四式戦闘機(疾風)、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?私は急降下速度と20ミリ機銃胴体装備の点で五式だと思うのですが・・・

A 回答 (5件)

私の持っている本に、No.3の答えの記載とおなじで、「戦後の米軍の調査で日本の陸海軍戦闘機中で四式戦(疾風)が最優秀と評価された」と書かれています。


五式戦、紫電改の生産機数がそれぞれ約400機に対し、四式戦は約3300機と多く、実戦を経て改良が良くなされている為と思われます。
性能的にはたいした差はないでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/26 16:00

戦争終盤になると、米軍パイロットは格闘戦を禁止されてますから、実戦的な比較は難しいです。

日本側の零戦二一型の編隊が、あまりに飛び方がシロウトなので、F6Fで格闘戦を挑んだら、中に混じってたベテランに相当数食われた、という空戦もあったようではありますが。
運用的には、秋月型に守られた信濃に紫電改乗っけて、機動的な防空態勢を構築するって構想が、一番マシに思えますが、潜水艦ウヨウヨで実現不可能なのが難点・・・。

この回答への補足

紫電改の艦上型について信濃が沈められて既に空母が無かったってあるけど、飛龍の改良型の雲龍が昭和20年にありましたよね。
何で使わなかったんだろ

補足日時:2009/05/26 12:51
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/26 12:55

うろ覚えですが、戦後に米軍が捕獲した日本軍の全ての戦闘機を品質の高い燃料を使ってテストした結果、四式戦闘機(疾風)が日本軍の最高の戦闘機だと書いた本がありました。


格闘戦(ドックファイト)では、P51に勝ると書いてたかな???
本の名前は忘れてしまいました。
ですので日本軍最強の戦闘機は、四式戦闘機(疾風)でしょう。
ご参考まで

この回答への補足

四式戦の高空性能はどうですか?
高度1万で確実に空戦できたのは、3式戦、5式戦、海軍では雷電程度であったそうですが・・・

補足日時:2009/05/26 12:43
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2009/05/26 12:41

>四式戦闘機(疾風)、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?



 スペック上の比較でしょうか? 実戦での評価でしょうか? いずれにしても三機種とも設計上の性能を発揮できたかどうか、という点では残念ながら不本意なものに終わったのが実相のようです。

 四式戦については、こういう記述があります。

>新鋭機と取っておきの精鋭というので、、われわれとしても大いに期待したものです。ところが、この期待の四式戦に重大な欠陥があったのです。エンジンが悪いんですね。エンジンを全開にすると、こわれてしまうと言うんです。四枚プロペラで、星型の一千六百馬力のエンジン、正面から見ると小さくて、空気抵抗が小さいからほんとうは非常にいい戦闘機なんですが ~ エンジンの質が落ちているから一千四百馬力ぐらいしか出しちゃいかんという使用制限が内地から来ました。この二百馬力は大変な差ですよ。それなら最初から千四百馬力の飛行機の方がよほど使いやすいんです。まあ、そんな上品な飛行機ですからね、ちょっと間違うと故障するんです。それに ~ 車輪がすぐパンクするといったことも手伝って結局稼働率は四、五十パーセントぐらいではなかったかと思います。 (当時フィリピン 第4航空軍参謀佐藤勝雄中佐の回想。『昭和史の天皇』読売新聞社 所収

 次に紫電二一型(紫電改)について

>部隊に配属された機体は最初のころは非常に調子がよく、西日本方面の防衛戦では大いに敵機を悩まし、本機に対する期待が大いに高まった。 ~ しかし量産が進むと「誉」発動機の不調から故障が続発し、機によって性能に相当なむらが出るなど活動はいきおい制限されていった。 (『航空ファン別冊 日本海軍機写真集』文林堂

 さらにフィリピンにおける紫電の稼働率は20%以下であったそうです。

 五式戦(キ100)はどうかというと、

>実戦を経験した操縦者が「キ100」の扱いやすさ、運動性能を認めながらも速度面では著しく劣るとの声を残しているように「キ100」は陸軍の期待を集めながらもその実態は限定された状況でのみ活躍可能な戦闘機でしかなかった。高く評価された信頼性もあくまで不調の「三式戦」と比較したうえでのことで、実際には水メタノール噴射装置付きの「ハ112II」の整備には微妙な部分が多くあったし、新発動機につきまとう部品不足、技術情報不足などもあって抜群の信頼性を誇ったわけではなかった。 (古峰文三~文章 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ 61 三式戦飛燕・五式戦』 学習研究社 所収

