社会福祉法人で経理をしています。建設仮勘定を固定資産(建物)に振り返る時に、資金収支計算書(貸方)に、建設仮勘定取得支出の計上をするのですか?(建物取得支出と二重計上になるので、建設仮勘定取得支出を減少させたほうがよいのでは)教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

建設中の建物が完成しました。

この場合の仕訳。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定

建物建設を依頼し,契約金として一部を小切手で払った。
(借方)建設仮勘定  / (貸方)当座預金

建設中の建物が完成して,残りを小切手で支払いをした。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定
                  当座預金

建設中の建物が完成したが,残り残額支払いを後日払いとした。
(借方)建物  /  (貸方)建設仮勘定
                   未払金

建設仮勘定取得と言う言葉は?。建設仮勘定は振替では?。後は建設仮勘定増加・建設仮勘定減少と言う考え方になるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設仮勘定と仮払消費税について

初めて質問させていただきます。

現在建設仮勘定の仮払消費税の仕訳について調べているのですが、
はっきりとわかりません。

(1)建設仮勘定を計上の際、仮払消費税はたたず内税扱いとなりますか?
 建設仮勘定 10500(税込) / 前払金 10500(税込)
 もしくは
 建設仮勘定 10000     / 前払金 10500
 仮払消費税 500      
 上記(2)パターンの仕訳だとどちらが正しいのでしょうか。

(2)建設仮勘定の相手勘定を前払金ではなく、仕入先未払金として計上できますか?

Aベストアンサー

下の方の引用しているタックスアンサーについてやや説明不足なように思いますので、追加説明させてください。
仕入れにかかる消費税を認識するのは「資産の譲受けや借受けをした日又は役務の提供を受けた日」です。
したがって建設仮勘定に計上した支払い対象が、一契約によって完成したものに対して支払われるか、部分完成基準で引き渡しを受けたものに対して支払われるのであれば仮払消費税を認識します。これにたいしその支払いが着手金であればサービスの提供をまだ受けていませんから仮払消費税を認識することは誤りです。
具体例で説明します。
簡単な建物を建設するとします。
・建築材料315万円(税込)は自社手配し、工事着工前にすべて入手しました。
 建設仮  300 / 設備未払金 315
 仮払消費税 15
・工務店に建築を315万円で依頼し、工事前に着手金105万円を支払った。
 建設仮  105 / 預金  105
ここではまだサービスの提供を受けていないので消費税を認識できません。
・工事が完成し建物の引き渡しを受け、残金を支払った。
 建物   600 / 預金  210
 仮払消費税 15 / 建設仮 405
このように原則通りで処理すると、建設仮勘定のなかにすでに消費税を認識済みのものと、まだ認識できないものとが混在していて処理が混乱するので、完成後に一括して認識するという方法が普通に行われており、税務もこれを追認しているのが引用されているタックスアンサーの答えです。

※支払い時に直に建設仮勘定に記入すると、上記のように消費税抜きのものと消費税込みのものが混在して、完成時の振替仕訳が面倒になってしまいます。どうも質問者さんの会社ではこれを避けるため、着手金の段階では会計的には間違いであることを承知の上で前払金として処理しているように思われます。そうすると建設仮に集計されているのは税抜き金額だけですから、完成振替仕訳が簡単です。

(2)に対する答えは、契約完成時(部分完成含む)の支払いについては未払い金として計上すべきです。

下の方の引用しているタックスアンサーについてやや説明不足なように思いますので、追加説明させてください。
仕入れにかかる消費税を認識するのは「資産の譲受けや借受けをした日又は役務の提供を受けた日」です。
したがって建設仮勘定に計上した支払い対象が、一契約によって完成したものに対して支払われるか、部分完成基準で引き渡しを受けたものに対して支払われるのであれば仮払消費税を認識します。これにたいしその支払いが着手金であればサービスの提供をまだ受けていませんから仮払消費税を認識する...続きを読む

Q「仮勘定」と仮勘定帳て何ですか?

「仮勘定」て何ですか?

