最近、筋肉量を増やそうとトレーニングを始めたものです。
ダイエット方法で筋肉を鍛えることで代謝を上げつつ痩せようと言われるものがあって、結構人気があるようです。しかし、アンダーカロリーでは筋肉はつかないとも言われているようですし、そもそも体重が減れば基礎代謝が減るはずで「代謝を上げつつダイエット」は私には意味がわかりません。
上げようとしている代謝とは安静時代謝のことだと思うのですが、(例えば増量期であったとしても、)安静時代謝と筋肉量は関係があるのでしょうか?
(多少はあると想像するのですが、実際に体感できるほどのもの、つまりダイエットで効果が期待できるほどのものなのでしょうか?)

個人差があるので鍛え方で上げることが可能という仮説が蔓延しただけと邪推してしまっている現状です。
できれば学術的な根拠がほしいです。知識のある方々、宜しくお願いします。

ダイエット時の筋トレに影響を受けるのは○○代謝です、という回答でもいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

たいへん良い質問だと思います。

私も筋トレを始めたとき、
いろいろな本を読んでいくうちに同じ疑問に行き当たりました。

さて、問題に入る前に少し言葉の整理をしておきたいと思います。
基礎代謝とは、食事や運動の影響を受けないように、
食後14時間を経過し、摂氏20度の室内で仰臥姿勢で測定したときの
消費カロリーをいいます。

トレーニングジムなどで測定してくれる安静時消費カロリーは、
基礎代謝の1.2倍の関係があります。
ですから、1500Kalの基礎代謝の人なら、安静時消費カロリーは1800Kcal程度になります。

基礎代謝についての研究はよく進んでいます。
国立栄養研究所では毎年参加者を募集して、一般人の基礎代謝を
測定しています。
http://www.nih.go.jp/eiken/chosa/juuten_energy.h …
ここの研究で、基礎代謝の推定値と実測値がよく一致することが
わかっています。

基礎代謝の推定式をここで紹介することはできませんが、
一般のウェブサイトで、次の簡略式がよく使われています。

男性の基礎代謝 = 66.5 + 体重 * 13.8 + 身長 * 5.0 - 年齢 * 6.8
女性の基礎代謝 = 655 + 体重 * 9.6 + 身長 * 1.8 - 年齢 * 4.7

この計算式はハリスベネディクト式と呼ばれるものですが、
よく見ると、この式には筋肉量の項目が含まれていません。
また、わが国の正式の推定式にも筋肉量の項目が含まれていません。
それは、筋肉が増加しても、体脂肪が増加しても、基礎代謝が
同じように上昇するからです。

実は、体脂肪というのは、貯蔵エネルギーとして固定されたものではなく、
必要なときにいつでも取り出せるように常にメンテナンスされています。
そのために、体脂肪も、筋肉と同じようにメンテナンスのための
エネルギーが使われているからです。

ただし、筋肉のメンテナンスは脂肪のメンテナスよりもやや多くの
エネルギーが必要です。ですから、脂肪を増やすよりは、
筋肉を増やす方が代謝が少し大きくなるのですが、
それが、どの位の差になるのか計算してみましょう。

先のハリスベネディクト方程式で、筋肉が1Kg肥大した場合の
効果を計算してみます。

身長170cm、年齢30歳、体重60Kgの男性が、
筋肉を1Kg肥大させ体重が61Kgになった時の基礎代謝は、
次の式のようになります。

基礎代謝60 = 66.5 + 60 * 13.8 + 170 * 5 - 30 * 6.8 = 1564 Kcal
基礎代謝61 = 66.5 + 61 * 13.8 + 170 * 5 - 30 * 6.8 = 1578.3 Kcal

この計算で、筋肉が1Kg肥大すると、基礎代謝が14.3Kcal増加する
ことがわかります。
14.3Kcalとは、基礎代謝の0.9%にしかすぎません。
体脂肪のメンテナンスに要するエネルギーは、筋肉の半分位ですむのですが、
いずれにしてもその差はごく僅かでしかありません。
このようなわけで、筋肉と体脂肪は基礎代謝の式で同じに扱われているのです。

注:脂肪組織1kgあたり6kcal/日、筋組織1Kgあたり12~15kcal/日。

この筋肉と脂肪の関係を突き詰めていくと、筋肉を増強しさえすれば
睡眠中にもエネルギーを消費する体質になるという考え方の矛盾に
突き当たります。

もしも、運動で痩せたいのであれば、筋肥大によるカロリー増に
期待するよりも、
運動によって、いかに脂肪の多く燃焼させるか、そのテクニックに目を
向けるべきではなかろうかという気がします。

> そもそも体重が減れば基礎代謝が減るはずで「代謝を上げつつダイエット」は私には意味がわかりません。

そうですね。体重を減らしたければ、体重を増やせばよいということでしょうか?

