不動産売却の予定があります。
その際売買契約書に本人の署名がいると聞いています。
本態性震顫という病気で文字が書けません。
どうしたらよいでしょうか。教えてください。

A 回答 (3件)

第三者か、買主の目の前で、本人が、署名代理を頼み、代わりの人が署名する。


法律上は、「署名」か「記名・押印」といって、名前をワープロで印刷したり、ハンコ(住所氏名のゴム印)で押してもよい。

この回答への補足

呑み込みが悪く、くどい質問で申し訳ありません。
不動産売買の契約書を交わす際、第三者か買主の目の前で、本人が署名代理を頼み、司法書士、行政書士、または私の妻等が代筆する。
以上のやり方が法律上、その契約書は有効とみなされるのでしょうか。
それは診断書提出などの条件付きでしょうか。
お尋ねいたします。
  genkiro

補足日時:2009/05/24 21:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なアドバイス有難うございました。
司法書士協会にも確認し安心しました。
厚くお礼を申し上げます。
genkiro

お礼日時:2009/05/28 21:47

署名は、本人が確実に売却の意思があることの確認の為なのだから、


医師の診断書を付けて、代筆が可能と考えます。
本人の署名は、法律の要件ではありません。

不動産所有者で、今まで氏名の書けない人は見たことがありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイス有難うございます。
やや安堵しました。
(氏名を書けない人は見たことがありません。)というのはどんな意味でしょうか。お尋ねいたします。
よろしくお願いいたします。

    5/22  genkiro

お礼日時:2009/05/22 14:46

署名は、本人が確実に売却の意思があることの確認の為なのだから、


医師の診断書を付けて、代筆が可能と考えます。

不動産所有者で、今まで氏名の書けない人は見たことがありません

この回答への補足

早速のアドバイス有難うございました。
やや安堵しました。
文中の(氏名の書けない人は見たことがありません)は
どんな意味でしょうか。
よろしくお願いいたします。
       5/22   genkiro

補足日時:2009/05/22 16:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適格なアドバイスを有難うございました。
厚くお礼を申し上げます。
   genkiro

お礼日時:2009/05/29 20:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産売却

不動産売却時の税金を教えて下さい。

沖縄県で、1300万での不動産売却時の
住んでる家の売却時の税金
住んでいない家の売却時の税金(住民票が別の家)

Aベストアンサー

>約10年前に父から(死去)の為、相続致しました。
>30年前の建物で、土地の値段、建築費は不明です、

了解いたしました。具体的な購入時の土地の値段、家の建築費が不明な場合、5%が取得費となります。
残りの95%が課税対象額です。

課税対象額の 15%の所得税、5%の住民税となります。

国税  1300万*0.95*0.15 = 約185万円(さらに4万円程度、復興特別所得税あり。)
住民税 1300万*0.95*0.05 = 約 62万円

なお1300万円から、売却に伴う土地測量費や不動産屋への手数料等を払うなら、それらは売却に伴う必要経費として、最初から引くことができる。

国税庁のHPです。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/jouto.htm



蛇足です。

  前の回答で、『建物売却時は固定資産評価額うんぬん』と書きましたが、訂正させてください。
『建物取得費 - 売却時までの減価償却合計』が取得価格です。

Q不動産売買契約書の署名について

 土地を購入しようとしているのですが、売主が親子の共有名義になっているようで、不動産業者から親はこの地に居るのですが子供が遠隔地で契約のために帰らせるのは気の毒なので、親の署名だけでいいかと言われました、もちろん所有権移転の時(決済時)には帰らせるとのことでした、親だけの署名した契約書は有効なのでしょうか?また署名のしかたとして親だけの署名でいいのか、親ほか1名という署名をしてもらうのがいいのか、 余談ですが他人の共有の場合は?共有人数が多数のばあいは?尽きないのですがどなたかよろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

親だけの署名でも良いですが、ルールが有ります。

子供からのこの契約に対する委任状は有りましたか?
文面もこの契約を親に委任する内容になっていましたか?
子供が書く委任状は実印で押印で印鑑証明書添付。
もちろん親も実印で印鑑証明書の添付。(契約当日は
コピーをもらい、印鑑証明書自体は決済に使用。)

契約書への署名の仕方は正しいか?分かっていない
営業マンだと、息子の名前を代筆させる営業マンも
いますが、それはダメです。
「○▲太郎(子)代理人  ○▲一郎(親)」のように
署名します。

親ほか一名もダメです。全員の氏名を特定させる必要が
有ります。
私は不動産会社で管理職をしていますが、営業時代に
46人の共有名義の売却に携わったことが有りました。
その際は代表者一名が署名しに来ただけでしたので、
委任者の氏名は全て別紙に印刷しておきました。

Q不動産を売却する場合の広告宣伝費について

数年前購入した不動産を売却予定です。

新しい不動産との買い替えを検討中ですが
現在お話を聞きに行っている不動産会社が
「持ち家の売却だけなら広告宣伝費として20万円
かかりますが、新しい不動産との買い替えなら
20万円はサービスします」と言っていました。

不動産を売却するのに「手数料」以外に「広告宣伝費」が
かかる場合があるのでしょうか?
ちなみに最近知人も不動産を売却したのですが、
「手数料」しかかからなかったということです。

Aベストアンサー

何か特殊な宣伝広告を行うつもりなら、かかるでしょうが、一般的な不動産屋さんの業務範疇での告示ならかからないはずです。
不動産を取り扱って、それを売買するのが、不動産屋の仕事です。広告宣伝料も含むのが一般的です。
そんな特別な広告をしなければ、売買が出来ないのであれば、そことの取引を止めましょう。

一般的な不動産の宣伝とは、店内の物件表示。地域配布のチラシ。現場(売り出し地)での看板。不動産情報誌への掲載等ありますが、これらの類のことは無料でしてくれます。(現場の看板については、専任売買契約を求められるかもしれません。)
また、遠方・リゾート地の別荘等の売却は、上記例外かもしれません。この場合、良く確認する必要があります。

Q不動産売買契約 (海外在住)

現在海外赴任中です。日本で住んでいたマンション(現在は空家)を売却する場合、帰国せずに、売買契約から引渡し迄を行うことは可能でしょうか?
不動産屋によると、名義人本人の帰国が必要とのことですが、当分帰国できそうにありませんので、困っております。

Aベストアンサー

Ano.2です。

前記回答にて「2」として記載したものは「登記簿上の所有権登記名義人」に求められる書面であり、司法書士に直接依頼する場合でも、自分の配偶者に委任して、そこからさらに司法書士に委任する場合でも、必要な手続きとなります。

配偶者に「全権委任」する場合には、「全権委任する内容の委任状」について「大使館等での手続き」が必要となります。
内容に不備がある場合には「訂正はできず」、「委任状から作成し直し」となる危険性もありますので、専門家の指導の下に行動された方がいいでしょう。

Q不動産(土地)売却/貸与の進め方

不動産(土地)売却/貸与の進め方

不動産(土地)の売却もしくは貸与を考えております。

有識者の方にお伺いしたいことが何点かございます。
よろしくご教授のほどお願いいたします。

売却(貸与)者探しは、こちらでインターネットや口コミ等で募集し、
最終的な売却(貸与)手続きは、不動産に関する資格を持つ方に依頼する形を想定していますが…

(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

また、上記の方法で、有力なお相手が現れなかった場合、
不動産屋さんに売却(貸与)の代行依頼を考えていますが…

(2)おおよそ、手数料としては、どの程度支払うことになるのでしょうか?

(3)また不動産屋さん以外にこういった代行をしていただける業種の方はいらっしゃるでしょうか?

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

元業者営業です

>(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

可能か不可能かの方法論なら「可能」です。
しかし、現実に「できるかどうか」と言われれば「殆ど可能性はゼロ」でしょう。

私達不動産業者にとって「契約」はそんなに難しい事ではありません。
契約は単なる「事務作業」ですからね。

一番大変なのは「契約してくれるお客様の探索」が一番大変なのです。
故に、どの業者も月に数十万~の広告費を使ってお客様の探索に労力を投入しています。
それでもなかなか契約には結びつきません。
そもそも、そんな「簡単に」お客様が見つかったら誰もが不動産業者になってます。

>(2)おおよそ、手数料としては、どの程度支払うことになるのでしょうか?

