反復法、対句法を使う文の例を教えてください!調べてもなかなか出てこないのでよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「春が来た 春が来た どこに来た~


 鳥が鳴く 鳥が鳴く どこで鳴く~  」

という童謡がありますが、「春が来た」と「鳥が泣く」は、同じ形でしょ。こういうのが対句です。校歌なんかには多いと思うよ。「どこに来た」「どこで鳴く」もやはり対句です。
また、「春が来た」が繰り返されています。これが反復法です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

童謡にもこんな表現技法が使われているなんてびっくりです!
とっても分かりやすくて助かりました!ありがとうございます!

お礼日時:2009/06/01 21:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3つものサイトを紹介してくださり、ありがとうございます!
後述の人と合わせて、とても助かりました!ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/06/01 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「〆の押韻対句」、どう読む?

http://www.geocities.jp/todok_tosen/shake/keyword/ending_couplet.html

「〆の押韻対句」の最初の文字は(1)なんと読み、(2)どういう意味ですか?

Aベストアンサー

こんばんは

(1)これは文字というより記号で「しめ」です。

(2)手書きで横書きの帳簿を付けていた時代、ページに余白が生じた時、後でそこに書き加えて帳簿の改ざんをしないよう、余白にバッテン(クロス記号)を記しました。

その名残りで、ここでおしまいを意味します。

Q「体系」「系統」辞書で調べてもわからなかったのでので、具体例を用いなが

「体系」「系統」辞書で調べてもわからなかったのでので、具体例を用いながら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

小学校の算数では、
・(十進法の)数と足し算・引き算と掛け算・割り算
・倍数、約数
・比
・図形と面積
などを習いますが、これらはバラバラではなく、相互に関係があります。
たとえば、倍数、約数は掛け算・割り算と関係があり、さらには関数、方程式、素数などとも関係があります。
比は割り算や割合(速度、密度など)と関係があり、さらには、一次関数とも関係があります。
図形の面積や速度・密度は、微分積分と関係があります。
ですから、各々は切り離すことのできない「仲間」です。
これらを全体的にまとめて考えたこと、個別に考えたことが体系です。

体系が「仲間の寄せ集め」であるのに対し、系統というのは、「血族」のようなものです。おじいさんに始まり、子供、孫、ひ孫、玄孫・・・と縦につながっているものです(子供や孫が1人ではなく2人以上でもよいです)。
たとえば、自動車が故障して走れなくなったとします。
故障には色々な種類があります。エンジンのトラブル、ギアのトラブル、タイヤのパンク、オーバーヒート、電気関係(走行を制御する電気回路)、・・・・。
電気関係の故障で走れなくなるとき、「電気系統のトラブルで走れなくなった」と言います。
これは、エンジンではないし、ギアでもないし、パンクでもオーバーヒートではなく、電気というグループに属した要素のトラブルだということを表します。

○数学の体系
×数学の系統

○地球上の生物は、どれもエコロジーという体系の中で生きている。
×地球上の生物は、どれもエコロジーという系統の中で生きている。

×電気体系のトラブル
○電気系統のトラブル

×アメリカ人のほとんどは、先住民族ではなくヨーロッパやアフリカの体系の血を引いている。
○アメリカ人のほとんどは、先住民族ではなくヨーロッパやアフリカの系統の血を引いている。

こんにちは。

小学校の算数では、
・(十進法の)数と足し算・引き算と掛け算・割り算
・倍数、約数
・比
・図形と面積
などを習いますが、これらはバラバラではなく、相互に関係があります。
たとえば、倍数、約数は掛け算・割り算と関係があり、さらには関数、方程式、素数などとも関係があります。
比は割り算や割合(速度、密度など)と関係があり、さらには、一次関数とも関係があります。
図形の面積や速度・密度は、微分積分と関係があります。
ですから、各々は切り離すことのできない「仲間」です。
こ...続きを読む

Q視力のいい人が望遠鏡を覗いたらどうなりますか?

視力のいい人が望遠鏡を覗いたらどうなりますか?

