ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

間違って小梅を2kg買ってしまいました。
母が梅を漬けるので、大きなサイズのものを注文しているので、完全に余分です。
私のミスなので何とかしたいのですが・・・
正直、私は梅干余り好きじゃなくて、梅酒も以前に作ったものが未だたくさんあります。
梅シロップも有ったりと、思いつくものがもうありません。
早く使わないといけないのですが、梅干、梅酒、梅シロップ以外で、なるべく手間が掛からないものってありますか??
自業自得なのですが、予定外なので少しでも簡単なものがあれば助かります・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

・梅醤油:醤油1に青梅0.5~1を入れ漬け込む 


 (ポン酢醤油のようになる)
・梅味噌:梅と同量の砂糖・味噌を用意し、ビンに3段くらいに交互に入れて漬け込む。3ヶ月~くらいで食べ時
 (酢味噌のようになる)
・簡単梅ジュース:梅と、半量の砂糖(好みで8割位まで)を炊飯器にいれ、「保温」で半日以上おく
水や炭酸水で割って飲む
梅酢:梅1に、穀物酢0.6~0.7、砂糖適宜をいれ3ヶ月ほどねかす

あとは。煮梅にするとか
http://cookpad.com/recipe/811824
梅ジャムにするとか
http://allabout.co.jp/gourmet/homemade/closeup/C …

位ですかねぇ。
あんまりご自分で召し上がらないのでしたら、追加で必要な材料も少なくすぐできる梅ジュースにして、
炊飯器に残った梅の実をジャムにし、セットでご近所やお友達に配っちゃうのが一番かも?
これからの季節にぴったりなので、喜ばれますよ。
うちは梅ジュース好きで毎年つくるので、いただきたいくらいですw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々紹介してくださってありがとうございました。
私としては、梅醤油と梅味噌に惹かれたのですが、結局母がカリカリ梅を漬けると言い出したので今回は譲ります;;
2kgものカリカリ梅なんか誰が食べるんだと思って考えてもいなかったのですが意外でした・・・
色々アイディアをありがとうございます。
今度はちゃんと計画してやってみたいと思います。

お礼日時:2009/05/23 14:34

梅風呂にする。


>間違って小梅を2kg買ってしまいました。
お風呂1回で使い切っちゃいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

梅の香のお風呂かぁ・・・
凄く魅力的だけど、結構値段がしたのでかなりの勇気が要りますね・・・
頂いたりしたときはぜひ試してみたいものです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 14:38

生で使うということですか?


カリカリ梅干にしたものなら、種を抜いて細かく刻んでドレッシングに入れるとか、シソの葉と一緒に刻んでおにぎりに入れるとか、吸い物にするとか、色々使い道があると思いますが、生ですか~(~ヘ~;)ウーン 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局カリカリ梅を漬けることになりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 14:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホワイトリカーって焼酎のことですか?

アロエ酒を作りたくて、本にあった
「ホワイトリカー」を買いに行ったのですが
その名前ではありませんでした。
ホワイトリカーとは焼酎のことかなとも
思うのですが、そうでしょうか?

もしそうだとしたら、
焼酎と言ってもいろいろ種類があるようですが
一般にアロエ酒などに使うにはどんな種類の
焼酎がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ホワイトリカーは甲類の焼酎で、アルコール分は35%です。一般的には広口瓶入りの大容量で売られていますが、一升入り紙パックもあります。
ただ「ホワイトリカー」でなければいけないということはなく、甲類の焼酎で35%でしたらOKです。が、なるべくプレーンな(?)ものがいいでしょう。代表的な銘柄は「宝焼酎」で、昔ながらの丸底瓶の、あれです。「純」「トライアングル」などでもいいのですが、割高になりますし、風味が微妙に違います。

なお焼酎にはその甲類の他、乙類というのがありまして、「蕎麦焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などがそれです。銘柄名「いいちこ」「雲海」などなどたくさんありますが、この乙類はそれぞれ素材の味や香りがついてますので、果実酒にはまったく向きません。最近は乙類がブームで、コンビニやスーパーの類いのお店だと、棚に並んでいるのは乙類の方が多いと思います。ラベルに「甲類」「乙類」の別は必ず記載されていますので、お店で品物をとってみてください。