仮勘定帳というのがあるみたいですけど、どんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

その名の通り、仮の勘定です。
現金過不足などは代表ですね。
その時はどこの勘定科目にするかわからない場合に、とりあえず使います。
もちろん、決算時までには勘定を決めなくては(振替え)なりません。

Q建設仮勘定振分

社会福祉法人で経理をしています。建設仮勘定を固定資産(建物)に振り返る時に、資金収支計算書(貸方)に、建設仮勘定取得支出の計上をするのですか?(建物取得支出と二重計上になるので、建設仮勘定取得支出を減少させたほうがよいのでは)教えて下さい。

Aベストアンサー

建設中の建物が完成しました。この場合の仕訳。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定

建物建設を依頼し,契約金として一部を小切手で払った。
(借方)建設仮勘定  / (貸方)当座預金

建設中の建物が完成して,残りを小切手で支払いをした。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定
                  当座預金

建設中の建物が完成したが,残り残額支払いを後日払いとした。
(借方)建物  /  (貸方)建設仮勘定
                   未払金

建設仮勘定取得と言う言葉は?。建設仮勘定は振替では?。後は建設仮勘定増加・建設仮勘定減少と言う考え方になるでしょう。

Q資本的支出か修繕費か(建物付属設備・勘定科目)

おせわになっております。
基本的に20万円以下でも、建物付属設備に計上する事があるのかどうかを
お教えいただきたく。

ショールーム1階

壁下地組
壁ボード貼り
壁塗装

の合計が16万円⇒建物付属設備Or修繕費Or一括償却資産?

ショールーム2階

壁下地組
壁ボード貼り
壁塗装

の合計が8万円⇒建物付属設備Or修繕費Or一括償却資産?

1階と2階は別々に考えるべきだと考えておりますが、そちらは問題ないでしょうか?
また、各々の勘定科目はどのようになりますでしょうか?
ご指導の程、よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

法人ですね。

1.その工事が既存部分の修繕として行われたものである場合
問題なく修繕費になります。

2.その工事が既存建物に対して追加的なものである場合
おそらく建物の価値を増すことになるので、資本的支出になりそうです。

この場合、10万円未満なら無条件に費用処理できるので、2階部分は費用処理できます。
1階部分は10万円以上ですから原則として資産計上しなければなりません。

ただし、20万円未満ですから一括償却資産とする方法、さらに30万円未満ですから少額減価償却資産として1度に損金とする方法があります。


結論としては、すべて当期の費用として処理できます。

Q公益法人の建設仮勘定を使った会計処理について

公益法人の建設仮勘定を使った「収支計算書」の会計処理について質問です。
-前提-
建物の改装費用300の内、前期の契約時に100を支払い、建設仮勘定で処理して当期に繰り越ししています。
当期に残金の200を支払い、同様に建設仮勘定で処理し、合計300を建物150、付属設備100、修繕費50を建設仮勘定から振り替えようと思います。
前期に支払った100は、前期の収支計算書上、投資活動支出の「勘定支出」として処理しています。

質問1.当期に支払った残金の200は収支計算書上どの様に処理すればよいのでしょうか?(建設仮勘定支出?それとも他の科目?)
質問2.前期に支払った100の建設仮勘定は当期に支払った200と合わせて、上記のように振り替えますが、この場合、前期に支払った100分の建設仮勘定減少部分については、当期の収支計算書には考慮しなくても良いのでしょうか?

ちょっと、頭の中がこんがらがっています。
良いアドバイスをお待ちしています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ここにyo-hanchanさんの処理と同じ場合の仕訳例がありました。
こちらの事業年度をまたぐ場合が参考になると思います。
http://www.tabisland.ne.jp/qa/QAai.NSF/d5b6dc37a0825f45492564a0001a01fc/63ee1ed29f0d0e0d492572220018e86e?OpenDocument

Q建設仮勘定の処理について

 前担当者の代に、ある工事を行うために測量設計委託を行いました。工事は行われなかったので建設仮勘定(固定資産)に入れておきました。その後本工事は不実行が確実となりましたが、建設仮勘定より落とすと赤字になるおそれがあったので残しておいたそうです。今年度それを落としても赤字にはならなさそうなので、いつまでもとっておいてもしょうがないので特別損失として落とそうと考えているのですが、費目についてピンポイントで触れているサイトが見つかりませんのでここで質問させていただきました。
 「建設仮勘定修正損」なんてどうなんでしょう、というか存在するのでしょうか。適切な名称を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「固定資産除却損」が最適です。

