私は福音派のクリスチャンです。
最近新改訳のチェーン式聖書を通読しはじめました。
そこで質問です。

ルカ5章39節の
「また、だれでも古いぶどう酒を飲んでから、新しい物を望みはしません。『古いものは良い』と言うのです。」
ここのところの意味がよくわかりません。
古い葡萄酒とは、旧約のことで、新しい葡萄酒とは新約のことなんでしょうか?

A 回答 (4件)

 こんにちは。



 ▲ (ルカによる福音書5:37-38) ~~~~~~~~~~
 また、だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、新しいぶどう酒は革袋を破って流れ出し、革袋もだめになる。 新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れねばならない。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ を承けて お尋ねの記事は 記されています。フェデリコ・バルバロによる注釈を引きます。
 ◆ (バルバロ訳聖書) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 このことば(ルカ5章39節)は ルカにだけのっている。
 イエズスはいくらかの悲しみをもって 自分の持ってきた新しいぶどう酒が 律法という旧いぶどう酒を飲んだ人の口には合わないのかと言うのである。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 やはり エレミヤの預言をも参照するとよいのではないでしょうか。
 
  ▲ (ヘブル書8:7-13)~~~~~~~~~~~~~~~~
 もし、あの最初の契約(* むろん モーセの契約 ないし 律法)が欠けたところのないものであったなら、第二の契約の余地はなかったでしょう。
 事実、神はイスラエルの人々を非難して次のように言われています。

   「見よ、わたしがイスラエルの家、またユダの家と、
    新しい契約を結ぶ時が来る」と、主は言われる。

   「それは、わたしが彼らの先祖の手を取って、
    エジプトの地から導き出した日に、
    彼らと結んだ契約のようなものではない。
    彼らはわたしの契約に忠実でなかったので、
    わたしも彼らを顧みなかった」と、主は言われる。

   「それらの日の後、わたしが
    イスラエルの家と結ぶ契約はこれである」と、主は言われる。

   「すなわち、わたしの律法を彼らの思いに置き、
    彼らの心にそれを書きつけよう。
    わたしは彼らの神となり、
    彼らはわたしの民となる。
    彼らはそれぞれ自分の同胞に、
    それぞれ自分の兄弟に、
    『主を知れ』と言って教える必要はなくなる。
    小さな者から大きな者に至るまで
    彼らはすべて、わたしを知るようになり、
    わたしは、彼らの不義を赦し、
    もはや彼らの罪を思い出しはしないからである。」
     (エレミヤ書 31:31-34)

 神は「新しいもの」と言われることによって、最初の契約は古びてしまったと宣言されたのです。年を経て古びたものは、間もなく消えうせます。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> イエズスはいくらかの悲しみをもって 自分の持ってきた新しいぶどう酒が 律法という旧いぶどう酒を飲んだ人の口には合わないのかと言うのである。

この解釈なら納得できます!ありがとうございます。

ただ、イエス様は最初の契約が古びたことを宣言されたのでしたら、
葡萄酒(ワイン?)はたしか古いほど美味しいということになっているので
もっと他の物をたとえに使ってくれたらわかりやすかったのにな。。と思いました。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2009/05/22 22:52

年代もののワインは熟成されてうまみが増すわけで、古いワインとは熟成された掟のことで、新しくとってつけて作られた掟は、その場限りしか通用せず、結局 熟成され長年継承された掟の方が新しい掟より良いってことじゃないかと。



イエスの言葉は恐らく全部旧約聖書を再度説明しているものでしかなく、なんら新しいものなど一つも無い。

神の言葉とされる内容を書き換え、いたずら書きして、「これが新しいワイン うまいだろ」ってしちゃったのは、パウロ。
エルサレム教会から神への背信行為をしたとして破門されたパウロ。


目が見えない、分別がつかない ワインの良し悪しがわからない人は、ワインを飲んでも仕方ない。
どうせわからないのなら 新しいチープなワインでもいいんじゃないかと。
悪酔いするでしょうけど。
酔うのが目的なら新しいワインで果たせる。

「神の言葉である律法はアルファでありオメガだ。一字一句 この世が終るまで足しても欠いてもならない。 新しい契約? 変えるだと? お前は価値のわからない盲目か」ってイエス作家が生きていたら言ったでしょうね。

