お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

少量なら、


1.硫酸銅五水和塩(式量、FW=249.69)を水に溶かす。
2.塩化バリウム(式量、FW=208.33)も水に溶かす。
なお、出来れば両者のモル濃度(mol/L)は同じぐらいにしておいた方が良い。
2を撹拌しつつ1.に加える。硫酸バリウムの白色沈殿が生ずるので静置して沈殿が沈みきるのを待つ。
2を1滴加えても沈殿が出来ない状態になったら、ブフナーロートで吸引濾過で硫酸バリウムを除く。次いで定性濾紙で濾液をゆっくり再度濾過する。
3.緑色の溶液を加熱濃縮する。緑色の塩化銅(II)二水和物は非常に水に溶け易く潮解性があるので、結晶が出てきたら、ブフナーロートで吸引濾過し、エタノールから再結晶する。↓
http://www.pref.shiga.jp/e/imuyakumu/dokugeki/e2 …

でも買った方が早いよ。^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
レポート書けそうです
(^3^//)

お礼日時:2009/05/26 21:10

生成?


塩素に熱した銅線を入れる。


精製?
・・・だったら再結晶できるのでは?
塩化銅(II)なら蒸留水かアルコールで。
塩化銅(I)なら濃塩酸に溶かしてから蒸留水を加える。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩化銅水溶液に電流を流して電極に起こる変化を調べる実験なんですけど、

塩化銅水溶液に電流を流して電極に起こる変化を調べる実験なんですけど、結果は
塩化銅を水溶液にすると、銅イオンと塩素イオンに分離することはわかります。
ただ、それがどうやってわかるのですか?
褐色の銅が出てくるんでしょうか・・・・
塩素、銅だとなぜわかるのか教えてください。
中学3年生のレベルでお願いします。

Aベストアンサー

 ちょっと違います。
 塩化銅は、水溶液状態で銅イオンと塩化物イオンに電離します。
 これに電流を流すと、負極に銅イオン、正極に塩化物イオンが近づいていき、負極で銅イオンは電子を受け取って銅単体に、正極で塩化物イオンは電子を放出して塩素単体になります。
 これを、それぞれ分析します。
 負極には銅に特有の、赤銅色の金属が表れます。
 正極は泡が出てきて、それを集めると塩素特有のにおいがします。
 これ、他のものにはない特徴なので、塩素だ、銅だとわかるというわけですが。

 一応、高校レベルになると物質特有の検出方法というものが取り上げられると思いますが、中学レベルではこのあたりでしょうか。

Q分かる方お願いします どうかお願いします

誰か分かる方お願いします


葉脈の網目が不規則型と普通型、葉の切り込み型と丸型がある。葉脈に関して優性遺伝子をI、劣性をi
葉の切り込み型の優性遺伝子をD、劣性をdと表す。

実験I
不規則型で切り込み型の個体と普通型で丸型の個体を交雑したらF1の個体はすべて不規則型で切れ込み型だった。さらにこのF1どうしを交雑してF2をえた。

問い1
上の実験でえたF2の個体に検定交雑をしたらID:Id:Di:idは1:1:1:1になった
この時の遺伝子型は?

問い2
実験IでえたF2は葉脈と葉の形態の2つの遺伝子がともにホモである個体の割合は?

あと検定交雑を詳しく解説してくれたら助かります。

詳しくわかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
まず、Iの遺伝子とDの遺伝子を別々に考えましょう。

(I):(i)の比は1:1検定交雑ということはヘテロ接合体と交雑することなのでIiとiiの交雑なら条件を満たしますよね。

(D):(d)の比も1:1なので同様にDdとddの交雑といえます。

ここで上のことを合わせて考えると『iidd』

(2)
配偶子の表をつくって考えましょう。F2の考えられる配偶子はidのみ、検定交雑のために使った遺伝子のものはID、Id、iD、idが等しい数だけ出てきそうだなぁということは大丈夫でしょうか。

そうしたら縦と横にそれぞれの配偶子を並べて出来る子どもの表を作りましょう。IiDd、Iidd、iiDd、iiddが一個ずつ出てきたと思います。
この中で共にホモ接合体なのはiiddのみ。全体の1/4なので『25%』

検定交雑のポイントは一気に二つの性質を考えるのではなく、一つずつ考えることです。そうすれば五つになろうが六つになっても対応が出来ます。あと、配偶子同士の表をつくってそこから出来る子どもの性質を考えましょう。
どんな配偶子が出来るか調べるときも表を使えますが子どもを調べるときに使った表と混同することもあるのでなるべく頭の中で済ませた方がいいです。

表はこんなものでいいです。

(1)
まず、Iの遺伝子とDの遺伝子を別々に考えましょう。

(I):(i)の比は1:1検定交雑ということはヘテロ接合体と交雑することなのでIiとiiの交雑なら条件を満たしますよね。

(D):(d)の比も1:1なので同様にDdとddの交雑といえます。

ここで上のことを合わせて考えると『iidd』

(2)
配偶子の表をつくって考えましょう。F2の考えられる配偶子はidのみ、検定交雑のために使った遺伝子のものはID、Id、iD、idが等しい数だけ出てきそうだなぁということは大丈夫でしょうか。

そうしたら縦と横にそれぞれ...続きを読む

Q鉄、アルミ、マグネシウムと塩化第一鉄と塩化銅の水溶液

鉄、アルミ、マグネシウムを塩化第一鉄と塩化銅の水溶液に入れたときの反応式などを教えてください。

Aベストアンサー

Fe^(2+)、Al^(3+)、Mg^(2+)、Cu^(2+) のイオン化傾向を考えればわかりませんか?

たとえば、塩化銅(II)水溶液にマグネシウムを入れた場合、イオン化傾向は、
Mg^(2+) > Cu^(2+) なので
 Mg + Cu^(2+) → Mg^(2+) + Cu …(1)
よって (1) の両辺に 2Cl- を足して、
 Mg + CuCl2 → MgCl2 + Cu

上記を参考にして、同様に考えればほかの問題も解けると思いますが、いかがでしょうか。

Q医学生、お医者さんにお願いします。

医学専門書で
(1)腫瘍の転移に関して詳細に記述されている書籍があったら教えていただけないでしょうか?
具体的には脈管系を中心にどのような順序でリンパ節、他臓器への転移が起こるか、血液中での腫瘍細胞の動態など悪性腫瘍がどのように広がっていくかを、総論的に説明されているものをお願いします。

(2)(1)と同様に感染症(特に敗血症)の動態を詳しく記述されたものもあればそれもお願いします。

病理学、腫瘍学、解剖学に類するものになるとは思いますが、お勧めの書籍があればよろしくお願いします。

できれば洋書ではなく、和書のほうが助かります。
またHP等(海外も含む)であってもそのような内容が充実しているものがあれば教えてください。

医学カテゴリがなかったのでこちらに投稿いたしました。

Aベストアンサー

 ご自分で書かれた言葉で検索してください。wikiや書籍が見つかります。

Q中学二年生です。 今日 理科で塩化銅水溶液を 電気分解する実験を行いました。 電気を流した後 におい

中学二年生です。
今日 理科で塩化銅水溶液を
電気分解する実験を行いました。
電気を流した後 においをかごうとして
かいでみたら なんのにおいもしないので
あれ?と思い近くで
結構吸ってしまいました。

それから鼻の奥が圧迫される感覚が
あり 今は呼吸がしずらいです。
つばなど物を飲み込むと痛いし
塩化銅水溶液は有害だと聞きました。
少し怖いです。

このまま放置しても
大丈夫なのでしょうか?
対処法なども教えてくれると
嬉しいです。

Aベストアンサー

塩化銅水溶液の電気分解実験では
塩化銅は、CuCl2 → Cu2+ + 2Cl-
と電離しています。

陰極では
Cu2+ + 2e- → Cu
電極から2価の銅イオンが電子を2つもらい、電極表面に銅が析出します。
陽極では、
2Cl- → Cl2↑ + 2e-
塩素イオンが電極へ電子を渡して、電極表面で塩素ガスが発生します。

多分その塩素ガスを吸い込んだのでしょう。
普通塩素ガスは特有の臭いをするはずですが、鼻の状態が良くない・ガス濃度が薄い等があると、
臭いを感じないかもしれません。

塩素ガスを吸引してしまうと呼吸器に損傷を与えるので、貴方の症状はその影響が出ているだと思います。
目にも影響したり、あまり吸い込み過ぎると重大な事故にもなってしまいます。

私は、実験で塩素ガスを吸ってしまったことが何度かありますが、独特の臭で気が付くので多量に吸ったことはありません。
なので、そのような症状も出たことがありません。

呼吸がし難いのが続くのなら医師の処置を受けることを勧めます。

Q細胞関連の分析でお詳しい方お願いします。

私は現在、大学の研究で、
「細胞内に化合物を導入し、その化合物が細胞内でどういった挙動を示すか」について検討しています。

私の研究室は有機化学や合成化学が専門なので、
こういった細胞を扱う研究は私が研究室では第一人者です。
ほとんどノウハウのない状態でここまで続けてきました。

化合物は本来、細胞膜を透過しないのですが、なんとか細胞内に入れ込むことに成功し、
その化合物を取り出すことも達成しました。
化合物は構造を維持されており、実験方法は確立しつつあります。

しかし、細胞内に導入できる「量」というものがとても微量で、
細胞溶解液から化合物の状態を分析したいのですが、細胞の内容物に埋もれてしまって容易に確認できません。UV-visで分析していますが、ピークが小さすぎてノイズで隠れてしまうのです。
細胞内導入の方法はたくさんありますが、色々試した結果、唯一といってよいほど簡便で優れた方法が現行の方法です。

導入量は増やせないという問題を抱えながら、目的を達成するにはどんな工夫ができるでしょうか?
私は、
大型のウェルに大量に細胞を培養→化合物を導入後、回収→細胞溶解し、精製→濃縮し、分析
という方法が見込みがあると考えています。
どうでしょうか?

どうしても考え方が化学なので、生物専門の方の意見が聞きたく質問させていただきました。
お願い致します。

私は現在、大学の研究で、
「細胞内に化合物を導入し、その化合物が細胞内でどういった挙動を示すか」について検討しています。

私の研究室は有機化学や合成化学が専門なので、
こういった細胞を扱う研究は私が研究室では第一人者です。
ほとんどノウハウのない状態でここまで続けてきました。

化合物は本来、細胞膜を透過しないのですが、なんとか細胞内に入れ込むことに成功し、
その化合物を取り出すことも達成しました。
化合物は構造を維持されており、実験方法は確立しつつあります。

しかし、細胞内に導...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆる、ドラッグデリバリーですね。

細胞内には、一般の変わった化合物はかなり微量しか入っていかないですよね。スケールアップするのなら、30cmとかのシャーレとかをつかいます。

検出には、いろいろ過激な処理をした後、主にHPLCを使うと思います。UV-visだと、、、大丈夫ですか??

お分かりとは思いますが、生物系では、インプットしたものを取り出すよりは細胞がその化合物でどのような反応を示すかが一番の興味の対象で、その化合物が、そのままであろうが、修飾されようが、それは、2の次、3の次になります。

Q塩化銅水溶液の電気分解実験について

中学3年生の分野で今化学をやっています
最近塩化銅水溶液の電気分解実験を行ったのですが少し質問があります
実験は本来炭素棒電極(シャーペンの芯)で行うのですが、実験後時間が余ったのでクリップを使用して実験をしました
陰極には炭素棒の実験と同じように銅が付着したのですが、陽極からは気体が発生してる様子が見られませんでした
この実験結果もレポートとして提出しようと思うのですがどう考察すれば良いかわかりません
陽極から塩素が発生するものだと思っていたのですが果たして本当に塩素は発生しなかったのでしょうか?
はたまた実験失敗だったのか・・・
クリップは磁石にくっつくので多分鉄だと思います

Aベストアンサー

 そのときの電圧、電流を覚えていますか?
 銅は目に見やすいのでいいのですが、確かに気泡(塩素)はちっさ過ぎると目に見えないかもしれません。
クーロンの法則と気体の状態方程式(ここまでするかふつう)を使えば本来どのくらい気体が発生しなくてはならないのかが計算できます。
 まぁ、No.1の方の予測のとおり、クリップを直接入れたらクリップ側がとけちゃうだろうと思いますけど。
 (例)Fe->(Fe+2)+2(e-)
(Fe+2)+2(Cl-)->FeCl^2
ざっとこんなもんでしょ
 でも、レポートはそういうことをありとあらゆる可能性を考えたり、どういう見解からその答えを導いたかを書くべきだと思うので(埼玉県立工業高校卒業生)本来、このような場で聞いてはあまりいけないことだと思いますよ、私的には。

Q膜の種類について詳しい方おられたらお願いします。

RO膜・NF膜・UF膜・MF膜・PAN膜・PVDF膜それぞれどう違うのでしょうか?
PAN膜及びPVDF膜は素材による分類でそれ以外は膜のサイズかと思っているのですが、
ネットで調べても余計に混乱して困っています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

RO膜は逆浸透膜、NF膜は逆浸透膜でイオンや塩類の阻止率が70%以下の物、MF膜は精密ろ過膜で孔径が0.01μmから10μm程度なので、孔径以上の固体や最近の除去しか出来ません。
UF膜は限外ろ過膜で、分子量が千から数十万の高分子物質やコロイド状物質を阻止し、それ以下の低分子物質やイオン類を透過させる“分子ふるい”がおこなわれます。
PAN膜(ポリアクリロニトリル膜)は主にUF膜、PVDF膜(ポリフッ化ビニリデン膜)は主にMF膜として利用されいます。

Q中学二年生です。 私は理科で塩化銅水溶液を 電気分解する実験を行いました。 それから出てくる気体

中学二年生です。

私は理科で塩化銅水溶液を
電気分解する実験を行いました。

それから出てくる気体( 多分水素ガス )を
強く吸い込んでしまい その後
鼻の奥がひりひりした感じになりました。
その日の夜はひりひりしたところが
腫れてつばを飲み込むのでさえ
辛かったのですが 次の日の朝 昨日より
ましだから大丈夫かな? と思い放置
してそのまま1日が過ぎました。

そして今日 朝 ものすごく喉の奥が
ひりひりしてて 声もハスキーになって
しまいました。ドレミファソラシドを
言うのさえ困難です。
かすれて叫ぼうと思っても叫べなくて
どうしたらいいかわからないんです。

もぅ喉が痛い状態は2日以上たって
います。 治るのでしょうか…

このまま治らないのでしょうか?
母に相談しても考えすぎって
言われるんです。 でも咳もでるし
喉は常にカラカラしてひりひりして
水を飲む気さえ出ないんです。

治るのなら放置でもいいのですが
治らない時のを考えると最悪で…
もし病院に行った方がいいという方は
どうやって母を説得したら
いいでしょうか? 私の話に興味なんて
ないって感じです… イラつく

中学二年生です。

私は理科で塩化銅水溶液を
電気分解する実験を行いました。

それから出てくる気体( 多分水素ガス )を
強く吸い込んでしまい その後
鼻の奥がひりひりした感じになりました。
その日の夜はひりひりしたところが
腫れてつばを飲み込むのでさえ
辛かったのですが 次の日の朝 昨日より
ましだから大丈夫かな? と思い放置
してそのまま1日が過ぎました。

そして今日 朝 ものすごく喉の奥が
ひりひりしてて 声もハスキーになって
しまいました。ドレミファソラシドを
言うのさえ困難です。
かすれて...続きを読む

Aベストアンサー

それは早めに病院へ行って下さい!有害な物質だったら大変です!決してあなたをおどすつもりはありませんが、個人医ではなく大きな総合病院へ行ってください‼病院でしっかり起きた事を的確に伝えてください!もし万一の事があるといけないので、念のため。大丈夫ならそれにこしたことはないです❗お大事に!

Q明日、提出で困ってます!!お願いします。

生物のことなんですが、接眼ミクロメーター1めもりが12ミクロメーターの
接眼ミクロメーターで玉ねぎの細胞を見ると1.5目盛りだったんですが
その時の核の直径(ミクロメーター)と核の体積(立方ミクロメーター)
はどうやって求めればよいのでしょうか?計算式や解説も教えて下さい。
またこのミクロメーターで植物の気孔の数を調べると10目盛り四方に12個
ありました。この時の気孔は1平方ミリメートルについて何個ありますか?
これも良かったら教えて下さい。長くてすみませんでした。

Aベストアンサー

単純に1.5目盛だったのですから、18μmの細胞としか答えはでません。
核の大きさは測定しなかったのですか?
この大きさがわからないと計算できませんよ。
半径が解れば体積は4/3πr^3ですから計算できますよね。
気孔のほうは10目盛四方なので面積は0.12mmの2乗ですから0.0144平方ミリメートルになります。
この中に12個あったのですから12÷0.0144で
約833個となりますが、わかりますか?
120μmは0.12mmというところがみそです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報