN99、N100など全部で9種類の規格があります。 「N」は ”Not resistant to oil” (耐油性なし)の意味で、「95」は「0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能 」を意味します。 因みに「100」は「0.1~0.3μmの微粒子を99.97%以上除去できる性能」を意味します。 すなわちこれらのマスクを正しく装着し、正しくはずせば鼻と口からの感染はかなりの確立で防ぐことが可能です。 N95マスクの正しい装着方法や、はずし方、また、帰宅した際の正しい服の脱ぎ方などはネットでも紹介されていますので検索してみてください。 
    • good
    • 0

 No.6です。

勘違いされている方が多いですね。

 スギ花粉は25-35μm、"飛沫"は5μm以上なので、大きさは5~7倍しか違いません。

 また、マスクの意味は湿気を保つと勘違いされている方がいますが、高湿度はウイルスの生存時間を延長します。まあマスクの場合は唾液なども含まれているので、素直に延長するかどうかは判りませんが。
 インフルエンザが低温乾燥環境になる冬期に流行することで、「インフルエンザウイルスは乾燥を好む」と勘違いされることが多いです。さらなる勘違いは「高湿度に弱い」です。
 インフルエンザに限らず、ウイルスは全て乾燥には弱いです。

 低湿度だとウイルスの生存時間そのものは短くなっても、飛沫が小さくなりやすいので(水分が飛びやすい)、滞空時間や飛距離が延びたりします。また、低湿度だと気道の粘膜が傷みやすく、粘膜免疫が十分に機能しなくなりやすいという条件が重なって、「低温低湿度だと感染しやすい」ということになるわけです。

 ですので、マスクの意味は「口の前の湿気でウイルスを足止め」することでは決してありません。増殖を抑えつつ、といっても、インフルエンザだけでなく全てのウイルスは、"生きた細胞の中"でないと増殖できませんから、どのみちマスクの中では増殖しません。

 つまり、マスクは「湿ったら交換」した方が良いです。
 極端な話、完全に濡れてしまうとマスクの表面から裏面まで、「水の通路」ができてしまうので、ウイルスが通過しやすくなりますし。

 それと、インフルエンザウイルスの主要な感染経路は、口と鼻です。
 目はないわけではないですが、レアケースです。
 インフルエンザウイルスは「気道粘膜」でしか増殖できません。目から入っても気道まで到達できないことがほとんどです。
 なので、「口と鼻を覆う」ことで、ウイルスの侵入リスクをかなり減じることができるわけです。
    • good
    • 0

 


>(汗)…花粉とウイルスはぜんぜん大きさが違うんですけどね…。
そうです、1000倍の大きさの花粉でもブロックできないのに、花粉のブロックは出来ないでしょう.....と#1は言いたかった。

 
    • good
    • 0

 多分、質問者はマスクの意味を多少勘違いされております。


マスク自体ははインフルエンザウイルスを防ぐ事はできません。
インフルエンザウイルス直径1万分の1ミリの大きさのウイルスです。
 直径1万分の1ミリを防ぐマスクなんて基本不可能です。

花粉症は花粉自体をを防ぎます。
しかしインフルエンザは100%マスクで防げません。

じゃ何が効果あるかというと、マスクによってマスクと口の間にたまった湿気によりウイルスを足止めししつつ、増殖を防ぐのです。
 極論として口の前に 湿気を保つものさえあればマスクなんていらないのです。

>ウイルスはマスクの表面、衣服等に付着していると思います
 正確にはマスクと口側の表面と衣服です。
 マスクをはずせば、インフルエンザはマスクについています。
大切なのはそのウイルスを口に入れないこと。
 だから 同時に手洗いも大切なのです。
    • good
    • 1

(汗)…花粉とウイルスはぜんぜん大きさが違うんですけどね…。



>マスクをつけていたのでウイルスを吸い込まなくて済みました。
そんなこと無いんですよ。
正確に言うとこういう「言い回し方」を、マスク製造業者は言ってるんです。
「ウイルスを多量に含んだ飛沫物をブロックする」確立はウン十パーセント、とかね。
もちろんそれで「防止効果なんて無いじゃん」と言うつもりは無いんです。
しかし「完全にブロックできる」ように書いてあるのは、なんか、誇大広告っぽい、と私は思うんですけどね。

マスクの最大の「良い所」は
・自分の飛沫物が飛散しにくい
・気道や咽頭が乾燥しづらい
・異物などが粘膜に付着するのを防いでくれる
…ということ。
大体が人間は「穴だらけ」なので、マスクだけで防げるなんて…そんなこと、ありえないんですよね。
    • good
    • 1

はっきり言います意味がありません。


感染している人がマスクを着用すると 咳きこんだ時にウイルスが飛ぶのが抑えられるので効果があるのですが 感染してない人がつけてもほとんど意味がありません なぜなら、外部に触れていて弱い所から感染するので、例として 口、鼻、目などがあります。マスクで口や鼻を覆っても目感染するので、服などに着く前に もう感染しています。湿度が高いと感染しにくいのですが、湿度が高い所は限られてくるので難しいでしょう、
残念な話ですが、ほとんど意味がないと言えます。
    • good
    • 0

 


>しかしBはマスクをつけていたのでウイルスを吸い込まなくて済みました。
これ、30%くらいのウイルスを吸わなくて済みました、と訂正してください。

花粉症で悩む頃の花粉を防いでくれる実体験から......

 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザの感染しない日数

主人が13日から具合が悪くなり、14日の朝39度の熱が出てインフルエンザa型と診断されました。
今日の夜になってようやく、37度まで熱が下がりました。
我が家は3歳と1歳の子供がいますので、半隔離状態にして感染しないように心掛けておりますが、毎日心配しながら生活しております。

ここから質問です。
主人は実家で家族経営の仕事をしております。
実家には、リュウマチにより障がい者1級の母親(インフルエンザの予防接種を受けれない身体です)94歳のおばあちゃん、元気な父親がいます。
そこに、お兄さん家族(3歳と1歳の子供と嫁)私達家族が朝から出勤して、晩御飯とお風呂までして帰るという毎日をおくっております。
子供は、おじいちゃんお風呂に入ります。

この様な状態なので、インフルエンザを持ち込むのは、危険な感じです。
しかし、正月明けなので、仕事もたまっております。
主人と私達は、いつから出勤しても大丈夫でしょうか。
私と子供の潜伏期間も含めいつからなら、感染させないでいけるでしょうか。

ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 「判らない」ことと「知らない」ことは別です。また感染症の伝播リスクをゼロにすることは至難、というより現実的でありませんが、現実的に許容できるレベルまで低下させることはできます。
 まあ少なくとも実家に判断させるというのは愚手でしょうね。自分が判らないことを他人に押しつけるだけですものね。
 その判断をするために本質問をされたわけですし、高齢者への感染リスクを極力下げたいという質問者さんのお気持ちは十分判ります。

 整理してみますと、

13日
  ご主人の具合が悪くなる
14日午前
  熱発(39℃) A型インフルエンザの診断
15日夜
  発熱低下(37℃)

 ということですよね。
 その後、今日16日はほぼ快癒したという前提で考えてもよろしいでしょうか。

 インフルエンザの感染者が他人に感染させる可能性があるのは、発症24時間前から症状軽快後2日間、と言われています。
 つまり、ご主人が「伝播力」を持つのは、12日頃から18日くらいまで、ということになります。

 すなわち、12日も出勤されていたのであれば、この時に実家にウイルスを持ち込んでしまった可能性はあったということになるのですが、現時点で実家の誰も発症していなければ、この時は無事に済んだと考えて良いでしょう。
 インフルエンザの潜伏期間は最大で7日間とか言われていますが、大半は1~2日、せいぜい3日程度です。
 つまり12日に感染していたのなら、まず15日までには発症しているはず、ということです。

 さて、ご主人は18日を過ぎれば、つまり19日になれば「インフルエンザを他人に感染させるリスクは現実的には無視できるレベルまで低くなる」と考えて良いです。

 というわけで、19日から出勤、というのが「案その1」です。

 次に質問者さんの家族のことを考えてみます。
 家族がご主人から感染を受ける可能性があるのは18日くらいまでです。
 もし18日に感染したとすると、その家族がさらに「他の人に感染させる」可能性があるのは、潜伏期間を1~3日と仮定すると19~20日頃まで、となります。
 すなわち、21日から出勤、というのが「案の2」ということです。

 というわけで、No.2の回答とほぼ同じになりましたが、それも当然でしょうね。正しい知見を基に判断すればそうなる、ということですから。

 インフルエンザの伝播リスクはやはり発症時が最大ですから、症状軽快後に家族に伝播するリスクは低い、という想定をすると「案の1」で良いですし、もっとリスクを下げたいのなら「案の2」でしょう。
 さらにリスクをほぼゼロにしたいのなら、潜伏期を最大の7日間で計算すれば良いです。つまり18日から7日間すなわち25日まで様子を見て26日から出勤、というのが「案の3」です。

 どういう措置を講じるか、というのは「どのくらい感染拡大を防止したいか」という意志によって決まります。
 その「どのくらい防止したいか」は、「感染してしまうとどのくらいヤバイか」という程度によって決まります。
 ですから、健常者と高齢者や病人などの「免疫的弱者」では、ヤバさの程度が違いますし、当然「講じるべき措置」も違ってきて当然です。

 ご質問の状況で「インフルエンザを持ち込みたくない」と判断されたのは正しいと思いますし、そういう状況を踏まえるなら、私ならここでは「案の2」を選択します。
 実家が健常者ばかりなら「案の1」でしょうけどね。

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 「判らない」ことと「知らない」ことは別です。また感染症の伝播リスクをゼロにすることは至難、というより現実的でありませんが、現実的に許容できるレベルまで低下させることはできます。
 まあ少なくとも実家に判断させるというのは愚手でしょうね。自分が判らないことを他人に押しつけるだけですものね。
 その判断をするために本質問をされたわけですし、高齢者への感染リスクを極力下げたいという質問者さんのお気持ちは十分判ります。

 整理してみま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報