 旧軍の飛行機は機体、武装、通信機、燃料のすべてに脆弱さがあり、とくにエンジンに致命的な欠陥がありました。至る所から油が漏れるのです。原因は鋳型加工とパッキンそれからハンダという極基礎的なもので、整備員が締めても締めても漏れました。整備員を撮った写真を観れば判りますが、いちように服は油で真っ黒です。(たとえば『丸メカニック 三式戦飛燕&五式戦』41ページ)。従って飛行中のエンジントラブルで不時着殉職する犠牲が多かったのでした。中国で四式戦に搭乗していた元飛行戦隊中隊長は、とにかく上昇力を得るために不要な計器、防弾板、落下傘、無線機を外し、ようやく米機と対戦できたと語っておられましたから三機種のうちどれが『最強』であったにせよ、第二次大戦中の最強戦闘機P-51には遠く及ばないといわざるを得ません。

 

この回答への補足

P51が最強というのはわかってます。
あくまでも四式、五式、紫電改の比較でお願いします。

補足日時:2009/05/26 12:41
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2009/05/26 12:33

最強は四式戦闘機です。


戦争末期東南アジアでイギリス軍の爆撃機や戦闘機をバタバタと撃墜していました。

五式戦闘機は出てくるのが遅かったですね。
早く空冷エンジンに交換していればもっと活躍したと思います。

紫電改は撃墜されすぎです。
帝国海軍が初めて搭乗員の命を守る(海軍は搭乗員は消耗品と言っていました)と言う考えの下に製造されました。
でも防弾がいまいちのようで、松山の343航空隊も終戦を待たずに幹部クラスが戦死して名前だけのようでしたから。

この回答への補足

四式戦の故障率はどうですか?
まんが「太平洋日米航空戦記」の小林たけし 「2千馬力の野郎ども」で西安飛行場攻撃に行く3機のうち、1機が故障で途中で帰還してますが。
評判の高い初期でこんなに故障するなんて・・・

補足日時:2009/05/25 21:39
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 21:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機..夜間戦闘機とはなにか?

第二次大戦中の軍用機の本を読んでいると、「夜間戦闘機」なるカテゴリの一群の飛行機についての説明に目が止まりました。

艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機 などは名前からして大体の用途は想像がつきます。でも、夜間戦闘機なるものの定義がわかりません。これらの機体はナニヲモッテ「夜間」戦闘機なのでしょうか?

1)「何らかの夜間でも戦闘ができる装備」を持っている?
 強力なサーチライトやレーダー等?
 とてもそんな風には見えないけれど..
2)夜間でも離着陸できる工夫がある?
 飛行場の管制官と会話ができたり、グライドパスを確認できたりできる?
 戦争中にそんなのんきな事が許されるか?
3)夜目が効く乗員専用シートがあった
 そんなバカな... 

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>斜め銃と夜間戦闘と何の関係があるんでしょうか?

(B-29は爆弾搭載時でも1万m以上で飛行可能なので、例外ですが、)「B-17のような重防御の大型爆撃機相手の空戦の際には、前方に向けた機銃を装備した通常の戦闘機では、射撃チャンスが短く、昼間でも撃墜が困難であり、視界の悪い夜間は尚更である」と主張した、第251航空隊司令の小園安名中佐が、胴体に斜銃を装備した機体で、敵爆撃機の後ろ下方にぴったり張り付いて、敵機と(上下方向に)平行に飛行しながら、敵機を打ち捲くるために考案したものです。

昭和18年春、第251航空隊が『二式陸上偵察機』2機を現地改造して、後部胴体に斜め上方30度に向けて20mm機銃2丁を装備した機体で、同年6月、ブーゲンビルにおいて、B-17の夜間空襲を迎撃して戦果を上げたことから、『二式陸上偵察機』を三座から複座に改造した上で、斜銃を装備した機体に対し、丙戦(夜間戦闘機)『月光』と名付けて制式採用したのが日本における斜銃装備機の始まりです。

Q五式戦闘機の名前ってないんですか?

