今月の5月29日(金)に土地の引き渡しをする予定ですが、重要事項説明の席で、「地盤改良費は売り主の負担」と明記されていたため、売り主の仲介業者にいくらくらい掛かるか尋ねたところ、「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」と回答を頂きました。
しかし、残念な事に、ハウスメーカー様や工務店に伺うと、この近辺の地盤は、川に近いので、地盤改良は100万は超えると回答を大体頂き、土地引き渡し前に、5月25日(月)にSSを行い、5月26日(火)には地盤改良費がいくら掛かるか見積もりを頂く予定です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4888344.html
を拝読する限り、最初は民法上は「口約束でも有効」と主張致しましたが、不動産売買契約においては民法より宅建業法が優先される事を知りました。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2908436.html
しかし、上記の物を拝読すると、宅建業法第35条に関しては、「口頭説明及び文書の交付が義務、第47条は口頭説明だけでよく、文書化までは義務となっていません。」とあり、地盤改良費は、第35条に該当せず、第47条と当方は解釈しました。

又、仲介業者の不動産は、先方は上記の発言を認めるも、「これは目途の話をしただけでこの金額で収まる事を保証したものではない」と所長から回答を頂きました。更に、重要事項説明の席の担当者は、現在の会社にに入る前に約10年ハウスメーカーにおり、何度も地盤調査をされた経験があるようです。今の会社に入ってからは同じ区内のエリアで何度も取引をしておりますので、その経験上100万円を超すケースはほとんど無かったようです。ただ適当に答えた訳ではなく、今までの経験上で今回も目安として100万円と答えたと、回答を頂きました。
重説という席で、口答で、経験豊富な担当者が発言されたのでしたら、逆にその言葉には重みが増し、SSの結果、地盤改良費が100万円を超える場合、保証、補填を求めたいと考えいておりますが、どのようにすれば宜しいでしょうか?
宅建業法第47条は、「口頭説明だけでよく、文書化までは義務となっていません。」という所をつけば宜しいでしょうか。
更に、あまり時間はありませんので、東京都の宅建協会無料相談所、国民生活センターなど、どちらに相談するのが最適でしょうか?
http://www.tokyo-takken.or.jp/what/sodan/sodan01 …

http://www.kokusen.go.jp/

因みに、仲介業者は、「口頭でも100万円で「引き受けます」や「契約します」とは言っておりませんので、顧問弁護士と相談した際、民法でも契約には値しないと判断したため、100万円を超えてもお支払はできません。」との回答を頂いております。

お手数ですが、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

47条違反かどうかの問題は、業者の言う「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」が、不実のことかどうかでしょうね。


そして、その判断は、事実的に100万をいくら超えるかで決まると思います。この業者は、この地域の地盤改良についての実状に詳しい事、担当者は経験豊富な事斟酌すれば、100万が大きく事実と食い違っていると、それは不実のことと言え、47条第1項のニに違反するとして、補償の請求をすべきだと思います。

ただしこの場合、質問者さんは、100万をいくらオーバーすれば、契約をしなかったと判断するつもりであったのでしょうか。相手の判断尾の誤差を認める限度はいくらでしょうか?
たとえ1円でもダメというのでは、社会通念として認められないでしょう。

文書や口頭がどうとか、難しい理屈を振り回しても仕方ないでしょう。勝負は専門家の見積もりを取って、果たしていくら掛かるか判明してからでしょうね。

この回答への補足

naocyan226様、ご回答頂き、誠に有り難うございます。

有り難うございます。

本日、財団法人不動産適正取引推進機構に伺ったところ、宅建業法第47条第1項に違反はしているだろうとの認識でした。

又、本日、ジオテック様がSSに行ったところ、23日に更地になると売り主の仲介業者から事前に伺い、25日にSSを行うと事前に告げていたにもかかわらず、解体作業を行っていたため、出来ませんでした。当然、ジオテック様への費用を、売り主の仲介業者へ補填するように求めておりますが、「引き渡しの前にこちらの好意でSSの許可を与えたので補填はしない」との回答を頂きました。
どこまでも阿漕な会社という印象です。

補足日時:2009/05/25 21:04
    • good
    • 0

ハウスメーカーで営業をしていた者(宅建資格あり)です。


個人的な見解を申し上げますと、保証、補填は難しいと思います。
重要事項説明書の担当者も、記載していないことを、一般的な金額を経験値からアドバイスしたしただけという認識でおられると思いますし、具体的な改良費用までは説明義務はありません。事前に先方が実施した調査結果が出ているなら別ですが、建物の構造(コンクリートなのか木造なのか)や階数によって建物の重さがかなり変わるため、改良費用の説明にあらかじめ正確性を持たせることは、この時点では困難であると思われます。

この回答への補足

goodliving様、ご回答頂き、誠に有り難うございます。

有り難うございます。地盤改良費は、売り主の、建設プランに頂いたと同程度の木造3階建てを建てた場合、いくら掛かるかと、質問をしております。当方が考えているのも、木造3階建てで、m2も殆どかわりがないので、有効かと考えております。

本日、財団法人不動産適正取引推進機構に伺ったところ、宅建業法第47条に違反はしているだろうとの認識でした。

又、本日、ジオテック様がSSに行ったところ、23日に更地になると売り主の仲介業者から事前に伺い、25日にSSを行うと事前に告げていたにもかかわらず、解体作業を行っていたため、出来ませんでした。当然、ジオテック様への費用を、売り主の仲介業者へ補填するように求めておりますが、「引き渡しの前にこちらの好意でSSの許可を与えたので補填はしない」との回答を頂きました。
どこまでも阿漕な会社という印象です。

補足日時:2009/05/25 20:49
    • good
    • 0

法的解釈はむずかしいところですが、具体的な費用に関しては


どれぐらいの規模の建物かわかりませんが、一般的な柱状改良の
様なもので3m程度であれば経験上実際100万はかかりません。
施工業者は安いのですが、メーカーなどが20%ぐらいの利益を乗せて
提示してきます。
当方でも7~80万ぐらいと言ったところがメーカーから120万といわれ
たとクレームがあった事があり、当方で依頼している業者で見積したら
80万以下でした。(瑕疵保証の登録業者に指定され地盤保証も行う業者
です)
その手の工事はおおよその目安はありますが、業者や見積提出先により
費用総額はばらつきます。
1社の見積もりではなく、数社に依頼することをお勧めします。
100万以内で出来れば良いのですから、損害云々よりも見積もりを精査した
方が現実的ではないでしょうか?
また業者の見積もりは100万、メーカーは当社で保証するので、当社では
120万請求となり、当社で保証します。それ以外は出来ません。という場合は
100万を越えても仕方ないのではないでしょうか?
見積もりを頂いたら良く精査してください。
当方不動産業者です。

この回答への補足

oyazi2008様、ご回答頂き、誠に有り難うございます。

地盤調査は、勿論、10年間保証が確保された地盤保証制度にも登録している、大手のジオテック様にお願い致します。
http://www.jiban.co.jp/geodas/guest/index.asp

又、ジオテック様のデータでは、その近辺は、「地盤が軟弱なため「地盤補強工事」をした場所」と赤いマークが大多数です。

oyazi2008様の仰る、メーカーとは、所謂、ハウスメーカー様、工務店様、施工業者とはジオテック様のような地盤調査会社で宜しいでしょうか?

見積もりを複数頂くというのは、ジオテック様のSSのデータを元に、複数のハウスメーカー様、工務店様から地盤改良費の見積もりを頂くという事で宜しいのでしょうか?それともジオテック様以外に、サムシング様など他の地盤調査会社に依頼すべきなのでしょうか?因みに、当初、サムシング様へ依頼を仕様としたところ、一部のハウスメーカー様から、自社保証もあるので、サムシング様ではなく、ジオテック様に依頼して貰わないとうちは新たにデータを取らないと言われたので、変更致しました。

勿論、5月26日(火)にハウスメーカー様(?それともジオテック様でしょうか)からの見積もりを頂き、100万円を超えないようであれば、問題なのですが。何はともあれ、5月26日(火)に見積もりを頂きましたら、改めて、ご報告させて頂きます。有り難うございます。

補足日時:2009/05/24 17:54
    • good
    • 0

no1です。


>法的責任がないと言えるのでしょうか?

最後まで読んでもらえましたか?
「騙された」と主張できるかも知れないと書きました。
「騙されなければ、契約はしなかった、もっと熟慮して値段交渉もした
はずだ」といえるかもしれません。

次に、その「騙された」が認められた時にあなたが主張する回復はどう
いうものになるでしょうか?
お金を騙しとったわけではありませんし、偽の契約したわけでもありま
せん。ですから回復すべきは契約前の状態に戻すこと、つまり契約無効
(解除)を訴えることができるかも知れないと書きました。

そこまで回復できれば、あなたは改めて契約するか否かの正しい判断
をすることができます。成功するかどうかはわかりませんが改めて
値引き交渉も可能でしょう。

わかってもらえたかどうかわかりませんが、いずれにしてもあなたの
立場で主張をしてくれる弁護士に頼まないと難しいと思います。

この回答への補足

poolisher様、度々ご回答頂き、誠に有り難うございます。又、当方の認識が足らずで失礼致しました。
http://www.takken-club.jp/i/joubun/gyouhou/hou/0 …

上記の宅地建物取引業法第47条を拝読すると、
「1号
宅地若しくは建物の売買、交換若しくは賃借の契約の締結について勧誘をするに際し、又はその契約の申込みの撤回若しくは解除若しくは宅地建物取引業に関する取引により生じた債権の行使を妨げるため、次のいずれかに該当する事項について、故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為」
とあり、「騙された」というか、地盤改良費が買い主負担とあった為、当方は、きちんと「川の近くで、地盤が軟弱ではないかと心配なので、地盤改良費はいくら掛かりますか?」と軟弱である場所と認識の上、費用が掛かるのではないかという問いに対して、『「掛かっても100万円まで」と告げた』行為は、売り主の仲介業者の不動産会社も軟弱な地盤である場所と認識に対して、100万円以上掛かった場合、「不実のことを告げる行為」とはならないのかというのが、当方の認識です。又、その時点では、「判りません」と言われれば、不安でしたので、その時点で契約をしなかったです。
正直、契約の無効(解除)を求めると、売り主の不動産会社は、自転車操業の疑いが強く、問題が更に複雑になると思いますので、「売り主の仲介業者が重説の場で告げた」ので、売り主の仲介業者に保証、補填をして頂きたく思っている次第です。

又、hatijyuuhatiya様から事前にSSを行ってから契約すべきだったとアドバイスを頂きましたが、残念ながら、その時点では、更地ではなく、地盤調査が出来ないと言われたため、地盤改良費がいくら掛かるのか、重説の場で尋ねました。勿論、更地であれば、事前に地盤調査を当方でお願い致しました。

補足日時:2009/05/24 17:59
    • good
    • 0

木造3階といっても、メーカーによって地盤改良費は相当変わりますのでやはり参考以上の意味は持たせることはできないでしょう。

しかも地盤調査もしていなかったのですから。
もし、あなたがどうしても地盤改良費にこだわるなら、SSの結果を元に、「売り主と」土地代金に関して契約前に事前に減額交渉をするべきです(した)。

この回答への補足

hatijyuuhatiya様、度々ご回答頂き、誠に有り難うございます。
http://www.takken-club.jp/i/joubun/gyouhou/hou/0 …

上記の宅地建物取引業法第47条を拝読すると、
「1号
宅地若しくは建物の売買、交換若しくは賃借の契約の締結について勧誘をするに際し、又はその契約の申込みの撤回若しくは解除若しくは宅地建物取引業に関する取引により生じた債権の行使を妨げるため、次のいずれかに該当する事項について、故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為」
とあり、hatijyuuhatiya様のように、木造3階建てでも、在来工法、2x4、SE構法などによって、地盤改良費が異なるようであれば、売り主の仲介業者は、「構法によって異なりますので、正確なことは申し上げられません。ご参考までに・・・。」という旨、伝えれば問題は起こらなかったと思いますが、「掛かっても100万円まで」と軟弱な地盤である場所に対して仰った事は、逆に「不実のことを告げる行為」とはならないのでしょうか?
当方は、SSの結果、5月26日(火)に売り主の仲介業者に100万円を超える場合、宅建業法第47条に違反するとの認識ですので、保証、補填すべきだと言うつもりですが、論理的に間違っておりますでしょうか?
まずは、明日、東京都の宅建協会無料相談所か国民生活センターに相談したいと思います。

補足日時:2009/05/24 17:16
    • good
    • 0

地盤改良費は「売り主」の負担ではなくて、「買い主」の負担ではないのですか?で、あなたは買い主ですよね?


地盤改良は、建てる建物の、種類(木造、鉄骨、RC)や、面積、構造などによって変わってきますので、土地の売買の時点でいくらかかるとはいえませんし、建物の設計とペアで考えるものです。
また、SSの結果をみても、それをどう解釈するかも業者によりかなり差があります。
契約の一部として認められることはないと思います。

この回答への補足

申し訳ございません、地盤改良費は「売り主」の負担ではなくて、「買い主」の負担です。又、木造3階建てでいくら掛かるかと、質問をしております。

補足日時:2009/05/24 12:34
    • good
    • 0

「100万位」といったのは、単なる見通しであり、請負を前提とし


た意思の表明ではありません。また、(予定)請負業者の代理として
見積もりを提示したわけでもありませんので契約行為には該当しません。

重要事項説明では確かに、地盤改良が必要である事は説明する義務が
ありそうですが、他の事項と一緒で現状の形状や備わっている状況を
説明すればよく、それに対する対策費用の見積もりまでは説明義務の
対象外です。

また、地盤改良費も改良面積によって違ってくるので正確なところは
地盤調査と建築計画によって見積もるということになるわけですから
仲介業者の見通しに言質を要求するのはやや疑問です。

質問者さんが訴えられる可能性としては、仲介業者が「100万位と
いったから買ったのであって、そうでなければ買わなかった」という
錯誤主張での契約解除でしょう。
どこまで主張できるかは専門家との相談になりますが、建築に関わる
他費用も概算がでていて、改良費用の増額があなたの建築費用の資金
繰りに重大な影響があって、費用が100万を超えたら当然契約しな
かったということが証明できれば、可能性はあるかもしれません。

この回答への補足

仲介業者は、売り主の仲介業者です。地盤改良費が買い主負担なので、大幅に掛かる場合、建物の建設プランに影響があるので、最大いくら掛かるかと、と伺っており、「100万くらい」ではなく「30-50万円くらい、掛かっても100万円まで」との回答でした。区画を分譲ですが、当然、売り主の仲介業者は、面積も把握しております。
「対策費用の見積もりまでは説明義務の対象外です。」とありますが、こちらが重説という重いの席で、回答を求めて、売り主の仲介業者が出した回答というのは、単なる目安で言ったので、法的責任がないと言えるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

補足日時:2009/05/24 12:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

家を新築予定です。

最初、地盤改良費として100万円を計上していたのですが、銀行の融資金額が思ったより低く、最終的に25万円しか地盤改良費として計上できなくなってしまいました。

購入予定の土地は分譲地で隣の隣(約10メートル先)が同じハウスメーカなのですが、その家は地盤改良は出なかったようで、しかも地区自体が固い地盤のようで、営業の方が多分地盤改良は出ないでしょうと言って地盤改良費が削られて行き、最終的に25万円になりました。

予算もギリギリの為、もし地盤改良が必要と言われてしまっても後20万しか出せません。(それで家の貯金は底を付きます)

地盤改良に詳しい方にお聞きしたいのですが、このような状態で地盤改良が出る可能性は本当に低いのでしょうか?

後、地盤改良費が45万しか予算がない状態でこのまま計画を進めるのは無謀でしょうか…。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

地盤は実際に見てみないとわかりません。
隣が良かったからと言って、自分の所も良いと言う保証は何もありません。
実際に建てた方で経験されている方はたくさんいると思いますが、
隣の地盤の状態、その土地全体の状態は全く当てにならないと思っていてください。

そのHMの方もいい加減だと思います。
我が家も、建てる時にしっかり見積もりを取りましたが、地盤改良代は最後の最後まで100万円を入れておきました。我が家の周辺も地盤が固いと言われていましたが、HMの方もローンの担当(JAの方ですが)も、こればかりは調査結果が出るまではわかりませんので・・・と仰っていました。

ちなみに、お世話になったHMの方の経験で、隣は地盤改良が出なかったのに、その隣が100万以上も掛かってしまい、苦労した話も聞きました。

ですので、少なくとも100万は見ておいたほうが良いです。

Q売買契約の時、売り主側の宅建主任者が立ち会わないのは違反でしょうか

この度、中古マンションの売買契約をしましたが、売り主側の仲介業者は小規模会社、買主側の仲介業者は大手なので、重説・契約書等すべて買主側業者で作成しました。

契約当日も売り主側の宅建主任者は現れず、社長(宅建なし)が出席していました。売り主側の宅建主任者は契約の内容も全く知らないようですが、後日印鑑だけ押印してもらうようにするから大丈夫と言っていました。

このようなことは、違反ではないのですか。よくあることなのでしょうか。

Aベストアンサー

不動産会社の営業マンです。


>売買契約の時、売り主側の宅建主任者が立ち会わないのは違反でしょうか

これ自体は違法ではありません。
立ち会う事は義務とされていません。


>後日印鑑だけ押印してもらうようにするから大丈夫

取引に関係した業者の宅建主任者は『全員』記名押印する事になっています。
これは契約当日に立ち会わない主任者が、事前に重要事項説明書の内容を確認して了解したという意味で署名捺印します。(実際に説明を行うのはその中の一人)
記名押印が「後日」というのは宅建業法違反になります。

ただし、実害があるかどうかで言えば、大手業者作成の重要事項にそうそう不備があるとは思えず、また、大手は重要事項説明書や契約書は自社仕様しか使わないので、その相手側業者の主任者の記名押印が後日であっても取り立てて支障はないと思われます。
そういう意味では「大丈夫」と言えなくもありません。
もちろん、質問者さんとしては、後日記名押印したものを必ず提出するよう請求することをお勧めします。


>よくあることなのでしょうか。

後日記名押印がよくあるかどうかは分かりません。
私自身は後日記名押印した経験はありませんが、相手方主任者ではそういうい事もありました。
また、契約自体には支障が生じないレベルの不備という意味ではよくあります。


参考になれば幸いです。

不動産会社の営業マンです。


>売買契約の時、売り主側の宅建主任者が立ち会わないのは違反でしょうか

これ自体は違法ではありません。
立ち会う事は義務とされていません。


>後日印鑑だけ押印してもらうようにするから大丈夫

取引に関係した業者の宅建主任者は『全員』記名押印する事になっています。
これは契約当日に立ち会わない主任者が、事前に重要事項説明書の内容を確認して了解したという意味で署名捺印します。(実際に説明を行うのはその中の一人)
記名押印が「後日」というのは宅建業法違反にな...続きを読む

Q地盤改良

家の新築を予定している者です。
契約する前に、地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
話がありました。
契約後、周りの区画は地盤改良をしているところが多く、恐らく
地盤改良が必要だといわれました。
そこで伺いたいのですが、地盤改良って頻繁に行われているものなんでしょうか。
悪い土地を買ってしまったんじゃないかとものすごく不安です。
地盤改良をすれば、安心してもいいんでしょうか。

Aベストアンサー

地盤改良自体は、現在は頻繁に行われているので、それ自体を不安に考える必要はないでしょう。昔は、地盤のよいところ・・・礫とか砂とか出てくるようなところに家がまず張り付いたのでしょうが、市街地が拡大し、地盤のあんまりよくないところでも、住宅地になりつつある現在地盤改良は避けて通れないでしょう。

私が疑問に感じるのは、
>地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
というところ。こんな話はあるんでしょうか。
はじめから、地盤改良ありきで、その分をどこかの経費にでも乗せているんではないでしょうか?

地盤改良といっても、その地盤の良し悪し、工法、改良する深さ等々で予算は多きく異なるもの。
地盤改良とか言っておいて、表面だけを砂利とかに入れ替えたんでは(そんなことはしないと思いますが)意味なしです。

ほかの方が言われておりますが、どのような工法を考えているか確認すべきです。

それと、現地は当然、簡単なものでよいの地盤調査を行っていますか?周りの家と同じような深さまで、というのであれば少し、手抜きじゃないかな?
とか、後になって、「予想より深くまで地盤改良する必要が出まして、工費負担を・・。」なんてことのなきよう。

工事内訳書はもうできているんですか?
土工事とか基礎工事とか言うところあったら、見てみてください。
素人目にみて、どうも高いとか、あやふやだ、と思う点は、
その内訳を、明確にしてもらったほうがよいですよ。

地盤改良自体は、現在は頻繁に行われているので、それ自体を不安に考える必要はないでしょう。昔は、地盤のよいところ・・・礫とか砂とか出てくるようなところに家がまず張り付いたのでしょうが、市街地が拡大し、地盤のあんまりよくないところでも、住宅地になりつつある現在地盤改良は避けて通れないでしょう。

私が疑問に感じるのは、
>地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
というところ。こんな話はあるんでしょうか。
はじめから、地盤改良ありきで、その分をどこかの経費にでも乗せて...続きを読む

Q地盤改良が必要なの???

マイホームを建てるのに、土地を購入しました。土地の登記も終わり、いざ地盤調査となったのですが、何と地盤がやわらかい事が判明。5点測定のスウェーデン式サウンディングの結果、場所によりかなりばらつきがあるのですが、
表層から50cmは盛り土 換算N値 2.0~4.1
3.0mまでは換算N値 1.5~4.2の粘性土
6mまでが 換算N値 2.3~11の砂質土の地層。
杭を打ち込んでの地盤改良が必要で、100万位かかりそうとのこと。
その土地は、畑を2年前に宅地化分譲したもので、裏のお宅は地盤改良は全く必要なかったとのこと。すぐ隣でも地盤は違うと聞きますが、ここまで違うものなのでしょうか?建てるハウスメーカーや工法で地盤改良に差があるのでしょうか?(ちなみにウチは布基礎、40坪弱の二階建てを予定しています。)調査会社によっても、違うものなのでしょうか?(調査はハウスメーカーが提携している会社がしました。)周りは古くからの畑で、住宅もあり、平らな土地だったので、まさかそんなに改良が必要だとは考えてなく、大変困っています。

Aベストアンサー

私が、以前仕事でお邪魔した家のお話ですが、その家はローコストの大手ハウスメーカーで10年前に建てたお宅だったのですが、その方の隣の家が地元の大手工務店が建てた家でしたが、お隣のお宅は浄化槽と犬走りの間に20ミリ以上のひび割れがありました。それだけ家が傾いているとの事です。
私がお邪魔した家のご主人は「ウチの3倍近く掛けて作った家もあれじゃあね」と苦笑いされてました。

要するに、必要な部分を削ると後で大変なことになりますので、決して損な気分になるものではないものです。


私は去年新築しましたが、予算がないので、山のふもとの地盤ガチガチで回り四件全て地盤改良なしの土地を購入しましたが、ハウスメーカーさんは念のためと言って、見積もりにきっちり地盤改良予算を組んでくれました。
結果、地盤改良は必要なくて、その分は家の追加に使えて、得した気分になりました。

要するに、気持ちの問題で、最初から必要だと思えば、要らなかった時に得した気分になり、必要ないと思っていれば必要だった場合に損した気分になるだけだと思います。

試験の結果が、必要だと出たのならば、必要な出費だと諦めて、気持ちを切り替えるしかないでしょう。

将来の安心を買う金額だと考えれば、決して高くないと思いますよ。

私が、以前仕事でお邪魔した家のお話ですが、その家はローコストの大手ハウスメーカーで10年前に建てたお宅だったのですが、その方の隣の家が地元の大手工務店が建てた家でしたが、お隣のお宅は浄化槽と犬走りの間に20ミリ以上のひび割れがありました。それだけ家が傾いているとの事です。
私がお邪魔した家のご主人は「ウチの3倍近く掛けて作った家もあれじゃあね」と苦笑いされてました。

要するに、必要な部分を削ると後で大変なことになりますので、決して損な気分になるものではないものです。


私は...続きを読む

Q【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない? 土壌改良のために地盤改良する?

【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない?

土壌改良のために地盤改良する?

あれ?

土壌改良と地盤改良の違いを教えてください。


土地が緩い土地に建て者を建てるには土壌改良が必要ですよね?土壌改良した後に地盤改良で土地を固める。

土壌改良が必要なければ地盤改良だけすれば良い。

で、緩んだ土地なので土壌改良しないと家は建てられない。

法律違反になる。

どんな法律で??

「水たまりが出来ている粘土層の上に基礎を作って基礎の周りは水たまりになっているがこれで家を建てて法律的に違法はないのか?」という私の問いに

「土壌改良と地盤改良がごっちゃになってませんか?」の回答が意味が分からない。


粘土層自体は土壌改良の必要性がない。固い土地。地盤改良は?

地盤改良は平らに慣らすこと?

ということは建設業の土壌改良って土地の固さだけで水はけは一切見ていないってこと?

こんな水たまりの中に基礎を作って合法なら、

池の中に基礎を作って水面に浮かして建物を建てても合法ってこと?

建築基準法ってザルでは?

コンクリートは水を吸って脆くなる。

余裕で崩壊する。

水たまりの中に基礎を作ってるってことは池の中に水面に浮く水面コテージを作っているもんだ。

これで何十年もコンクリートの基礎は持つと建築基準局は思っているってこと?

日本の建築大丈夫?

【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない?

土壌改良のために地盤改良する?

あれ?

土壌改良と地盤改良の違いを教えてください。


土地が緩い土地に建て者を建てるには土壌改良が必要ですよね?土壌改良した後に地盤改良で土地を固める。

土壌改良が必要なければ地盤改良だけすれば良い。

で、緩んだ土地なので土壌改良しないと家は建てられない。

法律違反になる。

どんな法律で??

「水たまりが出来ている粘土層の上に基礎を作って基礎の周りは水たまりになっているがこれ...続きを読む

Aベストアンサー

土壌改良は、農業で作物の生育に適するような土壌に改良する事です。(必要な保水力と水はけを確保する事です)
地盤改良は、基礎が定着する地盤を必要な強度になるように改良する事です。
地盤改良の場合は、通常は水はけとかは問題にしませんが、工事が出来ないほど地下水位が高い場合は、水が入らないように、基礎周囲の地盤を改良する場合はあります。

Q表層改良工事と柱状改良杭工法について

購入を考えている土地があるのですが、地盤改良が必要とのことで、その工法は表層改良(深度2メートルまで)ということでした。土地は小さな山の緩やかな斜面になる部分で、このような形状の土地ではほとんどの場合土地改良は必要だという話なのですが、そんな話は本当なのでしょうか。
また、うちの希望している土地の両隣は柱状改良杭工法が必要という話ですが、うちは表層改良だけでいいということです。そのような土地で表層改良だけで十分な地耐力を得られるものなのかもお教えいただけると有難いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

擁壁の高さが2.5mということは、擁壁の基礎を作るために最低2.5m+αは盛土をしているということです。
また、深度2.75mでN値82.4と言うのは、元々の岩盤だと思います。

「深さ1mぐらいで1度N値は3.9から5ぐらいまであがり、その下の層は自沈・半回転数が0回・N値2以下」ということは、おそらく盛土工事の際の締め固めが不十分で、あとから表層だけ土壌改良をしたせいでしょう。

中間層のやわらかい部分は将来沈下する可能性があるので、建物荷重がかかる部分を「2mの表層改良」というのは方法としては妥当と思いますが、1mまでは造成時に地盤改良しているように思われるのに、それのやり直しを含めて2m分もの改良費用が全て購入者にかかるのは若干疑問を感じます。

最近は安全を見て基礎補強をすすめるビルダーは多いですが、私が購入者であれば、戸建住宅をつくるのにそこまで深く改良しないといけない土地なら、例えばその半額相当分は値下要求してみるだろうと思います。
超概算で200万円以上はかかるのではないでしょうか?
土地売主に、造成時の施工基準を確認してみるのも良いでしょう。(どうしてもムラがでるので、保証数値と言うのはないでしょうが、施工基準値はあると思います)

悪い方法を提案されているわけではないので、金額を含めて納得できるのであれば、問題ないと思います。

参考URL:http://www.wal.ne.jp/jiban/jiban01.htm

擁壁の高さが2.5mということは、擁壁の基礎を作るために最低2.5m+αは盛土をしているということです。
また、深度2.75mでN値82.4と言うのは、元々の岩盤だと思います。

「深さ1mぐらいで1度N値は3.9から5ぐらいまであがり、その下の層は自沈・半回転数が0回・N値2以下」ということは、おそらく盛土工事の際の締め固めが不十分で、あとから表層だけ土壌改良をしたせいでしょう。

中間層のやわらかい部分は将来沈下する可能性があるので、建物荷重がかかる部分を「2mの表層改良」というのは方...続きを読む

Q地盤改良工事費は、誰が負担するのでしょう?

もともと田んぼであった場所に造成工事をし、住宅を建築します。
瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?
そもそも、地盤改良工事と造成工事は別物なのでしょうか?業者が別にいるということでしょうか?

Aベストアンサー

>瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?

簡単に言うと「地盤改良工事は要らないと想定して見積もるけど、実際に造成しようとしてみたら意外と地盤が弱くて『ダメだこりゃ』な状態になった時には、別途、地盤改良工事が必要で、それは見積もりに入ってません」ってことです。

「想定外に地盤が弱かった」と言う「欠陥」を「瑕疵」と言い、それを担保する責任がある者が、地盤改良工事費を負担しなければなりません(施主、工事業者のどちらが責任を負うかは、契約内容に拠ります)

つまり「要るか要らないか判らない地盤改良工事費は、見積もりに入ってませんよ」ってこと。

>そもそも、地盤改良工事と造成工事は別物なのでしょうか?

別物。

地盤改良工事は、今の地面を掘って弱い地盤の土砂を除去し、新たに土を入れ、地盤を作り直す工事です。

造成工事は、今の地面をそのままに、窪みに盛り土し、盛り上がった土地を削って、まっ平らな「更地」を作る工事です。

>業者が別にいるということでしょうか?

別々に頼めば別に居る事になります。

造成を頼んだ業者に、地盤改良工事の技術が無ければ、別々に頼む事になるでしょう。

造成を頼んだ業者が、地盤改良工事の技術とノウハウを持っていれば、一緒に頼む事が可能です。

心配であれば、ボーリング調査などを行い、地盤の脆弱性を確認の上、どんだけ土を掘り返し、どんだけ新しい土に入れ替えないといけないか、別途「地盤改良工事の見積もり」を取りましょう。

>瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?

簡単に言うと「地盤改良工事は要らないと想定して見積もるけど、実際に造成しようとしてみたら意外と地盤が弱くて『ダメだこりゃ』な状態になった時には、別途、地盤改良工事が必要で、それは見積もりに入ってません」ってことです。

「想定外に地盤が弱かった」と言う「欠陥」を「瑕疵」と言い、それを担保する責任がある者が、地盤改良工事費を負担しなければなりません(施主...続きを読む

Q売り主側の登記負担

自宅マンションを売却します。
所有者は私1人、抵当権はありません。

この場合で売却時、所有権移転登記の費用は
すべて買い主の負担で、売り主の負担はゼロという事で
よろしいでしょうか。

売り主の負担は仲介手数料のみという事でしょうか。

Aベストアンサー

地域によって慣習が違うようです。
私は関西ですが、売渡証書作成費用とか取引立会料とかいう名目で、売主にも2~3万の費用を司法書士から請求されるのが一般的です。
以前九州で取引した時は、司法書士から売主への請求は一切ありませんでした。

Q地盤改良後の地耐力

初めましてこんばんは。
2階建て軽量鉄骨の店舗兼住宅を新築中なのですが、地盤調査をしたところ、地盤改良(表層改良)が必要との事になり地盤改良を行っていただきました。
工事も進み建て方も済んだ頃に、何気なく施工会社さんに地盤改良してどのくらいの数値(N値)が出たんですか?と聞いたところ、地盤改良後の地耐力は測定してないとの事でした。

少し不安になり確認申請書の書類や図面を見ましたが、地盤改良を行う旨が特に出ていませんでした。
(地盤調査自体が遅くなり、確認申請が下りる頃になってしまったせいも有りますが)

もう施工してしまった、表層改良に関してセメントの配合量等から地耐力の推定値とかは判るものなのでしょうか。

また、地盤改良後の地耐力の測定は建築の法律的には義務づけられてはいないのでしょうか(行政の完了検査時に確認は無いのですか)

工事会社さんの不手際でしたら、今からでも測定できないか要求してみたいのですが、お手数かけますがアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
やはり、全ては工事監理者のすべき事と思いますので、工事監理者が仕事しないなら、
施工会社の現場管理者か各専門工事会社に直接説明を求めて良いと思います。

> 改良工事は施工会社で行ったようなのですが、改良工事を行うには
> 専門の資格が有る業者で無ければならないのでしょうか。

元請施工会社の下請として専門工事工事会社が地盤改良工事を請負う場合は、
その専門工事会社が「とび・土工・コンクリート工事」の建設業許可を持っていると思いますが、
元請施工会社が持っている建設業許可で、直接工事をする場合も有ります。
建設業許可の種類一覧表を貼っておきます。
ですがこの許可証を持っているかどうかが問題ではなく、もっと根本の、
お施主の了解の下で設計と施工がなされるべき所、了解したくとも説明すら
受けてないようなので、h02060709さんの疑問が起こるのは当然の事と思います。
今からでも遅くはないですから、一度、設計内容も、施工内容も、
すべて納得の行くように説明をしてもらった方が良いように思います。
そして、工事監理者には代理人契約して、ちゃんと工事を監理し、逐一報告してもらいましょう。

参考URL:http://www.pref.okayama.jp/doboku/kanri/gyoshu.pdf

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
...続きを読む

Q仲介業者を通さず売り主と直接交渉出来ますか_?

建て売り住宅を購入しようと思っておりますが、
広告を見て仲介業者に資料を請求し、まだ建っていない物件なので施工例を見せてもらいました。

資料請求は妻である私の名義で申し込み、私と子供のみで見てきましたが、

しかし、買おうとしている物件が仲介業者を通さず、売り主直でも購入出来る事を最近知りました。

(※住所は記載してますが主人の名前は記載してません。
主人も仲介業者には会っておりませんし。話もしておりません。)

そういった場合は、売り主さん直の購入に切り替える事は法律的に出来ますでしょうか?

仲介業者さんを通すと180万から200万多く諸費用がかかってしまう
ため。。売り主さん直と契約したいのですが。。。

どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

所有者と購入者の直接交渉は法律上問題はありません

ただし物件にトラブルがあったときは双方で解決しなければなりません
不動産の仲介手数料はそのようなときに責任を取らせるための保険料と思ってください


人気Q&Aランキング

おすすめ情報