私が思うに望遠鏡やら眼鏡やら天体望遠鏡やらレンズと光の関係を考えて作られているので
望遠鏡内部ではそのことを考えて構築、そこら辺の安物の望遠鏡とかでは視力が高い人が望遠鏡を覗いたら、望遠鏡を見たら逆に遠くが見られなくなったと思うのですが、実際は違うかもしれないので伺います

Ⅰ・視力が高い人が望遠鏡を覗くと 視力の高い人ほど望遠鏡を使うとより距離が伸びて見れる
Ⅱ・視力が高かろうが低かろうが望遠鏡の質よって見える距離は固定
Ⅲ・視力が高い人が望遠鏡を覗くと 視力の高い人ほど望遠鏡を使うとより距離が短く見れる

このうちどれなのでしょうか?

Aベストアンサー

IIです。視力は関係ありません。

 例えば天体望遠鏡の拡大率は対物レンズの焦点距離と接眼レンズの焦点距離の組み合わせで決まります。
 具体的には「倍率=対物レンズの焦点距離÷接眼レンズの焦点距離」です。
なのでその天体望遠鏡を覗く人の視力は関係ありません。
 視力の差は対物レンズと接眼レンズの距離に出ます。つまり人が実際に覗いた時に眼の中で焦点が合う位置です。

Q「関白は次第のままに」の口語訳をネットで調べても出てこないので

「関白は次第のままに」の口語訳をネットで調べても出てこないので
どなたか分かる方に教えて頂きたいのですが…

Aベストアンサー

大鏡ですね?

「次第」は、この場合、予定の順序とか、常識的な順番、とかいう意味になります。
もっと具体的には、ズバリ、「兄弟の年齢順」という意味です。

現関白太政大臣が、死ぬとか引退するとかで、関白職に欠が出たので、次期関白を任命しなければなりませんが、その任命が、個人的な縁故関係とか、人情がらみとか、そのときの政治家としての名声や実績とか、世間における人気とか、そういうものによらず、順当な年功序列や兄弟の出生順、現在の役職の格式などに応じて、予定されていた順番どおりに行なわれるべきである、と言っているのです。

藤原兼通は、兼家よりも年長なのですが、弟の兼家のほうが兄の兼通よりもすぐれた政治的手腕を持っていたので、弟のほうが先に昇進していました。
そのことを恨んで、兼通は参内をサボりがちでしたが、摂政伊尹が死んで、次期関白を任命しなければならなくなったとき、皇后安子の直筆の手紙を、今上天皇の円融帝に見せます。
安子は兼通の妹、円融帝の母です。
この手紙には、「関白の任命は、兄弟の年齢順になさい。決して間違えなさらないように」と書かれてありました。
安子はこの時すでに死んでいたのですが、兼通は、いつかこの日が来ると思って、生前、妹に頼んで、この手紙を書かせていたのでした。
円融帝は、亡くなった母の手紙を見て、「お母様の筆跡だなあ」と感激してお泣きになり、母の遺志に従い、手紙の指示通り、兼通を次期関白に任じたのです。

大鏡ですね?

「次第」は、この場合、予定の順序とか、常識的な順番、とかいう意味になります。
もっと具体的には、ズバリ、「兄弟の年齢順」という意味です。

現関白太政大臣が、死ぬとか引退するとかで、関白職に欠が出たので、次期関白を任命しなければなりませんが、その任命が、個人的な縁故関係とか、人情がらみとか、そのときの政治家としての名声や実績とか、世間における人気とか、そういうものによらず、順当な年功序列や兄弟の出生順、現在の役職の格式などに応じて、予定されていた順番どおりに行な...続きを読む

Q「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」について

この間、「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」にだった
というニュースを見たのですが
私昔「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」って学校の先生に
教えてもらったような気がするのですが・・・
私何か勘違いしてたのでしょうか?

ふざけてるわけではなくて
本当に純粋な疑問です。

「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」って最近分かった事なんでしょうか?
それとも他にも「卑弥呼の鏡」があって
それは「魔鏡」って分かっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

>私昔「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」って学校の先生に教えてもらったような気がするのですが・・・私何か勘違いしてたのでしょうか?
魔鏡という現象は古くから知られていました。
厚みの薄い銅鏡で認められる現象です。
所謂、卑弥呼の鏡と呼ばれている銅鏡の厚みが薄いことから。魔鏡としての特性を備えているだろうと考えられていました。
この辺のお話を学校の先生は御存知だったのでしょう。
魔鏡現象を示させる為には熟練した研磨技術が必要です。しかも手作業が必要です。
遺跡から発掘した遺物を、実際に熟練した職人さんに研磨してもらったことがあったかどうかは寡聞にして知りません

>というニュースを見たのですが
3Dプリンター関連のニュースですか?
説明不足で誤解が生じたようです。
今までは、大切な遺物を勝手に磨いたりいじったりすることができなかったが、3Dプリンター技術によって、遺物に直接手を触れなくとも、できたレプリカを使えば自由に弄り回せるようになった。
現に、三角縁神獣鏡のレプリカを作ってみたら魔鏡現象を確認することができた。
という主旨だったはずです。
これが、短絡して卑弥呼の鏡は魔鏡だったと伝わったようです。
「魔鏡」という言葉もなにやら怪しげで神秘的な雰囲気の言葉ですので、このような誤解も止むを得ません。

>卑弥呼の鏡」は「魔鏡」って最近分かった事なんでしょうか?それとも他にも「卑弥呼の鏡」があってそれは「魔鏡」って分かっていたのでしょうか?
上記の説明の通りですが、「卑弥呼の鏡」という言葉にも若干誤解というか混乱があります。
中国の古い書物に、卑弥呼なる人物に中国の皇帝が100枚の鏡を下賜した、という記録があります。
日本の古墳から、三角縁神獣鏡と名付けられた鏡が出土しています。
この古墳から出土した鏡が、中国の文献に記載されている鏡ではないのか、とされています。

卑弥呼に下賜された鏡という意味で卑弥呼の鏡と呼ばれるようになりました。
つまり、一般に「卑弥呼の鏡」という言い方は三角縁神獣鏡のことを言っています。
結果として「卑弥呼の鏡」は沢山あることになります。
又、肉厚が薄いことから、熟練した職人さんが研磨すれば「魔鏡」現象を起こす可能性は充分にあります。


(1)魔鏡現象
厚みの薄い銅鏡を磨くと、手の加減で、裏面の模様の凹凸が鏡の表面にできてしまいます。
この凹凸がほんの僅かな為に、鏡を目で見た限りは見分けがつきません。
光をあてて反射させて壁などに向けると、鏡の映像の中にぼんやりと裏面の模様が浮かび上がります。
この現象を示す鏡を魔鏡と呼びます。
(2)三角縁神獣鏡
鏡の裏側の縁の断面が三角形で、模様に空想上の動物(神獣)が鋳込まれた鏡
(3)三角縁神獣鏡と卑弥呼が下賜された鏡との関係
当初は、同じものと考えられていましたが、最近の研究では、必ずしもそうではない、と言われています。

>私昔「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」って学校の先生に教えてもらったような気がするのですが・・・私何か勘違いしてたのでしょうか?
魔鏡という現象は古くから知られていました。
厚みの薄い銅鏡で認められる現象です。
所謂、卑弥呼の鏡と呼ばれている銅鏡の厚みが薄いことから。魔鏡としての特性を備えているだろうと考えられていました。
この辺のお話を学校の先生は御存知だったのでしょう。
魔鏡現象を示させる為には熟練した研磨技術が必要です。しかも手作業が必要です。
遺跡から発掘した遺物を、実際に熟練し...続きを読む

Q天文学の「文」の意味、何何文の例

天体学で体と同じかなあとも思うのですが・・・。

Aベストアンサー

天地人という表現があります。天文、地文、人文と並べるとわかるでしょう。「何々に関する」です。
似た表現で「水文 (学)」があります。水の流れや治水に関する学問です。

Q妹の宿題が分かりません。鏡と像

妹の宿題が分かりません。鏡と像
鏡に全身を映すには大きさは何cmあればいいか。
身長156cm
鏡との距離1m像の大きさ78cm
鏡との距離2m像の大きさ78cm
鏡との距離3m像の大きさ77cm
鏡との距離4m像の大きさ78cm

Aベストアンサー

理科(科学)「光の反射」の夏休みの宿題でしょうか^^ゞ

詳しい説明は、実験をしながらでないと分かり難い、と思いますので省きますが。

例えば、「16cmのヒトを写すのに必要な鏡の大きさは何cmか」という簡単な実験を行ってみると良く分かります。結果は『身長の半分の大きさでよい』ということになりますね。