長年の疑問です。

一式戦闘機は「隼」
二式戦闘機は「鍾馗」
三式戦闘機は「飛燕」
四式戦闘機は「疾風」

ですよね。

五式戦闘機って名前ないんですか?
なんで名前ないんでしょ?

Aベストアンサー

陸軍機だから、でしょうか。

海軍と違って、陸軍は愛称を制式名称とはしなかった様なんですね。ですからあくまでも「~式~」が正式な名称であって、隼とか鍾馗とかは「マスコミ向けの愛称」だったそうなんです。

で、五式戦は制式採用されていないので、そもそも「五式戦闘機」という名称自体が制式な物ではない。言ってみれば愛称。だからそれ以上の愛称を必要としなかった様なんですね。

Q局地戦闘機 紫電改について

太平洋戦争末期に登場して、本土に来襲するアメリカの艦載機と互角に戦った紫電改。零戦では歯が立たなくなっていたF6Fをバタバタと撃ち落したと聞きましたが、特に優れていた性能は何でしょうか?性能はF6Fを上回っていたのでしょうか?また紫電改といえば343空ですが、他の部隊への配備はありましたか?

Aベストアンサー

 343空の活躍は紛れも無い事実ですが、その活躍の源になったものはといえば、当時の全ての前線からかき集めたベテランパイロットの力によるものだとよく言われています。

 たしかに撃墜記録が一人で100機を数える(共同も含めてですが)小高登貴上飛曹や上杉庄一、坂井三郎のような、名人クラスのパイロットがごろごろしていました。これに加えてやはり「紫電改」という、新鋭機の存在も大きな要素です。しかしその他にも当時の陸海の飛行隊には発想しえなかった二つの要素が絡んでいます。そして実はこの二つの要素が非常に大きなファクターを占めていたのです。

 それは343空「剣」司令・源田実大佐の存在が大きな役割を果たしていました。優秀なパイロットと戦闘機だけでは現状の戦いには十分ではないことを冷静に分析していた源田司令は「通信」と「偵察(情報)」の二つに、部隊編制以上の労力を注ぎ込んだのです。

 通信は地上のレーダーと見張り所を含めての、トータル的な通信網として整備されました。空中の戦闘機部隊と地上との連絡はもちろん、各飛行隊同士、さらには飛行隊内の各僚機同士の連絡を可能な限りスムーズにしたのです。これは背後に目の届かない航空機にとっては非常に大きなメリットとなり、撃墜率はもちろんのこと生存率の大幅な向上にも繋がりました。

 当時の日本の航空機無線は非常に性能が悪く、空中でも50キロも届かない(それさえも酷い雑音混じりですが)状態だったものを、当時では最高クラスの通信のスペシャリスト・塚本祐造大尉(横空所属)を獲得して、その10倍は通信可能な無線機に(機体側のシールドも含めて)仕上げたのです。
 当時はあまりの性能の悪さに、腕に覚えのあるパイロットたちは、デッドウェイトになるだけだと、機体から降ろしていたことを考えると画期的でさえあります。

 さらに源田司令は「偵察(情報)」にも力を入れています。当時日本へ航空機攻撃を仕掛ける米軍機は艦載機が主力を占めていたことを見た源田司令は、地上からの能力の低いレーダーが敵機を発見して飛び上がっても優位な位置を取ることは難しいことを考え、敵機動部隊の直前まで偵察機を飛ばすことによって敵の動きを監視し、日本本土への攻撃の徴候を発見次第連絡をすることによって、343空の戦闘機を余裕を持って迎撃態勢に付かせるようにしたのです。

 このために源田司令は当時最高レベルの偵察部隊であった偵4部隊(偵察第4飛行隊)をフィリピンから、当時の最新鋭偵察機「彩雲」と共に引き抜いています。

 これで今までにない一大通信・情報ネットワークが構築されたというわけです。今の軍事常識では当たり前のことを普通にやっただけなのですが、それだけで過去にない大きな戦果を挙げることが出来たのですから、源田司令の存在の大きさが分かります。

