はじめまして
土地を購入しようとしているのですが、相続税に有利な購入の仕方がわかりません。そもそも税の知識がないので、以下のような質問をすることで、頭を整理したいと思います。よろしくお願いいたします。ちなみに、我が家は夫婦二人で、子供はいません。妻は結婚以来専業主婦で、家計の収入は私(=夫)の給与のみです。
1)そもそも、(私の給与が元となっている)我が家の財産は、「相続税上」は、夫である私の財産なのでしょうか。それとも半分、妻の財産なのでしょうか?現状は預金等、形式上は、ほとんど私の名義になっています。
2)土地を購入するに当たって、登記上、妻の持分を大きくとる(たとえば半分)のが有利なのでしょうか?私が先に死ぬことを想定した場合です。
3)私が死んでも、妻にその家に住んでもらいためには、相続税を払うだけの現金を残しておく必要があるのでしょうか?
4)また、生前贈与などの措置には、どのような方法があるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>我が家の財産は、「相続税上」は、夫である私の財産なのでしょうか…



はい。

>半分、妻の財産なのでしょうか…

税法に「夫婦は一心同体」などという言葉は載っていません。

>現状は預金等、形式上は、ほとんど私の名義になって…

それでよいです。

>登記上、妻の持分を大きくとる(たとえば半分)のが有利なのでしょうか…

どんな物差しで測って有利とお考えでしょうか。
少なくとも税法に関する限り、百害あって一利なしです。

>私が死んでも、妻にその家に住んでもらいためには…

将来とも子供がいないとしたら、何も考えずともすべて妻のものとなります。
(その時点で親がいれば話は別)
http://minami-s.jp/page008.html

>相続税を払うだけの現金を残しておく必要があるのでしょうか…

何十年も後の税法がどうなっているかは分かりませんが、現行法規で考えれば、6,000万円以上の遺産を残さない限り、相続税は発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm
それ以上あるなら、6,000万を超える部分については、相続税を現金で納める必要があります。
(条件付きで物納も可)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm

>また、生前贈与などの措置には、どのような方法があるのでしょうか…

繰り返しますが、将来とも子供がいないとしたら、生前贈与など百害あって一利なしです。
思惑はずれてあなたより妻のほうが先に死んだら、もともとはあなたの財産であったものを、妻の親族に取られてしまいます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なご回答ありがとうございました
はっきりと、端的にご回答いただき、相続の考え方がよくわかりました。
お言葉のニュアンスで、言外に仰りたいことまで、汲み取れたような気がします。

お礼日時:2009/05/30 00:49

1.相続税の基本的な事項


(1)相続財産が基礎控除以下では、非課税で申告不要。
基礎控除額=5000万円+1000万円×法定相続人数
相続人1人では6000万円・・・No1氏ご指摘(間違いなし)
(2)配偶者の軽減
基礎控除額を超えても申告を要件に課税されない
・財産価額が1億6000万円まで課税されない
・1億6000万円を超えるとその1/2まで課税されない

2.ご質問について
1)財産の所有者は、その取得原始などから実質所有者を判定。収入の大半がご主人のものであれば、財産もご主人のものと考えます。
ただし、配偶者が財産形成に寄与していること、中には共有財産もあるので、相続税では「配偶者の軽減」の特例で法定相続分以下では課税していない。
2)色んな事情を考慮しないとわからないと思います。
3)相続税の為だけに限らず、現金はあった方が良し。極端に言えば十分な預金があれば、不動産は要らないかも知れません。
4)夫婦の贈与税の特例では、居住用財産が2000万円まで非課税になる特例があります。

3.質問者さんの場合は、まずは税金の事よりも、配偶者以外の相続人は将来誰がなるのか、またその対応策を考えた方がいいと思います。
おそらく兄弟、甥姪が相続人になる事が多いですが、税金よりも厄介な問題になります。

参考サイト
「No.4152 相続税の計算 」(国税庁)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm
「No.4158 配偶者の税額の軽減」(国税庁)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4158.htm
「No.4452 夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除」(国税庁)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正確なフォローアップを頂きまして、誠にありがとうございました
最後に述べていただいた、「おそらく兄弟、甥姪が相続人になる事が多いですが、税金よりも厄介な問題になります」は、真をついていると思いました。