Q赤シソの料理の仕方が分からない

 今,しそのシーズンですよね。市場やスーパーで赤シソが束になって売られていますが、梅干用ぐらいしか使い方が思いつきません。
 前、しそジュースのレシピは見付けたんですが、料理に使えるレシピってありますか? 保存の効く調味料のような物がいいんですけど。出来れば保存期間も教えていただければ嬉しいです。できれば色が綺麗なもので(味が良ければ汚くてもOK)
 青シソでは醤油漬けやそのまま千切りで何にでもかけています。
でも、赤シソは今の季節しか出まわらないと聞いたので、何か試してみたいと思いまして。色も綺麗だし、栄養価もありそうな気がします。(あくまで推測!)

Aベストアンサー

>乾いてくるというのはラップしないでそのまま放置でいいんですかね。
はい。開放し乾燥させます。
塩が均一に混ざって、食塩濃度が15%程度以上の濃度になると、屋外放置でも腐ることはないのですが、ほこり(アスファイルト粉塵などの発ガンぶしつなど)が多いので冷蔵庫の中と答えました。

他の方の回答で「塩の結晶がある梅干」について答えている内容がありました。
誇りの問題さえなければ、こちらの方法(屋外放置乾燥)でも可能です。ただ、漬け汁が金属やコンクリートに付着すると、腐る(錆びる等劣化すること)事になります。
取り扱いは十分注意してください。

Q梅の実の有効活用方法について

 我家の庭のウメノキに梅の実がなり、ポツリポツリと梅の実が地面に落ちてきています。
 約2センチから3センチ程度の小さな実です。
 これで梅干を作ろうかと考えましたが、手間がかかるし、また、梅の実には若干の虫食いがあるので、これは止めようと思います。
 梅酒を作るという方法もあるようですが、これも上手にできる自信がありません。
 このままでは、例年通りアリなどの虫の餌になってしまいます。
 梅の実の有効活用方法があれば、教えてください。
 なお、我が家のウメノキは一本だけで、しかも、その実は小ぶりです。

Aベストアンサー

>>ポツリポツリと梅の実が地面に落ちてきています

今の時期に落ちた梅の実は未熟なものばかりなので食用には使わない方が良いです。多くの地域では梅の実が成熟するのは6月に入ってからなので、6月上旬くらいに収穫した物を使うと良いと思いますよ。

>>梅酒を作るという方法もあるようですが、これも上手にできる自信がありません

確かに梅干しは、下漬けしたりシソを揉んだり土用干しをしたりと手間が掛かるので、面倒で難しいと感じるのはわかりますが、梅酒は一番簡単な利用法だと思いますよ。

梅干しは熟し始めて少し色付いてきた梅の実を使いますが、梅酒は熟し始める直前の青梅を使います。半日水に漬けてアク抜きをした梅のヘタを取って、35°のホワイトリカーと氷砂糖に漬けこむだけです。標準の分量は、梅の実1kgに対して、ホワイトリカーを1.8L、氷砂糖(一部を蜂蜜にしてもおいしい)を好みで500g(すっきり)~1kg(かなり甘め)です。

漬けこんでしまえば、薄暗いところに置いておくだけで何もしなくても(本当は、漬けて1週間くらいの時に瓶を軽く揺すってやると良いです)3カ月後には軽めの梅酒が出来上がり、1年経てば濃厚梅酒が完成です。2年3年と時間を経れば更に味わい深い物になります。途中で瓶のふたを開けても問題ありませんので、3ヶ月、半年、1年と飲み比べてみると面白いです。

もし酒はいらないという場合は、梅サワーもおススメです。作り方は梅酒と同じでホワイトリカーの代わりに酢を使うだけですから簡単です。標準の分量は、梅の実1kgに対して、酢(米酢でもリンゴ酢でも黒酢でもお好きな物)を1L、氷砂糖(同上)を500g~800gくらいでしょうか。
1~2ヶ月もすれば梅風味たっぷりのサワードリンクの素が出来ます。夏の暑い時期に、冷たい水やカクテル用の炭酸水で5倍くらいに割って飲むと、気分もすっきり癒されますよ。