不動産業者が得られる報酬は上限が決まっております。
売買なら一取引に対し取引価格の3%+6万円+消費税(1000万以上の場合)
賃貸なら一取引に対し賃料の1カ月分+消費税(課税業者の場合)

この金額は「宅建業法」で定められておりますので、原則この金額以上のお金を業者は受け取る事ができません。
勿論この金額は「上限」ですから、交渉によって値引きする事も可能ですが、大手業者は絶対に手数料の値引きには応じませんから、交渉するなら小さい業者です。

>(3)また不動産屋さん以外にこういった代行をしていただける業種の方はいらっしゃるでしょうか?

そもそもお客様も自分で見つけて賃貸契約するだけなら「口約束」でも有効です。
特別な資格も必要ありません。
自分の財産を誰にどのような条件で売るのも貸すのも自由です。(契約自由の原則)

また、売却も「特定の人を対象に(家族とか)」「一回だけの取引」なら同様です。

ただし「不特定多数のお客様を対象に反復、継続して売買・交換の取引をする場合」は「宅地建物取引業」の免許が必要になります。
それに違反した場合は3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金を課せられます。

以上の事から、素人があれやこれやの法的制約、手続きを理解し細心の注意を払いながら取引に神経を使うなら、業者に初めっから任せた方が「安全・安心・手間いらず」です。

「生兵法は怪我の基」ですよ。

元業者営業です

>(1)そもそも、このような売却(貸与)方法は、可能でしょうか?

可能か不可能かの方法論なら「可能」です。
しかし、現実に「できるかどうか」と言われれば「殆ど可能性はゼロ」でしょう。

私達不動産業者にとって「契約」はそんなに難しい事ではありません。
契約は単なる「事務作業」ですからね。

一番大変なのは「契約してくれるお客様の探索」が一番大変なのです。
故に、どの業者も月に数十万~の広告費を使ってお客様の探索に労力を投入しています。
それでもなかなか契約には結びつきま...続きを読む

Q土地と建物をセットにした不動産売買契約を締結しました。同売買契約書には

土地と建物をセットにした不動産売買契約を締結しました。同売買契約書には、建物が老朽化し、かつ耐震性も低いことから、建物は契約後に買主が立て壊し、かつ滅失登記をすることにしました。従って当該土地建物のうち、建物は無価値として評価し,売却することになりました。

そこで質問です。同建物はこれまで約1地億相当の建設、設備費を投じたものですが、売買契約に建物が無価値として扱われているので、土地建物譲渡申告に際して、建物の建設費用の控除はできないと考えますが、どなたか正解を教えてください。

なお、土地に関しては取得原価がはっきりしているので、問題なく土地売買益から取得価格を控除できるときると思います。

Aベストアンサー

建物取得費は、建築費用、設備費用、リフォーム費用などから
それぞれの減価償却費を引いた残存価格の合計になります。

手許にある建物関係の領収書等を整理して税務署に相談するのが
確実で早いと思います。

Q不動産業者の見分け方-売却時

不動産業者の見分け方-売却時

戸建不動産を売却しようと思っています。
現在は住んでおらず、また古いので、解体後売却しようと思っています。

そこで不動産業者に頼むことになりますが、不動産業者の見分け方を教えていただきたいと思います。

例えば、大きい会社が良い、地元がよいなどなど。
見分けるために、どのようなポイントがあるか?

その他売却時の注意事項などありましたら、お願いします。

Aベストアンサー

大手に頼んだら安心という神話はすでに崩れていますね。

「うちで売れなければ地元の小さい業者では売れませんよ」
私も大手の営業を長年やってきましたのでよくわかります。
売主には殺し文句のようなものですね。これで委任を取るのです。

結果、信頼して委任しても、一生懸命売るための努力をすると
いうよりは、「値こなし」といって「うちみたいな大手が売りに
出しているのに売れないのは、価格が高い、物件に問題がある」
と手の平を返してくる。上司も、すぐに「この物件の売主は売る気が
ないのか?こんな程度でしか売れねぇぞ!ガツンと言って500万位
値下げして来い!」と年中営業の尻を叩く。挙句一般のお客様では
なく業者に安く買い取らせるというのが常道となっている。

レインズ(不動産流通機構)に掲載しておきながら、他の業者が
「この物件紹介してくれませんか?」と申し入れても全然紹介して
くれない。売主への報告は「レインズで他業者さんから問い合わせ
をいただいてますので、ご紹介しておきました」と嘘報告三昧。

これが実態です。質問者がこういう質問をしたくなる気持ち、よーく
分かります。

私なりの結論

◎大手は信頼すると買取業者に大切な我が家を安く売られる。
◎小さい業者の場合は売買取引に精通している業者を選ぶ。
◎業者の人柄で選ぶ。(良い業者さんというのは、お客さんの売却理由を
   自分のことのように聞いて、考えてくれます。)
◎会社の大小、新旧は関係なし。(地域にどれだけ精通しているかが重要、
   買主は以外と近いところにいるんです。)
◎自社サイトを充実させている業者を選ぶ。(コンテンツの内容で選ぶべき。
   会社の説明や、代表者の挨拶、不動産に関係ないブログを一生懸命書い
   ているような業者は外したほうが懸命、いかにも胡散臭い)
◎周りの取引事例を出したがる業者は一番要注意。(物件はひとつひとつの
   表情が違うということを理解しようとしないので、売主の話など聞く
   耳を持っていない。)
◎社歴が古いところも外す。(考え方が古いところが多い、昔ながらの営業
   スタイルが通用していない世の中であることを無視したがる)

大手に頼んだら安心という神話はすでに崩れていますね。

「うちで売れなければ地元の小さい業者では売れませんよ」
私も大手の営業を長年やってきましたのでよくわかります。
売主には殺し文句のようなものですね。これで委任を取るのです。

結果、信頼して委任しても、一生懸命売るための努力をすると
いうよりは、「値こなし」といって「うちみたいな大手が売りに
出しているのに売れないのは、価格が高い、物件に問題がある」
と手の平を返してくる。上司も、すぐに「この物件の売主は売る気が
ないのか?こ...続きを読む

Q不動産売買における媒介契約について

別荘を売却するために、A社と一般媒介契約を結びました。 A社は、宅地建物取引業者であり、
・別荘地の分譲
・中古別荘の媒介(宅地建物取引業者)
・別荘地の管理(道路の補修・ゴミ処理・除雪など)
・上下水道事業
などを事業としています。

A社は、毎年、別荘オーナーから、下記金員を受領しています。
・共益施設維持管理料 ¥61,740-
・上下水道使用料 ¥59,535-
・地代 ¥102,000-

媒介契約締結の9ヶ月後、買主が現れ、売却することができました。その際、価格交渉をされ、150万円値引きすることになってしまいました。
この売買に当り、A社は私には”無断”で買主から、共益施設維持管理一時金¥525,000-を受領しました。このことは、媒介契約書にはもちろんのこと、口頭での説明もありませんでした。この一時金の使用目的は、毎年受領している、上記毎年受領している共益施設維持管理料¥61,740-と同じです。
そして、この金員は、「どんな理由があろうとも一銭も返金されない」と言われました。例え、購入後1日で転売しても返金されず、新たな買主からさらに受領するとのことでした。

私は、自分の物件の売却広告を見て、この一時金は分かっていましたが、自分か購入する際に支払った分が、引き継がれ私が受領できるものと思っていましたが違いました。
このような一時金は、近隣の別荘地にはありません。”預かり金”のケースが多く、売却時には返金されます。
なお、A社は、媒介報酬を法律規定金額の上限まで受領しています。

媒介契約にない、この一時金について、売主にしてみると、買主が支払う総額がこの分多くなり、結果的に、値引きに影響したのでは無いかと思っています。売買価格が高くなり、売れにくくなることもあろうかと思います。

そこで質問なのですが、
Q1.売主が知らされていない金員を、売却依頼に乗じてA社が受け取ることは、おかしくないですか?取引の基本である「信義誠実」に反していると思うのですが、いかがですか?

Q2.独占禁止法で、「抱合せ販売」はできないことが規定されていますが、今回のケースは該当しますか?

Q3.「宅地建物取引業法の報酬」について、県庁、国土交通省に問い合わせしましたが、報酬には当らないとのことでした。私は、名目を変えて金員を受け取ることは、報酬と同じであり、宅地建物取引業法に違反していると思うのですが、いかがでしょうか?

Q4.他に今回のケースで参考になることがございましたら教えてください。

別荘を売却するために、A社と一般媒介契約を結びました。 A社は、宅地建物取引業者であり、
・別荘地の分譲
・中古別荘の媒介(宅地建物取引業者)
・別荘地の管理(道路の補修・ゴミ処理・除雪など)
・上下水道事業
などを事業としています。

A社は、毎年、別荘オーナーから、下記金員を受領しています。
・共益施設維持管理料 ¥61,740-
・上下水道使用料 ¥59,535-
・地代 ¥102,000-

媒介契約締結の9ヶ月後、買主が現れ、売却することができました。その際、価格交渉をされ、150万円値...続きを読む

Aベストアンサー

 不動産売買の実務についてはよく存じませんが,法律的に分かる範囲でお答えします。

Q1.売主が知らされていない金員を、売却依頼に乗じてA社が受け取ることは、おかしくないですか?取引の基本である「信義誠実」に反していると思うのですが、いかがですか?

答 本件金員は,質問者様の不動産の価値に基づくものではなく,A社が買主のために行う管理の費用という建前です。あくまで売買価格の一部ではありません。

 たしかに,管理費用であるにもかかわらず必要額を超える額を徴収することになるという取扱いは,A社と買主との間でその合理性が問われる可能性はあります。
 しかし,売主である質問者様に説明しなかったことが,道徳的にはともかく,法律的には,信義誠実の原則(民法1条2項)に反し違法であるとまではいえないのではないでしょうか。
 価格交渉においては売買価格への影響がなかったともいえませんが,質問者様がそのことを証明しなければならないことからも,本件主張は困難を伴うと考えます。


Q2.独占禁止法で、「抱合せ販売」はできないことが規定されていますが、今回のケースは該当しますか?

答 公正取引委員会は,平成4年2月28日付け審決(藤田屋事件)において,「一般指定第10項に規定する不当とは、公正な競争を阻害するおそれがあることを意味すると解されるが、右公正な競争を阻害するおそれとは、当該抱き合わせ販売がなされることにより、買手は被抱き合わせ商品の購入を強制され商品選択の自由が妨げられ、その結果、良質・廉価な商品を提供して顧客を獲得するという能率競争が侵害され、もって競争秩序に悪影響を及ぼすおそれのあることを指すものと解するのが相当である。」と述べており,自由競争秩序への影響を重視しております。
 本件管理費の徴収は,「相手方に対し、不当に、商品又は役務の供給に併せて他の商品又は役務を自己又は自己の指定する事業者から購入させ、その他自己又は自己の指定する事業者と取引するように強制すること」(一般指定10項)の文言に該当しない上,「商品選択の自由が妨げられ,その結果,良質・廉価な商品を提供して顧客を獲得するという能率競争が侵害され,もって競争秩序に悪影響を及ぼすおそれのある」ものとまではいえないのではないでしょうか。

※藤田屋事件↓
http://snk.jftc.go.jp/cgi-bin/showdoc.cgi?dockey=H040228H02J01000002_


Q3.「宅地建物取引業法の報酬」について、県庁、国土交通省に問い合わせしましたが、報酬には当らないとのことでした。私は、名目を変えて金員を受け取ることは、報酬と同じであり、宅地建物取引業法に違反していると思うのですが、いかがでしょうか?

 先述のとおり,本件金員は,質問者様の不動産の価値に基づくものではなく,A社が買主のために行う管理の費用であり,あくまで売買価格の一部ではないという建前です。
 県や国土交通省は,その建前から「報酬でない」と判断しているのでしょう。
 しかし,私は,この点は,請求先は売主とは異なるものの,実質上報酬にあたり,宅地建物取引法46条1項を潜脱している可能性があると思います。
 なぜなら,「「どんな理由があろうとも一銭も返金されない」と言われました。例え、購入後1日で転売しても返金されず、新たな買主からさらに受領する」ということであれば,明らかに管理費用の範囲を超えており,かつ,金額的にも廉価とはいえないからです。
 

 不動産売買の実務についてはよく存じませんが,法律的に分かる範囲でお答えします。

Q1.売主が知らされていない金員を、売却依頼に乗じてA社が受け取ることは、おかしくないですか?取引の基本である「信義誠実」に反していると思うのですが、いかがですか?

答 本件金員は,質問者様の不動産の価値に基づくものではなく,A社が買主のために行う管理の費用という建前です。あくまで売買価格の一部ではありません。

 たしかに,管理費用であるにもかかわらず必要額を超える額を徴収することになる...続きを読む

Q不動産を売却した場合に、その売却額に対する税金を教えて下さい。

 不動産会社に不動産の売却を相談しましたとろ、売却後に納税があるといわれました。
 約2000万円での売却の場合、その額に対してどれほどの税金を納めなければならないでしょうか?
 税率などなにか決まりがありますか?
 ぜひお教えください。

Aベストアンサー

不動産の売却をした場合は、次の計算式で計算した利益が譲渡所得となり、課税対象となります。

収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額=譲渡所得

なお、居住用の不動産を売却した場合は、一定の条件を満たすと特別控除額が3000万円ありますから、利益が3000万円以下であれば課税されません。

下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1440.htm

参考URL:http://www.ofuco-c.co.jp/uruzei.htm

Q反社会的勢力排除条例と不動産売買契約

反社会勢力排除条例と不動産売買契約について

不動産業に携わっております。
今、正に反社会勢力排除条例で特約を付ける事で売主・買主でもめています。
本特約で、万一違反した場合、買主は購入した不動産に違約金20%、制裁金80%、つまり代金は一切戻らず、売主は買い戻す特約を付けることになりました。(不動産協会の雛型)
買主は購入後、貸主として第三者と賃貸借契約を締結し、借主は反社会勢力ではないと表明し、貸主はできる範囲の確認をしたが、その後、借主が反社会勢力とみなされた場合でも、期限に関係なく、また免責などもなく、売買の契約解除になることを聞いた買主が、騙された上に支払った金額も戻らないのは納得いかないと言っています。
判例でもあればいいのですが、まだまだそのようなものもなく、困っています。
無過失でもやむを得ないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 買主は購入後、貸主として第三者と賃貸借契約を締結し、借主は反社会勢力ではないと表明し、貸主はできる範囲の確認をしたが、その後、借主が反社会勢力とみなされた場合でも、期限に関係なく、また免責などもなく、売買の契約解除になることを聞いた買主が、

1) 土地の売主Aと買主Bの契約
2) 買った土地の貸主Bと借主Cの契約

Cが反社会勢力だったとして、上の1)の契約はAとBの間の話で、2)やCとは関係ない話になるのでは。

上の2)に関しては、賃貸住宅契約のモデル条項では、「~何らの催告も要せずして、本契約を解除することができる。」とかってなってますから、土地の賃貸借に関してもそちらに順じとくのが妥当だと思いますし。
借り手のCがいる前提で、Bが土地を購入しちゃった後、借り手が無くなって土地をもて余すのならご愁傷様ですが、それで損失が発生するのなら、Cに損害賠償請求する余地はありますし。

--
建設産業・不動産業:不動産流通4団体による、不動産取引からの暴力団等反社会的勢力の排除に向けた取組について(暴力団等反社会的勢力の排除のためのモデル条項の導入) - 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/const/sosei_const_fr3_000013.html

| (反社会的勢力の排除)
| 第○条 売主及び買主は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約する。
| (1) 自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。


上記の1)の話だと、この条項で言う「自らが」は、AまたはBの事で、この契約条項にCが出てくる余地/Cが反社会的勢力かどうかが絡む余地は無いです。


BがCを反社会的勢力だと知った上で、最初から反社会的勢力に賃貸するつもりで売買契約を結んだとかなら、ちょっと話が変わるかも知れませんが。

> 買主は購入後、貸主として第三者と賃貸借契約を締結し、借主は反社会勢力ではないと表明し、貸主はできる範囲の確認をしたが、その後、借主が反社会勢力とみなされた場合でも、期限に関係なく、また免責などもなく、売買の契約解除になることを聞いた買主が、

1) 土地の売主Aと買主Bの契約
2) 買った土地の貸主Bと借主Cの契約

Cが反社会勢力だったとして、上の1)の契約はAとBの間の話で、2)やCとは関係ない話になるのでは。

上の2)に関しては、賃貸住宅契約のモデル条項では、「~何らの催告も要せず...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報