お世話になっております。
少々長文です。


私は先週の月曜日(5/18)に足の甲に痛みがあり
整形外科での診察を受けました。

目的は自分はスポーツ関係(格闘技)の仕事をしているため
骨に異常があっては困るので
レントゲンをとってもらうことでした。
結果は骨には何の異常もありませんでした。

その際痛みがあるということで
足の甲に注射を打たれました。
不安だったので
大丈夫かと聞くとよくある方法だという説明をうけました。

恥ずかしながら痛みに関しても不安だったので
その旨を伝えると
格闘技で殴られるより痛くないと言われました。

結果は針を刺した瞬間激痛が走り
あぶら汗も止まらないような状態でした。

それを伝えても
大げさに騒がないでよと言われたため
帰宅しました。


その後
痛みが治まることはなく
むしろどんどんひどくなってきて
足の指を動かすことも困難になってしましました。

そこで
昨日別の病院に行って
注射の件と現在の状態を説明して
エコーによる検査を受けたところ
注射針によって
足の指を動かす神経と腱に傷が付いているため
このような状態になっていると診断されました。


明らかに医療ミスだと思われます。

慰謝料はともかく
傷の原因になった注射代と
現在の病院で受けている診察代の請求を
傷をつけた病院に請求したいのですが
可能でしょうか?

またその場合どのような方法をとれば良いのでしょうか?


こういった話は全くの素人ですので
お知恵を拝借できれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

二つ目の病院で診断書をもらって、ひとつ目の病院の医者に面会し


話をしましょう。
先ずは事実関係の確認です。
治療代の話は、神経の状態によってはどの程度治療にかかるかわか
りませんから、その時点では確定させず、改めて話し合うことを
約束してもらえばいいと思います。
もうひとつは、あなたもこのことをいたずらに他人に口外しないこと
を約束したほうが、話し合いはスムーズにいくと思います。

常識レベルの医者であれば、話し合いは十分可能だと思いますから、
最初からけんか腰にならないことです。
ただし、医者の中にも非常識な人間はいますから、話が通じないよう
であれば、完治(症状固定?)してから弁護士に頼むことになるかも
しれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

そうですね。
自分もあまりコトを荒立てたくないものですから
けんか腰にはならないように注意します。
神経に関しては
現段階では炎症がひどく障害(軽いしびれ等)
が残る可能性もあるそうです。

診断書も確か3000円位かかるかと思うのですが
その代金も請求できるものなのでしょうか?

お礼日時:2009/05/25 14:05

災難でしたね。

お大事に。
文面を見る限り、最初の医師の医療ミスであろうと思います。が、それが裁判で医療過誤が認められ、医師側が負けるというレベルのミスかどううかは微妙です。医師も神様ではありませんので、治療手技によってはどうしても偶然生じてしまうミスというものがあり、その程度の場合は賠償責任が認められない場合もあります。(手術のとき、メスをお腹の中に置き忘れた、というレベルだと医者が負けます)
ですから、最初と今の病院でかかった治療費の請求書コピーを同封し、「別の病院でこのようにいわれたので、この治療費をお支払いください、お返事お待ちします」という内容の手紙を書いて、病院に送ってみてはどうですか。いきなり医者と相対して、医療ミスかどうかという高度に医学的な話をやりあうのは、ちょっと一般人にはしんどいですよね。
それで、病院から無視もしくは賠償拒否されたら、次の手段を考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

まず治療を優先して行いまして
だいぶ状態が良くなってきました。

確かに
いきなり医者に対面すると
白衣の威圧で丸めこまれそうなので
手紙という手段は有効かもしれません。

参考にさせていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 13:09

>診断書も確か3000円位かかるかと思うのですが



もちろんです。
費用の記録(領収書)と通院や症状の記録をつけておいたほうが
いいですね。(炎症起こしているなら、写真もとっておきましょう。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

やっと患部の状況も落ち着いてきましたので
御助言を参考に
最初の病院と話し合いたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報