ちなみに、大き目の梅(南高や豊後、古城、鴬宿など)を使った方がエキスがたくさん出ますが、小梅でもちゃんと出来ます。可能なら梅を1割位多めに使うと良いと思います。

>>ポツリポツリと梅の実が地面に落ちてきています

今の時期に落ちた梅の実は未熟なものばかりなので食用には使わない方が良いです。多くの地域では梅の実が成熟するのは6月に入ってからなので、6月上旬くらいに収穫した物を使うと良いと思いますよ。

>>梅酒を作るという方法もあるようですが、これも上手にできる自信がありません

確かに梅干しは、下漬けしたりシソを揉んだり土用干しをしたりと手間が掛かるので、面倒で難しいと感じるのはわかりますが、梅酒は一番簡単な利用法だと思いますよ。

梅干しは熟...続きを読む

Q傷がある梅は、捨てるしかない??

 梅干作りの季節ですね。さて、よい梅干をつけるには、傷のないものを選びますが、漬けられなかった梅は、すてますか? 
 私は、以前ついもったいなく思い、梅ジュースを濁らせてしまったことがあります・・・
 2キロしか漬けないので、ちょっとでも減るのが惜しいし、何かよい使い方をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

梅干や梅酒にはやはりきれいなものがよいと思います。
でも捨てるのはもったいないので、私はジャムを作ります。
梅ジャムもホントはきれいな梅がよいのでしょうが、
そのあたりは目をつぶっています。

私が参考にしているHPがありますのでご紹介しますね。
※もちろん梅ジャムの作り方もありますよ。

参考URL:http://www2.sshin1.net/umeboshi/index.html

Q梅干しを漬けるに安心安全な容器を教えて

有害な物質がが溶け出さない安心、安全で美味しい梅干しを作りたいと思っています。
よく、レシピ本などではプラスチック容器は溶け出すので、陶磁器やガラス容器で漬けましょうと書いてあります。
ホーロー容器も薦めてありますので、寸胴型のホーロー容器を2年ほど使っていましたが、梅酢に浸かっている部分がざらざらとして表面の光沢も無くなっています。汚れかと思い、擦って磨いても綺麗にならないところを見ると表面が溶け出したと思えます。
また、容器に直接梅酢が接触しないよう、ポリエチレン等の袋を容器に入れて梅干しを漬けることが出来れば都合がいいのですが、梅干しを長時間保存しておいても安心安全な素材を教えてください。
ちなみにポリエチレンの漬物用袋などは梅酢で成分が溶け出すことはないのでしょうか?

Aベストアンサー

溶出を考えるならば、基本的にホーローも陶器も同じ物だと考えてください。
前者は金属に釉薬を塗って焼結したものであり、後者は素焼きに釉薬を塗って
焼結したものです。さらに、傷が付いたときに金属が溶出する可能性がある
ホーローは陶器よりも条件が悪く、お勧めではありません。

ガラスに含まれる鉛を心配しておられますが、容器として得られているガラス
にはその心配はありません。鉛を加えるのは屈折率を上げて輝きを増すためで、
光学レンズやカットグラスに使われています。数百円で売られているガラス容器
に使って採算がとれるものではありません。ただし、ガラス容器は光を通します
ので、光があたると内容物が劣化します。冷暗所に置く必要があります。

ポリエチレンやPETなどは基本的に安定なもので、梅酢で溶けることは
ありません。注意するべきは添加剤です。酸化防止や静電気防止のために、
幾つかの添加剤が使われることがあり、一部は環境ホルモンになることが
明らかになっています。

陶器の釉薬には有害な成分を含む物があります。ときに、色の付いている
ゆうやくは無害なもので酸化鉄や酸化マグネシウムがありますが、マンガンや
コバルト、クロムなどのように有害なものの方が多いです。
また、鉛はかつて釉薬の焼結温度を下げる目的で多用されていたようですが、
釜の温度が上がった現在ではあまり使われなくなっています。
無色の釉薬ならばたいていは無害ではないでしょうか。陶器に触れない
ようにポリエチレンの袋を使うのはあまりお勧めではありません。
陶器の表面の凹凸によって、微妙な反応がおきて梅酢がまろやかになる
効果もあるのです。

幾つか、容器について書きましたが、常温で陶器やガラスから溶出する鉛は
ごく僅かな物です。研究によっては、鉛は人間の必須ミネラルという説も
あります。
鉛だけを注意するのではなく、梅がなっているときの農薬量や、紫蘇の葉の
農薬量なども全体的に考えて美味しい梅干しを作ってください。

溶出を考えるならば、基本的にホーローも陶器も同じ物だと考えてください。
前者は金属に釉薬を塗って焼結したものであり、後者は素焼きに釉薬を塗って
焼結したものです。さらに、傷が付いたときに金属が溶出する可能性がある
ホーローは陶器よりも条件が悪く、お勧めではありません。

ガラスに含まれる鉛を心配しておられますが、容器として得られているガラス
にはその心配はありません。鉛を加えるのは屈折率を上げて輝きを増すためで、
光学レンズやカットグラスに使われています。数百円で売られているガラ...続きを読む

Q青梅の保存方法

青梅を袋いっぱいもらってしまいました。
せっかくなので梅干でも作ろうと思うのですが
すぐにはできないのでとりあえず保存しておきたいのですが、
どのように保存すればいいのでしょうか?
青梅というのかわかりませんが、
おそらく木からもいだばかりの黄緑の実です。

Aベストアンサー

梅干しにする場合は、もいだばかりの青く硬い梅は適していません。
そのまま常温で保存しておけば、少し黄色みが出て柔らかくなります。
その後1~2時間水にさらしてアクを取ってから塩漬けにすると、梅酢が上がりやすく柔らかな梅干しになります。
すでに黄色く柔らかで有れば今が漬け頃であり、それ以上の長期保存は梅干しを作る時期を外してしまいますのでお勧めできません。
柔らかくなっても多少余裕がありますが、出来れば数日中につけ込まれた方が良いですよ。

Q甘いかりかり梅を作りましたが苦い仕上がりに

甘いかりかり梅を作りました。
作り方を簡単に書くと
水に4時間漬けた青梅を割り、種を出し、塩をまぶしておく。
赤シソに塩をまぶし、揉みだし、泡だってきたら絞っておく(あく抜き)
青梅を摩り下ろし、絞った赤シソにまぶし、青梅・赤シソの順で漬けこみ
最後に砂糖を振りかける。
レシピによると、1週間くらいから食べ頃とのこと。

しかし・・・我が家で作ったものは、かりかり具合、赤みと最高においしそうに出来上がりましたが
食べると苦いのです。
漬けこみ時間が少ないのかと、更に一か月ほど置きましたが苦いままです。
一緒に漬けこんだ赤シソがすっごく苦いので、赤シソのあく抜きが少なかったのかな??
と思いますがこのまま置いておいても苦いままでしょうか?
他に原因がありますでしょうか?
また勿体ないので、なんとか活用したいのですが、何かに生かせないでしょうか?

Aベストアンサー

甘いかりかり梅は、私も毎年漬けております。
梅農家より、最高品を20kgほど仕入れて、普通のかりかり梅、甘いかりかり梅、梅酒、をつくります。

ご質問の件ですが、今までの経験上(約30年間)赤紫蘇が苦いと言うことは一度もありません。
梅をスーパーで買っていた頃は、苦い梅がありました。
どうやっても苦味は消えませんでした。
梅の種類である事に気づいて、今では、直接梅農家から仕入れております。

それから、私は、作り方がご質問者様とは、まったく違いますので、なんとも言えませんが、梅を替えてからは、一度も苦い事はありません。
種も取らずに、丸のまま漬けております。
毎年沢山漬けておりますが、子供や孫にみんな持って行かれて、すぐに無くなります。

余計なお世話かも知れませんが???
私の、自己流作の甘いかりかり梅の作り方を添付しますので、宜しかったら来年試して見てください。

◆【gonba流】 (大粒の甘いカリカリ梅)の作り方。
<材 料> (6月10~15日頃の収穫の梅が良い)、
白加賀梅(青くて硬い物)/2kg、 砂糖/1.2kg、 赤紫蘇/葉だけ300g、
天然にがり・ホワイトリカー・純米本みりん/各100mL、 塩/20g(揉み紫蘇用)
<作り方> 
1)赤紫蘇は、洗って20gの塩で揉んで、灰汁抜きをして、しぼって水気を切っておく。
2)梅は、水で良く洗い、へたを取り除き、水分を拭き取るか、表面を乾燥させる。
3)包丁で十字に切れ目を入れる。
4)容器に、梅、にがり、リカー、を入れ、蓋をして混ぜ、更に2~3回混ぜて馴染ませる。
赤紫蘇を入れ、300gの砂糖と純米本みりん、を加え、蓋をして良く振って混ぜ、
【涼しい所】で保存する。(冷蔵庫で保存出来れば、尚良い)
5)残りの砂糖は、翌日と翌々日の2回に分けて加え、【涼しい所又は冷蔵庫】で保存。
6)その後も1日1回くらい、瓶を振って混ぜ、2週間~1ヶ月で出来上がり。

追記、一度苦くなったものは、直しようがありません。
味噌で煮込んで、梅味噌にすれば、かなり苦味は取れると思いますが、やった事がありませんので、私の料理人としての感です。

甘いかりかり梅は、私も毎年漬けております。
梅農家より、最高品を20kgほど仕入れて、普通のかりかり梅、甘いかりかり梅、梅酒、をつくります。

ご質問の件ですが、今までの経験上(約30年間)赤紫蘇が苦いと言うことは一度もありません。
梅をスーパーで買っていた頃は、苦い梅がありました。
どうやっても苦味は消えませんでした。
梅の種類である事に気づいて、今では、直接梅農家から仕入れております。

それから、私は、作り方がご質問者様とは、まったく違いますので、なんとも言えませんが、梅を...続きを読む

Q梅を土用干ししたあと、どうすばいいのでしょうか?

今年初めて梅干しを漬けました。まだ先の事なんですが、土用干しをしたあとの梅はまた梅酢に漬けて保管するのでしょうか?それとも、別の容器に入れて保管するのでしょうか?教えて下さい。
あと他に気おつけなければいけない事がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

2種類の方法があります。

その1 土用干し後の梅だけを保存容器に移す。
その2 土用干し後の梅を梅酢の中で手泳がせ、それを直ちに引き上げ、保存容器に移す。

その1の作り方では、カラカラとしたものに仕上がり、その2の作り方では、しんなりとしたものとなります。硬いか柔らかいか、というか、水分を感じないか・感じるかというどちらかのものとなります。よりお好みのものに近い保管法を選択なさるとよいかと思います。半分づつ、2種類ともお試しになさるのも、後々、役に立つかもしれません。どちらにしても、保存容器は消毒(煮沸又は熱湯)なさると安心できます。容器としてはホーローかガラス製が望ましいです、酸に強いので。梅が入る大きさがあるなら、わざわざそのために購入なさらずとも、お手持ちの空き瓶でも大丈夫ですよ。
土用干しをするときははお天気具合が気にかかりますね。たいへんですが、できれば、晴天の続く数日間を費やして、1度くらいは裏表を返しながらすれば、よくよく干しあがります。
また、梅酢も捨てずに別の瓶かペットボトルなどに保存しましょう。殺菌力が強いので何かと生活に使えますし、料理の際にも活用できます。ただ、白梅酢より赤梅酢は強烈なので、ご使用に際しては、後一考なされるとよいと思います。

2種類の方法があります。

その1 土用干し後の梅だけを保存容器に移す。
その2 土用干し後の梅を梅酢の中で手泳がせ、それを直ちに引き上げ、保存容器に移す。

その1の作り方では、カラカラとしたものに仕上がり、その2の作り方では、しんなりとしたものとなります。硬いか柔らかいか、というか、水分を感じないか・感じるかというどちらかのものとなります。よりお好みのものに近い保管法を選択なさるとよいかと思います。半分づつ、2種類ともお試しになさるのも、後々、役に立つかもしれません。...続きを読む

Qホワイトリカー以外で梅酒

毎年ホワイトリカーで梅酒を作っていましたが
お酒屋さんの折込広告に
「梅酒作りに!」と日本酒・泡盛がありました。
サイトで調べてみると、
他にもブランデーやリキュールというのが出てきましたが
ホワイトリカー以外で梅酒を作ったことがある方~
感想を教えて下さい♪

Aベストアンサー

こんにちは
梅酒の季節になってきましたね~。
私は毎年「ウオッカ」「ジン」「ホワイトラム」
といったスピリッツで三種類の梅酒を作っています。
氷砂糖はホワイトリカーと同様に入れます。
(私は甘いもの苦手なので、少な目ですが)
ジンはさわやかな苦みが、甘みをおさえてくれておいしいです。
ウオッカは、あまりホワイトリカーと味は変わりません。
ホワイトラムは独特の甘さが増して、また違ったおいしさです。
一番のオススメはジンかな。
ブランデーはちょっとお高めなので、まだチャレンジしてません。

Q完熟の梅の熟れぐあいがわかりません

初めて梅干作りに挑戦しようとおもっています
どの本やインターネットで調べても、梅干を漬けるための梅は
《完熟》《黄熟》を使用と書いてあります
その梅の熟れ具合ってどの程度ですか?
黄色から一部赤くなっていい香りがして…
そこまではわかったのですが、触ったときどの程度の柔らかさになれば漬けるのに適切なのでしょうか?
さわってもしっかりしている時、さわって少し柔らかいくらい、
さわるとムニュっと柔らかい、さわると皮がやぶれそうなくらい???
教えてください

Aベストアンサー

 梅干しに最適な梅は木から落ちたものです。残念ながらそのような梅は産地でその日のうちに梅干し用として漬けられますので出回りません。出荷しても市場に出回る頃には腐っているので。
 次に適したのが木熟です。市場に出回っても腐らない限度ぎりぎりまで木で熟させます。だから木熟(きじゅく)。これは予約しないと入手は困難なようです。
 黄熟は黄色く熟す意で、追熟しても黄色くなります。
 追熟とは梅を新聞紙にくるんで熟させることです。実験しましたが、全く青い梅はしわしわになるだけで熟しません。追熟が有効なのは少々黄色くなりかけで、丸く(円に近い)太っている梅です。細長い梅ではダメでした。

>黄色から一部赤くなっていい香りがして…
南高梅でしょうか?梅干しに最適の品種である南高は陽光面が赤くなるので摘んでから赤くなることはないと思いますが...
 南高梅の熟度は下記URLを参照してください。

 やわらかさについては、私もNo.1さんと同様「さわって少し柔らかいくらい」が丁度良いと思います。
 熟した梅で梅干しをつくることのメリットは、皮が柔らかくしあがることと、梅酢のあがりが早いことです。

参考URL:http://www.ja-kinan.or.jp/xoops/modules/tinyd6/index.php?id=81/

 梅干しに最適な梅は木から落ちたものです。残念ながらそのような梅は産地でその日のうちに梅干し用として漬けられますので出回りません。出荷しても市場に出回る頃には腐っているので。
 次に適したのが木熟です。市場に出回っても腐らない限度ぎりぎりまで木で熟させます。だから木熟(きじゅく)。これは予約しないと入手は困難なようです。
 黄熟は黄色く熟す意で、追熟しても黄色くなります。
 追熟とは梅を新聞紙にくるんで熟させることです。実験しましたが、全く青い梅はしわしわになるだけで熟し...続きを読む


人気Q&Aランキング