> 安静時代謝と筋肉量は関係があるのでしょうか?
> つまりダイエットで効果が期待できるほどのものなのでしょうか?

1Kgの筋肥大による基礎代謝のアップは14.3Kcal/日です。
これはチョコレート半個にもならないカロリーですから、期待できるほどの効果があるとはいえないと思います。

添付のグラフはハリスベネディクトと日本式の基礎代謝を比較したものです。
日本のサイトで、このハリスベネディクトによる基礎代謝が出回っていますが、
ハリスベネディクトは欧米人用なので、図のように日本のものよりも
5~10%ほど高く出ます。
特に、女性で背が低い人の場合は、20%ほども高く出過ぎますから、
その数字を信用すると食べ過ぎになるので、そこらへんに注意が必要だろうと思います。
「安静時代謝と筋肉量は関係がある? ない?」の回答画像2

この回答への補足

いまさらですが
計算間違ってました^^;

体脂肪率19くらいですね。
筋肉のみで1kgですから除脂肪は49kg……
バカがばれた。(汗)
機会がありましたら
これからもご教授のほど宜しくお願い致します。

補足日時:2009/05/30 18:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
具体的な内容で大変理解しやすかったです。自分で調べていく中で似たような質問があり、同じような回答をされていたのを見つけました。お手数おかけして申し訳ありません。恥ずかしい限りです。

>筋肉が1Kg肥大すると、基礎代謝が14.3Kcal増加する
>体重を減らしたければ、体重を増やせばよいということ
>チョコレート半個にもならないカロリー

まさに私の疑問を解消してくださる御回答でした。このような有用な知識こそウェブ上で広がらなければならないと思うのですが、商業的?に利用しにくいから変な理屈が大手を振っている現状には悲しさすら感じます。

ウェブでこんなのを見つけまして(正しいさの裏づけはとってないのですが……たぶん間違ってないかなと思う)
簡易筋肉量計算式

体重kg × 体脂肪率% ÷ 100 = 体脂肪量kg
体重kg - 体脂肪量kg = 除脂肪体重(骨・筋肉、内蔵などの重さ)kg
除脂肪体重kg ÷ 2 = 筋肉量kg
筋肉量kg ÷ 体重kg × 100 = 筋肉率%

例で出していただいた身長170cm、年齢30歳、体重60Kg、の男性が体脂肪率20%の場合で計算すると
体脂肪量12kg、除脂肪体重48kg、筋肉量24kg、筋肉率40%。
筋肉1kg増、体重は60kgのダイエット?に成功となると
体脂肪量10kg、除脂肪体重50kg、筋肉量25kg、筋肉率41.66……、体脂肪率16.66……%。
体脂肪率20%から16.66%って!?。
ダイエットサイトが筋肉を増やそうと言うわけですね。体脂肪率は影響力ありますから。計算してみて代謝の問題でないことに気づきました。でも、まあ、計算上ですし、そもそも簡易式ですけど。体型の変化を希望する女性には魅力的な計算結果ではありますね。実現するには努力が要りそうですが……

筋肉量の増大が代謝の明確な増大にはつながらないが、筋肉量が増大し体重が変化しないか減少すれば大幅な体脂肪率減につながる。こんな結論になりました。(正しいのだろうか?……)

有用なご回答、改めてありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 17:18

どうも、一部訂正させていただきますが、



>普通やせながら代謝を上げることはまあ不可能と
>思った方がいいです。

#6さんが文献を示されましたが、やせながらの代謝アップは可能なようです。

ただしやはり上がった代謝は筋肉量とは関係ないようですが。
    • good
    • 0

脂肪を落とすのに筋トレをするメリットは



・適切に行えば効率的に脂肪を落とせる、減量がやりやすい。
・減量中に筋肉を維持できる、痩せた時に貧相になってしまうのを防げる。

だと私は思っています。代謝がどうしたといったことは個人的にはそれほど重要なことだとは思いません。ともかく筋トレが適切にできる人にとって、ダイエットって難しいことではありません。

少々極端な例ですが、参考例として、肥満の人(女性17人+男性3人)に対して、有酸素グループと筋トレグループに分けて800kcalのダイエットを12週間行わせた実験をリンクします。

Bryner RW, et al. Effects of Resistance vs. Aerobic Training Combined With an 800 Calorie Liquid Diet on Lean Body Mass and Resting Metabolic Rate. J Am Coll Nutr. 1999 Apr;18(2):115-21
http://www.jacn.org/cgi/content/full/18/2/115

結果は有酸素グループでは筋肉が落ち安静時代謝も低下しましたが、筋トレグループでは筋肉と安静時代謝は維持されました。脂肪の減少量も筋トレグループの方が少し多いです。

有酸素グループ vs 筋トレグループ
体重(kg) -18.1 vs -14.4
除脂肪体重(kg) -4.1 vs -0.8
脂肪(kg) -12.8 vs -14.5
安静時代謝 -13.4% vs +4%
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅れてしまい申し訳ありません。

>適切な筋トレ

これが素人の問題点なんだと、最近悩んでおります。やはりジムに行かなければできないのでしょうか。私自身のトレはもっぱら自重メインでして、いずれ効果が薄くなるのだろうと……困りました。

>実験

有酸素より筋トレのほうがいいのですね。具体的な数字、とてもありがたいです。こういうものはなかなか触れることができなかったのでいい勉強になりました。ご回答いただいた皆様のおかげ?で英文の翻訳のコツがつかめてきました(笑)

ただ思うのが「適切な筋トレ」が一般人にどの程度可能かと言う点です。ジムに行かないとできないのではないだろうかという思いがあります。多くのダイエッターが日常のなかでできる「適切な筋トレ」となると……スロトレなのでしょうか? うーん、まだまだ勉強不足です。oneHさんをはじめご回答者様皆様の知識に少しでも追いつけるよう精進します。

また質問を上げる事もあると思いますので、そのときは宜しくお願いします。ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/04 22:23

Metabolism (代謝学)でBody Composition上の骨格筋はREEにおいて


低代謝率組織に位置づけられてます。
骨格筋1kgあたりのREEは下記によると54.4 kJ/kgです。
kJを0.239kcalで計算すると1kgあたり「13.0016kcal」ですね。
ポテトチップ一袋大目に食べたい場合は約40kgほど筋肉をつければいい計算になります。

Body-size dependence of resting energy expenditure can be attributed to nonenergetic homogeneity of fat-free mass
Steven B. Heymsfield, Dympna Gallagher, Donald P. Kotler, Zimian Wang, David B. Allison, and Stanley Heshka
New York Obesity Research Center, St. Luke's-Roosevelt Hospital, and Institute of Human Nutrition, Columbia University, College of Physicians and Surgeons, New York, New York 10025
http://ajpendo.physiology.org/cgi/content/full/2 …

通常筋肉をつけながら脂肪を減らすことは出来ないのですが
・専門家が管理する適正な食事摂取量
・専門家が指導する適正なレジスタンストレーニング→日本のスポクラではまず無理
・高めの体脂肪率
があるとたんぱく代謝の同化に使われるエネルギーが体内貯蔵分から
出ることがあるようです。
直接の表題ではないですが、下記研究では除脂肪増と脂肪減を同時に行い
12週で体脂肪率8%の減を被験者に与えています

Effect of Post-Exercise Supplement Consumption on Adaptations to Resistance Training
Janet Walberg Rankin, PhD, Lauren P. Goldman, MS, Michael J. Puglisi, MS, Sharon M. Nickols-Richardson, PhD, Carrie P. Earthman, PhD and Frank C. Gwazdauskas, PhD

Department of Human Nutrition, Foods, and Exercise (J.W.R., L.P.G., M.J.P., S.M.N.-R., C.P.E.), Virginia Tech, Blacksburg, Virginia
Department of Dairy Sciences (F.C.G.), Virginia Tech, Blacksburg, Virginia
http://www.jacn.org/cgi/content/full/23/4/322

運動によるTEEの影響を調べたものはかなりの量があります。
男性に対してはレジスタンストレーニングが与える安静時代謝のアップ
は肯定派が強いですが、女性に関しては見解は一致してません。
珍しく否定論文の方を貼ってみます。
この論文の引用に肯定派も混ざってますから一緒に読んでみていいと
思います。
ちなみに私はレジスタンストレーニングは女性のbasal metabolic rate:BMRを上げる派です。

Effects of Endurance and Resistance Training on Total Daily Energy Expenditure in Young Women: A Controlled Randomized Trial
Eric T. Poehlman, Walter F. Denino, Travis Beckett, Kristen A. Kinaman, Isabelle J. Dionne, Roman Dvorak and Philip A. Ades

Divisions of Clinical Pharmacology and Metabolic Research and Cardiology, Department of Medicine, University of Vermont, Burlington, Vermont 05405

http://jcem.endojournals.org/cgi/content/full/87 …

あと安静時代謝に深く関わるのは基本、筋肉量ではなく甲状腺機能です
ストレスホルモンの分泌は最大で40%ほどの代謝低下を起こさせます。

食事制限をするということは、NEAT(nonexercise activity thermogenesis)に
影響を及ぼすので、普通やせながら代謝を上げることはまあ不可能と
思った方がいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまって申し訳ありません。
お礼は、回答していただいた内容を理解できてからと思って
調べたりしていると、あっという間に六月でした。
しかも、謎が謎を呼び混乱の極みだったりします。

>普通やせながら代謝を上げることはまあ不可能

やはりそうですよね。回答いただいた皆様のおかげで今の私にとって常識の一部になりました。

>ポテトチップ一袋大目に食べたい場合は約40kgほど筋肉をつければいい

吹きましたwwww (´д`) ビルダーしかポテチ食えない……でもビルダーはポテチなんか食わないんでしょうね。だからあの体が維持できるわけで。トレの勉強をしていくなかで、ビルダーの凄さが分かってきました。純粋に尊敬します。

>アド出していただいた論文関係

学術的根拠と自分で要求しておいて申し訳ないのですが読めませんでした……グーグル翻訳にかけたんですけど、滅茶苦茶で……ただ回答いただいた結論は信じます。他の質問にも真摯にご回答なされているAnaerobicさんの知識量はただただ頭が下がるばかりです。

 質問を上げさせていただいた時は、代謝と言う言葉に振り回されていた感がありました。今はその言葉の意味が少なからず理解できている(前後の文脈からその言葉を使った人の言いたいことがわかる)ようになってきています。ただ、ダイエットを中心に考えた場合、運動誘発性代謝にしろEPOC、EPEEにしろ、そもそも運動習慣をつけなければ体重、スタイルを維持できない以上、どんな方法であれ「代謝をあげて痩せやすい体を作る」という文言、風潮は嘘だと私は結論を出しました。そんなの当たり前だと思われるでしょうが、ダイエット系のサイトに行くとそれが可能だと堂々と書いているもので。今になって考えると、痩せやすい体って何? 痩せる太るは摂取、消費カロリーの関係性だけで十分、だと思えます。ダイエッターの楽して痩せたいという思いがそういう文を書かせるのでしょうね。
 もっと書きたいのですが、勉強不足で知識がついてこないもので思ったことを書けません。まとめようとすると適度な食事と運動とストレスなしの生活がスタイル維持の唯一の方法と安易になってしまいます。(涙) これからもAnaerobicさんの過去回答など読ませていただき、勉強します。また疑問がでましたら質問あげますのでその時は宜しくお願いします。ありがとうございました。
 
 

お礼日時:2009/06/03 23:31

epoc でこの掲示板を検索してみてください。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
回答頂いていたのは気づいていたのですが
EPOCを調べているうちに仕事が忙しくなり、つい……。
すいません。

#3さんがおっしゃっている無駄燃えのことですね。
調べているのですが、あまり具体的な数字にまで到達できていません。
時間もアバウトなものですし、はっきりとカロリー数にまで言及しているものも見つけられず……英語のページに行ってしまう始末。読めません。でも、これからも調べていこうと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 18:42

一日レベルとか、一週間・月レベルでの代謝量(消費カロリー)が


増える(つまり太りにくくなる)
と解釈したほうが分かりやすいし・確かに学術的根拠もあります。

出典は(かなり前に読んだ某文献の記憶なので)忘れましたが、
健康・スポーツ医学系の堅い書物でした。

研究によれば、週数回の筋力トレーニングをしている人は、していない人
よりも一日の総燃焼カロリーが多いという計測結果がでたようです。

理由は

筋力トレーニング中も消費カロリーや単位時間あたりの代謝量(単位時間
あたりの消費カロリー)は高いのですが、問題は


★トレーニング終了後もその高めの代謝量(無駄燃え?)の状態が
 数時間は継続する


という事実(・研究結果)です。

ハイテンションの身体モードはトレーニングを終了しても急速には
冷めやらない、と考えてください。

つまり
一日1時間位、週3回とかの筋力トレーニングなら週の半分は高めの総代謝量の日を過ごすことになります。

加えていうなら、筋肉量が増加すれば、カロリー代謝の動力源が増えるため
一日の代謝量(燃料の無駄燃えレベル)は増える傾向にあります。
意識的/無意識的にいままでより身体活動的になるからかもしれません。

逆に、基礎代謝(安静時代謝)は減る
というのが正しい解釈です。

体力がつけば、安静時のエネルギー消費はより効率的になる、という考え
が自然で正しいと思います。

もっとも、一日のうちで真に安静時代謝状態は、リラックスして寝ている
ときくらいでしょうか?
だから、トータルで見れば、筋力量を増やすトレーニングを週数回
実施し、かつそれなりの食事的アプローチを施せば

トータルの代謝量(総消費カロリー)レベルが上がり、したがって
ダイエット効果もあるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>筋肉量が増加すれば、カロリー代謝の動力源が増えるため
一日の代謝量(燃料の無駄燃えレベル)は増える傾向にあります。
意識的/無意識的にいままでより身体活動的になるからかもしれません。
>体力がつけば、安静時のエネルギー消費はより効率的になる

なるほど。勉強になりました。私を混乱させていたウェブでよく言われる基礎代謝がおそらく活動時代謝かもしくは総代謝の事だったのだと思います。基礎代謝の意味がHPの管理者によって違う場合があるようで、ネットサーフィンしていく内にわからなくなっていました。

>トレーニング終了後もその高めの代謝量(無駄燃え?)の状態が数時間は継続する
>トータルの代謝量(総消費カロリー)レベルが上がり、したがって
ダイエット効果もあるわけです。

ここが筋トレを進める人が多い理由になるのでしょう。筋肉増による代謝能力の向上は#2さんのご回答からも期待するものでもないとわかりましたので。「筋トレで代謝を上げよう」は「筋肉がつくことで恒常的に代謝能力が上がる」ように聞こえるのですが「筋トレをすることで一時的に代謝量が上がる」が正しいのですね。運動すれば代謝量は上がるのは常識ですし、当たり前のことを言っていただけだったなんて……
私のような素人にわかり易くご説明していただき、本当にありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 18:24

通常の食事をしながら筋トレを行えば筋肉量は増えて引き締まってきます。


アンダーカロリー云々或いはオーバーカロリー云々代謝云々等あまり拘らなくて良いと思います。
しかしながら、極端に食事量を減らしカロリーを極端に減らすと脂肪燃焼には効果的ですが筋肥大には効果は少なくなります。

重要なのはトレーニングは継続する事です。
数ヶ月、数年と長期間行う事で効果が大きくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>通常の食事をしながら筋トレを行えば筋肉量は増えて引き締まってきます。

そうだったのですか。てっきりオーバーカロリーでなければならないと思っていました。

>重要なのはトレーニングは継続する事です。
数ヶ月、数年と長期間行う事で効果が大きくなります。

やはりそれに尽きるのですね。肝に命じます。

自分でも調べていて気づいたのですが
基礎代謝の言葉の意味が人により違うようでした。

私はウェブ上での厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2005年版)から
体重×基礎代謝基準値=基礎代謝
と考えていたのですが

ダイエット系のサイトなどの考えは
(体脂肪計での)基礎代謝÷体重=基礎代謝(率?)
のようです。体重1kgあたりの基礎代謝。
これだと「ダイエットしながら代謝をあげる」という発想自体は納得できました。ただ筋肉で体重を増やす労力とその効果を天秤にかけると……? どうなんでしょう?

たくさんの情報が蔓延しているウェブ上で正しいものを探すのは本当に大変です。また疑問がわきましたら質問を上げますので、その時は宜しくお願いします。

お礼日時:2009/05/24 15:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語がペラペラの人 - 膨大な量の単語の覚え方

英語がペラペラの人 - 膨大な量の単語の覚え方

英語を勉強して英語が問題なく読める・聞ける・話せるようになった人に質問です。
あのなんともいえない膨大な量の英単語を、いちいち覚えるのはかなり疲れる作業です。
一回や2回調べただけでは覚えられなく、一度覚えてもしばらくたったら忘れてしまったり・・
このままじゃアメリカの大学試験まで間に合いそうにないです。

みなさんはどんな方法で単語を覚えていきましたか?
なにか良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

他の方も仰っていますが、単語は1回や2回調べただけでは覚えられるものではありません。何度も繰り返すことが大事なんですが、ここでポイントがあり、同じ単語を何度か違うシチュエーションで出会うことにより、定着率が高まります。大学受験の単語帳みたいなものでもなかなか覚えられないのは、同じ単語を同じシチュエーションで繰り返すだけだからです。

それから、覚えなければいけない単語と覚えなくてもいい単語を振り分けることです。出会った単語の全てを覚える必要はありません。

それと、単語を覚えると言うのも次のような段階があります。

(1)全然見覚えがない。
(2)見覚えはあるけど、意味が分らない。
(3)何となく意味が分るような気がする。
(4)ほぼ対応する日本語の訳語が言える。
(5)細かい意味まで分かる。
(6)英語で説明できる。
(7)自由に使いこなせる。

それで、単語を覚える時、多くの人は(1)か(2)の段階の単語を一律に(4)か(5)の段階に引き上げることだけしか考えない人が多いです。

ですから、単語を一つ一つ片付けるのではなく、(1)の段階の単語が(2)に上がっただけでも一つのステップは踏んでいるんです。そして、これも
多くの人が見逃しですが、(4)や(5)の段階の単語は既に覚えているものとして振り返らないことが多いんですが、これも平行して(6)や(7)の段階まで引き上げるようにしましょう。

これは他の回答者もはっきり言及していませんでしたが、無意識のうちにやっているはずなんです。

他の方も仰っていますが、単語は1回や2回調べただけでは覚えられるものではありません。何度も繰り返すことが大事なんですが、ここでポイントがあり、同じ単語を何度か違うシチュエーションで出会うことにより、定着率が高まります。大学受験の単語帳みたいなものでもなかなか覚えられないのは、同じ単語を同じシチュエーションで繰り返すだけだからです。