お礼日時:2009/05/30 00:52

No.1氏のコメントで一箇所だけ……


妻の非課税枠は、6000万円ではなく、
配偶者の税額の軽減があるので、1億6000万円です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4158.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養親族等の数 何月分の給与から変わるのか

次の場合、何月支払の給与から扶養親族の人数が変わってくるのでしょうか?
(1)6月に扶養親族が亡くなった場合
(2)6月に扶養親族が出生により増えた場合
(3)6月に扶養親族が就職して扶養からはずれた場合
(4)6月に扶養親族が結婚して扶養からはずれた場合

それと、年末調整時の扶養親族の数え方で、
(3)6月に扶養親族が亡くなった場合
(4)6月に扶養親族が出生により増えた場合
(5)6月に扶養親族が就職して扶養からはずれた場合
(6)6月に扶養親族が結婚して扶養からはずれた場合
上記の場合、
(3)(4)は、扶養親族の数に加算する
(5)(6)は、扶養親族の数から外す
という考えでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

○次の場合、何月支払の給与から扶養親族の人数が変わってくるのでしょうか?

勤務先に届出した以後に支払われる源泉所得税が変わります。
但し、給与計算済の場合があります。
その場合は1ヶ月遅れで給料明細の源泉所得税が変わります。

○(3)(4)は、扶養親族の数に加算する

入力ミスですね?
「(3)6月に扶養親族が亡くなった場合」
亡くなって扶養親族が増える?

あとは質問者さんの言う通りです。

Q相続税の計算にあたって、社会福祉法人等への寄付金は相続財産よりマイナス

相続税の計算にあたって、社会福祉法人等への寄付金は相続財産よりマイナスできるのでしょうか?寄付は非課税ということなので、引けるものと思っているのですが、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 相続税の申告期限までに、取得した相続財産を次のいずれかに贈与した場合、その財産は相続税の課税価格に含まれません。
(1) 国または地方公共団体
(2) 公益事業者(学校法人、社会福祉法人など)

 この場合、相続税の申告書に非課税の特例の適用を受ける旨を記載し、寄付した財産の明細書、寄付を受けた相手の証明書を添付します。

国税庁のページにも詳しく載っていますので参考にして下さい

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4141.htm

Q特定扶養親族の【特定】について

はじめまして。

扶養親族((1)年少扶養親族 (2)一般の控除対象扶養親族 (3)特定扶養親族 (4)老人扶養親族)

の1つである特定扶養親族の【特定】が何を特定しているのかわかりません。

どうしても気になるので、教えていただきたくお願い致します。

Aベストアンサー

>定扶養親族の【特定】が何を特定しているのかわかりません…

今年分から、次のように定義が変わっています。

【特定扶養親族とは、控除対象扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満の人をいいます。】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

ちなみに高校無償化がなる前は、16歳以上 23歳未満でした。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q父の財産の相続、祖父の財産の相続

父の相続にあたり、相続税の計算方法が分かりません。前提条件は以下の通りです(簡略化しています)。

■財産
 (1)登記名義人が祖父の土地
 (2)登記名義人が父の建物
 (3)父名義の株、預貯金、死亡保険

■家系
 ・祖父の子供(父の兄弟 n人)
 ・父の子供(2人の息子。即ち、私と兄)
 ・祖父(20年以上前に没)、祖母(20年以上前に没)、父(今回、没)、母(数年前に没)ともに没

■確認したいこと

相続税の計算は、祖父の財産の相続分と、父の財産の相続分で、別々に計算すれば、良いのか否か。

即ち、相続(A)
 被相続人=祖父
 相続人=祖父の子供(父の兄弟 n人)
基礎控除額=5000万円+(1000万円×n人)
 (1)の評価額から、上記を減じて、相続税を計算。

および、相続(B)
 被相続人=父
 相続人=父の子供(2人の息子。即ち、私と兄)
基礎控除額=5000万円+(1000万円×2人)
 (2)+(3)の評価額から、上記を減じて、相続税を計算。

でよいか。(税務署には2通出す)

それとも、そうでないとすると、相続(C)
 被相続人=父
 相続人=父の子供(2人の息子。即ち、私と兄)
基礎控除額=5000万円+(1000万円×2人)
 (1)+(2)+(3)の評価額から、上記を減じて、相続税を計算。(税務署には1通出す)

相続(C)の場合、相続税が高価になる可能性が高いと思います。


■補足

「登記名義人が祖父」の土地が、ずっと名義変更していなかったので、ややこしくなっている(と思っています)

宜しくお願い致します。

父の相続にあたり、相続税の計算方法が分かりません。前提条件は以下の通りです(簡略化しています)。

■財産
 (1)登記名義人が祖父の土地
 (2)登記名義人が父の建物
 (3)父名義の株、預貯金、死亡保険

■家系
 ・祖父の子供(父の兄弟 n人)
 ・父の子供(2人の息子。即ち、私と兄)
 ・祖父(20年以上前に没)、祖母(20年以上前に没)、父(今回、没)、母(数年前に没)ともに没

■確認したいこと

相続税の計算は、祖父の財産の相続分と、父の財産の相続分で、別々に計算すれば、良い...続きを読む

Aベストアンサー

原則として、相続(C)で計算します。

しかし、相続財産(1)登記名義人が祖父の土地の分割が確定しており登記が終了していなかった場合と未分割の状態で登記が終了していなかった場合では、異なります。
お父さんの権利義務を承継するわけですから未分割の場合は、法定相続分を申告しその後確定したときに修正申告・更正の請求をすることとなります。
確定しているならば、登記名義は関係ありません。ただ、お祖父さんの名義分の遺産分割協議書などを添付した方がよいと思います。

Q扶養親族等の数 何月分の給与から変わるのか

次の場合、何月支払の給与から扶養親族の人数が変わってくるのでしょうか?
(1)6月に扶養親族が亡くなった場合
(2)6月に扶養親族が出生により増えた場合
(3)6月に扶養親族が就職して扶養からはずれた場合
(4)6月に扶養親族が結婚して扶養からはずれた場合

それと、年末調整時の扶養親族の数え方で、
(5)6月に扶養親族が亡くなった場合
(6)6月に扶養親族が出生により増えた場合
(7)6月に扶養親族が就職して扶養からはずれた場合
(8)6月に扶養親族が結婚して扶養からはずれた場合
上記の場合、
(5)は、その年は、亡くなっていないものとして扶養親族数は変わらない。
(6)は、1人増える
(7)(8)は、1人減らす
という考えでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

>何月支払の給与から扶養親族の人数が…

(1)~(4) すべて『扶養控除等異動申告書』が提出され、給与計算に間に合うところからです。
いずれにしても、月々の源泉徴収はあくまでも仮の分割前払に過ぎず、年末調整で是正されますから、1、2ヶ月の前後はどうでも良いです。

>(7)(8)は、1人減らす…
>(5)6月に扶養親族が就職して扶養からはずれた場合…

就職しただけでは、必ずしも控除対象扶養者にできなくなるわけではありません。
「生計が一」のままで、かつ「所得」(収入ではない) が 38万以下でその年が終われば、控除対象扶養者のままです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

>(6)6月に扶養親族が結婚して扶養からはずれた場合…

これも (5) と同じで、結婚だけが控除対象扶養者にできなくなる理由にはなりません。

>(5)は、その年は、亡くなっていないものとして扶養親族数は変わらない…

間違いありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm#q7

--------------------------------------------

以上はあくまでも税法の観点のみからの話です。
社保や給与 (家族手当等) については、税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
これらについては、あなたの会社の規則等にしたがってください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>何月支払の給与から扶養親族の人数が…

(1)~(4) すべて『扶養控除等異動申告書』が提出され、給与計算に間に合うところからです。
いずれにしても、月々の源泉徴収はあくまでも仮の分割前払に過ぎず、年末調整で是正されますから、1、2ヶ月の前後はどうでも良いです。

>(7)(8)は、1人減らす…
>(5)6月に扶養親族が就職して扶養からはずれた場合…

就職しただけでは、必ずしも控除対象扶養者にできなくなるわけではありません。
「生計が一」のままで、かつ「所得」(収入ではない) が 38万以下でそ...続きを読む

Q内縁の妻の相続財産にかかる税金の申告

内縁の夫が他界しました。
夫には離婚した妻との間に子供が1人います。
死亡から10ヶ月以内に申告をしないといけないと聞きましたが、殆どが支給されていない為、申告をしないといけないのか教えてください。税額などもわかれば教えていただきたいです。
私が受け取ったもの(予定のもの)
(1)夫の会社の退職金・未払いの給与等が約300万円
(2)通勤災害の為、会社より遺族給付金が約1600万円(まだ未支給)
(3)自動車保険の人身傷害保険金が約3000万円(まだ未支給)
子供・元妻が受け取ったもの(予定のもの)
(1)生命保険金約700万円(受取が元妻指定でした)
(2)自動車保険の搭乗者傷害保険金が約550万円(まだ未支給)
夫の父が受け取ったもの(予定のもの)
(1)生命保険金 一時金約1000万円+年金額180万円×20年
(2)生命保険金 650万円
子供は相続放棄をしたので、父が法定相続人となりました。
銀行貯金などは殆どなく、車のローンが借金となりました(ローン残約100万)
10ヶ月以内に税金の申告をしなかったらどうなるのでしょうか?
未支給のものばかりなのでどうしていいかわかりません。人身傷害保険金は実際に上限が3000万円で支給額はいくらになるかわかりません。
不動産などはありません。
よろしくお願いします。

内縁の夫が他界しました。
夫には離婚した妻との間に子供が1人います。
死亡から10ヶ月以内に申告をしないといけないと聞きましたが、殆どが支給されていない為、申告をしないといけないのか教えてください。税額などもわかれば教えていただきたいです。
私が受け取ったもの(予定のもの)
(1)夫の会社の退職金・未払いの給与等が約300万円
(2)通勤災害の為、会社より遺族給付金が約1600万円(まだ未支給)
(3)自動車保険の人身傷害保険金が約3000万円(まだ未支給)
子供・元妻が受け取ったもの(予定の...続きを読む

Aベストアンサー

回答については,相続人との葛藤がありますからその事案の都度の決定となります。URLを参照してください。税金の申告はその期間中にしないと放棄したとみなされる恐れがあるか相当な延滞税が課せられるかもしれません。税務署は鬼より怖いですから気を付けてください。税理士か司法書士に相談されて早急に処置された方がいいと思います。何らかのアクションを期間内に税務署にされて修正申告を後からされたらいいと思います。延滞税がかかるかもしれませんが,それも税理士等に相談してください。

参考URL:http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%bb%f6%bc%c2%ba%a7/?ie=EUC-JP

Q親族披露宴の席次表。。どうしたらいいのでしょうか

親族披露宴の席次表。。どうしたらいいのでしょうか
彼側の親族は、両親と姉しか来ません。
私側の親族の方が多いのですが、テーブルが4卓になります。
新郎側の後方に彼の両親と姉の4人がけのテーブルが一つ、で、あとの3つが私の親族なのですが、レイアウト上どうしても新郎側の目の前に私の親族のテーブルが一つきます。
プランナーさんは、良いというのですが、大丈夫でしょうか?
親族のみで、人数差があるということは、皆分かってはくれているのですが。。

Aベストアンサー

うちは大丈夫でしたよ
うちの場合は7卓で会場の都合上、前列3、中列2、後列2というテーブル配置でした
前列センターに上司、前列左右にそれぞれの友人が座り
中列は全部新婦側親族で後列が両家の家族+親族でした
うちの場合は新郎側の親兄弟だけでなく、親族も座っていましたが
そうはいっても親族3人だけ前に出すわけにもいかず、結果的にこういう配置でした
ちなみに中列の親族も父方・母方の親族で1テーブルずつだったのでどちらかを前に出すわけにもいかず助かったというのも事実です
義父母にはあらかじめ説明しておき、了解も貰いました

ただ担当者さんにテーブルを置くときは、新婦側のテーブルは隅によっても仕方ないから新郎側を真ん中になるようにしてほしいとお願いしました(新郎側にも言わず、私の独断で)
少しずつずらして配置するので3・2・3と並べるイメージで新郎側をセンターに寄せ、後方左にスペースを空ける感じです
私なりのできる限りの配慮というところでしょうか
きちんと根回ししておけば、特に問題ないと思いますよ

Q相続税と財産目録

基本的な質問ですが、まず相続税も申告ですか。財産目録を作って、これでけの資産を相続することになりましたので、相続税を納めます・・・ということでしょうか?

(1)財産目録は自分で作っても良いのですか?頼むとしたら税理士ですか司法書士ですか?
(2)申告漏れがあると、あとで追徴されるのですしょうが、財産目録に不備(書いていない資産)があると見破るのは税務署員の感、あとは裏付けということでしょうか?

Aベストアンサー

相続税は申告納税方式となっております。
これを申告義務がある人だけとなりますが、申告をしなければ、税務署が把握した時点で税務調査から課税決定処分等を受ける可能性があります。状況によっては、無申告加算税や、本来の納期限からの延滞税なども課税されることとなります。

相続税の申告ですが、質問のように簡単ではありません。財産目録といっても、相続税法に従った様式に記載しなければなりませんし、財産評価も納税者で行うのです。財産評価は、固定資産税の評価と必ずしも一緒にはなりませんし、遺産分割協議のための時価とも一緒とは限りません。不動産などがあれば、大変難しい計算になる可能性もありますし、考え方や法令判断により、複数の評価方法が出てくることも多く、誰でも簡単に計算できるものではありません。

1についてですが、税務にかかわる相続業務ですと、税理士以外代理で書類等の作成は行えません。しかし、遺産分割協議のための財産目録などであれば、行政書士・司法書士・弁護士が代理で作成できることでしょう。遺産分割協議等のために司法書士が作成されたものを税理士が確認資料などとして税務に役立たせることなどは可能ですが、資格者それぞれに認められた業務範囲があるので、注意が必要でしょう。
税理士が行政書士や司法書士の登録をせずに、登記や遺産分割協議の資料等を作成するのは、法に反します。逆に税務書類を税理士・弁護士以外が作成することもできません。
したがって、何のために財産目録を作るのかで、専門家が必要なのか、どの専門家に依頼するのかの判断が変わることでしょう。
相続手続きのすべてが税務のためではないですからね。

2についてですが、税務署はいろいろなところから情報を得ます。金融機関からは高額取引等についての報告を何かしらの形で情報を得ます。それに、法務局の登記情報は、公開が原則となっていることなどからも、税務署は情報を得ることが可能です。税務署が業務として明確に必要性を証明できるような場合には、他の役所での調査も可能です。これにより、地方税などを管理する市役所や県税事務所などの不動産関係の課税状況をも把握することでしょう。
そもそも、相続税が発生しそうな遺産を残しそうな収入や財産を持っているような人については、所得税の申告などにより税務署も目を付けていることでしょうね。
申告漏れなどが発覚すると、税務調査などにより修正申告を求められます。修正申告に応じなくても決定処分で課税をすることもあります。このような場合には、過少申告加算税などを加算されたり、本来の納付すべき額と判断された金額との差額について、本来の納期限からの延滞税も加算されることとなります。

私は、税理士試験のために相続税法を学びました。税理士事務所にも勤務し、関係業務も行いました。退職して5年程度たっています。その私の親族の相続税を試算したことがありますが、やはり不安で税理士へ依頼しました。その結果、私もそれなりに優遇規定等を活用しましたが、税理士は判例や法令の通達レベルの細かい規定を駆使し、私の試算より大幅に相続税を減らせる計算をしてもらえました。税理士費用も安くなった分より低い金額だったため、自書申告より安くなったわけですし、安心感も買うことができました。これが全くの素人であれば、必要以上の納税となってもおかしくはないと実感しましたね。ただ、私の勤務した税理士事務所だったら、ここまでできなかったという考えもあります。それは、税理士のすべてが同じ能力ではなく、さらに税目等による専門性を持つ税理士などもいますし、それぞれの税理士が処理する案件量や難易度などは、税理士ごとに違うものですからね。そのため、勤務したことのある税理士事務所では、相続税案件が年数回しか依頼がなく、難しい案件もあまりなく、税理士自身も相続税以外の税目の試験や免除適用で税理士になったため、高度なことについて期待ができなかったと思っていますからね。

相続税がかかりそうな遺産があるのでしたら、税理士と司法書士の共同事務所・総合事務所などに相談されることをお勧めします。

相続税は申告納税方式となっております。
これを申告義務がある人だけとなりますが、申告をしなければ、税務署が把握した時点で税務調査から課税決定処分等を受ける可能性があります。状況によっては、無申告加算税や、本来の納期限からの延滞税なども課税されることとなります。

相続税の申告ですが、質問のように簡単ではありません。財産目録といっても、相続税法に従った様式に記載しなければなりませんし、財産評価も納税者で行うのです。財産評価は、固定資産税の評価と必ずしも一緒にはなりませんし、遺産...続きを読む

Q親族紹介の事で・・・

11月に挙式・披露宴を控えています。

私の妹のダンナ様(義弟)のご両親も参列していただくのですが
親族紹介に出席しなくても大丈夫なのでしょうか?

と言うのも、昨日「親族紹介には出席しない」と義母に言われた。。。と妹から連絡がありました。
その時に、着付けの予約を依頼されたのですが、明らかに親族紹介には間に合わない時間を依頼されているので
【出席しない】事は決定的だと思うのです。

披露宴での席は、もちろん親族席になります。
親族席に座っているのに、親族紹介の時にいないのは変ですよね?

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。私の姉の旦那の妹(義理妹)が結婚式を挙げた時は、私と両親も招待され、親族紹介に出席しました。親族写真にも写り、親族席に座りました。私が結婚式をする時は(いつになるかわかりませんが。。)姉の旦那の両親と義理妹夫婦を呼ぶ予定でいます。質問者様の場合も妹さんの旦那さんの両親は親族に入ります。質問者様側の親族です。。式のときは、姉の旦那の親戚よりも、私達家族が前の席に座らせてくれました。妹さんの義母さんは、遠慮されたのかもしれません。質問者様が出席して欲しいと思いになっているのならば、お願いしてみるといいかもしれません。

Q相続税の対象となる財産について

母親が亡くなりました。
現金や銀行預金などがあり、相続税の計算をする際にどこまで財産に含めるのかわかりません。
母が亡くなったことによって入ってきたお金は下記のとおりです。

1)母名義の銀行預金(相続手続き済)合計100万程度
2)母の死亡保険金 合計400万程度
3)母の保険解約金(還付金) 50万円程度
4)母の国民年金未支給分 10万円程度
5)タンスに入ってた現金(母が銀行からおろしたもの) 7,8万円
6)母が友人と旅行用に積み立てていた現金 3万円程度

上記のうち、相続の対象となるものはどれでしょうか?
タンスに入ってた現金などは、自己申告になると思うのですが、相続に含めなくても大丈夫でしょうか?

相続税には控除があるので税金自体はかからないと思いますが、分割を行うため、教えてください。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「相続税を計算」する上で、相続財産に含めるもの と、相続人が「遺産を分割」するときの、相続財産はどこまでか、で混乱しています。

税金のカテゴリーで、質問タイトルが「相続税の対象となる財産について」ですから、No.2 や No.3 の方は、相続税の計算の話と受け取って、回答されています。

その一方で、「現金は、相続に含めなくても」や「税金自体はかからないと思いますが、分割を行うため、教えてください」とありますから、税金ではなく遺産を分割する話とも受け取れます。(ならば、1から6全部です) No.1 や No.4 の方は、分割の話と解釈されています。

いったいどちらでしょうか。質問者様は、質問を整理されたほうがよいと思います。


人気Q&Aランキング