つまり、この質問の場合なら「身長156cmのヒト」が対象なので、その半分の大きさ。

156÷2=78cm

となります。結果、78cmの鏡なら全身が映せる訳ですね。ちなみにこの問題の場合、「鏡と人の距離」については、あまり考える必要はありません。

ご参考までに☆

Q現代文について質問があります。 現代文がとても苦手で全然取れないのでどうしようか考えてた時、友人から

現代文について質問があります。
現代文がとても苦手で全然取れないのでどうしようか考えてた時、友人から「現代文なんてのはちょっと難しいただの間違い探し。記述もしっかりポイントとキーワードを掴んだら解ける。話が難しくて理解出来ない文章でも、設問の書いてある箇所とない箇所を見極めるだけで簡単に解ける。」と予備校講師まがいな事を言われて、疑いつつも実践してみたらビックリするほど本当に点数を取れるようになったんですがこのままこのやり方を続けても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>ビックリするほど本当に点数を取れるようになった

いいんじゃないの? それならそれで。

Qケック望遠鏡の光学系について

アメリカのケック望遠鏡の主鏡は、六角形の鏡を何枚も合わせて、
直径10メートルの巨大な反射鏡であるということですが、

質問1.鏡と鏡の間は金属枠(?)のようなもので接合されているが、
   これは天体撮像時にどのような影響を与えるのでしょうか。

質問2.小さな六角鏡から組み上げられた巨大鏡の形もまた
    六角形でありますが、同口径の円形鏡と比べるとこれは集光能力や
    精度にどういった違いが(どれくらい)生じるのでしょうか。

質問3.将来、合わせ鏡式の望遠鏡の技術が高まって
    広く普及した場合、今のドブソニアン式のように
    一般人が大口径のものを自作するなんて事は
    ありうるでしょうか。

質問が多くてすいません。
どれかひとつでも答えていただけるとありがたいです。

ケックの概要は放送大学を見て知ったんですが、
あまり納得がいかなかったのです。
別に鏡は円形でなくとも光は集められるのですね。
あたりまえと言えばそれまでですが、ちょっと不思議な感じはします。

Aベストアンサー

A1.
光を反射しないように、まっくろに塗っておけば枠の影響はないはずです。

A2.
集光力は鏡の面積に比例するので、同じ面積の円形鏡と同じになります。 分解能角は鏡の直径に反比例するので、干渉環を含むジフラクション像は、鏡の形の影響を受けます。 全体の形が6角形なので、6角形に近い像を結ぶでしょう。

A3.
ふつう手作りの反射鏡は、すり合わせで作るので球面になります。 本当は放物面鏡でなくてはいけないので、球面鏡を複数組み合わせると、収差を持った像が鏡の数だけ現れると思います。
では全く可能性がないかというと、球面鏡を薄く作りアクチュエータで強制的に放物面に変形させる技術が普及すれば、可能になると思います。

Q漢文の句法

こんにちは。宜しくお願いします。

私は国公立大学志望で、センター試験、二次試験共に漢文が必要で勉強を進めています。
理系ですが、もともと国語自体は苦手ではありません。
ただ、漢文の句法、それも疑問や反語の部分で苦戦しています。
累加形や抑揚形など特徴があったり、数が少ない句法は割とすんなり覚えられるのですが、疑問や反語は似たような句法や語順が変わるだけで意味が入れ替わったりと覚えにくく、難儀しています。(敢不と不敢など)

丸暗記が苦手で、英語などではいつも理由や成り立ちから理解しようとしているのですが、漢文は参考書も少なく、あまり勉強がはかどりません。
周りからは漢文はそんなに重要な科目じゃないから大丈夫だと言われますが、それだけに点数を取っておきたいです。

漢文を勉強する際のコツや注意点はありますか?
また、種類も多く混同してしまいがちな句法はどのように勉強すればいいでしょうか。
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

時間的に余裕があるなら、「漢文法基礎」加地伸行著・講談社学術文庫
がお勧めです。また、ざっと目を通しておいて、必要な時に目次から探して参照するのもいいでしょう。本屋で立ち読みして決めてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報