で、新約聖書で一番古いのはギリシャ語で書かれている。
新しいワインなわけです。
イエスの言った言葉は恐らく新しいものなど一つも無い。
従い新約じゃなく旧約を読むべき。
ぶどう酒の話も旧約にあるんじゃないかと。

で、結局 死海文書に古代へブル語で残っているそうです。
従い 古代へブル語を学び、死海文書を読めば、少しは本来の意味がわかるかもしれません。
私 死海写本の解説書読みましたけど、あっち方面の知識無いので、難しかったです。
そもそも文化が違う私が、解説書を読んで理解しようということに無謀さがあると思えた。
神の民でもないということが一番のネックだと思えた。
キリスト教徒のほとんどは、神の民ではないので、その点では私と同じ。

しかし あなたの血が古代からの神尾民の血を継承しているのでしたら、いずれシオンに帰還したいと思うのかもしれません。
本能で帰還を果たすかもしれません。
手っ取り早くDNAの解析をしてもらい、自分がその系統だとわかってから、ヘブル語学んで死海文書に取り組んだらどうでしょうか?
いくらだったかな? そう高額じゃなかったと思います。
その分析をする団体。 ユダヤ人は今もって神との契約を守っていると言ってます。
アフリカの辺境の地にあるシナゴークのリーダーも、神からのいいつけである世襲制を守っており、純血を継承していることが、DNAからわかったんですって。
古い血 つまり 古いワインを継承し続けているってことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

死海写本の解説書を読まれたなんてすごいですね!
私もいつかは死海文書にも興味を持つかもしれないですが、
今は聖書だけに集中しようと思っています。

というのも、クリスチャンになって何年たっても
ちっとも自分が変わっていかないなぁ、、と思っていたら、
友達が、聖書を2回通読したらすごく変わったって言うので
(今その子はたぶん6回目くらいのはず)
私も今度こそ聖書を通読しようと思ったんです。
(いままで好きなところばかり読んで、通読は何度も挫折しているので)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 22:38

モーゼの律法(古いぶどう酒)を学んだ(飲んだ)者は新しい福音(ぶどう酒)には耳を傾けない(飲まない)。


という例えですね。
モーゼの律法を学んだ者というのは当時のパリサイ人・サドカイ人ですね。
これは2000年前も現在も同じく真理ですね。
モーゼの代わりにイエスと置き換えれば現在にもなりますね。
新しい時代に新しい教えを説くものが現れたとき、あなたならどうするというイエスの預言でもあるのですね。
だから、あなたも現代のパリサイ人・サドカイ人にはならないようにという意味も含まれていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答の前半部分で、聖書のここの個所がだんだんわかってきた様に思います。

ご回答の後半についてですが、現代に新しい教えを説く者が現れたら、
たぶん私は信じられないと思います。
だって、イエス様は十字架についてよみがえったので、救いは完結したので
これから新しい教えを説く者は、むしろ眉唾だと思うので。。。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2009/05/22 22:26

難しいね。

古いワインのほうが味わいがあるからそして新しいワインは飲まないからね
たぶんあなたの言ってることになるんだけど 
私が書いたこの思い込み、飲んでみないとわからないよ。と言いたいのかな~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうか、ここの箇所は、肯定的に言っているわけではなく、
パリサイ人やサドカイ人がなかなか新しい教えを受け入れないことに対する戒めととらえるといいのでしょうか。
早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 22:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンガポールに酒を持ち込む場合いくら税金が掛かるか。

シンガポールの友人のところに遊びに行きます。
お土産はお酒にしたいと思っています。
何本まで無税ですか。
・日本酒一升瓶
・日本酒4合瓶
・焼酎一升瓶
・ワイン720ml
で、税額が違いますか。

Aベストアンサー

↓によると、

「トラベルコちゃん  -- 海外現地情報(シンガポール)」
http://www.tour.ne.jp/country/entry.asp?COUNT_ID=34&fromTop=no

■ 酒類
ワイン、ビール、蒸留酒各1L

まで無税のようです。

参考URL:http://www.tour.ne.jp/country/entry.asp?COUNT_ID=34&fromTop=no

Qマタイ福音書は律法用語派、ヨハネ福音書は律法否定派

マタイ福音書は律法用語派、ヨハネ福音書は律法否定派という認識でよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

マタイは律法の完成という側面で描かれており、イスラエル的です。
この世が終わるまでトーラの一字一句たりとも消えることはない とイエスが言ったとされ、イエスがユダヤの律法=この世の全てだと考えていたことになります。


マタイ書が稚拙なことから、マタイはギリシャ語があまりうまくなかったからだろうとされていましたが、どうやら変えてはならないという制約があり、それで直訳してギリシャ語にしてしまったため、意味のわかりずらいマタイ書になってしまったという新たな見解があります。

ヘブライ語に戻す作業をしている人がいて、その人の研究を読むと、確かにマタイ書は、律法重視に思えます。




ヨハネは先在のロゴス・神の子イエスという側面で描かれている。
イエス像は魔術師として書かれている。
これはヘレニズム文化に取り入るとき、理解しやすいように、ヘレニズム文化の特徴を生かしてイエスを紹介したからじゃないかと思えます。

ヨハネ書は反律法が書かれていたという印象は無いです。
律法に言及していないという感触を持ちます。
律法に言及していない=反律法 とはならない。

私の印象ではヨハネ書はオカルト系。
おぞましいという意味ではなく、ある意味グノーシスっぽいから。
神秘主義的な匂いがして、秘儀を極めようとした人たち 霊的なものを求めた人たちによって書かれた という印象を受けます。

だから奇跡話がこの書には多い。
水の上を歩くなどの表現は異教の神秘主義者たちがやっていたとされたことだったし。
ただし、天地創造の前ロゴスが母なるものの深淵を漂っていた ということにひっかけてもいると思えます。
私はこれを読んで受胎を想起しましたが 笑。
(卵子の周りを無数の精子がウロウロしていて、鍵を持った精子のみに扉が開き、その精子が中に入ると扉が閉じますよね。ロゴスとは精子のことだったのか!? とか笑ったりしましたが、古代の人は受胎の神秘を知っているほど高度に発達した文明を持っていたのか! とかは思いません。偶然だと思うし。)



マタイ書はパレスチナ、ヨハネ書はシリアで成立した という推測もある。

マタイは律法の完成という側面で描かれており、イスラエル的です。
この世が終わるまでトーラの一字一句たりとも消えることはない とイエスが言ったとされ、イエスがユダヤの律法=この世の全てだと考えていたことになります。


マタイ書が稚拙なことから、マタイはギリシャ語があまりうまくなかったからだろうとされていましたが、どうやら変えてはならないという制約があり、それで直訳してギリシャ語にしてしまったため、意味のわかりずらいマタイ書になってしまったという新たな見解があります。

ヘ...続きを読む

Qルカ福音書の書かれた場所はどこですか?

キリスト教、新約聖書のルカ福音書を、当時ルカはどのあたりの国・地域で書いたのですか?
諸説あると思いますがどのような説が有力ですか?
出典があるとなお嬉しいです。

Aベストアンサー

使徒行伝24章の、パウロがエルサレムのユダヤ教指導者に襲われ、カイザリヤ(エルサレム近くのローマ帝国直轄領の首府)のローマ総督府に引き渡され、二年間、獄中にいたころ、
パウロの伝道旅行の助手をしていたルカも、カイザリヤ周辺で、獄中のルカを見守りながら、パウロの代理として伝道しながら、エルサレムやガリラヤを訪ね、十二使徒の生存者ヨハネ達や、ヨハネが扶養していた母マリアや、イエスの義弟ヤコブなど、イエスの証人の証を聞き、(マタイ・マルコの福音書も参照したかも)自らの経験も合わせ、60年ころ
カイザリヤで、まとめたという説が一般的である。

Qマタイによる福音書 15章21~28節に関して

資料1 マタイによる福音書 15章21~28節
1 マタイ 15:21 イエスはそこをたち、ティルスとシドンの地方に行かれた。
2 マタイ 15:22 すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。
3 マタイ 15:23 しかし、イエスは何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。「この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので。」
4 マタイ 15:24 イエスは、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」とお答えになった。
5 マタイ 15:25 しかし、女は来て、イエスの前にひれ伏し、「主よ、どうかお助けください」と言った。
6 マタイ 15:26 イエスが、「子供たちのパンを取って小犬にやってはいけない」とお答えになると、
7 マタイ 15:27 女は言った。「主よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」
8 マタイ 15:28 そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。

資料2 (*)http://tokyo.catholic.jp/cgi-bin/MT/archives/2005/08/152128_20058142_1.html 


質問1
イエスは「イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」のを承知しているのに何故、異邦のティルスとシドンへ行ったのですか。

質問2
(*)には地域の名として「カナン」、「イスラエル」、「パレスチナ」が登場しています。「カナンの女」は異邦人、「イスラエル」は同胞の住む地域ということは判ります。しかし、「カナン」、「イスラエル」、「パレスチナ」の三つの地域は重なってしまって異同が皆目判りません。地域として「カナン」、「イスラエル」、「パレスチナ」はどう違うのですか。人として「カナンの女」、「イスラエルの女」、「パレスチナの女」はどう違いますか。(*)に見える『「カナン人」はパレスチナの古くからの住人です。』、こういう表現が成立する理由が欲しいです。

よろしくお願いします。

資料1 マタイによる福音書 15章21~28節
1 マタイ 15:21 イエスはそこをたち、ティルスとシドンの地方に行かれた。
2 マタイ 15:22 すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。
3 マタイ 15:23 しかし、イエスは何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。「この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので。」
4 マタイ 15:24 イエスは、「わたしは、イスラエルの...続きを読む

Aベストアンサー

こっちは返信者は信者限定 もしくはキリスト教は正義だって思っている人限定 という制約は無いので、書かせてもらうと、、、、、


質問1)
イスラエル人ってのは、ヤコブの子孫のことですよね。
ご存知だと思いますが、ヤコブは戒名してイスラエルって名前になった。
そのイスラエルという名前になった男の子孫が、イスラエル人であり、彼らは12+1支族で構成されており、12支族は後にイエスが異民族を皆殺しにして彼らの土地を奪い、12支族に分け与え、そこに12支族は住むようになり、やがて王国を作ったわけですよね。

ですが、1つだった家族は分裂し、北と南に別れ、それぞれに王国を作り、北はアッシリア、南はバビロニアにより攻略されたわけですよね。

バラバラに散らされたわけで、それがイスラエルの失われた羊 じゃないか と
こういう状態をディアスポラと言う。


それはいいとして、あくまで推測でしかないが、イエスが行ったとされるティルスって、本当のティルスじゃないと思う。


ちょっと記憶が曖昧ですが、エデンってのがどこにあったか というのを昔調べたことがあって、今のレバノン当たりだったような。。。。
ティルスって今のレバノンに当たる地域で栄えていた都市の名前ですよね。


で、、あ あった。エゼキエルだ。
http://bluewind.oops.jp/tanka/archives/000403.html

ということで、イエスがティルスとシドンに行ったというのは比喩だと思います。


質問2)
カナン人・・・フェニキア人のことらしいです。
イスラエル人・・・上で述べたようにヤコブの子孫、
パレスティナ人・・・・ペリシテ人(ノアの子ハムの子孫、ちなみにハムの子の1人はカナンらしいです。)


で、カナンの女、イスラエルの女、パレスティナの女。
うーーーん 恐らく母権社会の女って意味じゃないか と。

古代は母権集団が勢力をもっていたらしく、誰だっけ?。。。。父親が神に忠誠を誓うために初子イサクを捧げようとしたわけですが、母権社会はイサクを神の元に返さなくていい つまり アブラハムの妻サラのいた集団に戻さなくていいってなったんじゃないか と。

で、強い母権社会から嫁をもらうってのは、いわゆる政略結婚みたいなもので、小さな集団が母権社会の勢力の恩恵をもらい、栄えるってわけです。

レビレート婚ができた理由も、妻が夫を捨て元の母権集団に戻ってしまったら、嫁入りの時もって来た財産をごっそり持って出て行くわけで、たちまち嫁ぎ先の一族は貧困にあえぐことになるわけでしょ?
だから、姦淫しちゃいけない とか 神経ピリピリになったわけでしょ。
他の男を選んで夫を駄目男として捨てられたわけで、そう簡単に捨てられてたまるか って「妻が姦淫したから妻は罪人 妻の嫁入り財産は俺のもんだーー」ってやっていたわけでしょ?


という情報を知った上で考えると、母権集団のそれなりの地位の高い女性達ってことじゃないか と。

で、「子犬も主人の食卓から落ちるパンクズはいただく」ってのは、私が知る限りは、ユダヤ教の多数者(幹部12人で構成されている)の食事の儀式のシーン。

彼らは多数者はユダヤ教の中でもエリート中のエリートで、その人たちが行う食事の儀式を身近に見ることができるのは、それなりのランクの祭司たち。
多数者がこぼした食べ物を食べれるってのは、聖なるものを身に取り込むのと同じ作用を持つとして、パンが床に落ちたら、それを身近で見られる権利を持った人は、喜んで拾って食べてた。


彼らの食事の儀式は、パンをとって「これは神の肉体である。」 食べた。
ワインをとって「これは神の血である」と言って飲んだ。


そういう一部のエリートの食事の儀式を知っているこの女は、只者じゃない。

だから「お前なかなかやるのぉ」ってわけで、その女性はユダヤ教の改宗しようってしたのかなぁ?
ってことは、、、この女性は、、、何者だったのでしょうね。
うーーん 少なくとも大きな母権集団のそれなりの地位の女性だったと思えます。


一般人がユダヤ教の幹部の食事の儀式を知っているってのは、あまり無いんじゃないか と。
ということで、この女性は只者じゃあなかったと思えます。

こっちは返信者は信者限定 もしくはキリスト教は正義だって思っている人限定 という制約は無いので、書かせてもらうと、、、、、


質問1)
イスラエル人ってのは、ヤコブの子孫のことですよね。
ご存知だと思いますが、ヤコブは戒名してイスラエルって名前になった。
そのイスラエルという名前になった男の子孫が、イスラエル人であり、彼らは12+1支族で構成されており、12支族は後にイエスが異民族を皆殺しにして彼らの土地を奪い、12支族に分け与え、そこに12支族は住むようになり、やがて...続きを読む

Qアンケート投票者へのダンジョン

先日のニコ生でパズドラXのトーナメントでLUKAさんが優勝されましたが、LUKAさんに投票したプレイヤーに配布されるダンジョンはミルが出てくること以外の情報はまだでていないのでしょうか?

最近ちょっとスマホの調子が悪く公式などが見れないので質問させていただきました。

Aベストアンサー

8日付けのお知らせで、
8月中にメールにて配布。
「特別な降臨ダンジョン」は、消費スタミナ0の24時間限定ダンジョンでメールの「開始」ボタンを押してから24時間以内であれば、何度でもダンジョンに潜入することができます。
との事。
12日付けのお知らせではさらなる詳細は後日との事でした。

Qルカの福音書 11:19の解釈がわかりません

上記の聖書箇所の意味がよくわかりません。
「あなたがたの仲間」というのは、”ユダヤ教の中で悪霊払いをする人たち”、のことだと思うのですが、その先「……だれによって追い出すのですか。だから、あなたがたの仲間が、あなた方をさばく人となるのです。」という箇所がわかりません。

どなたか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「……だれによって追い出すのですか。だから、あなたがたの仲間が、あなた方をさばく人となるのです。」という箇所がわかりません。

もしわたしがベルゼブルによって悪霊を追い出すとするならば、あなたがたの仲間は
だれによって追い出すだれによって追い出すのですかのですか。

イエスがベルゼブルによって悪霊を追い出すと主張するなら
ユダヤ教の悪霊を追い出す人もベルゼブルによって悪霊を追い出すことにならないか
ユダヤ教の悪霊を追い出す人は誰によって追い出すというのかと反論してるのです

だから、あなたがたの仲間が、あなた方をさばく人となるのです。

だから、ユダヤ教の悪霊を追い出す人はベルゼブルを使う輩なので人々をさばく人となるのです
イエスの考えではこの時代に社会的な弱者を罪人としてさばく宗教家は悪い奴と見なしていた
イエスは社会的弱者で罪人とされた人に無条件にあなたの罪は許されたと宣言していた
悔い改めればいいのであってユダヤ教の律法による償いや刑罰を必ずしも必要と認めてなかった

Q小説はどんなジャンルが好きですか?

小説を読まれる方は
どんなジャンルがお好きなのでしょうか?

恋愛小説、歴史小説、ファンタジー、SF、本格推理、サスペンス、青春小説、
時代小説、冒険小説、経済・社会小説・・。他にもあるかも。

お気に入りの作家さんや、最近好きな作品はありますか?

Aベストアンサー

純文学と言われる物は苦手なのでそれ以外なら何でもOKです。

最近読んだ本では・・・

  白銀ジャック      東野圭吾 
  キリン          山田悠介 
  チーム          堂場舜一 
  若様組参る       畠中恵  
  歌舞伎町セブン     誉田哲也

好きな日本人作家は、宇江佐真理、乙川優三郎、帚木蓬生、高田郁、矢口敦子、道尾秀介、貴志祐介、東野圭吾、柴田よしき、北原亜以子、澤田ふじ子、乃南アサ、宮部みゆき、明野照葉、湊かなえ、加賀乙彦、夏樹静子、和田はつ子etc

外国人作家は、パトリシア・コーンウェル、ジョン・サンドフォード、ジョナサン・ケラーマン、ジェフリー・ディーヴァー、ミネット・ウォルターズ、アン・マキャフリー、アイリス・ジョハンセン、サンドラ・ブラウン、パトリシア・A・マキリップ、ディーン・ クーンツ etc

Q新約聖書の解釈

こんにちは。
質問というか呟きなのですが、暇なときに回答をお願いします。


新約聖書を最近読破し、ただただ圧倒されるばかりでした
私自身はキリスト教徒ではなく、文学として読んだに過ぎません。
そしたらもう、、今までのキリスト教のイメージが覆されました。
仏教が内面(精神)の宗教なのに対して、キリスト教は神という対象を持つ
外的な宗教だとばかり思ってましたが、全然違いました。
新約に書かれている内容こそ人間の、理性をもつ人間だからこそ
なりうる心の在り方なのではないかと思いました。
学問として見ると、非常に優れた書物ではないでしょうかね
ところが、キリスト教徒の方はこの内容を本当に理解しているのでしょうか?
拡声器を使って神が、神がと言ってるからおかしな事になるのではないですか
ただ信者を集めようとして、その時点で宗教という看板を掲げた
事業に成り変わってますよね。(これは前々からその他の宗教に対しても
感じていた事ですが・・)
イエスがせっかく律法をうまく(うまく、と簡単に一言で言いましたがここが一番
驚嘆した部分です)解釈して、それを世に広めようとしたのに
今日に存在するキリスト教はまったくの別物に思えてなりません。
これじゃあ信者にならないほうがよっぽど良いと思うのですが。
キリスト教というネームをただ広めたいだけですか?
信仰による愛の実践こそが最も大切なのではないですか

宗教でさえ本物でないから、これほど偽者ばかりが蔓延している世の中になったのですかねぇ
と、ふと思ってしまいました。
おっと話にまとまりがなさ過ぎるのでこれくらいにしておきます
ここまで長い長い駄文を読んで下さり、ありがとうございました。

こんにちは。
質問というか呟きなのですが、暇なときに回答をお願いします。


新約聖書を最近読破し、ただただ圧倒されるばかりでした
私自身はキリスト教徒ではなく、文学として読んだに過ぎません。
そしたらもう、、今までのキリスト教のイメージが覆されました。
仏教が内面(精神)の宗教なのに対して、キリスト教は神という対象を持つ
外的な宗教だとばかり思ってましたが、全然違いました。
新約に書かれている内容こそ人間の、理性をもつ人間だからこそ
なりうる心の在り方なのではないかと思いました。
...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

 ▲ (ヨハネ福音1:16-18) ~~~
 ・・・
 16: わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。

 17: 律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。

 18: いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。
 ~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ たとえば このくだりを参照して議論を始めますが

 ★ (趣旨説明欄) イエスがせっかく律法をうまく(うまく、と簡単に一言で言いましたがここが一番
驚嘆した部分です)解釈して

 ☆ とおっしゃるように キリスト・イエスにあっては 言葉で表わされたイマシメなる律法の問題ではなくなります。《うまく》それを超えました。
 と言っても 律法のモーセの以前の 信仰のアブラハムに戻ったというかたちであるとも言えるかと思います。
 言いかえると モーセの場合には あくまで一人ひとり個人にとって持たれる信仰が 共同体の存続のためにその集団としての行動(ないし社会生活)に直接につながる行動規範とされました。つまり 組織的な宗教の誕生です。
 アブラハムの場合には つねにおのれの心の中で これこれをむさぼってもよいかどうか考え悩み心を決めました。モーセの場合には すでに《きみよ むさぼるなかれ》といったイマシメとして表わされた言葉が 社会的に共有されるようになりました。



 ▲ (マタイ福音書 22:32) ~~~
 ・・・『わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』(出エジプト記3:6)とあるではないか。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。」
 ~~~~~~~~
 ☆ ここでイエスは 《神は 死んだ者の神ではない》ことを言っているのでしょうが まさに見方を別に取れば アブラハムやその子や孫の一人ひとりにとっての神であると言っているとも受け取れます。そのあと 一族や共同体としての社会生活が問題となります。いくら倫理と言っても 集団とその規範は 存在にとって二の次です。倫理でさえ 個人の自由を目指したものだからです。
 アブラハムらにとってそれぞれ信仰は 《わたし》の内面における・《わたし》にとっての動態であって 社会の背景にしりぞいています。


 イエスはまさに この《わたし》にとっての神を指し示した(ヨハネ1:18)。〔だけである〕。個人に固有の《とき》としての・神とのあいだに成るわが心の《非思考の庭》に生きるなら――それが 信仰ですが―― 《めぐみ と まこと》があたえられるだのよと(ヨハネ1:16-17)。
 真理(まこと)を知ったからと言って どうなるものぢゃないという向きには すすんで こう言ったはすです。真理は きみたちを自由にすると。
 
 これでおしまいだと思います 聖書は。



 原始キリスト教と言いますか 初期のキリスト者たちは しいたげられていましたから 集団として組織宗教のかたちを採ったのでしょうが そのあとは要らないわけです。
 あるいはもっと言えば 《わたし》の心なる《非思考の庭》が 目に見える行動にかかわる倫理規範――律法――に取って代わられることは ほんとうには ないわけです。信仰の宗教化は 信仰そのものの自殺行為です。
 よってわたしはここに ローマ教会を初めとする組織宗教は すべてすべからく自己解体すべしと言い張ります。



 独り言にておこたえしました。うまく鐘の音はひびきましたでしょうか。

 こんにちは。

 ▲ (ヨハネ福音1:16-18) ~~~
 ・・・
 16: わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。

 17: 律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。

 18: いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。
 ~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ たとえば このくだりを参照して議論を始めますが

 ★ (趣旨説明欄) イ...続きを読む

QミスチルのCROSS ROADをカバーしたバンド

Mr.ChildrenのCROSS ROADのカバー曲を探しています。
山本潤子さんのカバーではありません。
2003年頃によく聴いていたのですが、バンド名を思い出せません。
歌詞は日本語のそのままで、オリジナルに比べテンポが速く、音楽に詳しくないので表現しにくいのですがメロコア(?)の男性ボーカルのバンドです。
おそらくですがインディーズだと思います。

ぜひ購入してまた聴きたいです。わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく
「Heavy Hitter Special」 の
「ドラマどパンク甲子園」 でカバーされているものかと思います。
(発売も2003年ですし。)

下記のサイトで試聴できますので、確認してみてください!
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1972172

Qヨハネによる福音書3章18節の意味は?

ヨハネ福 3:18 御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。

「既に裁かれている。」の意味を解説して下さいませ。できれば信徒の解説を希望します。非信徒であっても信徒の見解を代弁できる自信があれば拒否はしません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に裁かれているという裁きの内容は、この後に続く節にある通りです。
信じないものは、光(救い)が来ても闇を愛している(=行いが悪い)ので、光に近寄れない(=救われない)のです。
信じるものは真理を行うものであり、光に来れます。

つまり、ひとり子が言っている事を盲目的に信じれないのであれば、それは信仰ではないということです。

パリサイ人のニコデモとイエスのやり取りがこの前に記してあります。
ニコデモはユダヤの指導者であり、教師である立場ですが、多くの知識を持っているためにイエスに色々反駁します。
しかし、イエスの言っていることを素直に受け容れられないため、イエスとは平行線です。
それでは救われないと言っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報