Q建設仮勘定と前払金


A店はB店に建物の建設を依頼し、
工事を開始するにあたって代金の一部¥100,000を小切手を
振出して支払った。

答 建設仮勘定 100,000/当座預金 100,000

間違えて
前払金 100,000/当座預金 100,000
にしてしまったのですが

前払金 100,000/当座預金 100,000 では不正解でしょうか?
建設仮勘定 100,000/当座預金 100,000 じゃないと駄目なのでしょうか?

また建設仮勘定は中間勘定?資産?のどちらでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

回答番号:No.1の者です。
直接の回答の仕方がわからないので、再び新たに返信させていただきます。

前払金と前渡金は同じものです。
財務諸表では、前渡金と使われることが圧倒的に多いです。
なお、前渡金は「まえわたしきん」と「ぜんときん」の2つの読み方があります。

手付金が後々にどうなるかを、単純に区別しているだけではないです。
あくまで、当期の大きな支出が
「何のために使われたのかを、事前に知らせるため」や
「翌期に大きな有形固定資産を取得しますという予測可能性の見地」でもあります。

Q建設仮勘定

事務所 改造等に使用した材料等の処理は、金額が少なければ

建設仮勘定より雑費にあてたほうがいいですか?

Aベストアンサー

建設仮勘定に計上する時は一般的に新築の時に用います。業者の支度金のような形で建物2000万円のうち200万円を渡す場合です。

既存の事務所を改造した場合は修繕費で処理します。この場合改良のために支出したので資本的支出になります。よって既存の事務所(固定資産に)の取得価格に加算します。

Q建物の建設仮勘定について教えてください。

当社は、これから自社建設で新しい建物を取得しようと動いています。そのためこれから支出する費用を建設仮勘定に計上し、完成→引き渡し時に建物または構築物に振替しようと考えています。そこで、質問なのですが・・・
建設仮勘定からの振替ですと、
(借方)建物・構築物(貸方)建設仮勘定
(借方)雑費・修繕費
の仕訳が考えられると思いますが、
建設仮勘定からの振替時に雑費や修繕費とは具体的に
どのような物があるのでしょうか??
またその時に気をつけなければいけないことは、
あるのでしょうか??
教えていただきたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
 ご質問の件ですが、できなくは無いですがやめたほうがいいでしょう。
 というのは、皆様の話のように建仮は資産(建物等)に振るのが前提の科目です。ここでその一部を修繕費に振り返れば、何の目的で振り替えたのか説明が必要になります(たとえば新築の電球は一体で発注している限り建仮です)。
 税務署は費用の過重計上を否認して、税金を取るのが仕事です。一体発注でも内訳書を分けるぐらいの気持ちが必要です。わざわざネタを作ることはないのでは、と思います。

Q建設仮勘定

建設仮勘定
(1)この目的は何でしょうか?
(2)複数の期間で費用可でしょうか?
 識者様教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

(1)この目的は何でしょうか?
固定資産が期末までに完成しなかった場合には、本勘定(建物、機械装置など)に計上せず、まだ未完成部分の固定資産であるという意味でこの科目に計上します。
期末までに完了しないということですから当然2期間以上にまたがります。
工事が完成し事業の用に供した時に、本勘定に振り替えて減価償却を開始します。
それまでは資産勘定の有形固定資産に表示しますが、まだ費用にはなりません。

但し建設仮勘定に計上したものであっても、本勘定振り替え時に内容を調べて場合によっては修繕費や試験研究費などに振替えることもあります。
仮勘定というのはそのような最終判断がまだできない状態という意味でもあります。


(2)複数の期間で費用可でしょうか?
上記のように期末にまだ最終的な処理ができない状態ですから、この勘定は当然2期以上にまたがります。
費用可という点ではその資産の性格で減価償却資産にするか,期間費用にするかが決まります。
従って複数の期間で費用となる場合もあれば、一期で費用化される場合もあるということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング