7年くらい乗っているママチャリなのですが、タイヤに指が入るくらいの穴が開きました。これってパンク修理では対応できなく、タイヤ交換をしなければいけないでしょうか。
一年に2、3回はパンクします。いくらタイヤを替えても、もう寿命なのであれば新しく購入したほうが、今後のことも考えると得だし。
又タイヤ交換とチューブ交換ってどう違うのですか。

A 回答 (6件)

 中のチューブだけが何度もパンクしたときは、タイヤ毎変えました。

タイヤの中にヒビが入って、そこがチューブを挟んでパンクさせると自転車店に言われました。タイヤを交換すれば大丈夫でしたけど。
 自転車は、本体に異常がないかぎり大丈夫です。ブレーキのゴムなどの消耗品を交換すれば大丈夫です。
 お気に入りの自転車であれば、消耗品の交換でまだまだ乗れますよ。
    • good
    • 0

1.パンクしたチューブ(タイヤではない)を修理する


   ↓
2.チューブを取り替える
   ↓
3.タイヤごと取り替える

の段階がありますが、7年も経ったものなら、1.は無いです。
タイヤもチューブもゴムなので、古くなって硬化していますので、修理してもパンクしやすいですよ。
チューブだけなら2.ですが、タイヤに穴が開いているなら3.ですね。
タイヤだけ買えるなら自分でも交換できるし、自信が無ければ自転車店でやってもらっても良いでしょうね。
タイヤだけ買える環境に無ければ自転車店で交換してもらいます。
2.のチューブ交換ならホームセンターでも売っているチューブを買って来て自分でできます。
私も子供の自転車を1のパンク修理はしょっちゅう、チューブ交換も2回ほどやっていますよ。
    • good
    • 0

タイヤのゴムの部分・チューブの交換はタイヤを一度本体からはずす


必要があり、パンク修理より手間がかかります。
しかし、中学生の時の私でもできたことで、金額的にも中学生の
小遣いの範囲内でできました。
パンクをした状態で長く走るとタイヤの金属部分が傷みすべて
交換になってしまいます。
何度もパンクしているようですのでチューブも同時に交換した方が
良いと思います。
    • good
    • 0

いやぁ…大事故起こして他人に迷惑かけないうちに、タイヤくらい替えなさいよ。


そのほうがはるかに安いぞ。
    • good
    • 0

・チューブ


 タイヤの中にあり、空気を入れてクッションになる部分。普通は外側に露出していない。

・タイヤ
 外側を覆っている部分。チューブを保持し、地面との接触部分を担当する。

 一般に「パンク」というとチューブの破損。尖ったものを踏んだとか、強く打ち付けてしまったとかで穴が開いた状態。修理は別のゴム板を貼り付けて塞ぐ。ひどく痛んだ場合はチューブを取り替える。

 穴が開いたのが「タイヤ」であるなら普通は交換。
    • good
    • 0

タイヤとチューブがセットになって1000円くらいで売ってますよ。

男の人だったら交換できるよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング