コンクリート供試体の養生方法には、
標準養生・水中養生・封かん養生・現場水中養生・現場封かん養生
などがありますが、養生の方法は分かるのですが、使い分け方が分かりません。
それぞれどのような場合に使うのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

標準養生は工場から出荷したコンクリートの品質を、現場養生はその出荷されたコンクリートでできた構造物の品質をチェックするためのものです。

(管理材齢28日までは水中養生、28日を超える場合には封かん養生)
例えば構造体強度は(現場の)温度が低いほど発現が遅れます。
従って構造体の強度は標準養生ではなく、現場環境に合わせた養生方法をとっています。(場所打杭は標準養生だと記憶していますが)
なお、型枠脱型強度確認も現場養生で行います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

分かり易い解説で参考になりました。
おおざっぱに言ってしまうと、4週圧縮強度の確認は標準養生、脱型強度の確認は現場養生という感じでしょうか。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリートの初期養生とはどのようなものなのでしょうか?

コンクリートにはいろいろな種類が有りますが、養生の方法は、ほとんどの場合がコンクリートの湿潤状態を保つためのものだとおもいます。
しかし、これらの養生方法とは別に初期養生というものがあり、圧縮強度5N/mm2で終了するとあります。
これはコンクリートをどのような状態にしておく養生なのでしょうか?
初期養生の後はすぐ脱枠してしまうのでしょうか?
また、この記述は寒中コンクリートに関してしか表記されていませんが、寒中コンクリートだけに行う養生なのでしょうか?
ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初期養生というのは、コンクリート打設からある程度の強度が出るまでの間行う養生を意味しています。

コンクリートの硬化・強度には温度と水分が大きく影響します。

コンクリートが硬化するためには水分が必要です。そのため乾燥しないように湿潤状態を保たせる必要があります。この養生が湿潤養生です。散水したり蒸発を防ぐためにおおいをしたりする方法があります。

このほかに温度に関する養生があります。

コンクリートは温度が高いと反応が早まり急速に硬化しますが、内部と外部で温度差が生じるとひび割れが発生します。また初期の強度は高く出るのですが、長期的な強度はゆっくり反応した方が高くなりますので、急激に反応しないように夏期は直射日光が当たらないようにおおいをしたり散水により温度を下げたりします(これは同時に乾燥を防いでもいます)。

逆に冬期には凍結を防ぐように温度を調整する必要があります。

マスコンなどではコンクリートの水和反応による発熱が問題になることがあるので、発熱を押さえ、温度を下げる養生をすることもあります。

また、コンクリートは湿潤状態にある方が、反応が進行することから、湿潤養生を長期的に行うこともあります(まずしませんが)。

初期養生というのは、コンクリート打設からある程度の強度が出るまでの間行う養生を意味しています。

コンクリートの硬化・強度には温度と水分が大きく影響します。

コンクリートが硬化するためには水分が必要です。そのため乾燥しないように湿潤状態を保たせる必要があります。この養生が湿潤養生です。散水したり蒸発を防ぐためにおおいをしたりする方法があります。

このほかに温度に関する養生があります。

コンクリートは温度が高いと反応が早まり急速に硬化しますが、内部と外部で温度差が生じ...続きを読む

Q水中養生したコンクリートの収縮量について

2級建築士の勉強をしているのものです。

コンクリートの養生について、
「水中養生したコンクリートは、空気中養生したコンクリートよりも収縮量が少ない」
とありますが、これはどうしてでしょうか。

わかる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

空気中で養生した場合、時間と共に水分が蒸発し収縮します。
水中養生の場合周りが既に水なので空気中ほど水が抜けません。
なので収縮量は少なくなります。

ちなみにあまり乾燥収縮が早いと局部的なヒビ割れが多発するので防止策として暑い夏などはコンクリート打設後に水をまいて養生します。

Qプロのハウスクリーニングとは?

客の馬鹿野郎がファブリーズだかの見過ぎで、やれ養生に不満を持ったり、シルが垂れただの水滴が垂れただの、ワックスにむらがあるだの料金不相応のことを言いまくってうるさいです。たいがい十分な報酬をもらっていないことが多く、追加の請求もしにくいのでしていません。追加請求不可能な仕事もあります。
換気扇掃除なのに掃除機も持ってきて床も掃除しろと言います。十分な料金払っているわけでもないのにがみがみ言います。
めっちゃ汚れている自宅ではましになったら喜んでくれます。そうでない場合はうるさく、なんか日本人みな潔癖です。
どうしたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

まぁこういう客には、もう相手が納得する
まで綺麗にするしか選択肢はないかと思います。
ただ、今度クリーニングする時は、規約を決めて、その規約に
相手を納得させてから、クリーニングするのが良いかと
思います。
そうすれば、きっと相手も文句は言えないですからね。

後からあ~だこ~だ言う人は、クレーマー予備軍で何かを言わない
と気が済まない、ちょっとでも、お金を浮かそうと言う人です。

今回の件でちょっと納得いかず、憤りを感じたと思いますが、良い
経験をしたと思って、早くそんなお客を忘れてください。

Q水中で打ち込む場合の場所打ちコンクリート杭の単位セメント量

建築士を独学で勉強しています。
水中(泥水中)で打ち込む場合の場所打ちコンクリート杭の単位セメント量の最小値の規定で、
JASS4では300kg/m3、JASS5では330kg/m3となっているようです。
この違いは何なのでしょうか?
対象条件が異なるのか、はたまた条件は同じで「どちらか」もしくは「どちらも」満たす必要があるのか・・?

Aベストアンサー

JASS4の最新版(1997年版だったかな?)でも330ですよ。(JASS4を確認ください。)

ところで、標準仕様書は絶対的なものでありません。特記仕様書が優先します。特記が300であれば、300が正解。350であれば350が正解です。

Q呼び強度とは?

Fcを満足させるために注文者が補正を加えた強度ということですよね?
で、生コン工場がさらに呼び強度を満足させるために配合強度で調合するわけですよね?
いまいちわからないのですがようはFcが出ればいいわけなので
発注者は単純にFcをそのまま呼び強度で発注してやり、
あとは生コン工場がそれを満足できるように補正して配合してやればよさそうに思うのですが。

Aベストアンサー

>発注者も補正を考慮して発注しないと
Fcをそのまま呼び強度で発注してしまうとプラント側で補正しても
満足できない可能性があると言うことになってしまうのでしょうか?

基準を見ればわかるでしょう。
プラントのjisの管理基準と
現場のJASS5構造体コンクリートの管理基準は違いますよ。

jisにはFcなんて無いので。
プラントは呼び強度に対する管理であって
現場はJASS5の構造体コンクリートのFcに対する強度管理ですよ。

Qコンクリートの養生

お世話になります。平成8年度の1級建築士の試験に「コンクリートは、空気養生したものより、水中養生したもののほうが、強度の増進が期待できる。」で○です。なぜ水中養生の法が強度の増進が期待できるのかを教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

コンクリートと水の関係を理解するとわかります。
木工用ボンドや糊は、水分が蒸発すれば固まるものです。
しかし、コンクリートは、水とセメントの化学反応で固まりますので、水が蒸発すればいいと言うものではありません。逆に、硬化する過程で水が不足すると、強度が落ちます。
ですから、水中で潤沢に水を与えると強度が増すのです。
逆に、夏場にコンクリートを打設する場合、水が蒸発してしまわないように、シートをかけたり、水をまいたりしなくてはなりません。

コンクリートに関する問題は構造と施工に出てきますので、あわせて勉強するといいと思います。
非常に関連が深いので。

Qリンパ球の減少で考えられる病気とは?

娘(33歳)が先日、扁桃炎で人生初の点滴をうけました。熱が高く、のどが痛く、声を出せないなどの症状っでした。その際の血液検査で白血球116や好中球の棹状13.5分葉79.0が基準値より高いのは素人でもなんとなくわかるのですが、リンパ球4.0はわかりません。プラスだとウィルス感染症などとあり、マイナスだと悪性リンパ腫・がん・白血病と「病院の検査表早分かりハンドブック」に書いてありました。母親の私は昨年11月に胃がんの切除手術、私の父は肺がん、姉は子供のころ歯肉の肉腫で二人とも亡くなっています。とても心配です。お詳しい方、どうぞよろしくお願いします。担当医師からは何も言われておりません。

Aベストアンサー

急性期の扁桃炎では白血球が急激に増えますが増えるのは顆粒球(ほとんどが好中球)です。ウィルス性の扁桃炎は当然違いますが細菌つまり常在菌に反応するのは白血球のマクロファージと顆粒球です。扁桃の常在菌と闘ってる姿が細菌性の扁桃炎です。
白血球の顆粒球とリンパ球は拮抗関係にあります。顆粒球が増えればリンパ球は自然に減りますし、その逆もあります。今は急性期です。一過性の顆粒球の増多は当然でリンパ球のがた減りも自然なことです。急性期が過ぎると次第に闘いもおさまって顆粒球も減っていきます。すると拮抗関係にあるリンパ球は自然に増えていきます。
何も心配はいりません。しっかり体を温め養生してください。扁桃炎は頑張り過ぎ、無理のし過ぎで疲労が重なったことが原因です。

Qコンクリートの養生方法

コンクリートの養生方法には、標準養生・現場養生・水中養生・・・などいろいろな方法がありますがどういう場合につかうのでしょうか

Aベストアンサー

現場養生、標準養生で、 設計図書の中にコンクリートの圧縮試験の試供体は、現場水中養生または現場標準養生と記載されてませんか? あとは、生コンクリート会社のプラント工場での 製品品質保証に伴うコンクリートの管理、(試供体の保管方法)、ゼネコンが建物の品質保証に伴い第三者機関で行う圧縮強度試験に使用する試供体を現場で養生保管方法
以上だと思います。
あくまでも記載された養生方法は、コンクリートの品質管理に関するものと思います

Q施主支給でトイレと洗面を購入する際の注意点とは?

施主支給で洗面とトイレを購入することにしました。
トイレはアラウーノで軽いし小さいので、前もって購入しておいて工事の日に自分で持って行こうと思うのですが、洗面はそういう訳にはいかないでしょうし、本体と鏡の部分の2分割で送られてきて、運送屋の人と自分の2人で新居に運び入れればいいのでしょうか?
その場合かなり重いと思うのですが、2人くらいで運べるでしょうか?
トレイも洗面も必要な部品は購入時に付属されていて、それだけで工事は出来るのでしょうか?(寒冷地や特殊な建築ではありません)
あと、気をつけることなどありませんか?

Aベストアンサー

工務店などには施主施工と言ってあるの前提で

搬入日の前日午後に到着位で良いかと思います。
クロスとフローリングが仕上がれば
キッチンと洗面トイレの設置ですかね。
設置する段階ですと部屋に置く事もできる段階でしょう。
図面は先にもらうこと(渡す事・確認してもらう事)

三面鏡だとしても2名で持てる。
部品がバラバラで搬入となると
組み立て費がかかる可能性あるよ

図面は先に送ってもらいましょう。
トイレの設置場所が決まれば排水と給水の位置が出ますね。
洗面は設置場所決まれば
給水止水弁の位置など排水の出し方と位置の決定がてきますな。

後で収まるとか収まらないとか言われるとキツイので
必ず施工図面は工務店に見せるように。
いい工務店だと黙ってても
洗面の収まる寸法や場所の位置など
問題無いように心配して来てくれますけどね。

施主施工が多くなってきてる(当たり前だけどね)から
施工者もしっかりと時代の流れに従ってもらいたいものですな。。

Qコンクリートの強度単位

荷重や材料の強度の単位の表し方がkg/m2からkN/m2に変わっています。Nで表現されてもピンときません。Nよりもgで表した方が感覚的にも分かりやすいと思いますが。どのようなねらいがあって変更されたのですか?教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして!
現在建築界では、国際単位で行なっています。
国際単位に変わってから、既に十数年以上経っています。
建築界では、概算値の1kg=10Nとして取り扱っています。
なぜ国際単位になったかといえば、海外への土木、建築のめざましい進出から、国際的に通用させる為に他の業界に魁て導入されました。
建築、土木に関する官庁提出書類から構造計算にいたる全てが現在国際単位です。
国際単位の導入は、土木・建築界が日本では一番早いのですよ。
国のJISへの導入は、土木・建築より遅いのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング