微分の勉強をしていて、不定形という言葉がでてきました。
意味がよくわかりません。
0÷0=0ではだめなのでしょうか?∞/∞は不定形ですか?
不定形の定義と、不定形の式の見分け方について教えてください。
お願いします。

A 回答 (1件)

0 ÷ 0 = 0 はかなり危険な考え方だと思います。


ざっくり言ってしまえば、
lim x / x というのは、分子分母両方とも、0 へ限りなく近づく(x = 0 ではない。)
x→0
なので、0.0001 / 0.0001 = 1 だし、
0.00000000001 / 0.00000000001 = 1 なのです。
逆に、
lim x / x も 100000 / 100000 = 1
x→∞
説明するときりがないので、URL参照

参考URL:http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou3/lim102.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学生程度の数学の問題がまったくわかりません。基金訓練の試験問題のサン

中学生程度の数学の問題がまったくわかりません。基金訓練の試験問題のサンプルで手も足もでません。
助けてください。調べても理論がわからないのでまったく手も足もでません。泣きそうです。
どなたかご親切な方、解説をかいて教えていただけますでしょうか?
ネットに載せる関係上念のため数字を一部かえています。
助けて下さい。お願いいたします。

例)x(6x+4)+(4x+3)(3x-2)=
  (x+3)(x-3)=
(X+y+2)(X+y-2)=
5a(a-4b)-6ab=
(a+2)三乗 =

ルート13+ルート28=
(ルート8+ルート2)(3ルート6-2ルート2)=

x二乗+x-6ぶんのX二乗ーx-10=

X二乗+8X+10=0

x四乗ー5x二乗+7=0
(x-3)(x+1)=2x-8

Aベストアンサー

こんばんは No.2です

一個一個行かないと、一気には辛いと思いますよ。
中学と高校の頭くらいで、4,5年掛けてやるようなことですから^^

無理せず、ゆっくり。

ルートの中の話を。(疑問で頂いていますので)

~~~~~~
(ルート8+ルート2)(3ルート6-2ルート2) これも
普通に展開して、ルートを整理すれば大丈夫です。
 #掛け算のときに ルート の中なら中
 #外なら外同士を掛け算してくださいね
 #答えが 18√3 -12 になると思います。

の部分がまだよくわからないのです。
ルート8は2^*2で2ルート2ということはわかりました。
2ルート2+ルート2 で3ルート2でしょうか?
このあとの(3ルート6-2ルート2)の計算方法がわかりません
ルートが違うのでどのように計算したらいいのでしょうか?
~~~~~
(ルート8+ルート2)=3ルート2 で正解!

掛け算を普通にしてあげれば大丈夫ですよ。

3ルート2 ×(3ルート6-2ルート2)

これを普通に、展開してみてください♪
 #ルートの内外だけ注意してくださいね。

ルートの中身が違うときは、そのまま 別のものとして
扱ってください。
 #ここでは ルート12 が出てきます。
 #これが少し簡単にできますね (何かの2乗×何かになってます)

覚えることよりも、理解することのほうが大事ですから。
あせらず、じっくり。
No.3さんが言われてますね。
もうやっていることが、記号に変わっているだけですよ。

必ず見えてきますから。
心配しないで、着実に進んでください m(_ _)m

こんばんは No.2です

一個一個行かないと、一気には辛いと思いますよ。
中学と高校の頭くらいで、4,5年掛けてやるようなことですから^^

無理せず、ゆっくり。

ルートの中の話を。(疑問で頂いていますので)

~~~~~~
(ルート8+ルート2)(3ルート6-2ルート2) これも
普通に展開して、ルートを整理すれば大丈夫です。
 #掛け算のときに ルート の中なら中
 #外なら外同士を掛け算してくださいね
 #答えが 18√3 -12 になると思います。

の部分がま...続きを読む

Q数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 についてのfのフーリエ級数はa_0/2+Σ[n=1..∞]a_ncos(nx) (但し,a_0=2/π∫[0..π]f(

宜しくお願い致します。

[問] (1) 数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 は[0,π]で直交である事を示せ。
(2) f∈R[0,π](R[0,π]は[0,π]でリーマン積分可能な関数全体の集合)に対して,数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 についてのfのフーリエ級数は
a_0/2+Σ[n=1..∞]a_ncos(nx) (但し,a_0=2/π∫[0..π]f(x)dx,a_n=2/π∫[0..π]f(x)cos(nx)dx (n=1,2,…))で与えられる事を示せ。
[(1)の解]
<1,cos(nx)>=∫[0..π]cos(nx)dx=0
次にm≠nの時,<cos(mx),cos(nx)>=∫[0..π]cos(mx)cos(nx)dx
∫[0..π]1/2{cos(mx+nx)-cos(mx-nx)}dx=0
となるので数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 は[0,π]で直交
[(2)の解]
この関数の周期はL=π/2なので1/L∫[0..π]cos(kxπ/L)dxに代入して,
a_0=2/π∫[0..π]f(x)dx
は上手くいったのですが
a_n=2/π∫[0..π]cos(2nx)dxとなり,ここから
2/π∫[0..π]f(x)cos(nx)dxに変形できません。
どのようにして変形するのでしょうか?

宜しくお願い致します。

[問] (1) 数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 は[0,π]で直交である事を示せ。
(2) f∈R[0,π](R[0,π]は[0,π]でリーマン積分可能な関数全体の集合)に対して,数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 についてのfのフーリエ級数は
a_0/2+Σ[n=1..∞]a_ncos(nx) (但し,a_0=2/π∫[0..π]f(x)dx,a_n=2/π∫[0..π]f(x)cos(nx)dx (n=1,2,…))で与えられる事を示せ。
[(1)の解]
<1,cos(nx)>=∫[0..π]cos(nx)dx=0
次にm≠nの時,<cos(mx),cos(nx)>=∫[0..π]cos(mx)cos(nx)dx
∫[0..π]1/2{cos(mx+nx)-cos(mx-nx)}dx=0
となるので数列{1...続きを読む

Aベストアンサー

>この関数の周期は2L(=π)なので1/L∫[0..π]cos(kxπ/L)dxに代入したのです。
ですから、この1/L∫[0..π]cos(kxπ/L)dxがどこから出てきたのかわかりませんものね。
当たり前の公式のように書かれていますが、等式にもなっていないから何を求めているのかもわからないですし。

なので#1の回答では最終的にa_n=2/π∫[0..π]f(x)cos(nx)dxになるような式を予想して解説しました。

>これはfは周期2πの偶関数という意味ですよね。
>今,fは周期はπだと思うのですが…
>あと,どうしてfは偶関数だと分かるのでしょうか?
質問の文に
『数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 についてのfのフーリエ級数は
a_0/2+Σ[n=1..∞]a_ncos(nx) (但し,a_0=2/π∫[0..π]f(x)dx,a_n=2/π∫[0..π]f(x)cos(nx)dx (n=1,2,…))で与えられる事を示せ。』
とあったのでf(x)=a_0/2+Σ[n=1..∞]a_ncos(nx)と表せる前提で話をして良いのかなと思ったのです。
また、f∈R[0,π]の関数を周期[-π,π]で展開することも可能なので一概に周期[0,π]とも言えないと思うのです。
(ただし、その場合にも偶関数として展開、奇関数として展開などの適当な前提は要りますが)


どうやら私が質問や問題の内容を推測して回答してしまったのがよくなかったようですね。
今回は補足要求と言うことにしておきます。

・今回の問題(2)の題意は
  fがa_0/2+Σ[n=1..∞]a_ncos(nx)で書けることを示すことですか?
それとも
  f(x)=a_0/2+Σ[n=1..∞]a_ncos(nx)とするとa_0=2/π∫[0..π]f(x)dx,a_n=2/π∫[0..π]f(x)cos(nx)dxとなることを示すことですか?

・『数列{1,cos(nx)}^∞_n=1 についてのfのフーリエ級数』とはこの場合どういう意味でしょう?把握してらっしゃいますか?

・fを展開する際の周期ですが本当に[0,π]ですか?
[0,π]ではcos(nx)とsin(mx)が直交しないですし、
f(x)=Σ{b_n*sin(nx)}と奇関数として展開するしか出来ない気がするんですが。

>この関数の周期は2L(=π)なので1/L∫[0..π]cos(kxπ/L)dxに代入したのです。
ですから、この1/L∫[0..π]cos(kxπ/L)dxがどこから出てきたのかわかりませんものね。
当たり前の公式のように書かれていますが、等式にもなっていないから何を求めているのかもわからないですし。

なので#1の回答では最終的にa_n=2/π∫[0..π]f(x)cos(nx)dxになるような式を予想して解説しました。

>これはfは周期2πの偶関数という意味ですよね。
>今,fは周期はπだと思うのですが…
>あと,どうしてfは偶関数だと分かるのでし...続きを読む

Q国立の数学の試験問題

国立の学校の試験問題です。どういう風に考えたらよいのかがわかりません。計算過程を含めてどなたか、教えて頂けないでしょうか。

演算※がa※b=a+b-abと定義されているとき、y*y>0を満たす整数yを求めよ。回答は1です。

また、この問題はどの分野を勉強すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

y*y>0 → y※y>0ですか?もしそうだとすると、
y※y=2y-y^2>0
なので
y^2-2y<0
y(y-2)<0
0<y<2
よりy=1となります。

QΣ[n=0..∞]a_nが収束するならΣ[n=0..∞](-1)^na_nも収束?

こんにちは。

Σ[n=0..∞]a_nが収束するならΣ[n=0..∞](-1)^na_nも収束。
という真偽判定の問題なのです。

真だと思うのですがどのようにして証明できますでしょうか?

Aベストアンサー

a_n の各項が正数と限定されていれば、真です。
その証明は、教科書で「絶対収束」が初出するページを参照してください。

a_n が一般の数列であれば、真ではありません。
a_n = { (-1)^n } / n が反例になります。

Q数学や物理の試験問題を作るための便利なソフトについて。

高校の数学や物理の先生方に質問です。

定期試験や日ごろの試験の際、問題を作成することになると思いますが、図形やグラフを描くのは大変です。

先生方は、エクセルまたはワードで作成されるとのことですが、
私はエクセルやワードはあまり使いたくありません。

グラフがテンプレートで載っていたり、
簡単に曲線の形を微調整したり、
数式をボタンのクリック等で簡単に挿入できたりするような便利なソフトはないでしょうか?

一応、電器屋さんで見てきたのですが、どれも5万~10万以上と高いです。
また、内容が詳細には分からないため、簡単に「買ってみる」ことは出来ません。

便利なソフト、もしくは無料で手に入れられるソフト、
「すでにこんな便利なソフトを使っている」という方、
ご紹介をお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数学ならTeXでしょう。
フリーですし,グラフもちゃんとかけますよ。
何といっても一番美しいです。

あとはStudy Aidなんかは有名ですね。お金はかかりますが。

QΣ[n=1..∞]√n/(1+nx)^2は[a,∞)(∀a>0)で一様収束するが(0,∞)では一様収束しない事を示せ

こんにちは。

[問]Σ[n=1..∞]√n/(1+nx)^2は[a,∞)(∀a>0)で一様収束するが(0,∞)では一様収束しない事を示せ。
[証]
(i) a≦x<1の時
0<∀ε∈R,∃n_1∈N;(∀x,n_1<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε)
(但し,L:=Σ[n=1..∞]√n/(1+nx)^2)
(ii) x=1の時
0<∀ε∈R,∃n_2∈N;(∀x,n_2<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε)
(iii) x>1の時
0<∀ε∈R,∃n_3∈N;(∀x,n_3<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε)
を示し,n_0:=max{n_1,n_2,n_3}と採れば
0<∀ε∈R,∀x∈[a,∞),n_0<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε
が言えるのですがn_1,n_2,n_3をどのように採ればいいのかわかりません。
どのように採れますでしょうか?

あと、後半については0<∀ε∈R,xを十分小さく取れば∀n∈N⇒Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2>ε
を言えばいいのだと思いますがxをどのように小さく採ればいいのでしょうか?

こんにちは。

[問]Σ[n=1..∞]√n/(1+nx)^2は[a,∞)(∀a>0)で一様収束するが(0,∞)では一様収束しない事を示せ。
[証]
(i) a≦x<1の時
0<∀ε∈R,∃n_1∈N;(∀x,n_1<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε)
(但し,L:=Σ[n=1..∞]√n/(1+nx)^2)
(ii) x=1の時
0<∀ε∈R,∃n_2∈N;(∀x,n_2<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε)
(iii) x>1の時
0<∀ε∈R,∃n_3∈N;(∀x,n_3<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε)
を示し,n_0:=max{n_1,n_2,n_3}と採れば
0<∀ε∈R,∀x∈[a,∞),n_0<n⇒|Σ[k=1..n]√k/(1+kx)^2-L|<ε
が言えるのですがn_1,n_2,n_3をどのように採れ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。#1さんが指摘されていらっしゃるように、質問者さんの回答は定義を書いているだけです。この方針で回答を導くのは無理だと思います。

[a,∞)で一様収束すること

任意のx∈[a,∞)に対して

(1+nx)^2≧(1+na)^2
      =1+2na+n^2a^2
      ≧n^2a^2

であるから、

Σ[n=1…∞](√n)/(1+nx)^2≦Σ[n=1…∞](√n)/(na)^2
                 ≦1/a^2Σ[n=1…∞](√n)/n^2
                 =1/a^2Σ[n=1…∞]1/n^(3/2)

Σ[n=1…∞]1/n^(3/2)は収束するから、Weierstrassの優級数の定理よりΣ[n=1…∞](√n)/(1+nx)^2は一様収束する。


(0,∞)で一様収束しないこと

一様収束すると仮定する。十分小さい任意のε>0に対して、適当な番号N>0が存在する。
N<nに対して、x=1/(2n)とすると

Σ[k=n+1…2n](√k)/(1+k・1/(2n))^2≧Σ[k=n+1…2n](√k)/(1+2n・1/(2n))^2
                      ≧n×(√(n+1))/4
                      >ε

となって矛盾となる。
したがって、Σ[n=1…∞](√n)/(1+nx)^2は(0,∞)で一様収束しない。


※一般的に関数列の一様収束性を定義に基づいて示すことは困難です。そのため、Weierstrassの優級数の定理等を用いて示すのが常道です。(0,∞)で一様収束しないことを示すのにはCauchy列の条件を使っています。
質問者さんがしっかり勉強してくれることを望みます。

こんばんは。#1さんが指摘されていらっしゃるように、質問者さんの回答は定義を書いているだけです。この方針で回答を導くのは無理だと思います。

[a,∞)で一様収束すること

任意のx∈[a,∞)に対して

(1+nx)^2≧(1+na)^2
      =1+2na+n^2a^2
      ≧n^2a^2

であるから、

Σ[n=1…∞](√n)/(1+nx)^2≦Σ[n=1…∞](√n)/(na)^2
                 ≦1/a^2Σ[n=1…∞](√n)/n^2
                 =1/a^2Σ[n=1…∞]1/n^(3/2)

Σ[n=1…∞]1/n^(3/2)は収束するから、Weier...続きを読む

Q数学I センター試験問題

数学Iの問題です。解法のご解説をよろしくお願い致します。

問題:△ABCにおいて、AB=5、BC=2√3、CA=4+√3とする。
このとき、cosA=コ/サである。
△ABCの面積は、シス+セ√ソ/2である。

Bを通り、CAに平行な直線と△ABCの外接円との交点のうち、
Bと異なる方をDとするとき、
BD=タ-√チであり、台形ADBCの面積はツテである。

コ~テに入る数字又は符号を答えよ。

Aベストアンサー

余弦定理より
cosA=(AB^2+CA^2-BC^2)/(2*AB*CA)
   =(25+19+8√3-12)/{10(4+√3)}
   ={8(4+√3)}/{10(4+√3)}
   =4/5
sinA=√(1-cos^2A)=3/5
よって、△ABCの面積=(1/2)*5*(4+√3)*(3/5)=(12+3√3)/2

この台形は等脚台形
<<弧BCの円周角なので、∠BAC=∠BDC。
  また、AC//DBなので、∠BDC=∠ACD。そして、∠BCD=∠BADから
  ∠BCA=∠DAC >>
△ABD≡△CDBだから、CD=5。
△CDBで余弦定理より、
12=BD^2+25-2*BD*5*(4/5) <<cos(∠BDC)=cos(∠BAC)なので>>
BD^2-8BD+13=0を解いて、BD=4-√3(4+√3の方はACに一致)
∠ABD=∠BACなので、△ABDの面積は(1/2)*BD*AB*sin(∠BAC)より
(1/2)*(4-√3)*5*(3/5)=(12-3√3)/2
よって、台形ADBCの面積=△ABCの面積+△ABDの面積=12
となります。

余弦定理より
cosA=(AB^2+CA^2-BC^2)/(2*AB*CA)
   =(25+19+8√3-12)/{10(4+√3)}
   ={8(4+√3)}/{10(4+√3)}
   =4/5
sinA=√(1-cos^2A)=3/5
よって、△ABCの面積=(1/2)*5*(4+√3)*(3/5)=(12+3√3)/2

この台形は等脚台形
<<弧BCの円周角なので、∠BAC=∠BDC。
  また、AC//DBなので、∠BDC=∠ACD。そして、∠BCD=∠BADから
  ∠BCA=∠DAC >>
△ABD≡△CDBだから、CD=5。
△CDBで余弦定理より、
12=BD^2+25-2*BD*5*(4/5) <<cos(∠BDC)=cos(∠BAC)なので>>
BD^2-8BD+13=0を解いて、BD=4-√3(4+√3...続きを読む

Q何故lim[n→∞](a_n-1)/(a_n+1)=0⇒lim[n→∞]a_n=1?

識者の皆様おはようございます。

lim[n→∞](a_n-1)/(a_n+1)=0⇒lim[n→∞]a_n=1
を示すのに困っています。
定義に従って書くと仮定は
0<∀ε'∈R,∃m'∈N;m'<k⇒|(a_k-1)/(a_k+1)-0|<ε'…(*)
となり、
これから
0<∀ε∈R,∃m∈N;m<k⇒|a_k-1|<ε…(**)
を導かねばならないのですがなかなか(*)から(**)を導けません。
どのようにして導けますでしょうか?

Aベストアンサー

対偶を使えばいいでしょ。つまり(**)の否定から(*)の否定を導けば良い。

 (**)を略記なしに書くと、
∀ε((ε∈R∧0<ε)⇒∃m(m∈N∧∀k((k∈N∧m<k)⇒|a_k-1|<ε)))
であり、その否定は
∃ε((ε∈R∧0<ε)∧∀m(m∈N⇒∃k((k∈N∧m<k)∧((a_k-1)≧ε∨-(a_k-1)≧ε)))
です。質問者さん流に書けば
0<∃ε∈R,∀m∈N, m<∃k∈N;((a_k-1)≧ε∨-(a_k-1)≧ε)…~(**)
とでもなりますか。すると(*)の否定は
0<∃ε'∈R,∀m∈N, m<∃k∈N;((a_k-1)/(a_k+1)≧ε'∨-(a_k-1)/(a_k+1)≧ε')…~(*)
となりましょう。

 で、~(**)⇒~(*)を証明すりゃ良い。まず~(**)だとすると、ε, m, kを固定したとき、
[1] (a_k-1)≧εの場合、(ANo.1の計算を利用すると)
(a_k-1)/(a_k+1) = 1-2/(a_k +1)≧1-2/(2+ε)>0
[2] -(a_k-1)≧εの場合も同様に、
-(a_k-1)/(a_k+1) = -(1-2/(a_k +1))≧2/(2-ε)-1>0
です。
 さてここで、
0<ε'∧((a_k-1)/(a_k+1)≧ε'∨-(a_k-1)/(a_k+1)≧ε')
が成り立つようなε'(ただしε'は、m, kに依らずεだけで決まる)の具体例をひとつ構成すれば良いわけです。

対偶を使えばいいでしょ。つまり(**)の否定から(*)の否定を導けば良い。

 (**)を略記なしに書くと、
∀ε((ε∈R∧0<ε)⇒∃m(m∈N∧∀k((k∈N∧m<k)⇒|a_k-1|<ε)))
であり、その否定は
∃ε((ε∈R∧0<ε)∧∀m(m∈N⇒∃k((k∈N∧m<k)∧((a_k-1)≧ε∨-(a_k-1)≧ε)))
です。質問者さん流に書けば
0<∃ε∈R,∀m∈N, m<∃k∈N;((a_k-1)≧ε∨-(a_k-1)≧ε)…~(**)
とでもなりますか。すると(*)の否定は
0<∃ε'∈R,∀m∈N, m<∃k∈N;((a_k-1)/(a_k+1)≧ε'∨-(a_k-1)/(a_k+1)≧ε')…~(*)
となりましょう。

 で、~(**)⇒~(*)を証明すりゃ良い。まず~(**)...続きを読む

Q組み込み系の試験問題

来月受ける組み込み系の会社で数学とソフトウェア基本について
試験問題が出るそうです。

どういう問題が出ますでしょうか?

数学に関してはSPIやGAB、ソフトウェア基本知識については
基本情報試験の問題を勉強すればよろしいのでしょうか・・・?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

組み込み系ではありませんが、
私が受けたソフトウェア開発会社は、
・内田クレペリン精神検査
・アルゴリズム
をやらされましたね。

アルゴリズムに関しては、
2分探索やソートくらい覚えておけば十分解けるレベルでした。

受ける会社のことが分からないので何とも言えませんが、
広く浅く知ってるといいかも知れません。

ちなみに私は
1次試験で履歴書忘れて
2次試験で遅刻して
3次試験で連絡無しで遅刻して落ちました。

Qsup{-1/x:x∈(0,∞)}=0であることを上限の定義に従って証明

実数Rにおいて、sup{-1/x:x∈(0,∞)}=0であることを上限の定義に従って示せ。
という問題が出ました。
以下が私の考えた証明です。

任意のa∈{-1/x:x∈(0,∞)}に対し、a<0であるから、
0は{-1/x:x∈(0,∞)}の上界の1つである。
y<0とすると、Rの稠密性より、
y<z<0となるz∈{-1/x:x∈(0,∞)}が存在する。
従ってyは(0,1)の上界ではない。
以上から、0が最小上界である。

大体はいいらしいのですが、
>z∈{-1/x:x∈(0,∞)}が存在する
がちょっと問題があるみたいです。
Rの稠密性を使っても、{-1/x:x∈(0,∞)}のように、限定した集合の中にzが入ることは分からない、というのが問題みたいです。
ここが問題だということは理解できたのですが、それを証明の中にどのようにして述べればいいのかがわかりません。
回答お願いします。

Aベストアンサー

補足
 この質問の前のhatake333に対する「この回答への補足」に対するコメントです.
>(1)の、a<0を示すことができません。自分で図を書いて、なんとなくはわかってはいるのですが、示すとなると・・何かヒントはないでしょうか?

現在の解答も
>任意のa∈{-1/x:x∈(0,∞)}に対し、a<0であるから、
となっています.
任意に a ∈ {-1/x | x ∈ (0,∞)} をとったら,a を書き直してください.つまり,
  a = -1/x となる,x ∈ (0,∞) が存在する.
ここで, x ∈ (0,∞) より,x > 0 ですので,
  a = -1/x < 0
となって,
  a < 0
が示されるわけです.

>(2)について,…(途中略)…εがでてきて、頭がこんがらがっている状態です。この証明もなんだかよくわからなくなってきたのですが・・

 それは私のせいです,すみません.上限の定義が普通の形と違うのでしょう.
○私が前回使用した上限の定義
mが集合Eの上限
 (1)∀x∈E ⇒ x≦m
 (2)∀ε> 0 ,∃x∈E s.t. m -ε< x
○一般的?な上限の定義
mが集合Eの上限
 (1)∀x∈E ⇒ x≦m
 (2)∀m'∈E に対してm' < m ならば,∃x∈E s.t. m' < x

どちらも意味は同じですが,分かりにくかったかもしれません.
ご自分が学習された上限の定義を使って証明してください.

補足
 この質問の前のhatake333に対する「この回答への補足」に対するコメントです.
>(1)の、a<0を示すことができません。自分で図を書いて、なんとなくはわかってはいるのですが、示すとなると・・何かヒントはないでしょうか?

現在の解答も
>任意のa∈{-1/x:x∈(0,∞)}に対し、a<0であるから、
となっています.
任意に a ∈ {-1/x | x ∈ (0,∞)} をとったら,a を書き直してください.つまり,
  a = -1/x となる,x ∈ (0,∞) が存在する.
ここで, x ∈ (0,∞) より,x > 0 ですので,
  a = ...続きを読む


おすすめ情報