 紫電改は343空が唯一の配備部隊と言われていますが、それ以前に実戦部隊への配備として(実際には試験的な意味合いがありました)、横空(横須賀海軍航空隊)と空技廠(海軍航空技術飛行実験部)に零戦・雷電との混成部隊として若干数ですが配備されていた時期がありました。
 実際に昭和20年2月17日には厚木上空で始まった空戦で零戦・雷電と共に多くの撃墜記録を残しています。

 またF6Fとの性能的な差ということですが、これには多少の身びいきや主観的な物が入りますのでスペックを並べていろいろ比較する以前に、正直五分五分であったとしか言いようがないですね。現実的にはF6Fとの戦闘だけを考えて「紫電」「紫電改」が登場したというわけではなく、それ以外にもF4U・P51・P47などの優秀機がすでに登場していたことを考えると、紫電改VSF6Fという図式はあまり意味のないものだと思います。

 やはり紫電改は敵の高性能爆撃機の邀撃を第一に考えた局地戦闘機と考えたほうがいいかと思うのですが、その高性能のゆえに思わぬ活躍の場が用意されていたというわけですね。

 343空の活躍は紛れも無い事実ですが、その活躍の源になったものはといえば、当時の全ての前線からかき集めたベテランパイロットの力によるものだとよく言われています。

 たしかに撃墜記録が一人で100機を数える(共同も含めてですが)小高登貴上飛曹や上杉庄一、坂井三郎のような、名人クラスのパイロットがごろごろしていました。これに加えてやはり「紫電改」という、新鋭機の存在も大きな要素です。しかしその他にも当時の陸海の飛行隊には発想しえなかった二つの要素が絡んでいます。そして実は...続きを読む

Q戦闘機の機銃のスカ弾の行方は?

ミサイルが発達する前は、機銃を撃って敵機を撃墜するわけじゃないですか。
でも、エースパイロットですら撃った弾すべてが当たるわけじゃないですよね?
絶対にスカする弾が出ますよね。
それって普通に考えたら地面に向かって落下していきますよね?
機銃の初速+落下による加速。
それで、もう十分な殺傷力を持っていると思うんですが、例えば基地上空で迎撃戦なんてやったら下にいる司令官や整備兵は溜まったもんじゃないですよね?
まぁ機銃掃射や爆撃が怖いので、防空壕に退避していると思いますが、空戦が終わってみれば兵舎や格納庫が穴だらけなんてことはあったのでしょうか?

Aベストアンサー

軍用ヘルメットは基本的に上からの落下物さえ防げば、
生存率が上がるような構造になっています。
弾ないしは、砲弾の炸裂片がまともに当たったら、貫通してしまうような強度です。

ただ、西部劇でも警官でも威嚇等のため上に向かって発砲しますが、
狙ってもまともに当たらないのに、いい加減に打って何か当たって問題になるような確率は
きわめて少ないとおもえます。
事件でしらみつぶしの捜索をかけて見つかると、そんな弾はほとんど変形せず、
旋状痕を採取できるようです。
とにかく落ちてくる弾による被害より、大量に畑等に落下した劣化ウラン弾による放射線の被害が
大きいというのが現実では。

Q旧日本海軍の戦闘機で最強のは?

紫電改なのでしょうか?
武装について。20ミリより、12,7や7,7ミリ機銃をたくさん積んだほうが対戦闘機戦では有利だったと聞きました。実際アメリカの戦闘機だかに7.7のみをズラリならべていたのがあったような...。どうでしょうか!

Aベストアンサー

ANo.#2の訂正(?)

失礼しました。海軍機限定の質問でしたね。

ただ、海軍機も『紫電改』のような艦上戦闘機への流用も考慮した機体と、『雷電』のような局地戦闘機専用の機体とでは、作りが違う&用途も違うので、どれが最強かというのは、一概には言えないと思います。

設計通りに完成していれば、三菱A7M2『烈風』(烈風のエンジン換装型)か、川西J6K1『陣風』(機種整理でモックアップのみ完成)かでしょうか・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報