それから、覚えなければいけない単語と覚えなくてもいい単語を振り分けることです。出会った単語の全てを覚える必要はありません。

それと、単語...続きを読む

Q代謝を上げるための筋トレ。ダイエットのため代謝を上げようと筋トレをして

代謝を上げるための筋トレ。ダイエットのため代謝を上げようと筋トレをしています。筋肉が大きく慣れば代謝が上がると思っていますが、ここでトレーニング方法で質問です。トレーニングには、軽いダンベルを30回ぐらいたくさん持ち上げる持久力を鍛える方法と、10回が限界ぐらいの重いダンベルを持ち上げるパワー系のものがありますが、筋肉を大きくするにはどちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

筋肉を大きくするためのトレーニング方法は明確に確立されています。
筋肉の肥大には、最大パワーの80%の力で筋肉に刺激を与え、
48時間休養するのが最も効果が高いことがわかっています。

最大パワーの80%とは負荷を8回まで持ち上げることができる力のことです。
添付図は最大パワーと反復回数の関係を示します。

このグラフで、最大パワーとはダンベルを1回だけ持ち上げることができる力のことです。
そして、ダンベルを8回持ち上げるのが限界のとき、そのパワーが最大パワーの80%です。
8~10回が限界の重さのダンベルを使用すると筋肥大の効果が最も高くなります。

Q英語、中国語の情報量の差

twitter の140文字制限って英語でも中国語でも一緒ですよね?

例えば日本語でいうと同じ文字数で英語の倍の情報量はあると思います。
私は中国語できないのでイメージしづらいですが、それ以上の情報量ありそうな気がします。

英語、中国語できるかた、そのへんどうでしょうか?

Aベストアンサー

では短い文章で一例を。

(英)I love you.(11文字)
(日)君が好きです。(7文字)
(中)我愛[イ尓]。(4文字)※[ ]内は一文字

確かに文字数だけ見ると、おっしゃる通り、表意文字である漢字のみを使う中国語の凝縮度はかなりなものではないでしょうか。

Q筋肉と基礎代謝の関係ですが、筋肉がつくと基礎代謝が増えるらしいのですが

筋肉と基礎代謝の関係ですが、筋肉がつくと基礎代謝が増えるらしいのですが、そもそも筋肉がつくとは筋細胞が増えるのではなくて筋細胞の筋原繊維が太くなるだけなのになぜ筋原繊維が太くなると基礎代謝がふえるのですか?そのしくみについて教えてください。 

Aベストアンサー

基礎代謝が増える理由は、
筋繊維が太くなると、それを養うための周辺組織と体液が同量程度増加してエネルギー消費が増加することと、
筋肉は絶えず分解と合成を繰り返していますが、そのエネルギー消費が増加することです。
筋肉が1Kg増加すると基礎代謝が約10Kcal増加します。
なお、体脂肪が増加しても基礎代謝が増加します。

Q翻訳した時の量(日本語と英語の比較)

同じ内容の文章を翻訳した場合、日本語と英語ではどちらが量は多くなりますか?
日本語と中国語の場合は歴然としてるからいいんですが、英語については、
「日本語の方が多い」
と主張する私と、
「みんなそう思っているらしいけど、実は英語の方が多いそうだ」
と娘が譲らないので、Gooで聞いてみようということになりました。
どなたかお願いします。

Aベストアンサー

英語と日本語を並べて記事にする翻訳の仕事をしたことがあります。
英語と日本語、共に同じぐらいの記事スペースを与えられて、同じぐらいの文字数でと指定されました。直訳すると日本語は長いですが、漢字を使ったり、「私」などの文字を省略できるので、文字数を短くすることができます。ですから、翻訳本を同じ厚さにすることも可能だと思います。

例えば「I like you.(8文字+空白2文字)」を和訳すると、
・わたしは あなたが すきです(12文字)
・私は あなたが 好きです(10文字)
・あなたが 好きです(8文字)
・好きです(4文字)

どれも前後の文章で誰が話しているかを入れれば、長くても短くても意味が通じます。英語はほとんどの場合、省略できません。

でも英語は半角「aa」で2文字入りますが、日本語は同じスペースで「あ」と1文字しか入りません。多分、文字数だけ数えると英語の方が多くなると思います。

なんだか説明していて訳が分からなくなってきました。分かりにくかったら補足してください^^;。トリビアの種で調べて欲しいですね、このネタ。

英語と日本語を並べて記事にする翻訳の仕事をしたことがあります。
英語と日本語、共に同じぐらいの記事スペースを与えられて、同じぐらいの文字数でと指定されました。直訳すると日本語は長いですが、漢字を使ったり、「私」などの文字を省略できるので、文字数を短くすることができます。ですから、翻訳本を同じ厚さにすることも可能だと思います。

例えば「I like you.(8文字+空白2文字)」を和訳すると、
・わたしは あなたが すきです(12文字)
・私は あなたが 好きです(10文字)
・あなたが...続きを読む

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む

Q放射線量 を英語でなんと言いますか?

今ニュースでさかんに出てきている「放射線量」は英語でなんと言いますか?

radioactivity でもその意味を含みますか?

Aベストアンサー

福島原発のような場合に使われる用語(放射線量)は amount of radiation あるいは radiation levels (levels of radiation) のいずれかです。

dose (of radiation) は医療などで使われる言葉で被爆量のような意味になります。radioactivity は放射能のような意味になります。いずれも「放射線量」の訳としては少し意味がずれて来ます。

Q筋トレ、筋肉、ダイエット、甘いもの

空手を始めてから、それまでも筋トレなどは家でしていましたが、本格的にスポーツするのは初めてで、空手はかなりハードで補強もありますが短距離走的な運動なのであんまり痩せないそうなんです。

それでも、自然と食べる量は増えたのに特に太ったとか体重が急増したわけではなく、道場のかたがいうには見る限り筋肉が脂肪のしたについてて、それから脂肪が落ちればもっと筋肉がついたのがわかりやすくなると。 確かに筋肉はついてきてるなというのは実感するのですが、

(1)筋肉が増えるとより脂肪を燃やしやすくなるのでしょうか? そもそも、筋肉をつけるにはいったんはある程度太らないといけないんでしたっけ? (過去は15~20kg太っていました)

(2)やはり脂肪を減らしたい人には甘いものは良くないのでしょうか? どうしても夜に甘いものが食べたい時はいい方法ないでしょうか? また、ストレスがないように少しずつ減らすべきでしょうか?

(3)顔やお腹に肉がついたわけでもないのに、体重がここ数日ずっとプラス2~3kgなのはどうしてでしょうか?筋肉が増えたのか、それともただの誤差、でしょうか?

(4)体型自体をあまり変えずに筋肉をもう少し増やして脂肪を落とせば体重は増える可能性はありますか?

(5)筋肉量は増えて筋力もついた感じなのですが、なぜ脂肪はいったん落ちたらまた落ちないのでしょうか? 脂肪を落とすには筋肉をつけて有酸素運動でしょうか。

お答えいただける範囲で結構ですので、いろいろアドバイス願いますf^_^;) 甘いものが好きじゃなかったらって辛いです(笑)

空手を始めてから、それまでも筋トレなどは家でしていましたが、本格的にスポーツするのは初めてで、空手はかなりハードで補強もありますが短距離走的な運動なのであんまり痩せないそうなんです。

それでも、自然と食べる量は増えたのに特に太ったとか体重が急増したわけではなく、道場のかたがいうには見る限り筋肉が脂肪のしたについてて、それから脂肪が落ちればもっと筋肉がついたのがわかりやすくなると。 確かに筋肉はついてきてるなというのは実感するのですが、

(1)筋肉が増えるとより脂肪を燃やしや...続きを読む

Aベストアンサー

短距離走的な運動なのであまり痩せないというのは間違いです。むしろ、長距離的な有酸素運動ばかりやっているほうが、脂肪が落ちにくくなります。

激しい無酸素運動であまり痩せないのは、単にジョギングなどと違ってあっという間に疲労し、量を稼ぎにくいためです。それでも休み休み何本も走ったり、部活などでまとまった量の運動をするハメになった場合、短距離が最も贅肉が付きにくく体脂肪率が低い体に慣れると言っても良いです。

空手はそれ以外に、ずっと運動しているわけではないというのも痩せにくい要因になります。ずーっと試合形式でスパーリングしているなら痩せますが、そういうわけにもいきません。練習には、あまりエネルギーを使わないメニューもあるし、順番待ちの時間もあるし、教えてもらってる時間もあります。軽いジョギングでも、その時間内をずーっと走り続けているほうが消費カロリー多いでしょうね。

(1)筋肉が増えても実際はそんなに脂肪の燃える量は変わりません。筋肉が付いてから痩せるのではなく、筋肉が鍛えられるほどの運動をしている時点で、リアルタイムに脂肪は減っていきます。脂肪を落として筋肉を露出させたいなら、そのまま強度の高い練習はしつつ、食事を減らしたり、練習とは別に走ったりして消費カロリーを稼ぎます。

(2)甘いものは良くないけれど、我慢できないなら食べてしまうのを見越して、それ以外の時間には食べないようにしたり、食事の主食を減らしたりして調節したらいいと思います。でも、甘いものが好きなのは癖もあるし、少しずつしか食べないようにすれば慣れてきますよ。

(3)筋肉は食べる量を増やして体重が増える時に付くんです。食事が同じなら、トレーニングするほど体重は減ります。どのぐらい食べているのかもう少しカロリーを把握してください。誤差もあるだろうけど、食べる量の問題でしょうね。

(4)体格をあまり変えずに筋肉質になれば体重は増えますね。トレーニングだけやってると徐々に腹が痩せて体重は落ちていくので、体重が減らないように食べていれば今よりコンパクトで筋肉質な体になりますよ。

(5)まず摂取カロリーより消費カロリーが上になるような生活を心がけます。食事の量を減らすか、運動を増やすか、その両方をバランスよくやるか。運動だけで痩せることは難しいので、食事の量を減らすことになると思います。
それと筋トレ。有酸素運動や食事制限などで体重を落とすと筋肉は減っていきます。筋トレしながら痩せていくと、筋肉はあまり減らず脂肪がよく減ります。

短距離走的な運動なのであまり痩せないというのは間違いです。むしろ、長距離的な有酸素運動ばかりやっているほうが、脂肪が落ちにくくなります。

激しい無酸素運動であまり痩せないのは、単にジョギングなどと違ってあっという間に疲労し、量を稼ぎにくいためです。それでも休み休み何本も走ったり、部活などでまとまった量の運動をするハメになった場合、短距離が最も贅肉が付きにくく体脂肪率が低い体に慣れると言っても良いです。

空手はそれ以外に、ずっと運動しているわけではないというのも痩せにくい要...続きを読む

Q「ちなみに、○○県では生産量3位です」 は英語でなんと言いますか?

「ちなみに、○○県では生産量3位です」
は英語でなんと言いますか?

Aベストアンサー

For your information, OO prefecure has the third amount of production.

Q体脂肪減を目的としたこれからのダイエットについてです。 28歳女ですが、今年の3月末よりダイエット

体脂肪減を目的としたこれからのダイエットについてです。

28歳女ですが、今年の3月末よりダイエットをはじめました。

開始では、
148㎝ 体重60.8kg、体脂肪35%
6月7日では、
体重54.8kg、体脂肪34%

体重マイナス6㎏ですが、体脂肪が思うように落ちません。
体脂肪から換算すると、約2.5㎏の脂肪が落ちていますが、脂肪以外のものも多く落ちていて危機感を感じています。

ダイエットの内容は、
以前は、夜はご飯三膳がっつり食べて、かつ、おやつにお弁当二人前食べるなどの暴食暴飲をしていました。
ダイエット後は間食をせずに、1日1200から1700キロカロリーをバランスよく食べるようにしています。

しかし、筋トレや有酸素運動などが不足しているせいか、上記の通り体脂肪が減りません。

ジョギングなどをするべきですが、通勤時間が往復5時間週6なため、なかなかまとまった時間がとれません。

1日の運動量は、
・1日8000歩以上を目標に歩く
・往復5時間の車内では背もたれにもたれず、足を閉じる
・お腹をひっこめて過ごす
などをしておりますが、効果が薄いため、頭を悩ましております。

そこで、お知恵を借りたいのが、体脂肪の落ちやすい運動についてです。
ジョギングやウォーキングが必要であれば、コメントを是非ともお願いします。
時間が難しいですが、みなさまからコメントをいただけたというモチベーションでなんとか時間を作りたいと考えています。

少しは体重が落ちて、ぶよぶよな皮膚と脂肪を目の当たりにしてしまい、心が折れそうですが、なんとかそこそこのスタイルを手に入れたいと願っております。
どうか、ご助力よろしくお願いします。

体脂肪減を目的としたこれからのダイエットについてです。

28歳女ですが、今年の3月末よりダイエットをはじめました。

開始では、
148㎝ 体重60.8kg、体脂肪35%
6月7日では、
体重54.8kg、体脂肪34%

体重マイナス6㎏ですが、体脂肪が思うように落ちません。
体脂肪から換算すると、約2.5㎏の脂肪が落ちていますが、脂肪以外のものも多く落ちていて危機感を感じています。

ダイエットの内容は、
以前は、夜はご飯三膳がっつり食べて、かつ、おやつにお弁当二人前食べるなどの暴食暴飲をしていました。
ダイエ...続きを読む

Aベストアンサー

まだ体重が多いですね。体重を落とせば体脂肪も自然に落ちますよ。もうちょっと減量を続けましょう。

体脂肪を落としたいならジョギングよりもウォーキングがいいです。
ウォーキングで代謝されるエネルギー源は体脂肪60:グリコーゲン40なのに対し、ジョギングだと体脂肪50:グリコーゲン50で、グリコーゲン(糖が体に蓄えられたもの)が使われる割合が増えて運動がきついわりに体脂肪は減ってくれません。

ちなみに女性の場合、日本肥満学会の分類ではやせ/20%未満 普通20%以上25%未満 やや肥満/25%以上30%未満 肥満/30%以上ですから、30%を切ればまずOKと考えた方がいいです。

女性の体脂肪はホルモンを分泌している臓器です。あまり減らしすぎると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報